年代別アドバイス

30代におすすめの転職エージェント

30代は、多くの方が転職について真剣に考えはじめる時期だ。転職エージェントと会ったことがある30代の方も多いだろう。

転職エージェントとの付き合い方を中心に、30代以降でうまく転職を成功させるための方法をお伝えしたい。

転職する方法は、知り合い経由でも転職サイトでもWantedlyでも転職エージェントでもかまわないが、転職エージェントに会わずに転職するのはもったいない。

30代からの転職エージェントとの付き合い方

30代になってくると、ある程度自分のキャリアの方向性が見えてくる。

やりたいことが見つかったというより、やれることが限られてきて自然と選択肢が見えてくるので、方向性が現実的にわかってくるのだ。

そうなってくると、転職エージェントへの相談も具体的になり、転職エージェントからより有益なアドバイスをもらうことができる。

20代のときは、今後どうしたいかわからない、自分のやりたいことが見つからない、と相談してしまうので、転職エージェントはその人のことを十分に理解しないとアドバイスができない

そのため、転職エージェントとしては、3回以上は会わないと本質的なアドバイスができない。

企業を紹介することはできるが、何をしたいかわからない人に対して合うものを探すのは難しい。

30代になるとキャリアが見えてくるので、この延長線上にでてくるのはこういう方向で、具体的にはこういう企業があります、という形で転職エージェントは有益なアドバイスができる。

20代のときとは違うスタンスで相談すると、転職エージェントもアドバイスしやすいのだ。

新規の転職エージェントとも会うべき

転職を考える30代の方の中には、20代のときから付き合いのある転職エージェントがいる人もいるだろう。

だが、新しい転職エージェントとも常に会っていくべきである。

例えば、最近は、VRや仮想通貨の領域に強い転職エージェントがいる。

昔から付き合いのあるエージェントで、このような新興産業領域に強い人はなかなかいない

ぽっと出の転職エージェントが新興産業の人材紹介に長けていることもあるので、新しく転職エージェントを探す努力はやめないようにしよう。

当サイトでおすすめしているビズリーチに登録したら、多数の転職エージェントから連絡がくる。

これらの転職エージェントとメール上でやりとりしてみて、面白そうだ、信頼できそうだ、というエージェントがいたら、会ってみよう。

人材会社間を転職している転職エージェントには会っておく

人材紹介会社で働く転職エージェントは、自身も転職を繰り返していることがある。

転職エージェントで複数社の人材紹介会社を経験している人は、人材マーケットを多面的に見ることができているので、ぜひ会ってみてほしい。

人材紹介会社によって経営戦略の違いはあり、得意とする案件や業界が違うこともあるので、複数の領域に強みを持つ転職エージェントはありがたい存在だ。

最近は、人材紹介会社でも小規模のものが複数立ち上がってきている。

リクルートキャリアに入社し、リクルートエージェントで転職エージェントをしていた人が、独立か転職して小規模の人材紹介会社を成り立たせていることが多い。

面白い存在であるので会ってみるとよい。

ただし、リクルートノウハウが使われているので、すでにリクルート系のエージェントと会っているなら他のタイプの転職エージェントと会ったほうがよい。

おすすめの転職エージェントは個人名で

30代の人の多くは、仕事の世界において、会社名ではなく○○さんだからという理由で仕事が来る、という経験をしたことがあるだろう。

転職エージェントも同じだ。転職エージェントも個人名で探してほしい

リクルートエージェントにはたくさんの転職エージェントがいるが、その中で優秀なのは1割くらいだ。

そのため、リクルートエージェント内にいる優秀なエージェントを探さないといけない。

リクルートエージェントの○○さんという形で転職エージェントを探さないといけない。

リクルートエージェントは求人数が多いですと言っているが、求人数が多いこと自体は意味がない。求人をうまく使いこなせないと意味がない。

よって、転職エージェントの会社名に惑わされず個人で判断しよう

転職エージェントの情報交換会はしてほしい

転職エージェントについての情報交換をしているだろうか。

30代になると、まわりに転職をする人がちらほらでてくるだろう。

こうした人たちから転職に関する情報を集めていこう。

転職エージェントの情報を集めていると、とある企業への転職だとほとんど同じ人から転職が決まっている、という情報を得られることもある。

特にベンチャー企業だと、同じ転職エージェントからしか転職が決まってないパターンもある。

コンサル特化の転職エージェントでも、ファームによって得意としている人材紹介会社が分かれてくるので、転職経験者から転職エージェントの情報を集めよう。

転職エージェントから情報を集めていくことも大事だが、転職エージェントを利用した人から情報を集めることも大事である。

f:id:shikanokuninoouji:20180909115613p:plain

人材業界はFacebookを使っているのでFacebookでつながろう

人材業界の人は、FacebookやTwitterなどのSNSで求人紹介をしてくれることもある。

また、Facebookでコミュニケーションを取ることが好きな転職エージェントは結構いる

会うのがめんどくさくても、Facebook messenger でやりとりをするのはそこまで苦にならないだろう。

Facebook上では連絡をまめにとって情報収集してほしい。

転職エージェントにはおしゃべり好きな人もいるので、会社の情報を集めていこう。

投稿にも反応してあげると喜ぶ。

特におじさんエージェントはFacebookに投稿しがちなので、反応してあげよう

ベンチャーへの転職は投資家に会え

ベンチャーへ転職の際は、投資家に会っていくとよい。ベンチャー関連の情報を持っているのは投資家である。

特にネガティブな情報を集めてほしい

資金がショートしそうだとか、資金調達しているけどダウンラウンドだったとか、上場しようとしたけど上場に届かなかったとか、様々なネガティブ情報を投資家は持っている。

特にベンチャーに強い転職エージェントである高野英敏氏は、クラウドワークスをはじめ有望ベンチャーに投資をして、同時に転職エージェントとしても成功しているので、おすすめしたい。

