転職サイト

営業職の強い@typeの特徴をわかりやすく解説した

現在、世の中には様々な転職サイトが溢れている。

今回はそんな転職サイトの中から転職タイプを紹介したい。

様々な求人の中でも特に営業に特化した@typeの活用について解説した。

@typeの特徴

@typeは、株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職サイトである。

大手の人材業を営む会社で、クライアントも多数抱えており、実績も申し分ない。

この会社が運営しているサイトはほかにも多く存在し、後に触れていくが、その種類も多岐にわたる。

転職サイト系以外にも、転職エージェントtype就活タイプ@typeニュースなどがあるのでもしかしたら聞いたことがある人も多いかもしれない。

これらのサイトはすべてもちろん無料で利用することができるため、本格的に転職活動を始めていない人にも安心してご利用いただける。

@typeは「転職力で一つ上のキャリアを」とうたっており、使いやすい転職サイトを実現している。

細かく条件を設定して自分の要望に合った企業を選定することができ、また、様々な転職サービスを備えている。

具体的な検索条件を紹介すると、「年収」、「勤務地」、「職種」などのメジャーなものから、「残業時間」、「雇用形態」、「待遇」などの細かい条件まで指定することができる。

営業の求人が豊富

@typeの特徴といえば何といっても、営業関連の求人数の豊富さにある。

体の約30%を占めており、常に500件は越えている。

営業の求人に力を入れていることは@type営業の転職という営業向けの転職サイトを運営していることからもわかる。

@typeの登録方法

まずは@typeをクリックしていただきたい。

するとトップページに行く。 以下画像を使って説明していく。

上記画像右上の「新規会員登録」をクリックしてみよう。

すると以下の登録画面にはいる。あとは手順に従って登録するだけである。

登録したことがある人はここの章は飛ばしてかまわない。

Yahoo!Facebookのアカウントをお持ちの方は、連携させることで必要事項が自動で入力されるため、手間を省くことができる。

もちろん、これらのアカウントを連携させても、個人情報は保守されるので同僚や友人にばれる心配はないので安心していただきたい。

転職意欲の欄は、「積極的に転職活動を行っている」にチェックを入れておこう。

企業からのメールが届きやすくなる。

メールが届いたら、興味があるものだけに返信すれば手間を省くことができる。

登録の仕方でライバルと差をつけよう

転職活動が初めての方は登録だけでも構わない。

登録するだけで利用できるサービスは多く存在するので、得になることは間違いない。

しかし、いざ企業へ応募となった際に必ず履歴書や職務経歴書が必須となるため、転職活動をスムーズにするためにも事前に作成しておくことをおすすめする。

さらに任意でスキルシートの入力も可能なので、人事の目に留まりやすくするためにも、ぜひ積極的に入力しよう。

これらの情報は、マイページからいつでも変更・追加が可能なので、転職活動を行っていく中で、その都度ブラッシュアップしていこう。

人事は非常に多くの書類に目を通すため、詳細を細かく記入する、意欲をアピールすることは非常に大事になってくる。

それだけで、ライバルたちと差をつけることが可能になる。

少し面倒に感じるかもしれないが、できる努力は行っておこう。

スカウトとオファーDMも利用しよう

近年は転職サイトには当たり前となりつつあるスカウト機能オファーDM(ダイレクトメール)だが、もちろん@typeも備えている。

スキルや機能を匿名で登録しておくと、企業からアプローチを受けることが可能になるサービスのことだ。

公開したレジュメを閲覧した企業の人事担当者から直接「スカウトメール」が届いたり、登録したスキルや経験が企業の応募要件と合致した際には「オファーDM」が届く。

様々な企業が利用しているため、転職の可能性が広がるに違いない。

これら二つのアプローチのほかにも、「関心お知らせメール」という機能が存在する。

これは、登録者の情報と企業が求める採用要件がマッチした場合に@typeからお知らせメールが届くサービスのことだ。

企業からの関心の度合いとしては、大きいものから順に、スカウトメール、オファーDM、関心お知らせメール、という風になると考えられる。

これらはすべて企業側には匿名のため、企業側に登録者の名前が漏れることはない。

しかし、それでも心配な場合は、特定の企業をブロックすることもできるので安心して活用していただきたい。

充実したマッチングサービス

@typeでは、登録者の様々な情報を基に、多角的な視点から求職者と求人案件のマッチングを行うサービスを展開している。

具体的には

求職者の経歴や希望する職種から照合する「スキルマッチング」

求職者の経験・スキルからマッチングをする機能で、マッチング度数まで教えてくれる。

・求職者の希望する条件から照合する「希望条件マッチング」

