転職活動全般

転職が失敗したと思う理由

転職活動において内定を獲得し意を決して転職したのに転職後すぐにこの転職は失敗だと感じることは珍しいことではない。

転職活動で失敗したと感じる理由はどういったときだろうか。

転職失敗の事例について、簡単なものから込み入ったものまで述べさせて頂くことにする。

転職失敗したと思うタイミング

さて転職を失敗したと思うタイミングを考えてほしい。

転職1~3か月以内で転職失敗と感じた場合は転職先の会社に問題がある場合がある。

モラルがなっていない、業務のやり方が全く確立されていない、仕事を指導してくれる人が誰もいないといった具合だ。

このタイミングで転職が失敗だったと気づけた人はラッキーだ。

この場合、すぐ辞めたらいいからである。

転職を失敗するのが1回目であればすぐにどこかに転職したらいい。

最低でも3年は頑張らないといけないのではないかと思うかもしれないが、そんなことはない。

転職に関しては早く意思決定をすべきなので、失敗したと早く感じることはよいことである。

最も危険な1年経ってから転職を失敗と思うこと

転職して1年して一通り仕事をしてみて失敗したと思うのは、会社というより自分個人に何か原因があるパターンが多い。

例えば年収もっと高いところにいっておけばよかったという例だ。

やりがいをもとめて金融系の仕事をやめてベンチャーにいった場合が該当する。

人間は生活水準を下げることが難しい。

根性の据わった起業家のように毎日吉野家で過ごせるほど普通の人は精神が強くない。

給料が下がることはボディブローのように効いてきて、しまいにはなぜ転職したのかと後悔することも珍しくない。

転職して1年経つまでに慣れようと努力するかもしれないが、この会社で本当にいいのかという疑問は常に持ち続けてほしい。

自分の未来は会社や上司に委ねては絶対にいけないのである。

自分の未来は自分で切り開く覚悟を持って、今後のキャリアを歩んでいってほしい。

転職失敗の多くは人間関係

新卒から入社し初めての転職活動となる方に特に多いが、新卒のときは研修から丁寧にやってくれるので人間関係も構築しやすい。

一方、中途の場合は人間関係をゼロから構築するため最初は上司以外話す人がいない。

チームメンバーも中途に対しては丁寧に教えるわけではないので、ある程度の覚悟は必要である。

重要な上司と話が合わなかった場合は大変だ。

愚痴を言う相手や社内異動をお願いする相手もいないため、余計に苦しくなりストレスが溜まっていく。

こうした人間関係によって転職先で活躍できずに去っていく人が多い。

人間関係は、合う・合わないの問題が大きいのでたまたま巡り合わせが悪かったと諦めよう。

仕事が入社前と言われていたことと違うパターン

業務内容が入社前と言われていたことと違うパターンがある。

これは採用担当者と配属担当者が異なる場合に起こる。

また、採用担当者が入社したときには辞めていたなんてことが起こると、実際やる業務が入社前とは予想もしなかったことになる場合もある。

こうしたときは人事に掛け合って「言われていたことと違う」と伝えよう。

この場合1か月で気づけるはずなので、やりたくない仕事を我慢するのではなくすぐさま転職活動をしたほうがいい。

なお、言われていた業務内容と全く違うことをさせられたという転職理由だとすぐに辞めても問題はない。

転職面接を受けても入社した会社が悪かったと同情してくれるはずである。

このときに同情してくれない面接官がいたらそれは入社すべき会社ではない。

1年経ったけど、思うように成果が出せなかったとき

仕事の成果が出せなかったときに転職をしようとする人がいるが、それについては考えてほしい。

以前の職場が大企業で競争力のある商品を売っていたとしたらあなたの力ではなく会社の力で商品が売れているとしよう。

その場合あなたは会社の看板が無くなった途端にモノを売る事ができなくなる。

ベンチャーやほかの会社に転職したときに前職の成果は会社の看板によるものではないかと疑ってみよう。

疑ってみてはじめて自分の成果は本当は何もなかったのではないかと気づく人がいる。

こうしたことに若いうちに気付けることはラッキーでそこから修行をして力をつけていけばいい。

この場合はむやみに転職するのではなく、残って頑張るべきである。

お金の問題はセンシティブ

年収はダウンして転職したら再度あげるのは難しい。

年収が下がったまま1年働くと年収を戻すのが難しくなる。

数か月で辞めることができれば元の年収に回復できることも多いので早めに検討しよう。

「お金よりやりがい」とはいっても、結局お金は大事なのだ。

最低限の水準が人によって違うはずであるので自分は実はお金が大事だったと転職して気づく人も多い。

転職後からすぐに動こう

転職後はもう転職活動をしないかもと思う人がいるがそれは安易だ。

転職活動は実際に転職をしなくてもずっとしなければならないものだ。

常に市場価値を確認して自分のスキルは他社でも通用するか見ておこう。

リクルートエージェントの大手でまずは実力を測ろう。

リクルートエージェントに行ったことがあればJACリクルートメントにも足を運ぼう。

また、転職サイトは簡単に登録でき市場価値を測れるので絶対に使おう。

キャリアカバーは外せない。

キャリアカバー以外だとITの方向けにはForkwell scoutをおすすめしている。

ではまた。