転職エージェント

転職エージェントに会うにあたってしておくべき準備

近年、転職エージェントの存在が認知され始め、転職エージェントに会う機会が増えてきたのではだろうか。

DODAリクルートエージェントのような、大手転職エージェントを利用して転職する人も増えている。

多数の転職エージェントに会うことを推奨しているが、転職エージェントをフル活用するために、事前に準備しておくべきことがある。

事前にどのようなことをしておけばよいか、心構えの部分について伝えたいと思う。

転職エージェントに会う前の心構え

転職エージェントに会う前に考えてほしい点は何点かある。心構えについてお伝えしたい。

転職するにあたって、ポジティブな状況で転職できることは、あまり多くはない

ヘッドハンターに声をかけられて転職することはあるが、自分から転職エージェントに会いに行く場合は、会社への不満がある場合や、仕事がうまくいっていない場合が多い。

こうしたときは、自分のメンタルが弱っていることが多いので、転職エージェントの指示に従うだけで自分では何も考えない転職をして、失敗する確率が高くなる。

転職エージェントはパートナーたる存在であるべきだが、パートナーになるためには、対等な立場になる必要がある。

対等になるためには、転職エージェントから足元を見られないようにすべきである。

転職エージェントは簡単に信頼するな

転職エージェントは信頼すべきだと言っているが、転職エージェントに会いたての頃は、転職エージェントを簡単に信用すべきではない。

なぜなら、転職エージェントとは対等な関係を構築しないといけないからだ。

転職エージェントを信頼するためには、自分が信頼される状況にならないといけない。

転職エージェントも候補者から評価されるように、候補者も転職エージェントから評価されている。

評判の良い求職者は、会社内であれば状況を共有される。

転職エージェントは相談相手と売り込み相手を分けよ

転職エージェントには、今後の進路を相談する、友人に近い相談相手としての役割と、求人を紹介してくれる仲介会社としての役割がある。

一般的には、求人を紹介してくれる人を転職エージェントとして認識していることだろう。

求人を紹介してくれる転職エージェントに対しては、向こう側にもメリットがある状態にしてこないと、良い求人を紹介してもらえない

一方で、進路相談的な位置付けで定期的に会う存在としての転職エージェントも重要だ。

転職相談ではなく、営業と考えよ

転職エージェントに対して、全員に転職相談のつもりだと伝えていると、良い求人は紹介してもらえない。

普段営業をしている方はわかるだろうが、顧客と仲良くなることは、売り上げを立てるための手段ではあるが、目的ではない。

転職エージェントに相談する際も、良い求人を紹介してもらい、自分が理想とする企業に転職することを目的とするならば、ただ単に弱みを見せて相談するだけではいけない。

自分をいろいろな優れた企業にプッシュしてもらうために、転職エージェントに自分が他の候補者よりも優秀で価値があることを伝えたい

f:id:shikanokuninoouji:20180920003917j:plain

転職エージェントから声をかけられる存在になれ

転職エージェントに声をかけられる存在になるほうが楽である。

私の友人の優秀なWEBエンジニア兼デザイナーは、会社のプロダクトに大きく貢献していることが認められている。

カンファレンスやメディアに露出しているわけではないが、ある程度噂は広がるので、ひっきりなしに会社に電話がかかってくるような状態になっている。

このような状態だと、年収交渉もしやすく、転職エージェントも自分にコミットしてくれる状態になるので、転職活動をしやすい。

ある程度は、転職エージェントへ自分を売り込んでいかなければならないが、最後には自分をひっこめて、声がかかるような状態にするのが理想だ。

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントを複数利用するメリットとしては、ほかのエージェントにも会っていることがわかると、一生懸命になってくれるエージェントもいることが挙げられる。

ただし、超一流エージェントは、最後は自分のところから転職するとわかっているか、ほかのところから転職して求職者のためになるのであればそれで構わないと考えている。

だが、ほとんどの転職エージェントは、目の前の数字に追われているので、目の前にいる、転職相談に来ているあなたを、何とか自分のところに引き込もうとする。

特に大手エージェント、リクルートなどの会社は、ノルマのカルチャーがあるので、転職エージェントは躍起になってがんばってくる。

リクルートエージェントのベテランのエージェントは別だが、若手のエージェントは数字にかなり一生懸命だ。

彼らに、ほかの転職エージェントも使っていることを何となくちらつかせると、自分のところから動くように魅力的な求人を紹介してくれることもある。

だが、程度の問題もあり、あからさまに他のエージェントが良いというようなことを言うと相手にされなくなるので、相手の機嫌が悪くならない程度に扱っていこう。

準備段階ですべきこと

転職エージェントに会う前の準備の段階ですべきことは、自分の中の優先順位と、具体的に転職したい企業や業界、欲しい年収を明確にすることである。

事前準備をしたくないという方は、できるだけ多くの転職エージェントに会って話していくなかで、自分の優先順位を調整していこう。

エグゼクティブエージェントのすすめ

エグゼクティブエージェントと会う機会があれば、ぜひ会ってほしい

人材業界は、投資銀行や戦略コンサルタントの、特に若手から見下されがちである。

人材業界には優秀な人がいないと思われているのだが、実際に割合としては優秀な人は少ないと思わざるえないところはある。

しかし、一部のエグゼクティブエージェントと呼ばれる、プロフェッショナルファームでマネージャー以上、MBA等の学歴をもち、人材業界に転じてきた人がいる。

彼らは高給、難関企業の転職をメインに取り扱っており、優秀なビジネスマンという様子がひしひしと伝わってくる。

彼らと面接練習をするだけで、企業の人事や若手社員と練習するよりも有用なインプットがもらえる。

機会はあまりないかもしれないが、エグゼクティブを扱うエージェントと話す機会があれば、ぜひ話してほしい。

転職エージェントにもっと会うためにすべきこと

転職エージェントともっと会って場慣れをしていくために、転職エージェントと積極的に会っていこう。

移動時間含め2時間程度とられることにはなるが、今後のキャリアにつながる有意義な投資になるはずだ。

ビズリーチに登録して、情報を集め、転職エージェントからのコンタクトに応じよう。

ビズリーチは実質無料で利用できるので、積極的に利用していこう。

ビズリーチの登録はこちら