転職活動全般

デジタル人材は時代の潮流!?コンサルから他業界に転職した方にインタビューを行った

ネクストキャリアを考えているコンサルタントの方も大変多いのではないだろうか。

今回は、コンサルティング業界から別業界への転職活動へチャレンジし、複数内定を獲得した方にお話を伺った。

コンサルティング業界から新しい業界にチャレンジしたい方は参考にしていただきたい。

デジタルはあくまでもツールに過ぎない

-簡単に経歴を教えてください。

IT企業に新卒入社し、第二新卒でコンサルティング業界へ転職しました。

コンサルティング業界では、システム導入や、デジタル戦略案件、戦略よりの案件と幅広くこなしました。

最初はシステムよりのITコンサル的な立ち位置だったのですが、マネージャーと仲良くなってからは、経営コンサルティングよりの仕事になっていきました。

インフラ会社や総合商社といったクライアントのデジタル戦略や、業務フローの改善を行いました。

コンサルティング業界のキャリアを3年ほど経験したところで、他業界でチャレンジしてみたいと思い、転職活動を経て、複数企業から内定を獲得することができました。

厳密には、3年経つ前から転職活動はしていました。

-転職をしようと思った経緯を教えてください。

2点あります。

1点目は感情的な話ですが、もともとIT企業に入り、その後コンサルティングに入ったのですが、なんとなくのあこがれで金融業界へ行きたいという思いがありました。

金融の先には、投資に興味があるので、特にバイサイドに興味がありました。

東大のロボットベンチャーである株式会社SCHAFTは、日本ではどこも投資してくれなくてGoogleに買収されたという経緯を知り、もっと日本でもベンチャーに投資できる環境があればと思い、バイサイドへの関心が高まりました。

2点目は、デジタルに関わっている中で、デジタルはあくまでツールにすぎないことから、将来性が見えないという漠然とした不安を感じていました。

一昨年、マネージャーの1つ下のポジションに昇格し、実際に経験することでコンサルティングの基礎がわかったので、次のステップを踏みたいという気持ちもありました。

第二新卒時よりも受かった企業の格が上がる

-具体的に選考を受けた企業を教えていただけますか。

某大手外資系メーカー、某BIG4系のFAS、政府系投資銀行、日系投資銀行、大手損保、大手食品メーカーを受けました。

-選考の結果はいかがでしたか。

BIG4 FASは複数社から内定を獲得しました。また、外資系メーカー、大手損保、日系投資銀行、大手食品メーカーも受かりました。

一応名門大学の出身ですが、新卒や第二新卒の時とは明らかに内定する企業の格は上がりました。

書類選考の段階から必ず興味を持ってもらうことができました。昔は門前払いだった企業であっても、話を聞いてもらうことができました。

-大手食品メーカーや大手損保企業の選考は、どのような部門で受けましたか。

大きく分類すると、デジタル推進の部門で受けました。

大手食品メーカーはIT部門でのデジタル推進、大手損保の方は事業戦略部門でのデジタル推進といった採用でした。

どちらとも、デジタルを活用して経営に関与する方法を考えるというミッションを求められていました。

大手外資メーカーについても、デジタルの推進の分野で、特にファクトリーオートメ―ションでのデジタル活用といった業務でした。

デジタル人材は不足しがち

-事業会社側にデジタル人材が不足しているという実感はありますか。

今は人材が不足しており、十分に採用できてはいないです。

そもそも、IT側の人はITの分野しかわからず、戦略側の人はITがわからないというように、ITと戦略どちらにも精通する人が社内に足りないため、採用が上手くできていないという印象です。

-事業会社でもコンサルでもデジタル人材は足りていないですか。

コンサルの方がまだデジタル人材はいますが、どちらも足りていない状況です。

面接で受けている限りは、大手事業会社側にはほとんどデジタル人材がいないような状況でした。

-デジタル分野でのコンサルタントは、今後も人気は続きそうですか。

直近2,3年程度は人気が続くと思っています。

例えば、私たちは3年前のプロジェクトで、データ可視化ツールを作っていましたが、今ではBIツール(データ分析をサポートするツール)を活用すれば3秒でデータを作ることができるようになっていたりします。

