ベンチャー企業

ベンチャー起業家王国!?慶應SFC 出身の起業家12人を紹介。

今回は、慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)出身の起業家について取り上げる。慶應SFCは比較的最近の1990年に設立されたキャンパスで、学部としては総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部の3つがある。

多数のベンチャー起業家を輩出することから、ベンチャー起業家王国とも呼ばれる慶應SFC出身の起業家を今回は取り上げた。

今回紹介する起業家の一覧

名前 社名 職歴
佐野陽光 クックパッド
平尾丈 じげん リクルート
千葉功太郎 Drone Fund コロプラ
寺田親弘 Sansan 三井物産
柳澤大輔 カヤック ソニー・ミュージックエンタテインメント
関山和秀 Spiber
川添高志 ケアプロ
有安伸宏 Tokyo Founders Fund コーチ・ユナイテッド
石田宏樹 フリービット
向田麻衣 Lalitpur 化粧品メーカー
三好真 Spotech Genect
与田良介 ウェルマーケ ディー・エヌ・エー

クックパッドの前身となる会社を起業

氏名: 佐野陽光

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
クックパッド 取締役兼執行役

職歴:

コメント:

1973年、東京都出身。中学、高校時代をシンガポールやアメリカで過ごす。1997年、慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、その後クックパッドの前身となるコインを設立した。2004年にコインからクックパッドへ組織変更を行った。2012年には社長を退任するも、2016年には当時社長だった穐田氏と経営方針で揉めるが、現在も取締役兼執行役を務めている。

参照元
参照元

リクルートグループから独立した若手起業家

氏名: 平尾丈

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
じげん 代表取締役社長

職歴:
リクルート

コメント:

1982年、東京都出身。中高時代はゲーマーとして活躍し、東京ゲームショーにも招待される実力を持っていた。大学在学中には2つのITベンチャーを創業した後、2005年に慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、リクルートに入社する。23歳の時にリクルートグループであり、じげんの前身となる企業の取締役となる。25歳で代表取締役社長に就任し、27歳でMBOを経て独立、2013年には30歳で東証マザーズに上場した。

参照元
参照元

コロプラを立ち上げ、現在は投資家へ

氏名: 千葉功太郎

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Drone Fund General Partner

職歴:
コロプラ
リクルート

コメント:

1974年、東京都出身。1997年に慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、リクルートに入社。2000年にはサイバードのエバンジェリストに就任。2001年、ケイ・ラボラトリー(現KLab)の取締役に就任。2009年にはコロプラの立ち上げに参画し、副社長に就任。2016年にはコロプラの副社長を退任し、2017年にはドローンファンドを立ち上げるなど、投資家として活躍している。投資先には、フィンテックサービスのVALU、投資サービスのウェルスナビ、語学学習サービスのLang-8、プログラミング学習のAidemy、音声メディアのVoicyなどがあり、多岐にわたる分野に投資を行っている。

参照元

 

ユニコーン企業候補、Sansanの創業者

氏名: 寺田親弘

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Sansan 代表取締役社長

職歴:
三井物産

コメント:

1976年、東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、三井物産に入社。シリコンバレー勤務や、関連企業への出向を経験したのち、三井物産を退社して、2007年に名刺管理サービスのEightなどを手がけるSansanを設立。2017年にはゴールドマン・サックスや三井系列のファンドである三井住友信託銀行が運営するファンドのジャパンコインベストから投資を受けるなど、日本の数少ないユニコーン企業となれるか、注目を集めている。

参照元
参照元

学生時代の友人と共にカヤックを設立

氏名: 柳澤大輔

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
カヤック 代表取締役CEO

職歴:
ソニー・ミュージックエンタテインメント

コメント:

1974年、香港出身。 慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。 1998年、学生時代の友人と共にカヤックを設立し、代表取締役CEOに就任した。その後は、2015年にTOWの社外取締役、2016年にはクックパッドの社外取締役に就任した。現在は本社のある鎌倉で地方創生に携わり、鎌倉資本主義という新しい価値観の提唱を行っている。

参照元
参照元

クモ糸人工合成のSpiberを設立

氏名: 関山和秀

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Spiber 取締役兼代表執行役

職歴:

コメント:

