ベンチャー企業

大企業の終身雇用変化に見るベンチャー企業やスタートアップの雇用について

トヨタの社長である豊田章男社長が、「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」という発言をし、日本中に大きな衝撃を与えた。

トヨタがいきなり、たくさんの人をリストラするようなことはないと思われるが、日本の一流大企業といえど雇用の状況が変化しつつあることは間違いない。

私も転職エージェントとして、転職相談を受ける際に、「急にクビになることはありますか」「将来リストラされる可能性はありますか」といった質問を受けることも少なくはない。

特に、大企業からスタートアップへの転職を考えている方にとっては、スタートアップは未知の生物に思えるかもしれないので、雇用に関する質問がくるのも当然かと思う。

大企業とは大きく違う、ベンチャーやスタートアップの実態について説明していく。

クビはベンチャーでも心配する必要はない

クビを心配する方がいますが、一般従業員の方は、「解雇」を心配する必要はない。

ベンチャーやスタートアップも日本国内の法律を守っているので、解雇になることはまずないだろう。

もし仮に、従業員に対してクビ切りを行うような会社があれば、すぐにそうした噂が広まり転職者が来なくなるので、即クビはありえないと言える。

私も転職エージェントであるので、社員に対して不合理な解雇をするような会社とは付き合っていないが、現代ではほとんど理不尽な解雇をするような会社は聞くことはない。

会社の倒産リスク

ベンチャーやスタートアップに転職される方が先に心配しないといけないのは、クビになることより、会社が倒産してしまうことだ。

会社が倒産してしまうと、雇用が継続されなくなるので、大変困る。

ただし、昨今のベンチャー企業は、倒産することはあまりない。事業の方向を転換しながら生き抜いていく企業も多い。

給料が上がらなくなる問題

昨今の大企業は、給料が上がらなくなってきている。

理由は簡単で、以前ほど利益が出なくなってきており、リストラも進めづらい状況においては、全員の賃金を薄く広く削らないといけなくなっているからだ。

企業年金などもある関係で、なかなか削るところが限定的になってしまっている。

リストラができるなら、多くの額を優秀な人に支払えばよいが、どうしてもそうはいかない。

大企業は身動きがとりにくく、給料は下がることがあっても上がることは今後の情勢を考えると慎重にならざるをえないので、なかなか将来は給与的な面では楽観的には見れない。

キーエンスのように、ビジネスとして成長し続けている会社などは高年収を維持できるが、通常のメーカーはそうもいかないだろう

給料が上がらなくてもすでに給料の高い総合商社などは、年収が低いとは感じないだろう。

終身雇用がなくなっても大企業にいることがリスクとは言えない

終身雇用がなくなってきても、大企業にいること自体はリスクとは言いにくい。

なぜなら、大企業は肩書の面や信用の面で強いので、大企業にいるだけで十分な価値があるからだ。

仮に終身雇用でなくても、実力をしっかり身に着けたら大企業で生き残れるし、仮に大企業の出世競争に敗れても、従来のように業界で順位が下位の企業に経験を買われて転職することができる。

いつでも転職できるスキルを身につけておく

転職できるように他社で通用するスキルを身に着けておこう。いつでも転職できるスキルがあれば問題ない。

特にわかりやすい指標は、どれだけ昇進したかだ。

昇進していくほど希少価値が上がり転職しやすくなる。

ポジションで転職活動は判断される側面も小さくないので、ポジションを上げておくのはよいことだ。

細く長く生き残りたい人ほど、昇進を早めにしておくとよい。部長以上等の限られた人しかなれないポジションだとなおさらだ。

雇用情勢については、転職エージェントなどに相談しておこう。

ビズリーチに登録することをおすすめする。

ビズリーチの登録はこちら