3年前に1,2か月程かけて作っていたものが3秒でできてしまうということに驚愕しており、デジタルが当たり前になってきていることを実感しています。

このスピード感を考えると、あと2,3年でデジタルが完全にコモディティ化するのではないかと考えています。

-デジタルを使って戦略を考えるという部分は今後も需要は続きそうですか。

戦略をたてられる人は今後も必要ですが、必ずしもデジタルをわかっている必要はないです。

結局は、デジタルがツールとして簡単に使えるようになるという話なので、デジタルがわかるかどうかではなく、課題を出すツールとしてデジタルが使えるかどうかが大事ですね。

今はツールを作れることに価値があり、コンサルのデジタル部門ではツール作りに終始しています。

ただ、ツールが溢れてくると、その役割は必要ではなくなるので、結局は戦略の部分に落ち着くとは思います。

そのため、デジタル部門の今後の見通しは良いとは言えないです。

転職業界ではデジタル人材が潮流

-外資系メーカーや損保、金融を受けた際の転職活動の軸を教えてください。

3つの軸を持って活動していました。

1つは社格です。社格のある企業で働きたいと考えていました。

コンサルティングファームも有名ですが、超トップファームに比べると社格が高いとは言えません。

他の2つはできることか、そして、やりたいことかという2つの軸で見ていました。

できることで考えると、ツールを作れることと戦略を語れることという目線で見ていて、大手外資系消費財メーカー、大手食品メーカーや大手損保などにあたりました。

やりたいことでは、投資につながっていく金融系やM&A、FASを受けました。

-外資系メーカーは採用が難関と言われていますが、よく通過しましたね。

デジタルが流行りものになっていて、珍しいデジタル人材には興味を持ってくれるというのが大きかったです。

また、コンサルティング業界の経験があったので、コンサル経験を話せると納得してもらいやすかったです。

英語が得意でないなかで、海外のマネージャーと面接することもありましたが、日本側の人たちが日本語のサポートをしてくれたこともありました。

現場が崩れればマネージャー側も崩れるので、現場側の説得で乗り切りました。

-コンサルの経験を通して話がうまくなったということもありますか。

新卒のころとは違い、コンサル特有の建設的な喋り方ができるようにはなりました。

-コンサル業界で人材がたくさんいるなかで、デジタルというのは強みになりましたか。

マクロトレンドになっていたので、かなりの強みになりました。

転職では、デジタル人材が、今一番ノリがいいと思います。

総合商社でもデジタル人材の求人が出ているので、デジタル人材のバブルに近づいていると思います。

情報収集は継続的に

-第二新卒や、新卒時の転職活動と大きな違いはありましたか。

コンサルで3年の期間を経て、書類の通過率が大幅に上がりました。

転職活動は継続的にしていましたが、やはり3年というのは書類の見栄えが違うのか、面接の通過率も上がりました。

-普段から転職活動を継続的にされていたそうですが、どういう形で情報を収集していましたか。

コンサルに転職したときにお世話になったエージェントに定期的に会い、自分の興味に合う転職先があれば話を聞くようにはしていました。

また、大手のリクルート求人サイトを検索していましたし、友人からすすめられたビズリーチもずっと利用していました。

-面接対策はどのようにしましたか。

面接対策はそれほどしておらず、自分の経験を淡々と話すことが多かったです。

書類系はしっかりとしたものを作っていたので、毎回そのまま使っていました。

ただ、金融に関しては、対策を考えて話をしていました。

-金融で意識したことは?

