転職活動全般

転職活動は短期間で集中して行おう~失敗事例に学ぶ~

原則として、勉強も仕事も期限を決めて短期間で行ったほうが良いということはみなさんご存知だろう。

転職活動においても同様のことが言える。

転職活動を短期間で行うべきだということについて書かせていただいた。

転職活動を行うことと情報収集は別物

転職エージェントに限らず、情報は収集するべきだと言っている人は多い。これは正しい。

転職する意思がなくても、転職や労働マーケットに関する情報は常に集めておくべきである。

それによって、市場の変化を感じ取ることができ、今はどういう企業が人気でどのタイミングで転職するのが良いかなんとなくわかってくる。

こうした情報収集と、実際に選考まで受ける転職活動との間には大きな壁がある

転職活動は、大きなリソースと、精神的にも肉体的にもエネルギーがかかってくるので、自ら時間をかけてがんばろうとする意思がない限りやめておいたほうがいい。

必ず辞める意思があるときは、転職活動に期限を設定

転職活動をする際に考えておくべきことは、本当に会社を今やめたいのか?ということだ。

労働環境が劣悪、もしくは上司がいやで部署移動や上司変更が無理なときは、転職もやむをえないだろう。

辞めるという意思が自分にあるときは、いついつまでに辞めるという期限を決めておかないといけない

転職の際に、今すぐしたいのか将来なんとなくしたいのかで、転職エージェントや企業側の対応も変わってくる。

今すぐ転職したい人に対しては、当然ながらストレートにぶつかってくるので話もしやすい。

企業側は、採用の際に、転職する気のない人に対しては、来てくれ!と強くは言わず、温度感を見て長期的に付き合うことも想定するので、転職する気があるならすぐにでも言うべきである。

転職活動の際に、会社を辞める意思があるときは期限を決め、そして転職を相談する相手に必ず共有しておこう

現職に留まる場合は留まる際の条件を考える

コンサルティングファームや大手に在籍している人にありがちだが、現職に留まるという選択肢を考えている人もいるだろう。

そうした人は、どういう条件なら現職に残りたいか、どういう条件の企業が現れれば転職したいかを決めておくべきである。

給与や昇進が○月までに希望に達することができたら転職しない、希望している部署に異動できたら転職しない、嫌な支店長が次に異動になったら自分は転職しないといった線引きをしておこう。

今の会社を辞めないという選択肢があると、転職活動はやっかいになってくる。

転職活動で内定をいくつもゲットしたのに、結局なんとなく迷って、転職しないという意思決定をすることもあるのだ。

また、家族に止められる人もいるので、こういう条件なら転職したい、この条件に満たなければ転職しないということを家族などの相談相手にもあらかじめ共有しておこう。

勝手に転職を決めて家族関係が悪くなる人を見たことがあるため、できるだけ情報は事前共有しておいたほうがよい

転職活動中は忙しくなり、家庭業務がおろそかになるのもやむをえないので、共有してサポートしてもらうことがなにより重要である。

引き止めを期待して交渉は行うべきでない

現職に留まることを想定している人が、とりあえず辞めると言ってみて引き止めさせ、それを使って交渉をする人がいる。

だが、基本的に一度辞めるといった人を経営者は信用しなくなる

目先のことに本当に困っていて、少し賃金を積んで残そうとすることはあるが、その後、優遇されることはまずない。

辞めると言った人は、経営者からすると裏切り者と思うこともあるため、引き止めを期待することはあまりよくない。

また、自分の思っている評価とまわりの評価にギャップがあることも珍しくなく、引き止めされると思ったらまったく止められず、退職して喜ばれることだってあるのだ。

辞めるという意思があるなら、100%辞めるという気持ちで辞めることを伝えないといけない

なんとなく辞めようかと思っています、辞めたいですというあいまいな相談は絶対にしないほうがよい。

こういう相談をするだけで信頼されなくなる。

会社では、基本的に同期であっても転職の相談はしないほうがよい

オープンな外資系では、同期の仲が良い人に相談することもあるが、辞める人が少ない会社では仲が良い人にも相談してはならない。

近しい人に相談したい場合は、仲が良い同業他社の人か、自社から転職して他社で働いている人、かつ信頼できる人に相談しよう。

f:id:shikanokuninoouji:20180916212645j:plain

短期間の定義は、3~5か月

短期間の転職は、3~5か月を考えてほしい

常に情報収集だけはしているという人であれば1~2か月で転職活動は終わるが、情報収集を熱心にやっていない人は、辞めるタイミングを見計らうと3~5か月かかってしまう。

