企業形態別アドバイス

大手証券マンの転職を考える

証券業界に勤めていると、上司からの詰めで定年までとても働ける会社ではないと思い将来のキャリアパスを考えるかもしれない。

また中小企業の金満社長に営業をしていくなかで、サラリーマンの限界を感じているだろうか。

株や信託でちょっと損したくらいで怒らない社長に憧れているかもしれない。そうした大手証券マンの転職について考えていきたい。

証券業界で生き残るのは少ない

証券業界で生き残る人は少ないことはご存じだろう。

証券業界では常に成果が求められ、成果を出し続けないと生き残れない。

証券業界は景気が悪いときもあるので、景気の波にさらされつづけながら生き残っていく必要がある。

リーマンショック時はどこの証券会社も苦しく、ノルマを達成できずに業界を去るものも多かった。

不景気のなかでも成果を出し続け生き残る人も少なからずいた。

だが、管理職になれるのは一部でしかない。

管理職になれずに、年下が上司となり、最後まで働き続ける証券マンもいる。

出世コースに乗り遅れるとなかなか出世することが難しいので、若手にまじって成果を出し続けなければいけない。

証券業界に入る前は、証券業界を去る人のことはあまり考えずに入ってくる人が多いが、入ってきてから先輩を含め、辞めていく人が非常に多いことに気づく。

相場師として勝ち残る力はあるか

証券会社では顧客に様々な金融商品を売るが、例えば株をしっかりと読んで相場師として生き残る覚悟があるかということを自分に問うてほしい。

証券会社の営業というのは、相場の上がり下がりではなく、顧客にどれだけ買ってもらい、そしてどれだけ買を繰り返してもらうかが大事だ。

証券会社の営業は手数料が大きいので、それだけで大きく稼げる。

1000万円程度の証券を買ってもらうだけで手数料で30万円、金融商品によってはもっと手数料が取れるので、中間マージンを抜くビジネスとしては非常にインパクトがあるといえる。

顧客に売買することが大事であるが、相場師として株の変動を読み、テンバガーを自分があてるつもりで探して顧客にすすめていくことが常に大事である。

株式市場は読むのが難しいが、景気が上向きのときは比較的当たりやすいので、好景気のあいだにできるだけ経験を積んでおくとよいだろう。

不景気になる直前に転職して足を洗うのは理想的である。

プルデンシャルのようなインセンティブの世界もある

証券マンとしてはプルデンシャル生命という生き方もある。

プルデンシャル以外もあるが、プルデンシャルは保険を中心に顧客の資産を運用していく。

ライフプランナーとして顧客が死んだあとの家族の補償や、富裕層の運用をはじめ顧客の生活に密接に結びつき、戦っていかなければいけない。

証券会社の営業マンはこうした潜り込む営業が得意なので、証券出身で活躍する人も一定数いる。

ただし、証券マンは余剰資金を扱うのに対し、保険の営業は生活自体を預かることもあるので、顧客から責任を問われることもある。

心して挑まなければいけない。

証券業界から転職する転職先はそれほど多くない

証券業界から転職して活躍できる場所は決して多くない。

証券業界の特殊な業態や、またそれなりの高給であるためなかなか転職先が見つからない。

スキル面でも給料の面でも見つからないとなると転職が厳しい。

もっとも証券マンにとってよいのは、顧客の会社の跡取りとして入ることだ。

金満な中小企業の株式を継いで社長になるのがよい。

最近は中小企業でも子供が少なく跡取りがおらず、外部に事業承継するか廃業になることも珍しくない。

そこでうまく潜り込んで、証券マンや銀行マンが跡取りとまでは言わないものの、幹部になる例は少しであるがある。

田舎では証券マンがファイナンスに詳しいと思われているので、経営業務ができると勘違いされてうまく転職していくのだ。

証券業界で培ったスキル

証券業界で身につくスキルとしては強いメンタルがある。

証券業界なみに強いメンタルが身につかざるを得ない業界は少ない。

顧客が損をしても、次は儲かると何度も売買をさせ、損をさせてでも自分の成果を増やさないといけない。

このように、顧客が不利益を被ることをさせている証券マンは心の強さが良くも悪くもある。

どのようなビジネスでも泥をかぶるつもりで突っ込んでいかないといけない場合があり、こうした泥のなかを飛び込んでいける証券マンというのは非常に強いといえる。

英語力は磨いておけ

さて、証券マンの転職をアドバイスする際に英語力の話題がよくのぼる。

証券マンの営業はあまり英語を使うことがないので、英語力を磨いている人は少ない。

事例としては多くないが、証券会社出身で事業会社の海外事業部に転職することもある。

こうした海外のチャンスがあったときに、ファイナンスの知識はあったとしても英語力がないとせっかくのチャンスを棒に振ってしまうので、どんなときもチャンスを逃さないようにすべきである。

証券マンはどんなときもチャンスを逃ない態度でいるはずなので、自分の転職の際もタイミングを逸することなくいこう。

起業という選択肢も考えておけ

起業という選択肢が証券マンにはある。

2017年に上場したZUUの富田社長は野村證券出身である。ZUUは証券会社出身者を採用し上場までこぎつけた。

中小企業の経営者と会っていると起業をすすめられることも多いだろうが、中小企業の社長のようにビジネスを何か一つでも当てればお金をゲットすることができるので、営業をしているなかでどのようなビジネスをしているか注意深く見ていこう。

起業をすることにはメンタルが重要なので、証券業界で鍛えられたメンタルがあれば通常の人よりかは堪えることができるだろう。

転職するときにすべきこと

転職のときに注意すべきことは、目先の年収ダウンは気にしてはいけないことだ。

目先の年収アップにこだわると選択肢が減り、かつスキルを身に着けることにも失敗してしまうので、将来的にどうしたいかを考えてほしい。

転職という重要な選択肢を考えるなかで、証券会社の先輩が転職した事例を収集して株の銘柄を分析するように転職も分析してほしい。

自分の市場価値がテンバガーになるように努力していかなければならない。

証券マンが使うべき転職サイト

さて、証券マンに使ってほしい転職サイトはビズリーチである。

証券マンが元々使っているサイトがビズリーチだったので、多くの人が使うようになった今でも広く使われている。

ビズリーチの登録はこちら

また、リクルートエージェントも利用しよう。証券マンはリクルートのカルチャーと似ている部分があるので営業マンとうまく話せることができる。

リクルートエージェントビズリーチの2つを使いこなせたら転職はうまくいく。

リクルートエージェントの登録はこちら