未経験の業界なので、金融業界に関連する自分のスキルを押し出す必要がありました。

私の場合、経歴をそのまま話すと、単にテクノロジーがわかる人と見られてしまうので、戦略や分析ができることが分かってもらえるように意識していました。

FASはコンサルの延長

-FASの採用はどうでしたか。

私は書類で1社落ちて、2社から内定をもらいました。

その2社では、一般的なコンサルと同じような1day面接がありました。

面接内容は、どういうことをしていたか、志望動機、M&Aで何に興味があるかといった普通の面接でした。

とあるFASでは、志望動機レベルの面接内容でしたが、別のBIG4 FASの方は、最近興味があった買収はなにか、君の業界ならどういった買収をするかといったことが聞かれました。

買収に関する情報については、マールオンラインでよくあるデイリーレターなどをみて、事前に集めていました。また、自分の業界のM&Aについては必ず確認するようにしていました。

-FAS受ける際には、どのようなアドバイスが転職エージェントからありましたか。

私は再生系の部門を受けたのですが、再生系はコンサルティングの延長である部門ということもあり、デジタルが潮流でした。

なので、課題に紐づけてデジタルを提案した経験は必ず言うようにとアドバイスがありました。

後は、どのようなフローでM&Aや再生が行われているのかというベーシックなアドバイスももらっていました。

-そのようなアドバイスは金融出身の専門のエージェントからもらったのですか。

金融出身のエージェントからもらいました。

私の担当者はFASに詳しくなかったですが、エージェントが金融に特化していたので、担当者が聞いて回って伝えてくれるという形でした。

エージェントは2つ利用していましたが、1つはビズリーチ経由で、1つは自分で探しました。

-FASに対してはどういう印象を持ちましたか。

コンサルティングの延長だな、という印象を持ちました。

戦略や業務改革をやっているコンサルで、更に財務的な情報も言えるところという印象でした。そのため、FASでも活躍できそうだなと感じました。

-落ちたところは何が原因だったでしょうか。

金融系はいくつか落ちたのですが、やはり経験が足りないよね、違うよね、とは言われました。

経験がないのに受けたいというところで整合性がどうしても取れませんでした。

例えばFASであれば、コンサルでの経験から、コンサルもやってるし財務などもやっているとこに行きたいんだ、というとこでロジックはなんとなく繋がります。

ただ、例えば落ちたところでいうと、オルタナ投資の会社を受けた際に、オルタナ投資をやりたい理由を聞かれても、学生時代に金融の勉強をしていました、株に興味があります、といった薄い話になってしまいました。

結局、経験がないから業務内容わからなくないかと突っ込まれてしまいました。

-突っ込まれたところはどう返していたのでしょうか。

投資銀行のなかでも、コンサル×金融のところには受かりましたが、純粋な金融業務には受かりませんでした。

コンサル経験が活きる業務内容の部署であれば話を聞いてもらえますが、フックが一つもないと厳しいなという印象です。

そのため、受ける段階で引っ掛かりのあるところを探すことが大事です。

-そのような点ではエージェントからのアドバイスはありましたか。

金融を専門とするエージェントは、基本的に始めからデジタルorコンサルに引っかかるところしか提案してくれませんでした。

ほとんどはFASを提案してくれ、一社だけは金融の会社がありましたが業務の1/3くらいはコンサルであるようなところを提案してくれました。

あなたの経歴ではフックがないので証券は難しいが、デジタルが潮流に乗っているということもあるので、調査や戦略のところを押し出していこう、というアドバイスはもらいました。

少しでも業務に関連があるだろうと思わせるように意識していくようにいわれました。

エージェントにはときどき連絡を

-エージェントは合計で何人くらい会いましたか。

顔合わせやメールのやり取りまで含めると20~30人で、その中で良さそうな5,6人とは定常的に連絡していました。

一番会ったのは某コンサル特化の転職エージェントさんで、2~3か月に一度は話をしていました。

案件が来ると必ず連絡をくれたので、計10回ほどはコンタクトを取りました。

コンサルへの転職が強い方でしたが、コンサルから別業界への転職も強いので頼りにしていました。

-連絡はエージェントから来るのですか。

エージェントからと私からの連絡と半々くらいでした。

案件がある場合はエージェントから連絡が来て、プロジェクトや、こういった案件はありますかと尋ねる時は私からコンタクトを取っていました。

自分からいろいろ言っていかないと、エージェント側のロングリストの下に置かれてしまうので、情報の更新頻度を下げないよう時々は連絡をすることは大事だと思います。

コンサルタントは頑張れる?

