企業形態別アドバイス

銀行員が転職するときに準備すべきこと

銀行から転職する方が非常に多い昨今である。

銀行不要論が流れているなかで、銀行勤めを不安に思って相談に来る人が多い。

ただ、やみくもに銀行を辞めることを考えなくてもよいことは伝えておきたい。

それでも人間関係の辛さや銀行の業務の厳しさから転職を考える人は当然いるので、そうした人に向けて銀行員がどのようにしたら転職が成功するか具体的な企業名をあげて説明していく。

銀行員が辞めることが当たり前の時代になってきた

かつては、銀行員で20代で辞める人は銀行で活躍できなかった人、もしくは銀行員としての適性がなかったということで転職エージェントもあまり好意的な目で見ていなかった。

しかし、昨今の事情を見ていると、優秀な人から銀行を抜け出すようになってきたのである。

銀行はそんな簡単に潰れないが、このまま勤めていても自分の市場価値が上がらないと気づいた優秀な銀行員たちは、銀行を去って自分の成長ができる業界に飛び込み始めた。

コンサルティング業界やベンチャーをはじめ、成長している産業へ挑戦し始めたのである。

これは産業の成長を見て異動しているので、転職エージェントから見ると、賢い行動をしていると捉えられており、仕事ができなくて辞める人という目では見なくなった。

よって銀行員は若くても転職がしやすく、転職エージェントからも相手にされやすいので転職のチャンスと言える。

銀行員が転職活動を始めるときに注意すること

銀行員の方と会っているとよくあるパターンは、自分に市場価値があると勘違いすることだ。

銀行というのは20代後半のときは同世代よりも給料が高いはずである。

証券銀行コンサルティング以外に目を向けると、メーカーの同世代よりも銀行のほうが給料が高いはずである。

そのため、金融業界以外の転職を考えるときは、謙虚に自分の市場価値を考えるべきである

銀行で汎用性の高いスキルや他業界で通じるスキルが身についているか振り返ってほしい。

高い英語力を持っていたり、証券に出向してM&A業務をやっていたり、銀行の本店でストラクチャードファイナンスや大企業への融資をしていたりしたら、証券業界や大きな会社の事業企画、経営企画でやっていくスキルがあるといえる。

だが、あまり他業界で通用しそうなスキルがない場合は、ポテンシャルを見て採用してもらわないといけない。

ポテンシャルとは、20代のうちであれば、学歴や最初に就職した企業の格といったところだ。

メガバンクは難易度がそれなりに高いとされているので、新卒時には最低限の能力があるとみなされ、普通の名もない企業のスキルが身についてない人よりは転職がしやすい。

銀行員が転職している業界

銀行員が転職するには、銀行から転職して成功している人の事例を見るべきである。銀行から転職して成功している業界はコンサルティング業界だ。

銀行出身者は、アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティング、プライスウォーターハウスクーパースといった企業に転職して成功している。

