転職サイト

転職をしたいと思った瞬間にすべきたった1つのこと

転職をしたいと思うことはあるだろう。

転職をしたいという気持ちが本物である場合は、それほど多くないはずだ。

ただし、転職をしたいと感じているときは少なからず何かしらのシグナルであるので、今すぐにできることを紹介させていく。

転職がしたいと思った理由をいったん整理

転職がしたいと思う理由を振り返ってほしい。

「転職がしたい」には、もっとキャリアアップして稼ぎたいという友人等に感化された正の理由と、会社を辞めたいと感じた負の理由があるだろう。

前者の正の理由は、転職活動においていい理由になりえるのでその気持ちは大切にしてほしい。

だが、世の中の95%、もしくはそれ以上の転職理由は負の理由だ。

表向きはかっこいいことを言っているが、会社を辞めたくて転職している人が大多数を占めているのだ。

負の理由とは具体的には、上司が理不尽でパワハラ野郎である、会社の飲み会が多く、しかも自己負担額が高くお金が貯まらない、サービス残業が多いといった理由等だ。

こうした働いていて嫌な気持ちになることは多かれ少なかれ経験している人がほとんどであろう。

実際にそこから転職にいたる人は少ないのが現状である。

なぜ今この瞬間に行動すべきなのか

正のエネルギーにしろ負のエネルギーにしろ、転職活動は僅かでも思った瞬間に行動したほうが絶対によい。

仮に入社したてでも社会人1年目でも、もう転職は間に合わない歳かなと思ってもだ。

絶対に転職活動に向けた行動を今すぐにしてほしい。

転職というのは人生における大きな意思決定であるため簡単に決められない。

にもかかわらず十分に時間を割けずに転職している人がほとんどだ。

当然、仕事をしながら転職活動をすることが求められているため、転職活動よりも目先の仕事に忙殺されてしまう。

特に激務が理由で転職したい人は、いつまでたっても転職活動の時間がとれず体を壊すまで働くことも常である。

激務の人こそ一刻も早く目の前の状況から逃げるために転職活動をしてほしい。

もちろん時間がほぼ取れないということは理解したうえでお伝えしている。

体調を壊してからでは遅いのだ。

転職を本気で検討したときでは遅い理由

転職活動を本気で検討して、本気で転職したいと感じた人の多くは実際に転職している。

しかし転職活動の期間が短期間になりがちで、短期間の転職活動だとよほどうまくやらない限り成功確率が下がってしまう。

転職成功の定義は、転職後に前の職場よりも良いと感じることができることである。

前の職場より悪いはもちろん、ほぼ同じも不成功と考える。

転職を本気でしたいと感じてからはよほど辞めたい気持ちなので、その前に出てきた少し辞めたいなの気持ちのときに行動しておかなければいけない。

職務経歴書を書いたり、履歴書を書いたり、転職の流れを把握したりといった基礎的なことはどうしても時間がかかってしまうので本格的な転職活動の前にできたら済ませておくとよい。