2001年に慶應義塾大学環境情報学部に入学した後に先端バイオの研究室に入り、2004年からクモ糸人工合成の研究を開始した。博士課程在学中の2007年に学生時代の仲間と共にSpiberを設立し、代表取締役社長に就任した。現在は取締役兼代表執行役を務め、子会社のXpiberの代表取締役も兼任している。

参照元

東京大学病院を経て、ケアプロを起業

氏名: 川添高志

出身大学:
慶應義塾大学看護医療学部

現在の肩書:
ケアプロ 代表取締役社長

職歴:

コメント:

1982年、兵庫県出身。高校生の頃に老人ホームでボランティア活動を行い、医療分野での企業を決意。2005年に慶應義塾大学看護医療学部を卒業し、経営コンサルティング会社、東京大学病院を経て、2007年にワンコイン健診などを行うケアプロを起業した。

参照元
参照元

コーチ・ユナイテッドの創業者

氏名: 有安伸宏

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Tokyo Founders Fund スカウター

職歴:
コーチ・ユナイテッド
ユニリーバ・ジャパン

コメント:

1981年、神奈川県出身。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、ユニリーバ・ジャパンに入社し、2007年に習い事の仲介サービスを運営するコーチ・ユナイテッドを創業した。2013年に同社の全株式をクックパッドへ売却した後は、2015年にTokyo Founders Fund、2018年にはJapan Angel Fundというファンドを立ち上げ、エンジェル投資家として活躍している。現在は30社を超える企業に投資を行っていて、有名な投資先には家計簿アプリの運営などを行うマネーフォワードがある。

参照元
参照元

大学在学中から会社の立ち上げに参画

氏名: 石田宏樹

出身大学:
慶應義塾大学総合政策学部

現在の肩書:
フリービット 代表取締役会長

職歴:

コメント:

1972年、佐賀県出身。1998年に慶應義塾大学総合政策学部を卒業。大学在学中にドリーム・トレイン・インターネット(DTI)設立に参画。2000年にフリービット・ドットコム(現 フリービット)を設立し、代表取締役社長に就任。現在は同社の代表取締役会長を務めている。

参照元

 

ネパール発のナチュラル化粧品ブランドを創業

氏名: 向田麻衣

出身大学:
慶應義塾大学総合政策学部

現在の肩書:
Lalitpur 代表取締役CEO

職歴:
化粧品メーカー

コメント:

17歳でネパールにて、女性の識字率向上のためのNGO活動に参加。大学在学中はトルコにて6ヶ月間のフィールドワークを行うなどして、2009年に慶應義塾大学総合政策学部を卒業した。その後、化粧品メーカーのマーケティング部を経て、2009年にCoffret Projectを立ち上げる。2013年にはネパール発のナチュラル化粧品ブランドLalitpur(ラリトプール)を立ち上げ、代表取締役CEOに就任した。

参照元

 

俳優から連続起業家へ

氏名: 三好真

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Spotech 代表取締役CEO

職歴:
Genect
DOD revolutionaries

コメント:

1987年、兵庫県出身。大学入学までは俳優として活躍し、2010年に慶應義塾大学環境情報学部に入学。在学中の2011年に GenectのCEOとしてOB訪問サービスであるヒルカツを創業し、売却した。2012年にはDOD revolutionariesの営業統括として創業に関わる。2013年にはTrenbyのCOOとして会社の立ち上げに関わり、美容口コミアプリ、Trenbyを創業した。 2015年には外国人旅行者に職業マッチングサービスを提供するRelierを創業。 2018年にSpotechを創業し、代表取締役CEOに就任している。

参照元

 

ディー・エヌ・エーに入社した後、健康分野で起業

氏名: 与田良介

出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
ウェルマーケ 代表取締役

職歴:
ディー・エヌ・エー
REAPRA PTE. LTD.

コメント:

1992年生まれ。成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校と進学し、慶應義塾大学環境情報学部に入学。2014年に卒業して、ディー・エヌ・エーに入社。2017年からは東南アジアで事業の立ち上げを行うREAPRA PTE. LTD.に参画。2018年から健康産業で事業を行うウェルマーケを立ち上げる。

参照元

 

編集後記:

いかがだっただろうか。

一覧を見てみると、環境情報学部を卒業してITベンチャーを立ち上げている起業家が多い。在学中から企業の立ち上げに関わっている学生も多いようだ。またこれらの起業家の中には、起業したいから慶應SFCに来たと語っている人もいて、起業を考えている人にとってはいい環境だろう。