転職エージェント

広告・Web・マスコミ業界への転職はマスメディアンにおまかせ

昨今は転職が当たり前の時代になっている。

広告・Web・マスコミ業界への転職を検討している方も多いのではないか。

転職において、人気のある広告代理店やマーケティングの仕事に就くためには、業界との強いパイプがあり、業界に詳しい人材紹介会社を利用する必要がある。

では、数ある人材紹介会社の中で、いったいどの人材紹介会社が優れているのだろうか。

そこで今回紹介したいのが、【マスメディアン】である。

マスメディアンは、『宣伝会議』や『ブレーン』などのクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行する、宣伝会議グループが運営する人材紹介会社である。

今回は、そんな人材紹介会社マスメディアンの活用の仕方を解説させていただく。

なぜマスメディアンが良いのか

他の転職エージェントと比較して、マスメディアンの特長をいくつか挙げさせていただく。

まず、専門特化型であることが挙げられる。

同じ業種・職種の採用であっても、企業によって重視する採用ポイントは異なる。企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、専門特化型だからこそである。

マスメディアンは、広告・Web・マスコミ職種の転職・キャリア相談を特に強みにしている。

次に、4万人を超える転職支援実績から培った転職ノウハウと、宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークをもとに、転職を強力にバックアップしてくれることが挙げられる。

これまでの転職実績やノウハウから、企業が選考で注目しているポイントや、通常の求人票には載っていないような宣伝会議・マスメディアンならではの情報(企業の風土や職場環境、社長・社員の人柄など)を提供してくれる。

過去にどんな人がプラス評価・採用されているか、などもアドバイスしてくれる。

具体的には、下記のようなバックアップ体制が整っている。

・広告・Web・マスコミ業界、そして職種に精通したプロのキャリアコンサルタントが転職をバックアップしてくれる。

・応募書類のつくり方や作品集のつくり方、面接対策など、応募企業の特徴に合わせてアドバイスをしてくれる。

・企業面接にキャリアコンサルタントが同席してくれる。各企業の面接現場を肌で知っているため、事前に実践的で細かなアドバイスが受けられる。

・面接であなたが企業に伝えきれなかったことなども、キャリアコンサルタントが面接後にフォローしてくれる。選考結果のフィードバックも受けられるため、次の選考での改善につなげられる。

・入社日や給与をはじめとした各種条件面のデリケートな交渉も、キャリアコンサルタントが代わりに調整してくれる。退職に関するアドバイスや入社後の相談も受けてくれる。

・目の前の転職の成功だけでなく、長いキャリアプランを見据えた相談にも乗ってくれる。マスメディアンに登録してから7年後に転職成功したという実績も。

専門特化型だからこそ、一人ひとりにあったキャリアプランを提案してくれるのだ。

更に、広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数であることが挙げられる。

宣伝会議の人脈や情報ネットワーク、経営層や現場との密なコネクションを最大限に活用して、人事部だけではなく、経営者や部門責任者から直接人材に関する相談を受けている。

極秘・非公開の特命依頼を受けられることがあるのも特長だ。

広告・Web・マスコミの仕事は、まだ世の中で売られていない商品や情報に関わることも多く、機密性の高い仕事だ。

そのため、各企業の採用も同様に、求める人材にピンポイントでアプローチし、極秘で採用活動を行うことが多々ある。

マスメディアンでは、そのような極秘の特命案件も取り扱っている。

それは、マスメディアンが、企業の人事からの依頼だけではなく、企業の経営者や部門責任者から直接、人材に関する相談の話を貰っているからである。

したがって、特命求人は一般には公開していない。

また、広告・Web・マスコミ業界の求人はもちろんだが、最近では広告・Web・マスコミ以外の一般企業(宣伝、広報、マーケティング、デジタル部門)からの求人も増加傾向にある。

その上、書類提出や面接日程調整などの細かい作業は、キャリアコンサルタントが代わりに行ってくれるのも特長として挙げられる。そのおかげで、転職活動にかかる手間と時間を大幅に削減できる。