かといって基礎の部分をおろそかにすると面接で失敗してしまいがちなので、必ず時間はかけてほしい。

転職サイトは必ず使える

さて、具体的にどうしたらよいかというと、転職サイトにまずは登録してほしい。

転職サイトは登録が5分程度で終わり、スマートフォンからでもできるようになっているので今すぐにできる。

なぜ、転職サイトなのかという質問は後で説明するので、今すぐに「ビズリーチ」に登録してほしい。

ビズリーチへの登録はこちら

様々個人情報を求められるが、転職エージェントのように電話がかかってきたり、メールが大量に届くことはないので安心してほしい。

転職サイトはユーザーによりそったものになっているので、非常に安心感がある。また、実質無料で使えるのでそのまま登録したら使えるようになる。

この記事を読み終わる前にビズリーチに登録して、登録しおわったら本記事に再度戻ってきていただきたい。ビズリーチへの登録はこちら

転職サイト登録後

転職サイトに登録をすると、転職エージェントと企業からメッセージが届く。

当然だが自分が働いている企業の人事からは見えない設定に自動でなっているので安心してほしい。

転職サイトでは個人を容易に特定できる内容は表示されていないのでその点も安心してほしい。

転職サイト後は、サイト内に届くメールをチェックしてほしい。

チェックする理由は2点だ。

1点目は、転職を支援する転職エージェントにはどのような人達がいるか見てほしい。

自己紹介や経歴が見ているので数人見てみるとこういう人達がやっているのだなというのがわかる。

何となくでいいので転職エージェントの人物像を自分の中で描いてほしい。

2点目は、届く求人をみてほしい。

この企業はどういう仕事を募集しており、またどういう仕事が現在求められているか転職サイトを見れば大体分かる。

そして年収は大体どれくらいなのかという概要を掴むこともできる。

求人から世の中の経済状況やビジネストレンドも把握することができるため転職サイトはやはりお得なのである。

ダイレクトリクルーティングは時代に即した最高のサービス

ダイレクトリクルーティングという言葉を聞いたことがあるだろうか。

ダイレクトリクルーティングとは、企業の人事が直接スカウトを送るサービスである。

従来は、転職サイトは転職エージェントのみが使っていた。

そのため適当なスカウトメールがきて、実際に添付されていた求人はやっぱりあなたに紹介できないというトラブルもなくはなかった。

しかし、企業の看板を背負っている人事が送っているということは、間違ってメールを送りました、などとは言い訳はできない。

ダイレクトリクルーティングの場合は、きちんと相手の経歴を見て送っている。

そのため、企業からスカウトが来た場合はあなたの何かしらの部分に惹かれて送ってきているので、ダイレクトリクルーティングできたメールはチェックしてほしい。

経歴をしっかり書いていればいるほど人事からのメールが届きやすくなることから、プロフィールの充実は必須である。

大学名と企業名だけ見ておくる担当者もいるので、最低限の項目記入でスカウトは届くので時間がない方は登録だけで問題ない。

転職したいと思ってからは、常にウォッチ

転職活動をはじめていなくても、転職サイトに登録したら常に求人を見ておこう。

転職というのは季節性があるため急に良い求人が大量に届くときもあれば、なかなか良い求人が流通しないタイミングもある。

春だからいい求人があるというわけでもなくタイミングなのである。

このタイミングを逃さないためにもメールは返信しなくてよいので登録したビズリーチのサイトはぜひチェックしておいてほしい。

チェックしておくことで世の中の流れに追いつけるのでいざ自分が転職したいとなったときにもすぐに対応できる。

転職成功の秘訣は転職活動にかける期間が長いほどよい

転職成功のためには、転職活動の期間が長いほうがよい。

これは面接を受ける期間が長いというより転職サイトを登録してからサイトを眺めている期間が長い方がよい。

転職サイトの利用は積極的に行ってほしい。

面接に行く段階になると長期間にわたるほど疲れてしまうので本格的な面接フェーズは短期間に集中させたほうがよい。

ビズリーチでもカジュアルにお話しにオフィスに来ませんかとくることがあるが、カジュアルに話す程度だったら遊びに行く感覚で訪問してよい。

期間をかけて情報収集しているほど色々な求人を相対的に見比べることができるので結果として良い転職ができる。

 慎重派のあなたも転職サイトに登録すべき理由

転職に慎重派の方がほとんどではないだろうか。

やみくもに会社を辞めるべきではないというのは当然だし、私自身も本当に辞めていいのか求職者の方には問うている。

それでも転職サイトに登録すべき理由は選択肢を知っておくためだ。

転職に限らず、選択肢を知っているかどうかは意思決定に大きな影響を及ぼすし後からの納得感も高い。

人間というのは意思決定後にでてきた選択肢に後ろ髪を引かれがちである。

仮に自分が下した意思決定のほうが良かったとしても気になってしまうのだ。隣の芝は青く見えるということわざがあてはまる。

転職においても必ず選択肢を多数用意しておき、全部知っているけどこれを選んだんだという納得感を持つために転職サイトは登録しておいたほうがよい。

今すぐにできるから行動してほしい。

おすすめの転職サイト

おすすめの転職サイトだが、既にお知らせしたビズリーチは第一の選択肢に挙がる。

ビズリーチにすでに登録している方はキャリアカーバーだ。

キャリアカーバーは年収500万円以上のちょっとハイクラスな転職求人を紹介してくるので併せて登録しておくと良いだろう。

またベンチャー企業のみに興味があったら、Facebook登録で利用できるSwitch.がおすすめだ。

Facebookアカウント見られるわけではないので安心してほしい。

もし既に転職の意向が高い場合は、転職エージェントにあって直接話を聞いてよい。

初めての転職であればリクルートエージェントがおススメだ。

また、ベンチャー系であればGEEKLYというエージェントも良い。

JACリクルートメントは英語が一定以上できる人向けの求人が揃っている。

TOEIC800点以上あればぜひ利用してほしい。

ではまた。