この短期間の間にもろもろの予定を詰め込んで、転職を成功させるために努力すべきなのである。

なお、1年以上だらだら選考を受ける人もいるが、こうした長期間の転職活動はなかなか功を奏さない。

意思決定がなかなかできないため、ダラダラ転職活動をしているだけだからである。

転職面接のピークをそろえ、有給を活用する

転職面接はできるだけ同じ期間にそろえたほうがよい。

転職活動だと内定承諾の期間が短いため、比較するためには一気に内定をもらい、同じタイミングで比較検討すべきである。

面接をするには、当然時間をあけたり、準備したりしないといけないので、こうしたときのために有給を利用しよう。

有給の際は、普段は旅行と言っているのに急に何も言わずに有休をとると不審に思われるので、理由をなにかつけておくとよい。

もしくは、普段から理由を言わずに有休を取得しよう。有給は特段理由を付ける必要はないからだ。

転職活動の基本は情報収集から

転職活動に関しては、情報収集を一気にしてほしい。

どういう企業がどれくらいの人をどういう待遇で採用しているのかという、転職マーケットについての情報を仕入れるとよい。

転職マーケットを知らずに転職すると、買いたたかれてしまって、役職も給与もあまりもらうことなく損してしまう。

転職事例や転職の情報収集をしていると、相場がわかるようになる。

相場感をなんとなくでも持っていることは、転職の基準を持つことにつながるので、転職の意思決定がしやすくなる。

情報収集を普段していない人は、1~2週間でもよいので情報収集に時間をかけよう。

直接人に会わなくても情報を集めることができる。

転職口コミサイトはあまりあてにしないでおこう。特に、点数は主観なので参考にならない。

ただし、ネガティブな部分や愚痴を書いている部分には注目しよう。

事実である可能性が高く、転職を検討するにあたって、重要な意思決定の材料になる。

ポジティブなことはサクラや適当な人が書くが、ネガティブなことは本当にネガティブに感じていた人しか書かないからだ。

最初の1か月は転職エージェントに会いまくる

転職活動をはじめたら、転職エージェントに会いまくろう。

最初の段階は、情報収集と自分の市場価値の認知だ。

数人会うと、転職エージェントに話す内容と、どういうことを聞けばよいか、なんとなくの相場感がつかめてくるので、転職エージェントをうまく活用できることになる。

最初の1か月は転職エージェントに会いまくり、相談できる転職エージェントを決定しておこう。情報収集の段階で、転職エージェントを選ぶ基準を決めておくとよいだろう。

ベンチャーであれば企業とどんどんカジュアルに会ってみるのも手

転職サイトに登録すると、カジュアル面談をしませんかとベンチャー企業から連絡がくるので、どんどん会ってみるとよい。

カジュアルといいつつガンガンつめてくる面談をしてくる会社は、あまりよい会社じゃないので、そういう会社に当たったら、入るべきでない会社が分かったと思っておこう。

カジュアルに話すと、転職相談にのってくれる人もいるので参考になる。ベンチャー企業なら人事にどんどん会ってもよい。

転職をするなら、転職サイトに真っ先に登録

転職の情報を常に収集しておくことは重要と述べたが、今すぐの転職でない人も、また、会社を辞めると覚悟した人も転職サイトに登録しよう

転職サイトで出回っている求人と年収レンジを確認しておこう。

特にビズリーチに登録すると、企業と転職エージェント双方から連絡がくるので、相場がわかりやすい。

ビズリーチに登録していない方はぜひ登録しよう。

転職エージェントに会う場合は、業界が決まっていない場合は、リクルートエージェントJACリクルートメントを使ってみてほしい。幅広い業界をもっているので対応してくれる。

JACリクルートメントは外資にも強いのでおすすめだ。ビズリーチとあわせて利用しよう。