マスメディアンへ提出した書類から、複数の求人企業へ応募が可能である。書類作成の手間が省けて効率的である。

また求人企業への応募書類の提出は、キャリアコンサルタントが代行するため、印刷や郵送の手間も省けて効率的だ。

例えば、現在広告代理店で勤務している人が、転職活動を行うとして、広告代理店勤務は多忙なイメージがあるだろう。

ただでさえ勤務で忙しいのに、転職活動の中でも細かい作業である、企業への応募書類提出や企業との面接日程の調整も自分でしなければならないとなると、とても面倒だ。

マスメディアンは、このような多忙な転職希望者の細かい作業を引き受けてくれるのだ。

他には、マスメディアンの転職支援サービスはすべて無料であることも特長として挙げられる。

マスメディアンの転職支援サービスは、求人企業からの紹介料で成り立っている。転職希望者にかかる利用料金は無料だ。

また、業界・職種に精通したキャリアコンサルタントが、秘密厳守で個別に相談に応じてくれることも挙げられる。家族に転職活動のことを知られたくない場合など、秘密厳守を約束してくれる。

在職中で、転職活動を行っていることが会社に知られてしまわないか不安な場合もあるだろう。マスメディアンが、本人の許可なく企業へ登録データや応募書類を開示することは一切ない。

なお、在職中の方は、メールアドレスを登録する際、企業で使用されているメールアドレスではなく必ず個人のメールアドレスを登録してほしい

近年、リスクマネジメントの一環として、社員のメールを監視している企業も存在するといわれている。 会社で使用されているメールアドレスを登録した場合、転職活動をしていることがわかってしまう可能性も否定できない。

その他のマスメディアンの補足情報

マスメディアンは、電通社や花王社等の大手企業の求人をはじめ、2,000件以上の求人数を取り扱っている。

求人数としては少ない印象を受けるが、専門特化型(ブティック型)人材紹介会社では、業界最大規模の求人数といえる。

公開されている求人の大半は東京となっているが、関西・東海・九州・北陸にも拠点が置かれているので、IターンやUターンなど地方での就職を目指している方も利用可能だ。

他県での勤務希望の場合、希望地の転職・業界事情を熟知した転職エージェントが、電話もしくはSkypeで対応をしてくれる。

公開求人のうち、約8割は正社員雇用となっているが、派遣社員や時短勤務の求人なども多く扱われているため、残業少や週3日勤務など、ライフスタイルに合わせた働き方を選択することもできる

マスメディアンの登録方法

マスメディアンへの登録は、手持ちのスマートフォンやPCから手軽に行うことができる。

まずは、マスメディアンのホームページを開く。
【https://www.massmedian.co.jp】

次に、スマートフォン画面上側、PC画面右側の黄色い表示の「無料転職支援サービス新規お申し込み」をクリックする。

そうすると、基本情報の打ち込み画面が出てくるので、氏名や現在の業種、職種など19の必須事項を打ち込む。

このような流れで、登録は完了する。

職種選択肢にて自分の経験職種が見当たらなかったら、項目の中にある一番近い職種を選択するか、その他を選択してほしい。そして、面談・相談時にキャリアコンサルタントに相談してほしい。

お申込みフォームの必須項目のみ入力していれば問題はないが、詳細に入力することで、より希望に沿った仕事を紹介してもらえる。

また、キャリアシートには、応募企業に提出する情報も含まれている。

詳細に入力することをおすすめする。

登録後のサービスの流れについて

登録後、まずは広告・Web・マスコミ業界、そして各職種に精通したプロのキャリアコンサルタントと面談を行う。これまでのあなたの経歴や、転職に関する希望を聞いてくれる。