直接連絡をとるか、ビズリーチに登録して返信をする等で会うことができる。

投資家は様々なところにいて、最近はエンジェル投資家もちらほらいるので、会ってみてほしい。

twitterアカウントでツイートばっかりしているエンジェル投資家は、暇を持て余しているので会ってくれる確率も比較的高いはずだ。

30代向けのおすすめの転職エージェント

30代向けの転職エージェントをいくつか紹介させていただく。

リクルートエージェント

30代になって、年収600万円以上あれば、リクルートエージェントの中でもそこそこ良い転職エージェントがあてられるので、リクルートエージェントは使ってみよう。

リクルートエージェントは大手なので、リクルートエージェントにとりあえず話を聞きに行き市場を把握するという行為は、やっておいて意味がある。

https://www.r-agent.com/

アクシスコンサルティング

コンサルティング業界、コンサルティング業界から他業界に行く際は、

アクシスコンサルティングがおすすめだ。

コンサルティング業界のなかで幅広く転職をサポートしており、実績がある。

最近はコンサルタントとして独立することを支援するなど、一風変わった取り組みもしている。

フリーランスとして生きるコンサル講座もしていて、幅広いことをしている人材紹介会社である。

アクシスコンサルティングには、コンサル業界を検討しているなら一度は行ってみよう。

https://www.axc.ne.jp/

ムービン

戦略コンサルだけしか興味ないということであれば、ムービンがおすすめだ。

ムービンは、在籍している社員が少数精鋭で、高いクオリティで転職アドバイスをしている。

できれば若手ではないキャリアアドバイザーに相談したい。

https://www.movin.co.jp/

JACリクルートメント

外資系メーカーや日系のグローバルポジションなら、JACリクルートメントだ。

JACリクルートメントには、人事からの評価が高く優秀な候補者を囲っている転職エージェントがいる。

JACリクルートメントのベテラン転職エージェントに相談ができるのであれば、ぜひともしてほしい。事業会社、特にメーカーで英語を使う仕事を検討している人にはぴったりだ。

JACリクルートメントは求人数が大手の中では劣るが、その分年収が高いポジションをもっている。大手エージェントのなかでは年収アップが期待できるエージェントである。

http://www.jac-recruitment.jp/

ロバート・ウォルターズ

30代で外資系企業の経験がある人は、ロバート・ウォルターズに相談をしてみるとよい。

業界のことをよくわかったエージェントがたまにいる。

しかし、転職エージェントのクオリティにばらつきがあるため、1回会ってみて微妙なら、担当を変えるか、もう会わないようにしたほうがよい。

事業会社系に良い案件を持っており、外資系企業とのパイプもある。

パイプがありそうなエージェントであれば、長期的な関係を含めて、ロバート・ウォルターズにいくとよい。

たまに時間にルーズな人がいるので、そういうエージェントはさっさと切ろう。

https://www.robertwalters.co.jp/

マスメディアン

広告、マーケティング求人ならマスメディアンだ。

宣伝会議のグループ会社でネットワークを持っているので、それを活かして転職を手助けしている。

マスコミや広告だと業界のコネもあるので、コネを生かした転職も良い。

最近だと、デジタル案件で高年収のものがある。電通デジタルをはじめ、デジタル領域に強い管理職には高いお金を払う。

https://www.massmedian.co.jp/

ジャスネットキャリア

人事、総務、経理、法務といった管理部門に強みを持つ。

管理部門に強いエージェントはそれほど多くないため、管理部門への転職を考えている方は一度連絡を取ってみてほしい。

管理畑の人は、会社の目利き能力が事業側の人に比べ低いのは否めない。

そのため、転職エージェントを使って、会社の雰囲気や事業の成長性を聞いてほしい。

管理系の転職エージェントで若い人がいるが、あまり優秀な人に会ったことがない。

できればベテランで、管理と事業のことをわかっている転職エージェントに出会えるとよいだろう。

https://career.jusnet.co.jp/

おすすめの転職サイトも同時に利用していこう

あわせて利用してほしいのが、ビズリーチだ。

ビズリーチは30代の利用が非常に多い。レジュメもきれいに整備されており、かつ伸びしろを感じさせる。

それほど自分の経歴に自信がなくても、ニッチな経験をほしがるベンチャー企業や中小企業がいるので、きちんと登録しておくとよい。

ビズリーチでは、上述の転職エージェントからもスカウトがくる。

ビズリーチは、転職先に迷ったらまず登録してくださいと伝えているサイトである。

登録して間違いないサイトなので利用してほしい。

https://www.bizreach.jp/