転職活動全般

現役コンサルタントにインタビュー:「やり遂げる姿勢が違いを生む」

コンサルティング業界への転職人数が増えている。

今回は、新卒でIT企業に入社し、入社数か月で転職活動をして、コンサルティング業界へ転職を成功させ、現役で活躍している方に取材を行った。

コンサルティング業界への転職、特に、第二新卒での転職を考えている方にご覧になっていただきたい。

新卒時に会社選びを間違うな

-コンサルティング業界へ転職した理由を教えてください

新卒で入った会社が大失敗だと感じたからです。

研修の段階からブラックだと感じ、研修中に転職活動を始めました。半年経たないとなかなか応募できるところがなさそうだったので、半年待って転職活動をしました。

コンサルティング業界は新卒採用時も憧れとしてありましたので、コンサルなら間違いないだろうということで応募しました。

-新卒の会社はそんなにブラック企業だったのですか。

採用の段階では全く気付かなかったのですが、非常にブラックでしたね。

社長のワンマンで、非合理的な研修がずっと続きました。基礎的なビジネスマナーを学ぶようなのではなく、根性論で乗り切れというようなものが強かったです。

実務にすらろくにほとんどの人がありつけない状態で、厳しい経営環境でした。

給料はたくさんもらっていたのでありがたかったですが、今はそのつけか、経営破綻が目の前まで迫っているようです。

中途向けのサイトにもかかわらず、冒頭で恐縮ですが、新卒の方には会社選びを間違うなと伝えたいです。

じっくり情報収集をして、現場の社員に裏情報まできちんと聞いておくことが大事だと思います。

一生懸命やる姿勢が違いを出す

-コンサル転職を成功させる方法を教えてください。

私から言えることはそれほど多くありませんが、まずは転職を絶対に成功させたいという強い気持ちが大事です。

転職活動は新卒の就職活動と違って、そのまま会社に残るという選択肢があるので、途中で転職活動をやめてしまう人がいます。

私の場合は、ブラック企業すぎて残るという選択肢がなかったので、無職のつもりで一生懸命転職活動をしました。

せっかく良い大学を出たのにキャリアが無駄になってしまうという危機感が強かったので、すぐに動きました。

コンサルティング業界へ転職したいという強い思いが、転職活動の成功へ導いてくれた気がします。

-第二新卒として入るコンサルタントはどうでしたか。

第二新卒といっても社会人経験もほとんどないような状態でしたので、新卒のつもりで0からはじめました。

コンサルタントなのでスマートに働くことが重要ですが、まずは量でカバーしないといけないということで、とにかく一生懸命働きました。

上司からいわれるリクエストを次々とこなしていき、ドラゴンクエストをやるようにレベルアップしていきました。

誰もが苦労する道だと思いますが、量をこなして、慣れるまでに一定時間苦しい時間が続くと思います。

今でこそクライアントと1人でも対等に話せるようになりましたが、フィードバックを受けて修正していく能力が必要だと感じました。

-第二新卒組の中でも成果を出されたそうですが、どういった点が評価されたのでしょうか

一生懸命、何が何でもやりきろうとする姿勢でしょうか。

あとはデジタル領域をやりたいと積極的に手を挙げたりした前のめりな姿勢ですかね。

新しいことにも取り組み、逆境にも諦めずにやる姿勢は評価されたと思います。

最初はコンサルタントとしての基礎スキルがあるわけではなかったので、姿勢的なものが大事だった気がします。

時間がたってポジションが上がると、コンサルタントしての基礎スキルを問われるようになった気がします。

デジタル部門では様々な業界が競合相手に

-デジタル領域ではどのようなことをされたのですか。

大手企業のデジタルトランスフォーメーションの支援ということで、デジタルツールの導入や、デジタル戦略の立案です。

デジタルをどんどん使っている企業というより、これからデジタル化しようという企業のお手伝いをしました。

ただ、私はデジタル部門の所属ではなく経営コンサルティング部門に所属しており、デジタルの完全なる専門家というわけではありませんので、その点ご注意ください。

-コンサルという立場から、デジタル部門においてコンサル以外での競合は感じていますか。