銀行員は几帳面であり、数字のミスをしないことが取り柄なので、コンサルティング業界でエクセルやパワーポイントに慣れるのが早い。

当然最初はエクセルやパワポのスキルがないが、持ち前の几帳面さで乗り切ることができる。

支店長や課長から厳しく言われていた細かい点に配慮する力が生きるのである。

印刷方法やホッチキス止めといった細かいところを注意されて、なんだこんなことと思った経験があるだろう。

だが、こうした細かい点がコンサルティング業界に転職して役立つものなのである。

意外かもしれないが、銀行のこうした細かさへの配慮は他の業界ではあまり鍛えられない。

金融やコンサルティング業界が特にうるさく、メーカーではそこまで厳しく言われない。

さて、ほかに銀行員が転職して成功しているのは人材業界だ。

私自身が人材業界にいるが、銀行出身者は昔から今の時代に至るまで多い。

人材業界も数字を達成することが大事だが、銀行ほど詰められない

銀行は支店長をはじめ、上からうけるプレッシャーがものすごいことだろう。

支店を管轄する支店長でさえも上からのプレッシャーに耐え、出世街道を歩もうとしている。

人材業界も数字が求められるが、精神的な詰め具体の程度が銀行とは違うので、人材業界のプレッシャーはたいしたことないと感じ、人材紹介から成功するパターンも多い。

ビズリーチに登録して銀行出身の転職エージェントを検索することができるのでぜひご覧になってほしい。

多くの転職エージェントのキャリアのなかで銀行のキャリアがどう役立っているかをご覧になることができるだろう。

さて、コンサルティングと人材業界をあげたが、昨今注目されているのがベンチャー業界だ。

銀行員からベンチャー業界の転職

銀行員からベンチャー業界へ転職する際は、ベンチャー業界が好きになれるかどうかを重要視してほしい

昨今のベンチャー業界は、みなさんが相手にしている中小企業ではない。

ベンチャー企業の多くはエクイティファイナンスをしているので、投資家やベンチャーキャピタルに株を渡すことで資金をもらっている形だ。

銀行からデットファイナンスという形で資金を得ているのは中小企業で、急成長をしている企業ではない。

ベンチャー企業がデットファイナンスをする場合は、政策金融公庫の新創業融資制度で借りているので、都市銀行からは借りる例は減っており、またできたての企業へはなかなか融資をする経験はないだろう。

よってベンチャー業界自体を知っている人は銀行員ではなかなか少ない

中小企業のお金を持っているオーナー社長とは違い、株主というステークホルダーがたくさんいるベンチャー企業の社長はまた違った生き物である。

ベンチャー企業は業界が好きになれるかも大事だが、会社自体や社長と話して共感できるかどうかも重要視していただきたい

銀行の視点で判断すると、キャッシュフローが赤字で微妙だと思うかもしれないが、ベンチャーキャピタルは成長性で判断して投資するので、キャッシュフローが大赤字で売上がほとんど立っていなくてもサービスの会員数といったKPIが伸びていたら投資してもらえる。

これらは一部であるが、ベンチャーのルールを理解したうえでいい企業があったら転職をしてほしい。

必ずしもではないが、フィンテックの業界などは銀行員から転職してフィットすることも多いので転職先として検討するとよいだろう。

銀行を辞めるときは、冷遇を覚悟で

銀行をいざ辞めるとなると、上司から冷たい目で見られることがある。

ベンチャー企業やリクルートやコンサルティング業界は辞めることを卒業と言い、ポジティブに捉えるし、辞めた人を飲み会に呼ぶこともあるが、銀行はなかなかないのが実情だ。

銀行を辞めるときは、裏切り者と言われんばかりの態度で接されるので心して辞めめよう。

銀行員の習慣を捨てる

銀行員として働いていると、稟議書やハンコといったカルチャーに支配され、完全な年功序列、正確には役職序列に基づいてすべてが支配されるが、これらの慣習から自分を解き放ってほしい。

銀行員としての慣習は他業界では役に立たないことが多い。

他業界では、自分の意見をはっきりと押し、社内の根回しが必要だが、上司に必要以上に気を使わないといった点を学んでいこう。

銀行員で転職を失敗している人をみると、この学習スピードの遅さが命取りになっているパターンが多い。

銀行員は学習スピードを上げ、新しい転職先で生き残っていこう。

これまでやってきたことはすべて捨てて0からスタートするつもりでやっていこう。

銀行員が転職活動ですべきこと

まずは転職エージェントを使うことだ。

問答無用でリクルートエージェントを利用しよう。

銀行員は形式を重んじがちだが、リクルートエージェントは最大手であり、転職の作法も形式ばったものを教えてくれるので転職の型を教えてくれる。

リクルートエージェントは電話相談でもかまわないので足を運ぼう。

そして次に、転職サイトとしてビズリーチに絶対に登録しよう。

銀行員が転職の際にネックになる年収ダウンを避けるために年収が高い求人がある。

ビズリーチは金融機関の人の登録がもともと多かったこともあり、金融業界に強いエージェントが非常に多い。手軽に利用できるので絶対に登録しよう。

コンサルに行きたい場合はアクシスコンサルティング、また外資系や英語を使った仕事がしたい場合はJACリクルートメント

を利用するなどの作戦がある。

ぜひ様々な転職サービスを使ってみて転職を成功させてほしい。