-コンサルタントとして、デジタル分野以外ではどういった点が評価されたと思いますか。

私は、デジタルプロジェクトをしていたので、単純にデジタル人材としてのニーズは強く感じました。

マインドセットがあり、コンサルだから、働けるよねというのはありました。スキルセットと戦略をたてていますから。

-マインドセットですか。具体的にどういったところでしょうか。

コンサルだからがんばれるよねというところです。

今は働き方改革がありますが、どの部門も、投資銀行もFASも、働かせすぎないようにということを考えないといけなくなっています。

ただ、働かないと成長しないので、新卒の働かせられない人よりも、まあまあ働かせられるよねという面で評価はしてもらっていました。

面接の時のフリートークの時にはよく、笑いが入りつつコンサルは死ぬほど働かせられたんじゃないのという話になることが多かったので、そこも評価されているんだなと感じました。

-どういうエピソードを話したんですか。

AIが出てきたばかりの時代に、AIを魔法のようなものだと思い込んでいる顧客のために資料を徹夜して作ったという話や、期待値の高すぎる顧客からずっと怒られた話をしました。

このような話をすると、AIを魔法だと思っているお客さん多いよね、といったとこで共感され盛り上がったりしました。

-AIは魔法じゃないということは普通の企業会社は気づいていますか。

気付いているところも多いですが、まだ半分くらいは魔法だと思い込んでいます。

-それは50代以上の経営者層が思い込んでいるのですか。

そう思います。

RPAに関しても、何でもできてトレンドも即座に出せるよねと思い込んでいる方もいます。

RPAは結局日本でしか流行っていないですし、更にはRPAを管理するツールが流行るといったおかしなことになっています。

事業会社側でも、経営者よりも下の部長クラスの方が、AIやRPAありきで仕事をしようとする人が多いです。

ベンチャーには合わなかった

-ベンチャー企業は受けましたか。

いくつか受けたことがあります。学生起業出身のベンチャーや、大手メガベンチャー出身者が設立したベンチャーも受けました。

先ほどの転職の際の3軸とは関係なく、エージェントから勧められたアカツキ、ジラフ、カケハシなどのベンチャーを軽い興味本位で受けました。

事業推進という観点で受けましたが、私は社格にコンプレックスを抱いているタイプなので、心に刺さったものはなかったです。

ストックオプションをもらえ、上場したら2000~3000万円はあげると言われましたが、期待値としては高くなかったので魅力を感じませんでした。

向こう側もコンサルだから事業のことはあまり分からないだろうというスタンスで話をされるので、互いに興味があまり持てずに終わりました。

内容としては面白いことをしているところも多かったので、今のコンサルで活かせることもあり、お客さんと話すときのネタになることもあるので、良かったとは思っています。

新卒時に上手くいかなくとも努力すれば道はひらける

-社格コンプレックスは新卒時代の影響が大きいですか。

新卒ではほとんど落ちてしまい、IT起業にしか受からなかったということが大きいです。

-今回の転職では、かなりリベンジできた印象ですが、どうですか。

一度落ちても経験を積んでがんばり続けてきたことが大きいと思います。

また、新卒の面接でよくある変な質問はそもそもなくなりますし、コンサルの経験で説明もうまくなりました。

また、一度業務を経験したことで、自分のやってきたことと、やりたいことや働きたい理由にロジックで繋げることができるので、業務にフックのあるところでは納得してもらいやすくなりました。