求職者の希望条件に合った求人をマッチングする機能で、新着求人とのマッチングも定期的に行われる。

・求職者の登録された性格や思考から照合する「パーソナルマッチング」

求職者の好む働く環境や、仕事スタイル、性格・志向からマッチングをする機能。

・@typeでの登録者の行動履歴から照合する「足あとマッチング」

求職者がサイト内で検索した企業や、応募した企業からマッチングをする機能。

の4種類がある。

企業からの求人案件とマッチングした際には、@typeからメールが届くシステムとなっている。

これらの機能は、他サイトにはないものであり、思いもよらなかった求人が見つかる可能性もあり、登録者の新たな扉を開く素晴らしいサービスであるのでぜひ利用してほしい。

多様な診断機能も活用しよう

@typeはまだまだ便利なサービスを展開している。

すでにおなか一杯になってしまった方にも最後までお付き合いいただきたい。

@typeで最も他サイトと比較したときに優れているものはなんといっても診断機能だろう。現在、8種類用意されているが、その中でも特に

・登録者の適正年収を診断する「市場価値診断テスト」

・登録者の転職力を診断する「転職力診断テスト」

の二つはおすすめできる。

現在の自分を客観的に分析することができ、転職を迷っている人にぜひ受けてほしい内容である。

これらの診断結果と合わせて、転職市場や業界動向のデータ分析などを考えることで、転職への迷いから抜け出すことができるかもしれない。

まずは試しに受けてみることをおすすめする。もちろん無料である。

良質な転職ノウハウ

すでに転職の意思を固めた方は、@typeの様々な転職ノウハウを活用していただきたい。

上で触れた、キャリアデザインセンターが運営する営業type女の転職type20’s typeなどもこれにあたる。

そのほかにも履歴書や職務経歴書などの書類作成や面接対策など、具体的に転職活動を進めるにあたって必要なノウハウやサンプルがまとめられている「転職完全マニュアル」、職務経歴書の例文が集められた「職務経歴書50選」、自己PRの例文が集められた「自己PR50選」がある。

これらのコンテンツももちろん完全無料であるのでぜひ有効活用しよう。

ほかの転職サイトをメインに利用している人でも、これらのサービスを利用していただきたいので登録だけでもしておこう。

確認は週2回でOK

さて、ここまで@typeの便利な機能を長々と紹介してきたが、ここからは@typeの印象や使い方を紹介させていただく。

実は、転職サイトはほとんどの場合更新日が決まっていて、そのほとんどが週2回の頻度で更新されている。

@typeの場合は毎週火曜日と金曜日である。

人気求人はすぐに応募が殺到するため早々に締め切ってしまうことも多々ある。

必ず更新日にはサイトを訪れて好みの求人がないか確認しよう。

しかし逆に言えば、更新日以外の日にサイトをこまめにチェックすることは時間の無駄になりかねない。

しっかりと仕組みを理解して、限りある時間を有効活用しよう。

ただし、企業からのスカウトやマッチングのお知らせが届くことがあるので、必ずメールはこまめにチェックしよう。

ユーザーから見た@type

@typeはユーザーのことを非常に考えたサイトになっており、特に詳細な条件を設定しての検索機能、転職ノウハウの豊富さが非常に好評を得ている。

かゆいところに手が届く、使いやすい転職サイトだと捉えられている。

一方、短所として挙がっていたのが求人数に偏りがあるため、好みの求人に出会うことができなかったという点であった。

@typeはエンジニアや営業関連の求人に強みがある一方、ほかの職種の求人が手薄な傾向がある。

求職者の好みによっては、良い求人に出会えなかったと感じることがあるかもしれない。

特に首都圏以外は顕著だろう。

@typeは使うべきか

結論から先に言わせていただくが、間違いなく使うべきサイトである。

徹底したユーザー目線のサービスなど、長所は挙げるときりがない。

特にエンジニア・IT関連の仕事を考えている人にはおすすめの転職サイトである。

先ほど短所として挙がった、目当ての求人に出会えなかったというものだが、そもそも転職サイトは一つだけに絞って使うものではなく、いろいろなサイトに登録して可能性を増やしていくものである。

だから、いろいろなサイトに登録して選択肢を広げてみよう。

それぞれのサイトにはそれぞれの強み、弱みがあり、どのサイトが合うかは人それぞれである。

最後に

転職は人生において最も大きな出来事の一つであり、決して適当に済ませていいものではない。

この記事では@typeを推す記事となったが、ほかの転職サイトも素晴らしいものが多々あるのでそれぞれのニーズに合わせて使い分けてほしい。

例えばリクルートエージェントのような転職エージェントはぜひ利用してほしい。

また転職サイトならビズリーチがおすすめだ。

新卒1年目から登録している人も多いので若手は常に自分の価値を把握しておこう

@type は広く利用されているので、ぜひこちらから登録してほしい

@type

ではまた。