ベンチャー企業

東南アジアを中心に拡大しているREAPRA出身の起業家8人を紹介

今回は、REAPRA出身の起業家について取り上げる。REAPRAは、医療・介護領域で事業を行っているエス・エム・エスの創業者である諸藤周平氏が、退任後の2014年に立ち上げた組織で、シンガポールに拠点を置き、東南アジア全体の新産業創造を目指している。近年は日本への投資も進んでいて、REAPRAの投資から生まれている企業も多く、またREAPRAから独立して起業している人も少なくない。

今回はREAPRA出身の起業家8人を紹介する。

今回紹介する起業家の一覧

名前 社名 職歴
橘芳樹 インダストリア J.P.モルガン証券
白土悠平 リバースネット ゴールドマン・サックス証券
森島聖 ココピア ローランドベルガー
岩木亮介 アーキベース アクセンチュア
柳内健 メダップ モバイル・インターネットキャピタル
古田裕 YOLOT DeNA
与田良介 ウェルマーケ DeNA
Jackie K.(キム・ジャッキー) techners DeNA

MBAを取得し、投資ファンドを経て起業

氏名: 橘芳樹

出身大学:
大阪大学基礎工学部
ペンシルバニア大学ウォートン校(MBA)

現在の肩書:
インダストリア 代表取締役

職歴:
J.P.モルガン証券
ユニゾン・キャピタル

コメント:

大阪大学基礎工学部機械工学科を卒業し、1999年にJ.P.モルガン証券に入社した。その後、MBA留学を行い、ペンシルバニア大学ウォートン校MBA修了した後、2006年には国内最大級のプライベートエクイティ・ファンドであるユニゾン・キャピタルに参画した。投資案件発掘、投資実行、投資先の企業価値向上業務などに従事した。2013年に独立、2015年にインダストリアを共同創業し、代表取締役に就任した。

参照元

ゴールドマンサックス、 REAPRAを経て起業

氏名: 白土悠平

出身大学:
京都大学総合人間学部

現在の肩書:
リバースネット 代表取締役社長

職歴:
ゴールドマン・サックス証券
REAPRA PTE. LTD.

コメント:

1991年、福岡県出身。2014年に京都大学総合人間学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社し、投資銀行部門資本市場本部にて勤務。多数の資金調達案件に関わった。2016年からはREAPRA PTE. LTD.に参画し、シンガポール本部にて東南アジアや日本のスタートアップ支援に従事した。2017年にリバースネットを創業し、代表取締役社長に就任。ドライバー人材紹介サービスの、はこジョブを運営している。

参照元

戦略コンサル、REAPRAを経て起業

氏名: 森島聖

出身大学:
慶應義塾大学文学部

現在の肩書:
ココピア 代表取締役社長

職歴:
ローランドベルガー
REAPRA PTE. LTD.

コメント:

1989年、東京都出身。 2012年慶應義塾大学文学部を卒業し、新卒で戦略コンサルティングファームであるローランドベルガーに入社した。その後、REAPRA PTE. LTD.にて経営企画に従事し、ゼロイチフェーズの投資先企業のサポートを担当した。2018年にココピアを創業し、代表取締役社長に就任。

参照元

銀行、VC、コンサルを経て起業

氏名: 岩木亮介

出身大学:
大阪大学法学部

現在の肩書:
アーキベース 代表取締役社長

職歴:
アクセンチュア
REAPRA Ventures

コメント:

1990年生まれ。大阪大学法学部を卒業後、福岡銀行を経てドーガンに入社し、ベンチャーキャピタル業務やコンサルティング業務に従事した。その後アクセンチュアに転職し、コンサルティング業務やオープン・イノベーション業務を行ったのち、2017年にREAPRA Venturesに参画し、投資先の研究・リサーチ業務や投資先の経営支援業務に従事した。2017年にアーキベースを創業し、代表取締役社長に就任。建築分野における人材紹介サービスの運営やコンサルティングを行っている。

参照元

元コンサルが医療分野で起業

氏名: 柳内健

出身大学:
東京大学農学部
東京大学農学生命科学研究科

現在の肩書:
メダップ 代表取締役

職歴:
モバイル・インターネットキャピタル
REAPRA Ventures

コメント:

1982年、兵庫県出身。東京大学農学部を卒業、東京大学農学生命科学研究科を修了したのち、2008年よりエイムネクストで製造業向けのコンサルティングやプログラミングに従事。2010年よりモバイル・インターネットキャピタルに転職して、国内外のベンチャー企業への投資・支援を行った。2017年4月からはREAPRA Venturesに参画し、投資先の経営企画を行う。同年8月にメダップを創業し、代表取締役に就任。医療業界の業務効率化に取り組んでいる。

参照元

大手ITベンチャーから独立して起業

氏名: 古田裕

出身大学:
首都大学東京法学系

現在の肩書:
YOLOT CEO

職歴:
DeNA

コメント:

首都大学東京法学系を卒業し、2013年にDeNAに入社した。コーポレートブランディングや旅行系新規事業の運用改善といった分野でマーケティング活動に従事した。2016年からは東南アジアに拠点を移し、ベトナムにおけるメディア事業の立ち上げ、シンガポールにおけるWebマーケティング支援を行った。その後、YOLOTを創業してCEOに就任。REAPRA VenturesのWebサポートも兼任している。

参照元

DeNA、REAPRAを経て起業

氏名: 与田良介

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
ウェルマーケ 代表取締役

職歴:
DeNA
REAPRA PTE. LTD.

コメント:

1992年生まれ。成蹊小学校・中学校と進み、成蹊高等学校へ進学に入学した。2014年に慶應義塾大学環境情報学部を卒業して、DeNAに入社した。2017年に拠点をシンガポールに持ち、東南アジアで産業を創造するREAPRA PTE. LTD.に参画した。REAPRAへは諸藤氏の事業の再現性や産業から逆算して事業を作る力、ニッチ領域でトップを確実にとっていく実績、ビジネスを見る際に産業の歪みに着目している点や、外から見えにくいB2Bに注力している点に関心をもったことから入社を決意した。2018年にはヘルスケア−医療の領域でプラットフォーマーを目指すウェルマーケという会社を立ち上げ、代表取締役に就任している。

参照元

DeNAでエンジニアを務めたのち起業

氏名: Jackie K.(キム・ジャッキー)

出身大学:
東京大学経済学部

現在の肩書:
techners 代表取締役社長

職歴:
DeNA
REAPRA PTE. LTD.

コメント:

2015年に東京大学経済学部を卒業し、DeNAに新卒で入社した。サーバー/クライアントエンジニア、プロジェクトマネージャを経験している。16年にはエンジニア部門のMVPを受賞している。2017年に東南アジアの産業創出に注力するREAPRAに転職した。東南アジアで複数の投資先企業の支援を担当した後、2018年に美容室向けにITサービスを提供するtechnersを共同創業し、代表取締役社長に就任している。

参照元

編集後記:

いかがだっただろうか。

REAPRAグループは存在感を増している組織であり、グループ会社のREAPRA Venturesから投資を受けて独立する企業が、日本でも増えてきている。REAPRAは日本での新しい起業家育成の場となりうる存在だと言える。