職種別アドバイス

公認会計士の転職の未来を考える

公認会計士は難関資格の1つであり、大手監査法人に入所すると年収は一般的な会社よりは高いと言えるし、パートナーになれば社会的な地位も得ることができる。

しかし、パートナーになるのは容易ではないし、監査業務を毎年繰り返し、インチャージやマネージャーになるころには監査業務以外のことをしたいと思ってくる人も多く、そういった人は転職をしている。

そこで、公認会計士の転職について説明していきたい。

公認会計士の実務経験が評価されての転職

まず、わかりやすいのが公認会計士の実務経験を評価されて転職するパターンだ。

公認会計士は監査の実務を積んでいるため、事業会社にまわり監査法人対応をするパターンは多い。

特に待遇面で監査法人を越える総合商社は多く公認会計士を採用している。

上場企業は監査が必要なので、その分だけ会計士の働く口があることになるだろう。

また、未上場でも経理部長といった職種に監査法人出身の会計士が転職している。

こうした実務の経験があると、立場は違えどスキルを活かして転職することができる。

特に監査という仕事は、コンサルティングの仕事とは違い資格に守られているので、新卒から事業会社の経理や管理部にいる人とはスキルが圧倒的に異なり、自分の能力を出すことなく会社を去るというパターンは少ない。

社風が合わず転職するということは多いにありえるが、管理部門や経理部門で社風を理由に去る人はそもそも少ない。

社風の影響を受けるのは営業やマーケティングといった直接売上を作る部門であって、管理や経理部にいる人はこれに当てはまらない。

公認会計士になれた優秀さを評価されてのCFOへの転職

公認会計士になれる人は優秀である。

医者(偏差値の高くない一部の私大は除く)、弁護士、公認会計士は入学や試験合格でフィルターがかけられるため優秀である確率が高い。

公認会計士試験に受かった人を優秀ととらえている非会計士は多く、その認識をいい形で利用して転職するとよい。

CFOが行う仕事は、監査法人の仕事とは大きく異なるし、監査法人のIPO部門の人ですら実務になると0からキャッチアップすることは多い。

近年のスタートアップは、人事や総務、法務もCFOが兼ねることは珍しくないためキャッチアップ力が知識以上に求められる。

そのためなんでも吸収できる人材が必要となり、難関資格試験に受かる人は比較的フィットする。

CFOは外資系投資銀行でも外資コンサル出身者でもよいので、そのなかで公認会計士が管理部長ではなくCFOとして転職するには、CFOとしての素養が求められてくる。

ベンチャー人としての攻める姿勢や、転職していくためのメンタリティーが必要だ

一攫千金をつかむ方法

一攫千金をつかむ方法もある。

CFOでの転職は生株やストックオプションをそれなりに持つことになる。

創業メンバーでなければ1%~10%の上場時持ち分(SO込み)になっており、時価総額1000億円なら、1%でも10億円のキャピタルゲインを得たことになる。

最近だとテクノロジー企業として有名なkudanの飯塚氏は新日本監査法人から転職してCFOとして活躍し同社を上場に導き、キャピタルゲインを得たため成功した転職事例といって過言ではないだろう。

一攫千金を狙うならベンチャー転職はあまりすすめたくはないが、実際にわかりやすい事例としてあるのは認識しておいてほしい。

かぼちゃの馬車事件で、公認会計士が安定した収入を目指してかぼちゃの馬車を購入していたという話を聞いたが、ビジネスを見極める能力も要求されてくる

監査業務以外の経験を積んでおく

公認会計士で25歳以上の転職になると、監査しかしたことがないというのは、やや懸念事項としてもたれる。

それでも30歳以下ならポテンシャルを見込まれるが、まったく畑違いの転職になると、監査以外にも触れておくとよい。

監査以外というのは、仕事以外で友達の仕事の手伝いをしたり、ライターでもいいのでクラウドワークスの仕事をのぞいてみたりすることがある。

副業規定の関係で難しい部分はあるが、それでもお金をもらわない形でも外の世界に積極的に触れておいてほしい

世間知らずといわれると転職がしづらくなるので、転職がしやすいように常にアンテナを張っておいてほしい。

監査法人でも特に金融関連(FIG)等は外の世界に目が向いていないため、転職のときに困ってしまう人が少なくない

公認会計士の転職を考える

公認会計士の転職を考えるうえでは、年齢、希望年収、やりたいこと、今後のキャリアの展望を考えておくとよい

ベンチャーに行ってしまうと、CFOという偉いポジションにはなれてもほとんどのベンチャーはトーマツや新日本監査法人、あずさ監査法人といった大手企業に比べて格が落ちるためローンも借りにくい。

ベンチャーだと社会的な信頼も落ちるためこうしたものがなくてもよいか考えてほしい。

また、総合商社に行ったとしてもある程度競争にはさらされるので、そうした点を考えて外に行ってほしい。

もちろん社内出世で監査法人のパートナーになるのもかなり難易度が高いので、残ってがんばることも容易ではない。

会計士が就く仕事をしている人は優秀な人が多いので競争が大変なのである。

会計士に合格してからがスタートなので常に競争をしていかなければならない。

また、パートナーは営業力も問われるので、営業に自信がない人は事業会社のほうがいいというパターンもある。

スキルを身に着けるためにFASに転職するのもいい手だ。

会計士以外でFASに行く人が多いが、これは個人的にはすすめていない。

FASは会計士のベース知識があってこそ活きる仕事が多い。

そのため会計士ならまずはFASを一つの選択肢としておくとよいだろう。

やりたいことが明確な人はそちらのほうを第一候補に転職活動をしていくとよい。

中小監査法人に転職するのも作戦

なお、中小監査法人に転職して要職に就く作戦もある。

監査法人以外では、会社の格を下げてポジションをとる転職は普通にある。

こうした転職を考えておくとよい。

中小監査法人への転職は最近はそれほど多いとは言えないが、ポジションが空いている会社も多いので狙っておくとよいだろう。

税理士として生きるならば覚悟が必要

一部の方ではあるが、税理士がチャンスだといって転職というか開業を考える人がいるが、税理士は生き残りが難しく、太客をグリップしてコントロールするのは監査法人のパートナーと同様に営業力や人間力を問われる。

ただ単に、税務の業務をしたらよいというわけではない。こうしたことはすでに理解している方が多いだろうか。

マイナビ会計士

公認会計士の転職相談を継続的にしていこう

会計士の方は転職活動を継続的にしていこう。

会計士専門の転職エージェントを真っ先に使うとよい。
会計士専門はマイナビ会計士が実績も案件も多いのでおすすめだ。ぜひ利用しよう。

さらに、転職サイトも継続的に利用していくとよい。

転職エージェントではリクルートエージェントをおすすめしている。

案件の量・質ともに他を圧倒している。

リクルートエージェントの登録はこちら

会計士専門のエージェントとしてはマイナビ会計士を使ってほしい。

会計士の転職実績が数多くある。

またこれらの転職エージェントと併用してほしいのはビズリーチだ。

企業からのスカウトが来るので登録だけでもしていただきたい。

ビズリーチの登録はこちら