ベンチャー企業

ベンチャー転職のメリットだけを考えてみた

ベンチャー企業への転職は、本サイトではあまり勧めていない。

起業前提や、すでにベンチャー企業経験がある方がベンチャーに転職することは素晴らしいが、ベンチャーでのインターン経験もなく、ベンチャー勤務の友人も少なく、かつ自分は総合商社のような大企業でしか働いたことがない場合は、ベンチャー転職はリスクが高すぎるからだ。

それでもベンチャー転職に興味がある人がいるだろう。

私が普段ネガティブなことばかり書いているので、たまにはメリットだけをひたすら書いてみたいと思う。ベンチャー転職に興味ある方はぜひご覧いただきたい。

裁量権を得るチャンスがある

ベンチャー企業に行くと、年功序列などではなく、そもそも社長が20代ということが珍しくない。

若い組織だと、年齢や経験に関係なく、成果を出せばどんどん仕事が任されていく。

こうしたチャンスを逃さずに転職して成長していくことはおすすめである。

ただし、ベンチャーだからといって裁量があるわけではないことは補足していく。

ベンチャー企業のなかには、オペレーション人員が欲しいと言っている会社も多い。つまり、裁量を求める人ではなく、言われたことを実行する人員も求めているのである。

裁量権とはいったい何なのかは、大企業にいたら気づかないだろう。

裁量権を持つと自分で意思決定をすることが多く、相談に時間をかけるのではなく、ある程度の自分の判断で進めていく。

こうした環境ではストレスは溜まるが、成長する機会が多くある。

ベンチャーに転職しても裁量権があるわけではないことを覚えておいてほしい。裁量権はベンチャーに転職して自ら掴み取りにいくものである。

スキルが身につく可能性がある

ベンチャーへの転職、特に成長している産業への転職においては、スキルが身につく可能性が高い。

成長産業では、これからも、その領域の専門家のニーズが高まることになる。

あまり競合が多くない成長領域で知識を蓄えることでスキルが身についていく。

警告をしておくと、ベンチャー企業に転職すると自然とスキルが身につくと思っている人がいるがそんなことはない。

なぜかというと、ベンチャー企業は人が足りないので雑用に割く時間も多くなるからだ。

つまり、何でも屋さんになってしまうことで、浅く広くということになり、特定の領域に詳しくなれない事もある。

管理部門が、経理も人事も総務も何でもやることは珍しくない。

備品発注から領収書清算までやっていると、ベンチャーでは重宝されるなんでも屋さんにはなれるが、大きい組織に必要な、専門性のある人からは外れてしまうことには注意しておこう。

ベンチャーではどういったスキルを身につけたいと思って入っても、思った以上に雑用に時間をとられることになるので気をつけて転職してほしい。

経営者の苦闘が見られる

ベンチャーの経営者、特に上場を目指している経営者は、ほぼ全員が大なり小なり修羅場をくぐっている。

その修羅場を目の前で見れることで、自分が次に起業した際や、経営陣としてベンチャーに参画した際に参考になるケースが多くある。

資金が不足しているので、銀行から借り入れを行うか、株式を利用する資金調達をするか、お金を調達する場合はいつまでにいくら欲しいか、会社のバリュエーションはどうするか、投資は既存投資家にお願いするか、新しい投資家を探すかといった、意思決定の場面が経営者には無数に訪れる。

ほかにも、社員が辞める、競合に引き抜きされる、転職したての人が来なくなる、経営の中枢にいた人間が辞めて起業すると言い出す、情報が漏洩した可能性があるなど、社内の人間関係の修羅場もある。

事業面で見ても、突然、楽天やリクルートが大資本を投下してベンチャーを潰しにくることもあり、大企業の資本に対して、小さいベンチャーがどう戦うか、もしくは、大企業に身売りも選択肢になるかといった状況も出てくる。

