英語

「海外で働く」を実現するための転職方法

一時期よりも弱まった傾向があるが、海外で働きたいというニーズは比較的強い。

もしくは、家族の転勤でやむなく移住しないといけなくなったため、ついていった先で転職活動をせざるを得ない人がいる。

そこで、海外で働くにはどうしたらよいかを考えてみた。

海外就職は難しい

海外就職のハードルは限りなく高い。

日本語だけしかできない日本人が採用されるような場所は、日本人しかこない日本料理の飲食店くらいだろう。

もっとも、近年は日本料理に現地のお金持ちがよく来るので、そのパターンもほとんどない。

海外で就職していくには、語学力、スキル、環境への適応力が問われるうえに、そもそも求人自体がないことも珍しくない

海外に行きたいが、なかなか求人が見つからず苦労している人は多い。

日系企業がチャンス

日系企業の現地子会社に直接就職するのが手っ取り早い。

日系企業では、本社採用すると、雇用に関する法律から、本社水準の賃金にしないといけないので、本社で採用して海外に送るというのは将来幹部候補に見据えている一部の人だけだ。

日系企業は、超大手であっても子会社で人件費を抑えて採用をしている。

もちろん、本社の待遇よりも下げた形で採用しているので、採用される枠が多い。

当然、現地の人と英語でコミュニケーションをすることが必要となってくるが、ある程度は日本人もいて、日本の会社のルールで仕事を進めることができるので、まだ働きやすい環境のはずだ。

特に、経理等のバックオフィスであれば過去の経験が生きる。

もしくは、バックオフィスの経験がなくても、日本人である程度英語ができれば、採用される確率は高い。

賃金をどこまで考えるか

賃金を考えると、現地子会社における直接採用はあまり得策ではない。

本社で採用され、本社からある国のスペシャリストとして派遣されるか、現地の企業に就職するほうがよい。

いわゆる先進国であれば、日系現地子会社の給与より現地の企業に就職できたほうがよい

賃金については、海外だと生活感がなかなかつかみにくいため、年収はできるだけ高くもらっておいたほうがよい

カスタマーサービスは求人がある

さて、最近求人として需要が高いのは、カスタマーサービス(CS)だ。カスタマーサクセスと呼ばれることもある。

最近は、WEB系企業もカスタマーサービスを重要な戦略に位置づけ、チャットや電話、およびメールにおいて、顧客の悩みや不満に対して適切に回答するように努力している

Amazonのように、ある程度AIを活用していくパターンもあるのだが、Amazonほど大規模にオペレーション化していける企業は少なく、たいていの場合は多くのイレギュラーケースに対応するために多くの人を配置している。

なお、Amazonクラスになると、イレギュラーケースまでパターン化しているようで、なぜだか何でも対応できてしまうすごい会社であると実感させられる。

カスタマーサービス関連なら海外でも需要があるので、日本にいるうちに最近流行りのCSの職務を経験しておくとよいだろう。

最近は、通販会社をはじめとして、カスタマーサービスが成功をにぎるとまで言われている。

とある通販会社は、洋服をオペレーターが試着して、その様子を伝えることで、売上をアップさせるという施策をしたそうだ。

通販関連の会社は、日本だと九州を中心に栄えており、海外展開もしている。

一方、地方の会社には、海外展開の際に現地に送れる日本人があまりいないので、こうした地方企業でグローバル人材がいないところを狙うのもチャンスである。

東京の会社には優れたグローバルエリートがいるので、あなた以上に優秀な人がたくさんいるが、地方企業だとそうではないから、自分のポジショニング戦略を考えておく必要がある。

f:id:shikanokuninoouji:20180819123629j:plain

家賃の高い米国は1人でいくのは厳しい

家賃が高い米国、特にサンフランシスコやシリコンバレー周辺は家賃が高騰しているため、1人で渡米して職と家を探すのは大変である。

会社のお金で行けると喜んでいるアメリカ駐在の社員は、コスト感覚がない人が多いので、自力で米国に行くことになると痛い目に合うだろう。

家賃を考えないとしても、アメリカの大都市で活躍するのは厳しい。

英語ができてアメリカ企業の本社にそのまま住むことができるなら問題ないが、アジア人で白人優位な会社に入っていくのは難しいだろう。

生活コストが低い東南アジアへ活路を見出す人もいる

生活コストが低い東南アジアに行く人も多い。

シンガポールを除くと、アジアは物価が上がったものの、少し中心から離れると依然として物価が下がる。

なお東南アジアでも、中心街は家賃が高いので、良い家に住むのはなかなか難しい。

東南アジアに行く場合は、日本でやっているビジネスをコストダウンするために、エンジニアを現地でマネジメントするなどのほうがよい

東南アジアで、まだまだ賃金が上がっていないところに活路を見出すとよいだろう。

リモートでできる仕事を持ってほしい

リモートでできる仕事が多数ある。

東南アジア等に住む場合は、フリーランサーとしての活躍がある。

フリーランサーで活躍している人を見つけて、その人が会社時代にどういった仕事をしていたか調べてみよう。

そうした仕事を経験することで、自分にもスキルが身につく可能性がある。

最もわかりやすいのはデザイナーだ

デザイナーは、ある程度経験を積んで、最初は低単価でも構わないので仕事を受けていくことで、自分の成長機会を得ることができる。

英語が日常会話レベルでもよいという会社は成長しない

英語を使う業務が想定されるのに、英語が日常レベルでもよいと募集している会社もあるが、そういうところはやめておいたほうがよい。

単純な雑用として扱われる可能性が高いので、そこそこ入るのが難しそうなところを受けてみよう。

誰でも入れるところはダメだ。

英語が要求される会社に行けば、英語を仕事で使って、また成長できる機会があるはずなので、英語を本当に使う機会があるかは確認しておこう。

あくまで語学なので、語学に囚われるのはよくないが、日本語サポートみたいなアシスタントになって、仕事がつまらないと言う人もいるので気を付けておこう。

英語は短期間でビジネスレベルもどきまであげるべき

海外に行くことが決まる、もしくは海外就職に向けての転職活動を始めようとしている人は、すぐに英語の準備をしよう。

プログリットが短期間でできる英語学習としてはおすすめだ。

2ヶ月で40万円程度かかるが、英語学習を根本的に指導してくれるので、大変おすすめである。

また、費用を月額数千円程度におさえたいときは、スタディサプリENGLISHパーソナルがおすすめだ。

個人的にも愛用しており、毎日やっている。これをやりこめばTOEIC900点はすぐに達成できる。

転職サイトに海外求人がでている

転職サイトも同時に登録しよう。ビズリーチは海外求人特集をしているのでおすすめだ。

ビズリーチに登録して海外駐在希望を出すと、転職エージェントからそれ用の求人がくる。

意外と海外希望で登録している人はいないので、転職エージェントから見て、目につきやすい。

また、転職エージェントではJACリクルートメントがよい。なぜかというと、JACリクルートメントは英語ができる転職エージェントが多くいるので、彼らが求人を直接交渉してもってくることができるからである。

転職エージェントも英語が必要な時代である。いずれにせよビズリーチにまずは登録して、探してみよう。

ビズリーチの登録はこちら