職種別アドバイス

マーケティングの転職をしたければ、Webマーケターの経験を積んでいこう

マーケティングは転職市場で人気の職種の1つである。

未経験でも採用している企業に多くの方が応募して高倍率になる。

マーケティング的な仕事と見せかけて実際はマーケティングの仕事でないことも多いため、仕事の見極めは慎重にしたほうがよい。

今回はマーケティングの中でもWebマーケティングの仕事を転職としてどうかと皆さんにおすすめしたい。

マーケターの仕事は狭き門である

マーケターという仕事は狭き門である。

一般的な大きな会社は営業が圧倒的な人数を占め、一部のマーケターがマーケティング戦略を考えている。

営業は競争も激しく生き残るのが大変なためマーケティングの仕事をしたいと述べる人もいる。

ただし、マーケターは内勤ということで楽そうなイメージを持たれているが、生き残るのは営業同様大変で激務になりがちな職種である。

大きな予算を使うために失敗したときの責任も大きい。

いずれにせよ組織の体制上マーケティングの仕事は枠が狭いのでなかなか多くの人はなれない。

専門職志向が強くなった昨今においては社内異動で営業からマーケティングに異動するより外部から経験のあるマーケターを採用してくる場合が多い。

 P&Gのマーケティングはブランド力がある

P&Gはマーケティング組織が非常に強い会社だと言われている。

P&Gはレノアやパンテーンといった製品を日本で販売し、大きくシェアを獲得している。

P&Gの出身者を見ると各社のマーケティング組織から重宝されている。

P&Gの製品にブランド力があるだけではなく、P&Gはマーケティングの組織自体がブランド化されておりP&G出身者を採用したいという企業を仕事柄多く聞く。

なぜP&Gのマーケターは評価が高いのか

P&Gのマーケターの評価がなぜ高いかというとマーケティングのノウハウを徹底して叩き込まれているからである。

P&Gをはじめ事業会社はマーケティング戦略がフレームワーク化されており、10年近くP&Gで働き順調に昇進していればP&G流のマーケティングを体得しているといえる。

P&Gのマーケターは一律した能力をもっているため、ハズレが少ないというのが各企業の見方である。

コンサルティングファームはフレームワークがあるものの、各社によって事情が違うため同じフレームワークを適用するわけにはいかず会社ごとに考えて提案をしている。

事業会社は消費者のことだけ考え、仕事の進め方は毎回同じフレームワークで構わない。

P&G出身者というのは多くいるがブランドマネージャーになっている人は多くないので、ブランドマネージャーになっていない元P&Gの人は、優秀ではあるがP&G流を語るには経験が足りない。

P&Gのマーケターでも弱いのはWeb領域

さて、Web領域についてはP&Gのマーケターでも弱い。

なぜならばP&Gが販売している日用品の領域はインターネットで購買される割合はまだまだ低く10%にも満たない程度だ。

かさばるおむつなどはインターネットで買われる傾向になってきているが、それでもまだまだである。

よってP&Gもマーケティングのほとんどの予算はテレビCMに使われているためインターネット広告への投資は少ない。

本社の意向でデジタル領域への投資の割合も増えなくなってきているためますますテレビ偏重の傾向はある。

それでもインターネット上でものが売れる世の中になってきている昨今においては、デジタルマーケティングの投資にお金を投じるのが普通になってきた。

その際の予算分配やマーケティング戦略をはじめ、マーケターの役割は大きい。

ECビジネスを展開する企業におけるマーケターの重要性は高い。

それでも、これまでのマーケターはテレビCMで育ってきたのでデジタル領域のマーケターがまだまだ育っていないのが現状である。

Web領域のマーケティングは副業でも経験が積める

Webマーケティングは副業でも経験が積める。

インターネット広告の運用を募集している会社は多くあり、副業でもいいのでお願いしたい会社がたくさんある。

副業でもいいのでインターネット広告の運用をしてみるとよい。

インターネット広告の運用自体はマーケティングとは言えないが、マーケティングの基礎を知っていく過程で経験があるかないかで大きく分かれてくる。

予算が数十万でもいいので運用している会社の手伝いをしてみよう。

手伝う機会はサンカクといったサービスや転職サイトに登録すると機会を探すことができる。

最初は単純作業しかやることがないが、徐々に経験を積んでいくことで幅広い業務ができるようになるのでおすすめだ。

Facebook、Twitterの広告を駆使しよう

Facebook、Twitterは広告を投下している企業も多く、予算が大きくなければ代理店を使わず自社で運用している。

GoogleやFacebookは企業が広告を運用しやすいように非常に使いやすくなっている。

企業の広告を使いやすくするために各社努力し企業にどんどん広告予算を使わせようとしている。

こうした背景から一般の人でも広告運用がしやすくなっており、あなたもチャンスを使えるかもしれない。

また、自分でサイトを持っていれば試しに数千円突っ込んでみて運用経験を積んでみるとよいだろう。

Amazonを制圧しよう

Amazonは非常に重要な販売チャネルだ。

Amazon無くして物が売れないといっても過言ではない。

Amazonのアルゴリズムを分析し、いかにして物を売るかを考えている人達もいるくらいだ。

普段皆さんもAmazonを使うことがあるだろうが、Amazonの画面をチェックしておくと、自分がいざ担当者になったときに役立つかもしれない。

ECは根強く需要が高い

ECはモノを直接売るプラットフォームであるためECを担当できる人は需要が非常にある。

マーケティングとECの能力は少し離れる部分もあるが、ECをやっているビジネス主体は多くなっているため、ECのことを理解していることも非常に重要である。

ECはAmazonをはじめいくつかプラットフォームがあるので普段からECを利用する際はユーザーにどのような価値を提供しているかをぜひご覧になってほしい。

個人を売り出すことも選択肢として入れてよい

さて、マーケティングの話だが、個人を売り出すことも選択肢の一つだ。

いわゆるインフルエンサーに近いが、別にかわいい女の子でなく普通のおじさんでもインフルエンサーになっている。

皆が共感する内容をブログやSNSで発信し続ければ必ず見てくれる人がいる。

 マーケティングの仕事は経験を積んでいくべし

マーケティングの仕事は経験を積んでいけばいくほど成長していく分野だ。

マーケティングは常に新しいトレンドがでてくる仕事なので、旧来のやり方が通用しなくなるので常に経験を重ねているマーケターが強い。

最新のことがわかることがマーケティングにとっての付加価値になりうるので、今からでもマーケターになればやり続けている限りは成長する。

チャンスをできるだけ早く掴もう

マーケティングに興味がある人はなるべく早く転職しよう。

今述べた通り経験を継続的に積んでいくことでスキルが身につくので、チャンスを早めに掴んでおくことでよい。

転職成功のために継続的に努力を積んでいこう。

副業にも繋がる

マーケティングの仕事は副業で短期間の仕事も多いので副業のチャンスも広がっていく。

副業でもっと収入アップしたいと考えている人にとってはマーケティングのスキルを磨いて働こう。

Webマーケティングの仕事であれば、家からできる仕事も非常に多いのでおすすめである。

マーケティングの仕事に転職するために

マーケティングの仕事を今後していくためには転職活動が重要だ。

リクルートエージェントに登録すると、多くの案件を紹介してもらえるのでおすすめである。ぜひリクルートエージェントに行ってまずは相談しよう。

リクルートエージェントの登録はこちら

また、転職サイトのビズリーチもおすすめである。多くの案件があるので登録して損はない。

typeという転職サービスもマーケティング案件が多く、利用するとよい。GEEKLYはベンチャー企業のマーケティング案件が多数ある。

ではまた。