– 外銀や外コンに落ちてしまい、本意でないキャリアを歩んでいる新卒1,2年目の方にアドバイスはありますか。

選択肢が広がるようなネクストキャリアを選ぶといいと思います。

コンサルあれば、そのようなところは大量採用している会社が多いので、選択肢の一つにするとよいでしょう。

また、コンサルの潮流に乗ることも大事です。私の場合、3年前だとちょうどデジタルが潮流だったので、デジタルのアサインを必ずしてくださいと言っていました。

広いキャリアの会社に入ったのであれば、今後のトレンドを考えて、やりたいことを自分から強く発信することは大事です。

当然、それに見合うだけの結果が必要で、その分努力しないといけないです。

例えば、次の潮流としてはセキュリティなどが考えられますが、そのようなところに身を置いておけば、事業会社に移るときにも、そこに課題感を持つ企業に転職することができると思います。

-やりたいことを誰に発信すればいいですか。

コンサルであれば、アサインを決める人事の方に言えばいいです。私は第二新卒で研修があったので、その時に言っていました。

-実績のない初めのうちでも、希望を聞いてもらえるのですか。

会社によるとは思います。私の場合、研修でMVPのような感じで認めてもらえたので、聞き入れてもらえました。

単に言うだけでなく、仕事力など何かしらアピールできるものがあった方がいいです。

コンサルタントにはスキルセットとリーダーシップが必要

-具体的に研修ではどのようなことをアピールすればいいですか。

ビジネスやプログラミングなどのスキルセットをアピールするのが一つです。

また、ホワイトボードの前にちゃんと立つことや、大きい声で話すなどの小手先のことも大事です。

コンサルであれば、議論を引っ張っていくことが求められるので、ホワイトボードを使って議論を整理していくなどのリーダーシップが重要です。

-リーダーシップはコンサルを通して身に付きましたか。

自分でなんとかしないといけないと思うマインドセットは身に付きました。

顧客のところに一人で行ったり、全体ミーティングで中心になって話したりするなかで自然と身につきました。

-金融に行くにあたってパワポやエクセルなど基礎的なスキルでの不安はないですか。

財務系以外の部分ではありません。

説明したりパワポ作ったりという社会人としてのスキルは問題ないです。

コンサルで身に付いたというよりは、良い上司に出会えたからというのが大きいです。
いかに徒弟制度の良い師に会えるかというのは大事です。

私の場合はたまたまですが、優秀な人はキャッチーな部門にアサインされやすいので、良い上司には当たりやすいです。

何度か上司が代わる中で、優秀な人と出会えれば離さないようにするのが大事です。

優秀な人と話している方が面白いので、モチベーションは高まっていいと思います。

現職のコンサルタントにメッセージ

-最後に、コンサルから別の事業会社に行こうというネクストキャリアを考えている人にメッセージをお願いします。

キャリアは前にひらかれています。まず、受けることが大事です。

エージェントに積極的に話すと、自分では考えていなかった引っかかりからの提案があり、門戸は広がり始めていることを知らされます。

良い話が舞い込んでくることもあるので、エージェントと会うことに躊躇せず、自分の主張をしておいて仲良くなっておくといいでしょう。

結果を出すことは前提として、キャッチーな仕事に入るということもいいでしょう。

仕事ができるかどうかは面接だけでは測れないので、今でいうデジタルなどのキャッチーな部分をやっておいた方がいいかもしれません。

ーありがとうございました。

編集後記:

今回は、コンサルティング業界から他業界に転職された方にインタビューを行った。

コンサルティングファームの内情や、様々な業界の情報が含まれている非常に有意義な内容であった。門戸を広く構えることがキャリアにおいて重要であることを改めて認知した。

コンサルティング業界は、第二新卒に広く門戸を開いている。ファーストキャリアに満足していない方は、ビズリーチに登録してすぐにでもチャレンジしてほしい。

また、コンサルからのネクストキャリアを考えている方も、ビズリーチに登録してエージェントに会ってほしい。

様々な業界のハイレベルな求人があるので、興味が湧くものに必ず出会えるだろう。

ビズリーチの登録はこちら