キャリア

転職を100%決意したときの転職活動方法

「こんな会社絶対辞めてやる」
こう感じたことがあることがあなたにもあるのではないだろうか。

1日経つと、やっぱりがんばろうと思い直すこともあるが、長期的なパワハラや閑職に追いやられた状態、意味を感じられずただつらい作業をこなしている状態のときに、糸が切れたかのようにやる気を失うこともあるだろう。

では、退職を決意したときに、転職活動を含めてどのように退職まで向かっていけばいいかアドバイスしたい。

辞めると決意したら絶対に揺らぐな

1日、2日間だけ続く辞めたい気持ちや、慢性的になんとなく辞めたいくらいの気持ちだと、本当に辞めるか考慮したほうがいい。

だが、何日考えても絶対辞めたいと思ったら辞めるべきである。辞めるのを止めることでいいことは経験上起こらない。

感情に任せずに考えた結果、辞めると決意したのであれば、その判断はたいていの場合正しい。

ただし、新卒から20年以上働いて、家族を持っており、転職できる市場価値が無い状況で辞めるとなると話が変わってくるので、背負うものが重すぎるときは辞めることをさらに熟考してほしい

幸いなことに、転職に有利な環境が続いているので、20代もしくは30代中盤までで、それなりに学歴と職歴がある場合は、転職は容易である。

職歴がなくてもポテンシャルのある20代であれば、第二新卒をはじめ受け皿があることは承知の通りだろう。

辞めると決めたら次を探す

辞めると決意して辞表を出すのは間違っている。次も決まらないのに辞めるのは愚かな行為である。

次に留学をする、海外放浪をするということが決まっているのであれば職探しは帰国後でもいいだろう。もしくは何もせずのんびりしたいという決意があるのなら問題はない。

しかし、辞めることを優先して何も考えずに辞めることだけはやめてほしい。無計画すぎる退職は、後で自分を苦しめることになる。

会社を辞めて家にこもってゲームを1か月し続けるということでもなんでもいい。辞めた後の行動を考えてから辞めるべきである。

私は立場上、転職活動をすべきだと言っている。職歴にブランクがあると再就職しにくい現状は常にある。

早く働きたいという相手の足元を見て、年収をあまり出さずに交渉してくる企業もある。

在職している状態で転職活動を行い、複数の内定をもらって、「迷っている」状態を作り出すことが重要だ。

相手から欲しがられて入社したときと、入社したそうだから入れてやったでは入社後の会社の対応が変わってくることを覚えておこう。

現職の忙しさを絶対に理由にしない

辞めると決めた会社は、極端な言い方をするとどうでもいい会社だ。

適当に仕事をしていいと言っているわけではない。

会社の飲み会や無駄な行事は参加しなくていいし、必要以上の職責を果たす必要はない。困っている同僚を無理して助ける必要はないということだ。

会社に残っていると、出世のためには仕事以外のこともしないと出世できない会社があるだろう。

しかし、辞めると決めたら仕事以外の時間は転職活動にあてるべきである。

今後の人生に意味あることだけをやっていくべきである。意味のないことはさっさと切り離していこう。

100%辞める職場のことをうじうじ考えている人は、転職活動で成功をおさめることは難しい。転職活動は本気で時間をかけて行うべきだが、仕事を辞めて行うのもあまり良くない。

難しいだろうが、時間の捻出に対して本気になることが転職活動成功の秘訣であるといえる。

転職をする雰囲気をあまり出さない

転職活動をしていることが露骨にばれるのもよくない。

外資系の一部の企業では、ヘッドハンターと定期的に会っていることが公然の事実になっているような会社もあるが、ほとんどの企業では、転職活動をしていることが知られないほうがよいだろう。

そのため、業務時間中はできる限り転職活動をしている雰囲気はださないようにしよう。会社のPCで転職サイトを覗いているのも危険かもしれない。

だが、転職活動がすすむと面接のために日中抜けることがある。その際は有給休暇を活用しよう。

特に、志望度の高い企業を受けるときは、仕事で疲れた状態でいくよりは、フレッシュな状態で入念な準備を行い、頭が回転する状態で受けに行ったほうがよい

そのことを考えると、有給休暇はここぞというときに使えるようにしておこう。

転職活動が終わり、退職までに残りの有給休暇を消化することになるので、転職活動の際にそのいくばくかを利用することは有効な使い方だろう。

転職していることがばれると、脅しをしてくる上司がいるケースもあったので、できるだけばれないことが賢明だ。

内定をもらい転職が決定した段階で、周囲に打ち明けるとよいだろう。

f:id:daremotsukawanai:20181002141633j:plain

今すぐ辞めたいと思っても転職活動の期間を準備せよ

転職活動を始めると、今すぐ辞めたいと言ってくる人がいるが、これはあまり感心できない。

すぐに内定を出すような企業は、採用が非常に優れた企業か、人が足りなさ過ぎて猫の手も借りたいくらいのブラック企業のどちらかだ。

ちなみにコンサルティングファームをはじめ、採用が優れた企業は、優秀な人にはすぐに次の面接を設定し、普通くらいの人は通常のスケジュールでやるなどの対応をしている。

ベンチャー企業でも、この人は良いと直感的に感じた人を、現場クラスの採用担当者を飛ばして、社長と役員で一気に口説きにいくこともある。

こういった企業ならばよいが、人手が足りない企業は、そもそも面接に時間も割くことが難しいので、とりあえず誰でも入れて生き残った人を戦略として考えればよいという会社もある。

近年は儲かっている企業も多いので、採用費をかけてもいいからとにかくすぐ人が欲しいという企業もある。離職率が高すぎてもあまり気にしていない企業さえある。

これらの企業はいつかは淘汰されるが、儲かっている以上は企業が存続するので、気づかないうちにブラック企業に入ってしまうこともある。

ブラック企業は低賃金で長時間働かせることで人件費が大分削減されているので、儲かってしまうのである。

感情的に今の会社を語らない

憤慨して現職を辞めたくなる気持ちもよくわかる。

だが、こうした感情を持ちすぎていると、転職活動の面接の際に会社の悪口を言いまくってしまうことになる。

よって憤慨する気持ちは持ちつつも、転職活動の際は忘れて、前向きな転職理由を考えるべきである。

スキルアップしたい、幅広い経験が積みたい、自分の能力が生かせそうなのが貴社であるといったことをそれっぽく話して、今の職場の愚痴を話さないようにしよう。

愚痴は転職エージェントと友人にとどめておこう。

愚痴ばかり言う人は会社にとってマイナスな存在となるので、採用担当者からは採用されたくない人だと思われるので注意しておこう。

転職を決意したらまずは転職サイト

転職を決意した場合は、絶対に転職サイトを利用しよう。転職活動を始めるのに、転職サイトでいろいろな求人を受け取ることはいい一歩である。

転職オファーで来る給与を見て、実は自分の会社はいい会社なのでは?と気づくことさえある。

部署を変えれば今の会社のほうがよかったのではと思えるだけで、転職サイトに登録した価値があるだろう。

転職サイトに登録し、優れたスカウトが来て、かつ優秀なエージェントがいるのは間違いなくビズリーチだ。

ビズリーチに登録するといい求人を見ることができるのでできるだけ早めに登録してほしい。

そのうえで求人を見てから判断しよう。

ビズリーチの登録はこちら