転職活動全般

転職3回目の人に読んでほしい転職で失敗しない方法

転職活動をしている人のなかには、20代もしくは30代前半のうちに、2回目の転職、つまり今いる会社が3社目の人もいるだろう。今の時代においては珍しいことではない。

そして、さらに3回目の転職をする人も多く見かける。中には、今までの転職で一度失敗を経験している人もいるだろう。

今回は、転職3回目の人に向けたアドバイスをさせていただく。

転職が3回目、つまり4社目へ移籍したい理由

3社経験して、さらに転職したいという理由について探っていく。

転職3回目となると、慣れたものだと外野からは思われるが、転職する当の本人にとっては1回目と同じく緊張するもので、転職の勝手がわかっている分、吟味に余計に慎重になる。

3回目の転職が珍しくなくなった昨今において、3回目以降の転職について、転職パターン別に考えて、転職についてアドバイスしていきたい。

1社には3年以上在籍できたが、その他2社は3年もたなかった場合

3回目の転職において多いパターンの一つが、1社だけは3年以上在籍できたが、その他の2社は在籍3年未満で転職しようとするパターンだ。

新卒の会社にはそれなりの期間いることができたが、転職してみて、その後の2社にいまいちフィットせず、転職をしようとする。

新卒の会社は一般的に中途よりも在籍年数が長くなりがちだ。

社会人になりたてのころは真っ白なので、どんなことも受け入れて、慣れようとする姿勢がある。

一方で、転職先の会社になかなかなじめず転職を検討するのはありがちなケースである。

もう一つのパターンは、1社目はあまり良い企業ではなかったものの、2社目でリクルートに転職して長期間働き、ある程度経験を積んだのでチャレンジしようとしたが、次の会社ではうまくいかず、転職したいと考えるパターンである。

いずれにしろ、転職がうまくいっていない現状がある。

だが、落ち込む必要はなく、1社で3年以上働いたという経験があれば必ずどこかで働ける可能性が高い

本当に働くのが苦手な人は、どの仕事も半年ともたない。

ちなみに、40歳くらいで15回ほど転職して、年収1,000万円の大台にのせた強者もいる。

1社で3年もったという経験をもとに、自分の向いている分野を分析してほしい。具体的なアドバイスは後述する。

全部の会社に3年以上ずついた場合

全部の会社に3年以上いた場合は、経験を積んでいるとみなされるので、次の会社でも採用されやすい。

キャリアに一貫性がない場合は、少し難しくなるが、3社が同じ業界、あるいは3社のうち2社が同じ職種、といった流れでは次の職業も決まりやすい

5年ごとに職場を変える人もいるくらいなので、全部の会社に3年以上ずつ在籍することは、今の時代においては珍しくない。

ただし、中途半端な期間で働くのは、退職金などのことを考えるとあまりおすすめはしない。

やりたいことがほかにあって、仕事は生活の手段だと割り切れるのならよいのだが、キャリアを積みたいのに定期的に会社を変えるというマインドは、あまりよろしくないので今後のことは考えてほしい

2回目の転職で初めて転職失敗した場合

さて、過去2社はうまくいっていたのに、3社目がうまくいかなかったということもある。初めての転職失敗を経験して、落ち込んでいる人もいるかもしれない。

新卒リクルート、大規模ベンチャーを経てスタートアップに転職したのに、あまり期待通りの成果を出せずに困っているということがあるだろう。

過去2社と今の会社で求められていることと、自分ができることを整理してみて、なぜ今の会社ではパフォーマンスが出せないか考えてほしい

自分に実力がないからと責めるのではなく、自分には合っていないところなのだと認識したほうがよい。

過去の2社ではうまくやれていたのだから、働く会社について再考したほうがよい。

3社目で失敗してうつになる人もいるので、そういうときは、会社が合わなかっただけだと思って逃げても大丈夫だ。

いつも逃げてばかりの人は考えものだが、一回目の失敗であれば逃げても大丈夫だ。

心身に異常をきたし、正常な判断ができなくなることだけは避けてほしい

f:id:shikanokuninoouji:20180914193832j:plain

ずっと在籍している会社に満足を感じていない場合

どこの会社にも満足せず転職を繰り返すことがあるだろう。この場合は対処が難しい。

根本的に、在籍してきた会社とあなたには何か合っていないことがある場合が多い。

朝起きられないのであればフリーランスに、スキルが身についている気がせず飽きるのであれば幅広い分野にかかわることができるコンサルタントに、といったことも検討してほしい。

正直、すべての会社で短期間のうちにずっと転職を繰り返し続けている人は、どんどん次が見つかりにくくなるので、一社でもよいから長く続く会社を調べよう

20代、転職経験2回まではセーフ

20代で3回目の転職を試みる人もいる。

転職サービスの検索や、人材紹介会社に頼むときに、転職経験2回までの20代といった形で検索されることが多い。

20代でそれ以上の転職経験があると、最初のフィルターではじかれやすい。

20代でこれから3回目の転職ということであれば、比較的フィルターにかかりやすいが、気にせずいこう。

古い体質の企業だと、転職経験のない人をほしがるところもあるが、そういう会社はそもそも転職者に優しくないということも珍しくないので、そちらもあまり気にしないでおこう。

転職相談相手について

過去2回の転職で、転職相談をして成功した転職エージェントがいたら、そのエージェントに相談にいこう。

また、自分の転職失敗の要因となったエージェントもいるだろうが、もし会っても大丈夫であり、かつそのエージェントが人間的に信頼できるのであれば、再度相談してもよい。

転職エージェントであなたと良い関係を築いてくれる人を見つけるのはなかなか大変だろうが、過去に一人でも信用できるエージェントがいたら、相談にいってほしい

余談になるが、多くの転職エージェントは、転職紹介先に半年在籍したら、転職紹介フィーが100%入ることになっている。

新規の転職エージェントの開拓

転職エージェントの開拓は常に続けろと言っている。

年齢を重ねるごとにステージも変わってくるので、20代のときに使っていたエージェントが30代の転職に強くないのであれば、新規にエージェントを開拓しておこう。

常々言っているが、ビズリーチには絶対に登録しよう。

ビズリーチは、転職エージェントの年代も、扱う求職者の年代も様々おり、自分に適したエージェントを探すことができる。

具体的には、エージェントから送られてきたスカウトメールに目を通して、自分の年代と自分の対象領域に強いということであれば、一度会ってみたほうがよい

30代になると、リクルートエージェントもこれまでの担当者と変わってくるので、これまでリクルートエージェントは微妙だなと思っていた人も、改めて相談にいくとよい。

年収が安いときには出てこなかった、経験のあるエージェントが出てくる。

転職理由の書き方に気をつけよ

ビズリーチやLinkedInを見ていると、転職理由に会社の悪口を書いている人がいて、この短期間の転職は自分のせいではないですと言っている人がいる。

ほかの会社には10年いて、とある会社には半年しかいなかったのであれば、釈明を書いてもかまわないかもしれないが、基本的には書かないで、穏便に書いておいたほうがよい。

インターネット上に悪口を書くことは、あなたの評判を下げることになるので、注意しよう。

ビズリーチに登録して、登録文面を調整するなどして、スカウトを受け取ってほしい。