企業形態別アドバイス

銀行員はなぜ今転職をすべきなのか

銀行員は新卒の就職活動において就職する人数が多い会社ということで知られているだろう。

周りの優秀な学生で銀行に就職したという人を見た方もいるだろう。

しかし、銀行は人員方針を打ち出したこともあって大量に転職の相談が舞い込んでくる。

特にメガバンクと呼ばれる、三菱UFJ銀行や、三井住友銀行、みずほ銀行は顕著に退職者が出ている。

銀行員は毎年辞める人数は多い

銀行員は毎年、大量に退職者が出ている。

そして、退職者数が少しずつであるが増えてきている。

最近になっていきなり増えたというより、徐々に増えたという言い方のほうが正しい。

銀行員が辞めるようになってきた要因は3つある。

  1. 転職前提の入社が増えた
  2. 銀行員の転職先の受け皿が増えた
  3. 将来の銀行のビジネスモデルを危惧している

1つずつ詳しく見ていこう。

①転職前提の入社が増えた

転職が当たり前となってきている世の中で、銀行で数年修行したのち起業したりやベンチャーに転職したりしたいと考える人が増えてきた。

ちなみに私はベンチャー転職を見越しての銀行入行は間違っていると考えるが、学生に聞くと将来はベンチャーにいきたくて銀行に入るという人がいることもまた事実である。

こうした転職前提の入行が増えてきた。

これに関しては銀行に限った話ではなく、総合商社に入社している人も同様のことを言っている。

ただし、銀行は居心地がよいわけではないので、他に仕事のモチベーションがある場合は結果的に転職しているのだが。

②銀行員の転職先の受け皿が増えた

銀行の転職先として顕著にコンサルティングファームが増えた。

コンサルティングファームは顧客である大企業相応の振る舞いが求められるため、厳しい教育的指導をくぐり抜けてきた銀行員はぴったりなのである。

デロイトトーマツコンサルティング、アクセンチュア、プライスウォーターハウスクーパース(PwCコンサルティング)といった外資系のコンサルティングファームが銀行員を大量に受け入れている。

彼らはコンサルを経て次のステップに進んでいるため結果的に転職は成功だったと振り返る30代の元銀行員が多くいるように感じる。

こうしたコンサルへの転職ができるという事実は銀行員のマインドに大きな影響を及ぼしてきた。

③将来の銀行のビジネスモデルを危惧している

お金を貸して返してもらう際に利子を取るという昔からのビジネスモデルが成り立たなくなってきており、銀行はまずいのではと感じる若手が増えた。

ベンチャーにお金を貸していた銀行ですら昨今の株式調達の事情によりお金をベンチャーキャピタルから集めることができるようになってきた。

銀行から返済期限のある有利子負債という形で借りるのではなく、株式を渡し一緒に経営に参加してもらうようになった。

こうなると銀行は不要だろう。

慌てて銀行もベンチャーキャピタルの創設やベンチャー支援に携わっているが、乗り遅れている感は否めない。

銀行員の転職先

銀行員の転職先としてまず挙がるはコンサルティングファームだ。

銀行員の性格と相性がよく、転職後も活躍しやすいからだ。

他にはサイバーエージェントといった大きめのベンチャーに転職をしている。

メガベンチャーと呼ばれている企業群だ。

メガベンチャーへの転職は銀行員の性質上、合う人と合わない人がでているのは事実だ。

他にも第二新卒で日系の大手メーカーに転職する人もいる。

こうした人は銀行のカルチャーにそもそも合わなかった人たちだ。

なぜ今すぐ転職したほうがよいのか

さて、なぜ今すぐにでも転職をしたほうがよいのか。

銀行員の転職が増えてくるなかで、使えない元銀行員が大量にいることがバレてきてしまっているからである。

銀行員は言われたことを実行しているため自発性が身についておらず、また丁寧に稟議書を作りすぎているがゆえにその作業の遅さを指摘されることもある。

ハンコをたくさんもらうために多くの人の顔色を伺いすぎて「結局君は何がやりたいの?」と転職先で突っ込まれることもある。

こうした使えない銀行員は結構な数いるため、一部の企業では銀行員の採用は慎重になったほうがいいと思っている企業すらある状況だ。

銀行員は採用しないほうがいいよねという状況が広まりすぎると転職がしづらくなる。

まだまだ銀行員という肩書が世の中に通用するうちに、一刻も早く転職することをおススメしたい。

期待値はもちろん高いが、それを超えるだけの努力をしていただけたら良い。

銀行員の転職のタイミング

銀行員の転職のタイミングだが、今すぐと言っている。

実は、他の業界の方には「マネジメント経験を積んだほうがいい」「もう1プロジェクトやってからのほうがいい」と、転職を踏みとどまるようなアドバイスをすることが多い。

しかし、銀行員だけは例外だ。

銀行員は三菱UFJ銀行の調査役のようなポジションになったところで大きく仕事内容が変わるわけでもなく、部下を持つポジションになっても部下を育成する裁量もそれほどない。