雑務的なところでは、人が拡大しすぎて、椅子と机が足りなくなったので急いで坪単価35000円以下で借りれるオフィスを探したいといった場面がでてくる。

逆にオフィスを借りたはいいものの、オフィスのスペースが余りすぎ、会社の成長も鈍化してきたので、他の会社に間貸しするといったケースもある。

こうした数々の修羅場を見ることができるのは、ベンチャーで働くメリットの一つである。

金銭的、精神的な負担は社長に比べると300分の1くらいで、同じ勉強ができるのである。

修羅場を見すぎて自分にはやっぱ起業は無理だ、大きい会社を目指すことは不可能だと思う事例もある。

できるだけ社長の近くで働きたいという人は多いが、社長室で働くという選択肢はベンチャーで働くうえではよい選択肢だと思う。

何するか決まっていない、もしくはやることがしょっちゅう変わる社長室の募集があるものの、社長室は変化を楽しめる人にはとても良いのではないかと個人的には感じている。

f:id:tille:20180910202354j:plain

年齢に比して、給料が上がるケースがある

思っているほどはないが、一部の優秀な人には、年齢に比べて高い給料がもらえるパターンがある。

ベンチャーで出世して若くして高い給料をもらおうと目論んでいる人がいるが、取締役クラスになるまでには大きな壁もあるし、また取締役の役員報酬が意外に高くなかったりする

取締役ではない執行役員はベンチャー界で多く見かけるが、DeNA等の大手ベンチャーの執行役員でない限り、普通のベンチャーの執行役員は大した額をもらっていないので、金額だけ考えると商社に残ったほうがいいということになりかねない。

福利厚生や退職金のことを計算できる人ならば、転職という選択肢が現実的ではないことがすぐにわかると思う。

それでも、一部の成功例がベンチャーでは出てくる。20代で1000万円プレイヤーのベンチャー社員も、ベンチャーにお金が流れるようになった昨今では珍しくなくなってきた。

若手でお金を求めていく選択肢も、現在在籍している会社の年収によってはありかもしれない。だが、ベンチャーにお金だけ求めて転職する人は、ほぼ100%仕事は続かない。

当たりのベンチャーを引くと、その後のキャリアで引っ張りだこになる

ベンチャー界隈では、成長ベンチャーの初期に転職している人はその後のキャリアで引っ張りだこになってくる。

設立3年未満のときにDeNAにいた、サイバーエージェントにいた、GREEにいた、ライブドアにいたとなると、ほかの企業から注目度は上がるのは確かだ。

また、モバゲータウンのようなヒットプロダクトを出したときにその会社にいて、一部でも携わっていた場合も同様だ。

成長するベンチャーに転職していった人はセンスがあると思われるので、何か成長させるエンジンとして採用によく引っ張られる。

ただし、ベンチャーが伸びるかどうかは敏腕投資家でもわからないので、なかなかリスクは高い。

そして何より、転職して自分がその会社を伸ばしていくという気概がないといけないので、自分で、事業をグロースさせるスキルとマインドを身につけていこう

ベンチャーは楽しい

最後にこれだけ伝えたいのは、ベンチャーは楽しいということだ。

ベンチャー企業は常に変化しつづけ、常に成長しつづけ、去年と今年ではメンバーもシステムもやっていることも変わっていることは珍しくない。

痛みを伴い成長しづつける環境で働けることは楽しい。

こうしたベンチャーが上場までいったときのうれしさは、経営者ほどではないものの、十分に大きいものがある

ストックオプションは残念ながら、メルカリのような数千億の時価総額がつく企業ではない限りあまりおいしくはないが、数百万円でも頑張った証としてもらえるのはうれしいだろう。

単調な人生がいやだという人には、ベンチャーの楽しさは良い刺激になり続けるだろう。

ただし、楽しさの裏には大きな苦しみ、そして、常に会社から必要とされる人間、市場から必要とされる人間にならないと働くことはできないということだけは認識しておいていただきたい。

ベンチャー転職を目指して

ベンチャー企業に転職するには、ベンチャー企業の情報を集めていこう。

そして、ベンチャー企業の人に話を聞いてほしい。

メリットを語るのは簡単だが、デメリットを語るのは難しい。デメリットは、ベンチャーで働く現場の社員に聞いてほしい。

転職を成功させたいエージェントと、人材をなんとしても採用したい経営者や人事はいいことを言うので、自分と同じ目線で働くことになる現場社員に、デメリットを聞こう。

こうした現場社員に会うには、ベンチャーの面接を受けて人事や経営者に紹介してもらうか、転職エージェントに自分が転職支援をした人を紹介してもらうとよいだろう。

ベンチャーの役員や人事、また優秀なベンチャー転職エージェントはビズリーチ

に多いので、ビズリーチを利用しよう。

ビズリーチには多くのエージェントがおり、横並びに比較できるのでおすすめである。

またエンジニアであればForkwell scoutがおすすめなので、利用をおすすめしたい。

また、大企業を含めて転職を検討したい人には、リクルートエージェントがいいだろう。

ビズリーチ

とあわせて利用しよう。

ビズリーチの登録はこちら