デジタル部門では広告代理店と競合してはいるのですが、どちらかといえばコンサル側が勝手につっこんできているというイメージです。

純粋な戦略やデジタルを使った業務改革でいえば、SIerが競合として入ってきている印象です。

NTTデータがコンペの相手になったりもしており、競合になってはいるのかなとは思います。

ただ、SIerはシステム導入の延長から来ているので、コンサルらしいことはできていない印象です。

SaaS系では、SalesforceやIBMなどとはうまく競争環境になっています。

IBMもコンサルを推していこうとする時期がありましたが、結局うまくいいきませんでした。

コンサルがやることのツールの一つとして、SssS系の会社と一緒にやってみるというような棲み分けがうまくできているので、コンサルでもデジタル部門はまだ続くと思っています。

どちらかというと、戦略を考える時に、社内の内製化でどうしていくかの方が悩ましい問題ではあります。

-プロジェクトはある程度、柔軟に選ぶことができるのでしょうか。

成果を出せばやりたいことが選べる立場になります。

正確には、色々なパートナーやシニアマネージャーから声がかけられるようになり、面白そうな案件に触れる機会がふえます。

戦略よりの案件からデジタルまで幅広く提案を受けます。

成果を出している人には仕事が集まっていく構造になっていますね。

コンサルの体質は変わっていない

-昔ながらのコンサルの方々と、直近二年程に入ったアナリストの方々との違いは感じますか。

早帰りしたいという人が増えた印象はあります。私たちの世代では、興味がなくても激務に耐えられましたが、今の世代では興味があれば死ぬほど頑張るが、興味がなければ全くという人が多いです。

プロフェッショナルとしてのプライドを持ち、お客さんのために身を粉にして頑張るという人が少なくなっている印象です。

コンサル側がワークライフバランスを前面に押し出しているところが、現場と人事ですり合っていない感じがあります。

そういう意味で、今のマネージャー層が死にかかっているということは、どこも言われています。

-地頭や、もともとの素材的な話では、昔と比べて優秀ですか。

あまり能力は変わっていないと思います。

母数が増えたのでボラティリティは高くなっていますが、地頭の悪い人はいないです。

-昔と比べて女性の数も増えましたか。

全体としては増えているのですが、私のデジタル部門では増えていないです。

デジタルの部門は、女性比率も10%と全体で一番低いです。

理由としては部門の問題が大きく、エネルギー系なので重厚長大で、顧客におじさんしかいないですし、激務な風潮なので、なかなか女性が定着しないのでしょうか。

あまりに女性比率が低いので、グローバルでプロ―モーション枠を減らすぞと言われていて、上層部も頭を悩ませています。

そのため、女性はほぼ半期に一回必ずプロモーションがあり、能力がそこまでなくても受かりやすいとは思います。

コンサルタントとして努力すると市場価値が変わる

-コンサルに入る前に比べて、入った後ではどういうスキルが身に付きましたか。

パワポとエクセルは使えるようになりました。財務系の知識はまだ足りていませんね。

説明力、社会人としてのベーシックスキルはつきました。

-コンサルに転職したい方にメッセージお願いします。

コンサルに転職する前と後では、自分の市場価値が圧倒的に変わりました。コンサル経験を2~3年積むと色々な企業から声がかかるようになります。

日系外資系、事業会社プロフェッショナルファームと多様な選択肢がでてきます。ぜひチャレンジしてください。

-ありがとうございました。

編集後記:

今回は、現役のコンサルタントにインタビューを実施した。コンサル業界では、やり遂げる姿勢が何よりも違いを生むという言葉に感心せざるを得なかった。

この方のように、コンサルティング業界には、第二新卒で足を踏み入れた方が多くいる。現在の仕事に満足していない方は、第二新卒でのコンサルティング業界への転職を考えてみてほしい。

ビズリーチに登録して、エージェントに会って話を聞いて頂きたい。

あなたの興味をひく求人が見つかるに違いない。

ビズリーチの登録はこちら