転職活動全般

転職活動では必ず複数の内定をとって比較して考えよ

転職活動をしていると一社だけ内定を獲得して転職活動を止める人がいる。

もちろん、第一志望であったり心から行きたいと思った企業であれば問題ない。

だが、転職活動をしていて実際にそうなる事例はあまり多い気はしない。

選択肢が増えたことや、どの会社にも欠点はあるのでその不満を受け入れることが難しいことなど、様々な理由があるが、転職活動については複数内定をとることをおすすめしたい。

内定が獲得しやすい時代のため、複数内定を取ることがそもそも簡単

内定を複数取ることは労力的にも大変なので、かつてはよほど能力のある方以外にはおすすめしていなかった。

しかし現在では、選考プロセスの簡略化や応募プロセスの簡素化によって手続きコストがかなり下がったので、従来よりも受けることができる企業が増えてきた。

そのため転職活動においては、複数内定を獲得して転職を検討してほしいと考えている。

転職活動は負担がかかるものであり、時間をとられるものではあるが、転職することを覚悟している場合は、転職活動に全力投球してほしいと考えている。

転職活動における納得感の醸成:完璧な職場はない

転職後、3か月もすると不満の声をあげ、半年後には再度転職をしているパターンがある。

何も考えずに、受かったところに転職してしまったこと、現職と転職先をきちんと比較しなかったこと、そして転職先候補を比較しなかったところに原因がある。

完璧な職場はないのだ。どの職場にも欠点があり、その欠点が顕在化、もしくは体験したときに耐えられるかどうかは、比較していて事前にわかっていたかどうかが大きく影響してくる。

特に、年収ダウンについては顕著だ。

日系大企業にいる方は、福利厚生が充実しており、家賃があまりかからず、提示されている年俸は低くても生活に困らないようになっている。

一方、転職先で一見提示された月額給与が高くても、福利厚生がなく家賃は全額自分で支払い、またボーナスがなく年俸を12で割った額をみて月給が伸びたと勘違いする人がいる。

こんなことは細かく比較してから転職するのが当たり前だと思っている方は立派だ。

実際にエクセルでシミュレーションしている人は少なく、転職してから「あちゃー」と気づくことがある。

納得感を得るために、比較する癖をつけて、エクセルで比較表なるものを作って可視化しておくと全然違う。

完璧がない前提のもと、どのリスクは許容できて、どの点は転職で手に入れたいかはっきりしよう。

基礎的なことだが、忙しさにかまけて転職時の比較を怠らないよう事前に準備しておくとよい。

最終的には年収になびく

多くの場合、転職者は年収が高いオファーになびいてしまいがちである。

例外パターンとして、コンサルタントが同業とベンチャーを見て、ベンチャーの経営ポジションであればと、年収が低い選択肢をとることがあるが、トレードオフとして裁量を手に入れており、良い転職と言える。

しかし、同業内で転職する場合は、業界1位の企業が基本的には年収が高いため、年収が高い企業に流れていきがちではある。

年収になびかないようにするためには、軸を持っておくことが大事だが、年収だけで転職を決めてしまい、転職後に後悔することもある

年収というのは、強烈に求職者を惹きつけるものではあるが、本当にそれでいいのか転職前に一通り考えてほしい。

そもそも、年収が高いオファーを出してくる理由を考えておこう。

圧倒的に業界1位であるために、利益率が高く、給与に分配できる場合、もしくは、採用に困り年収をつりあげることでいい候補者を引っ張ってくる場合がある。

こうした企業は最近増えてきている。

最後に、あなたのことを単純に評価してくれて、他社よりも高いポジションでオファーをもらう場合もある。

こうした場合は、入社後にいいポジションと裁量が得られるので転職としてはいいオプションだろうが、期待値を上げすぎて入社後にがっかりということにならないように気を付けてほしい。

f:id:kiyyo:20181023155219j:plain

転職時に他社の内定があれば交渉にも有利

転職時に、交渉をすることが出てくる。

特に、同じ転職エージェント経由で複数内定を取っておくと、代理人となる転職エージェントが交渉をする際に「あそこも内定貰ってて条件がいいんですが貴社の条件もっとよくできませんか」「部署確約したら入社の確率も上がると思います」といった交渉に使える。

転職活動を始める前に考えるべきこと

転職活動を始める前に、どの業界を受けるかだけでも決めておこう

当然複数受けたい業界があっていいし、業界があってないようなベンチャーを受けたいといった粒度でいい。

転職活動を始めてから業界を右往左往して、やっぱりほかの業界も受けたいとなると転職活動が長引いてしまう。

転職活動をできるだけ短期間で終わらすためにも、少しでも受ける気がある業界はチェックしよう。

具体的には、転職エージェントに受ける旨を伝えてほしい。転職活動を始める前に受けたい業界、行きたい業界くらいはわかるだろう。

同じ業界内での転職であったらなおさら楽である。同じ業界ならひたすら企業をまわって温度感を確かめることをおすすめしている。

転職エージェントを活用して複数内定を

転職エージェントを活用して複数内定をして比較しよう。

複数のエージェントに担当してもらう方がよいかという相談を受けるが、できれば同じエージェントから一元化して応募するとよい

あらゆるツールを使っていると思うが、できれば一つのツールからWEBサービスを使うほうが便利だろう。

エージェントも同様で、できるだけ一元化して情報を集約させておいたほうがいい。

そのほうが、交渉もうまくしてくれる。

自分のところから転職してくれるという安心感があるとエージェントも年収交渉にのぞめる。

エージェント側にとっても、年収がアップすることが転職フィーのアップにつながるので、いいように交渉してくれる。

転職エージェントに登録を始める

転職エージェントはできるだけ一元化したほうがいいと伝えたが、信頼できるエージェントに会うまで時間をかけたほうがいい。

ビズリーチには質の高いエージェントがいるので、ビズリーチに登録しよう。

ビズリーチは優秀なエージェントで実績の高い人も多くいる。点数はあまりあてにしないようにしよう。

その他は、コンサルに強い転職エージェントをまわろう。アクシスコンサルティングはコンサルティング、特に総合系に強いのでおすすめである。

エンジニア系だとForkwell scoutがよい。ぜひ利用してほしい。まずはビズリーチから登録しよう。

ビズリーチの登録はこちらから