転職活動全般

転職が成功する職務経歴書で書くべきポイント

職務経歴書はこれまで数え切れないほど読んできた。

今回、内定を獲得するための職務経歴書の書き方についてお話する。

正直、多くの人はフォーマットばかりを気にして記載している中身から目が遠ざかりがちだ。

今回はフォーマット等の基礎的なところは書かない。記載する中身についてフォーカスした。

フォーマットはどれでもあまり気にしていない。

職務経歴書よりも履歴書が最初のフィルターに

職務経歴書の前に、履歴書が最初の関門だ。

ただし、履歴書はどれだけ力を入れても差はつかない。

学歴、年齢、在籍した企業名、これらを見て、気になる人がいるかを判断するための要素として履歴書が使われる。

過去を変えることはできないので、履歴書はあまり気にしないでおこう。

職務経歴書は面接に呼ぶとなってから読まれる

職務経歴書は面接に呼ぼうと決めてからじっくり読まれる。

ただし、職務経歴書をじっくり読むのは人事だけで、人事ではなく現場の社員が面接をする場合はあまり読まれないこともある。

いずれにせよ職務経歴書はどのタイミングで読まれるかわからない。

じっくり読む人にとっても飽きない情報量でかつ、パッと見た人が何をやったかわかるようにある程度要点がまとまっていないといけない。

特に社長が面接をする場合はそれほどあなたの職務経歴書を読む時間がないと想定されるので、より内容は絞って読み手を意識したことを書いておこう。

職務経歴書はマーケティングツールの1つだと認識しておくとよいだろう。

職務経歴書は企業ごとに変えるべし

職務経歴書は同じものを出している人がいるが、実は企業ごとに変えたほうがよい。

転職の際に、応募する業界と職種がすべて同じであれば変える必要はないが、業界も職種も違えば少しずつ記述する内容を変えたほうがよい。

特に、未経験の職種で転職する場合はこれまでの職務経歴を単純に書くだけではだめで、未経験だけどうちの会社で活躍できそうな要素を持っているなと思わせる必要がある。

例えば、

  • マネージャーで転職する際に「職種は未経験だがマネジメント経験はある」とアピールする
  • 営業から経理への転職の場合に「営業をしていたけど営業部署内の数値整理や見える化を実行していた」とアピールをする

といった具合だ。

面接をする際にも、相手からの質問は職務経歴に基づいて行われるものが多いので、少しでも相手が興味をもちそうな内容を書いたほうがいい。

デートを想像してみても自分の喋りたいことだけ喋ったとしても相手から好意をもたれるわけではなく、相手が気に入りそうなことを話そうと努力した経験があるだろう。

話がそれたので元に戻す。

転職している場合は一貫性が必要

転職経験が複数ある場合は、職務経歴書の中で一貫性を見出してほしい。

  • 全然軸が違う業界に転職しているように見えても自分は会社を再建するのが好きだからあえて業績が悪い会社に行った
  • 体育会なので体育会の雰囲気が一番パフォーマンスが出せると思いそうした雰囲気の会社に転職した

このような感じで必ず何かしらの一貫性を出そう。

一貫性がない場合は、うちに転職してもすぐに辞めそうだなと思われてしまう。

ベンチャー企業だと在籍年数はそこまで気にしないが、40歳以上の方が人事をしている場合、転職回数については敏感になっていることも珍しくない。

自分の経歴をうまく一貫性のあるようにしよう。一本の筋が職務経歴書のなかから見えたらOKである。

具体的な数値を細かく書きすぎる必要はない

職務経歴書においては、具体的な数値をある程度書くことは重要である。

前年比の売上200%達成といった数字があるとわかりやすい。

ただし、具体的な数字を書きすぎると読むのが疲れてしまうので、何をしてどういった点が成果につながったことを書く方がよい。

最後の結果の部分だけ可能ならば数字を出せばよい。細かいプロセスの数字まで書いても相手はそれほど興味を持たない。

細かい数字については面接の際に説明できるとよいだろう。数字に強いことは書類よりも口頭での面接で伝えたほうがわかりやすい。

具体的なあなただけの役割を書く

職務経歴書をみていると、あなたと同じ仕事をしている人、あなたと同じことをした人が他にもたくさんいるよね?と突っ込みたくなる。

つまり言いたいのは結局リーダーシップを取ったのは他の人で、言われた通りにしただけではないかと思われるような書き方が多くみられる。

必ずしもすべての企業でリーダーシップが求められているわけではない。

ただ、漫然と他の人の指示に従っていたな、自分の頭で考えていないなという人は何となく伝わる。

そのためにも自分1人しかやってなかった役割を書こう。

大小の程度はあれど、必ず自分で考えて自分なりのやり方でやったことがあるはずだ。

結果よりも自分で考えてチャレンジしたものを何か1つでも伝えることができるとよいだろう。

また、成功体験があるなら成功体験を書いて、再現性があるように見せるとよりよい。

経験は多く書いておくべき

職務経歴書は簡潔に書くことが原則だ。

しかし、経験がバラエティに富んでいる場合、質問がしやすいという観点から多くのことを書いておいたほうがいい。

面接官はどこに興味を持つかわからない。

メイン業務は営業でもたまに採用活動を手伝っていて採用や新入社員研修にも携わったと書いてあるだけで、人事ならばより興味を示してくれるかもしれない。

もちろん書いたからには口頭で十分に話せるようになっておくべきだが、色々な人が興味を持つポイントは全然違うということを意識して、職務経歴書を書いておくとよいだろう。

社内用語を使わない

職務経歴書や面接中も感じるのだが、社内用語を使っている人が多い。

正確には自分の使っている単語が社内用語だと気づいていない。

社内用語を使うと相手は何の事を言っているのかわからず、自分勝手な人だと誤解を与えかねない。

特にリクルートのような独特のカルチャーのある会社だとその傾向が強く、リクルート単語ばかりで会話が成り立つことすらある。

一方、リクルートに在籍したことがない人はその意味がわからずうまくコミュニケーションが取れなくなる。

こうした状況にならないように、ほど一般的なビジネス用語以外は基本的には日本語の表現を利用してほしい。

社内用語を使うと、愛社精神が感じられて微笑ましい部分もある。

しかし、既に在籍している企業に染まりすぎて転職後にカルチャーギャップが大きすぎてなじめないのではと懸念される。

 職務履歴書は転職時にだけ作るものではない

転職活動中、厳密には応募を決めた段階でようやく職務経歴書を作成する人が多い。

しかしながら、これは間違っていると思われる。

なぜならば職務経歴書は日々の仕事の振り返り的な役割もあるため、1プロジェクトもしくは1クオーター終わるごとに書いておくべきである。

昔のことは忘れてしまうので短いスパンで振り返っておかないと学びを得る量も少なくなる。

また転職の面接で話す内容がどうしても直近の内容ばかりに偏ってしまい、昔はうまくいってなかったのかな?と思われてはいけない。

職務経歴書のチェックしてもらう方法

職務経歴書の作成については不安を覚える人も多いことだろう。

そのためプロに一度チェックしてもらったほうがよい。

はじめての転職であればリクルートエージェントの経験豊富な転職エージェントがよい。

具体的には30代で転職支援実績が多い人に頼みたい。

リクルートエージェントはそれほど丁寧に見られない場合もあるので、ビズリーチで個人の転職エージェントを探し、そこでじっくりと見てもらうとよい。

またキャリアの棚卸ということで自分のキャリア形成について意見をもらえるとちょうどよいだろう。

ではまた。