また部下を持つまでの時間がかかりすぎる。

こうした銀行はネガティブな事情が多すぎる。

また、やっている仕事に対して給料が高すぎるので一刻も早く転職したほうがよいのだ。

銀行員の転職で難しいのは辞めるとき

銀行員の転職を数々見てきたが、辞めるのに苦労している。

外野からすると一気に辞めますと発表したら良いと思うが、退職の連絡が1つずつ上がっていき、上のほうまで届くのにひどい人だと1か月くらいかかる。

銀行員マインドが染みつくと「早くチェックしてください」などとは言えないため、ひたすら待つことになる。

また辞める人に対しては冷たいのが銀行であるため、罵声を浴びせられたり活躍することはないと言われて自分を否定されたりすることも珍しくない。

辞めると言うのに勇気もいるようなので、辞めるための算段については自分で考えておこう。

辞めることについては同期についても絶対に言わずに最後まで黙っておこう。

上司に退職を伝えてからはじめて同期に伝えてよい。

銀行員の癖が身につきすぎると転職後に活躍できなくなる

銀行員マインドは恐ろしいもので、一つ一つ確認を取って顔色を伺い、自分の意思で進めなくなる。

人間は環境に染まりやすいため、銀行の働き方を5,6年続けてしまうといつの間にか思考方法も銀行員になってしまう。

こうなるとますます銀行以外で通用しにくくなる。

銀行員の方は企業の財務部や経理部で活躍できるから転職先はあるととんでもないことを言う人がいる。

多くの銀行員は経理財務の実務知識は身についていないため、銀行員を採るよりは証券会社の投資銀行部門出身者を採用したほうがはるかによい。

お堅い雰囲気は銀行員としては出世できるかもしれないが、銀行以外で堅そうな雰囲気の人は出世しにくいのは想像がつくだろう。

人から話しかけられやすい存在にもっとなるべきである。

銀行員として、若手のころにたくさんの経営者と話す経験をした方もいるだろう。

経営者のようなマインドを少し持ってみるとよい。

銀行は35歳を超えるとしがみ続けるしかなくなる

銀行員の転職を考えると35歳を超えてくると転職が厳しくなってくる。

年収をもらいすぎているため年収ダウンで転職を受け入れる人がほとんどいないからだ。

銀行は先ほども述べたように仕事に対してややもらいすぎであるため、相応の能力にふさわしい転職先を探すと年収が下がってしまう。

銀行員であるプライドを捨てきれずに結局転職先の人間関係がうまくいかなくなってしまう人は先輩でも見たことがあるだろう。

銀行員におすすめの転職方法

銀行員は今すぐにでも転職活動をすべきである。

まずは、リクルートエージェントだ。

銀行員らしい転職活動の1つといえる。

オーソドックスな転職方法を押さえているのが、リクルートエージェントである。

リクルートエージェントは1社目として必ず使おう。

リクルートエージェントへの登録はこちら

次に英語に自信があれば、JACリクルートメントがよい。

銀行での勤務経験が3年以上ありTOEIC800点以上の方はJACリクルートメントの求人がフィットするものが多い。

もし英語の点数が足りなくても興味があれば行ってみるとよいだろう。

ちなみにTOEICの点数は今すぐにでも上げておいたほうがいい。

スタディサプリ ENGLISHと呼ばれるTOEICの点数をあげるにはぴったりのサービスがあるので使ってほしい。

最後に、ビズリーチだ。

ビズリーチは銀行員から多く支持されている。

元々ビズリーチというサイトは金融出身者が多かったため金融系の人には向いている。

転職エージェントも金融関係のバックグラウンドが多く、転職したい銀行員にはぴったりの相談相手が多い。ぜひ利用してほしい。

ビズリーチへの登録はこちら

以上の転職フローは少ないので必ず試してほしい。それほど難しくないはずだ。

ではまた。