年代別アドバイス

40代以降の転職活動につながる経験を積もう

20代から30代に向けて日々執筆をしているが、今回は40代に向けて書かせていただく。

厳密には、一度転職経験があり、40代以降も転職をすることが念頭に入っている人にぜひ読んでいただきたい。

40歳問題について考える

40歳を超えるとフリーランスは仕事がなくなり、困るのではないかという趣旨の文章を読んだ。

フリーランスに限らず、転職経験者にとって、40歳を超えてきたときの生き方については今後問われていくだろう。

新卒で同じ会社にずっといると、40歳を超えても雇用し続けてくれるし、仮に使えない人材と認定されても子会社に出向させることで、ごはんを食べるだけの給料を稼がせてくれるのが東証一部に上場している大企業のいいところである。

本当に使えない人は、子会社に出向させると子会社社員のモチベーションを下げてしまうことから、子会社出向は少ない。

本社で窓際族として生きることになる。

40歳以降に転職する人

さて、一度転職経験がある人なら、新卒という大きな存在がわかるだろう。

新卒社員は無条件でかわいがられて、会社が危ないときでも真っ先に保護される存在である。

中途で入社すると戦力としての要素が大きいため、カルチャーフィットよりも早く会社に収益面で貢献してくれよという雰囲気がでてくる。

また、昇進の面でも新卒からの生え抜きが優遇されて、外部から来た人が優遇されないという話をよく聞く。

一方、外資系企業は逆に転職者が主要ポジションを抑えていく現状がある。

40歳以降に転職をする人は、転職経験があり、外資系を渡り歩く人、もしくは、ベンチャー畑を歩んできた人、もしくは、新卒からいた会社で窓際に追いやられて再起をかける人のいずれかである可能性が高い

40歳以降は何が難しいか

40歳以上の人を経営者が採用するのには勇気がいる。

40歳以上の人はすぐさま即戦力になってもらわないといけないからである。

伸びしろや成長を期待しているのではなく、すでにある力で会社に収益面での貢献、もしくは周りの若手たちの伸びしろを伸ばしてあげる存在にならないといけない。

そうなってくると、すでに実績がある人を転職で迎えて、過去の経験を活かしてもらう方が早い。

40歳の時点で過去の経験や実績が十分でない人はなかなか採用されにくい現状がある。

どこかの会社でマネージャーや課長としてそれなりの結果が出ている人は、あらゆる業界が欲しがってくる。

マネジメントとしての役割

40歳以上になると、実は異業界への転職が増えてくる。異業界への転職が多いのは第二新卒と40歳以上の世代だ。

なぜかというと、40歳以上はマネジメント経験が求められるので多少業界が違っても、部下をマネジメントするノウハウは近く、今までの経験を他業界でも活かせるというわけだ。

とはいっても、重工業からインターネット産業にいくような劇的な変化というよりは、ソフトウェア開発会社から、インターネットメディア運営会社にいくような変化に留まる。

それでも部下をマネジメントする、もしくは組織を良くしていく、制度を整えるといった面においては、業界が違えど過去の実績が活きてくるのである。

f:id:tille:20180807190836j:plain

40代以降の転職を意識した20代後半からの過ごし方

すでに転職経験がある人は、40代以降に転職することになったときに、自分の受け皿があるかという視点で見ていこう。

40代になってくると、自分が出世していなくても、友人や仕事仲間が出世していくことがたびたびある。

業界のキープレイヤーと呼ばれる人が40歳を超えてくると出てくるので、その人と話ができるだけで十分である。

業界のキープレイヤーとつないでくれる、話をしてくれるというだけで、重宝してくれる会社はある。

顧問に近い仕事にもなってくるが、40代以降は人脈があるかどうか、仕事をとってこれるか、仕事を作れるかという視点で採用時に見られるので、そうした人脈的な部分のアピールも怠らないようにしよう。

ただし、人脈ありますとアピールしても非常に残念な人と思われる可能性もあるので、仕事の実績を説明するときに~者の○○さんと一緒に仕事をしていたなどとコンプライアンスの範囲内で説明するとよいだろう。

ベンチャー転職で生き残っている人

ベンチャー畑を転々として40代になっても生き残っている人がいる。そうした人たちは大きく3つのパターンに分かれる。

1つ目は業界内でも有名になり、マネジメント経験や人脈を含めて総合的に突出している人だ。

この手の人は転職市場ででてくることもあまりないが、転職を希望すると様々な企業が手をあげて採用しようとしてくる。

かつてベンチャー企業だったHISで活躍していたような人は、新興の旅行ベンチャーが興ったときに、人脈や経験を生かしてくれと頼まれることがあった。

また、政府系金融機関や大手都市銀行で活躍してベンチャーに転じていた人は、フィンテックベンチャーで重宝されることもある。

2点目は、高度な専門知識を有していることである。

ベンチャー畑の苦しいところを、エンジニアの組織構築や公認会計士、法務といった面で高い専門性を生かして助けてきた経験のある人は相変わらず重宝される。

ベンチャーに限ったことではないが、高度な専門性がある人は、仮にその仕事が将来無くなると言われている仕事であっても大抵は生き残る。

AIに取って代わられるといっても人間が介在する部分は多いし、AIを導入する判断をするための専門知識が必要になってくるので、そうした部分で大きな力になるのだ。

3点目は意外かもしれないが、いいおっちゃんであることだ。

いいおっちゃんは、顧問や若手のガス抜き担当としていくつかのベンチャー企業に在籍している。

とりたてて頭がいいわけではないが、その人がいることで会社が道を外れないように若者の才能を十分に伸ばしてくれる。

歳をとった性格のいいおっちゃんには一定の需要がある。

ただし、ベンチャーだと細かい作業やPC作業といったところにも対応できてないと採用してはもらえない。

あいまいだが、人間力みたいなところで採用されることもあるので、いい人であることも重要なスキルである。

40歳以降の転職のやり方

40歳以降になっても転職サイトで転職する人は思っている以上に多い。

もちろん過去の人脈を駆使して声がかかるのを待つのがもっともよいのだが、それだけでは、残念ながら成り立たないときもある。

そうした際は、転職サイトに登録して転職エージェントと会うことで自分の能力を生かせそうな場所を紹介してもらうといい

ただし、40歳を超えて少なくとも社会人15年も経験していると、スキルが限定的で伸びしろは考慮されないため、今すぐに活躍できるところをピンポイントで探してもらわないといけない。

ピンポイントで採用してもらうためには、転職エージェントと接触を重ねるしかない。

幹部ポジションでない40代はあまり転職エージェントから好かれないが、転職エージェントに横柄な態度をとらずに謙虚に案件を探してもらうとよいだろう。

長々と過去の自分の話をするのではなく相手の話を聞ける人間になったほうがよい。

今、会社で40代としよう。あなたの話を聞いてくれるのは、本当に実力があるのか、年長者だからやむなく話を聞いてくれているのかどちらか考えてみよう。

40代は自分の経験を伝えられるようになるのも大事だが、部下の話を聞ける人間になろう

まだ20代、30代の人は若手の声をきちんと聴けているか反省しよう。

40代以降の転職活動は、幹部ポジションがピンポイントでくるビズリーチに登録することから始めよう。

また幹部ポジションメインで扱う、クライス&カンパニー転機といったサイトも素晴らしいので同時に利用しよう。

またこれから40代になる人もビズリーチに登録して転職エージェントと早めにコンタクトをとろう。

できるだけ長期間付き合うことになるエージェントがいるとよい。

ビズリーチの登録はこちら