また、転職に関する疑問や悩みなどの相談も受けてくれる。

所要時間は、約1時間~1時間30分程度だ。

多忙な方や、遠方に住んでいる方は、電話での相談でも対応してもらえる。

次に、登録内容や面談で出した希望と、企業側の求人内容を検討し、マッチングしたものを紹介してくれる。

宣伝会議グループのマスメディアンは、広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数を持っている。

人事部だけでなく、経営者や現場との人脈を持つマスメディアンにしかない特命・非公開求人が多数ある。

広告・Web・マスコミ以外の一般企業(宣伝、広報、マーケティング、デジタル部門)からの求人も充実してきている。

通常の求人情報には載っていない宣伝会議・マスメディアンならではの情報(企業の風土や職場環境、社長・社員の人柄など)も提供してくれる。

希望・経験・職種・勤務地によっては求人の取り扱いがない場合がある。必ず仕事の紹介ができるというわけではない。予め了承しておいてほしい。

具体的な求人の紹介は、登録メールアドレスまたは携帯電話にて直接連絡してくれる。

そして、求人の紹介を受けて興味のある求人企業があれば、あなたの希望通りにその企業にあなたを推薦してくれ、選考に進むことができる。

紹介された案件に応募するかどうかは、あくまでも転職希望者本人の意思に任せられている。応募を強制したり、本人の意思がないのに応募したりすることはないので安心してほしい。

マスメディアンへ提出した書類から複数の求人企業へ応募が可能だ。書類作成の手間が省けて効率的だ。

求人企業への応募書類の提出はキャリアコンサルタントが代行するため、印刷や郵送の手間も省ける。

応募書類の作り方や作品集の作り方など、企業の特徴に合わせてアドバイスしてくれるのも、転職に慣れていない人にとっては助かるだろう。

選考を経て、次は企業との面接だ。

マスメディアンでは、キャリアコンサルタントがあなたに代わって企業と面接日程を調整してくれる。

「仕事が忙しくて転職活動ができない」という方も、仕事を辞めずに転職活動を行うことができる。

マスメディアンでは、キャリアコンサルタントが企業面接に同席してくれる。各企業の面接現場を肌で知っているため、事前に実践的で細かなアドバイスが受けられる。

選考結果のフィードバックも行ってくれるため、次の選考での改善につなげられる。

面接を通過すれば、内定となり、条件交渉を経て入社に至る。

入社日や給与をはじめとした各種条件面のデリケートな交渉も、キャリアコンサルタントがあなたに代わって調整してくれる。

交渉相手の企業は、やがてあなたが働く場所となる。入社後の印象まで考えて、双方にとってベストな契約となるように調整してくれる。

また、退職に関するアドバイスや入社後の相談も受け付けてくれる。

マスメディアンに登録するメリットがある人、ない人

マスメディアンは、ジャパネットなどのweb業界、電通や博報堂などの広告・マスコミ業界に特化して転職支援を行う転職エージェントである。

web・広告・マスコミ業界での転職を希望される方や、web技術者・専門職の方におすすめのサービスだ。

同じ業種・業界であっても、企業の風土によって採用ポイントは異なる。

長年業界に携わってきたマスメディアンは、企業ごとの細かい違いや特徴も熟知しているため、厳選された求人と明確な情報を提供してくれる。

20代や30代の若手層の利用が全体の約8割を占めており、初めて転職活動をされる方や、未経験で異業界へ転職される方にとっては、とても頼りがいのある転職エージェントである。  

逆に、特定の業界へ転職先を絞りたくない方や、一人で転職を完結させたい方には、マスメディアンに登録するメリットがあまりなく、リクルートエージェントのような総合型エージェントをおすすめしたい。

他社エージェントとの併用がおすすめ

広告メディア業界に特化した転職エージェントであるので、キャリアアドバイザーの専門知識や求人企業の深掘りされた企業情報はさすがの一言だ。

しかし、総求人量に不安が残るのが正直なところではある。

絶対に転職を失敗しないためにも、たくさんの求人の中からマッチしたものをチョイスすることは重要になる。

マスメディアンと併用したい転職エージェントは、業界大手・最多求人量を誇るリクルートエージェントだ。

転職業界No.1の規模と実績を誇るリクルートエージェント

求人数が圧倒的なので、まずはここに登録してからマスメディアンとの併用がおすすめだ。

【マスメディアン】の登録はこちらから。

【https://www.massmedian.co.jp】