ベンチャー企業

ベンチャー転職のタイミングを見失わないようにしよう

ベンチャー企業は転職へのタイミングが難しい。

現在大企業で働いている方も別のベンチャー企業で働いている方も、また別の専門職をしている方もベンチャー企業への転職に興味のある方は少なからずいるだろう。

ベンチャー転職は危険なイメージを持たれる一方、チャンスにも溢れている。

今回は転職のタイミングという点でベンチャー転職について論じる。

ベンチャー企業に転職する際に考えること

ベンチャー企業に転職するのは勇気が要るだろう。ベンチャー企業に転職する際は必ず準備が必要だ。

ベンチャー企業がどういう事業を行っていて成長性はどれくらいあるのか、また、どういう人達が転職してどういう能力を発揮しているのかということを面接に行く前に調べられているとよい。

転職エージェント経由で受けることが多いと思うが、転職エージェントから可能な限り情報を引き出しておこう。

転職エージェントは社内のいい情報や悪い情報のどちらも見ている。

転職エージェントは愚痴もよく聞いているので、そうした愚痴に会社の実情があって参考になるのだ。

ベンチャー企業とブラック企業を間違えない

ベンチャー企業=ブラック企業という認識を持っている人がいるが、勘違いしないでほしい。

ベンチャー企業は急成長を志向する企業であるので、ただ単に長時間労働をさせて宗教染みた会社の奴隷にさせるブラック企業とは大違いだ。

また、ベンチャー企業は成長を求めるため、仕組み化をとにかく重要視し無駄な作業はさせないように心がけているし、継続的に人数が増えても成り立つ仕組みがある。

よって長時間労働に本来はなりにくいはずである。

ブラック企業とは大違いだ。

ワタミ等で働くと従業員が自腹で酒を購入し勉強したというとんでもない事例がネットに掲載されていたが、あれはベンチャー企業ではないことはわかるだろう。

ブラック企業とベンチャー企業を混同しないでほしい。

ベンチャー企業は即戦力を求めている

ベンチャー企業は即戦力を大企業よりも求めている。

特定の領域で能力を発揮してほしいと思っているのだ。

ベンチャー企業は経験者を専門職として雇っている。

これも前述のブラック企業だと、ただの単純作業労働力として求められるのでスキルが全くアップしない。

ブラック企業で働くとスキルアップできないどころか、体を疲弊させまともに思考する時間を奪ってしまう。

ベンチャーに転職するなら今がチャンス

ベンチャーへの転職は今がチャンスである。

なぜならばベンチャー企業にお金が集まり人件費にお金を割くようになっているからである。

背景としてベンチャー企業への投資額が急増し、世の中単位でベンチャーを後押しをしようとなっている。

そのようなベンチャー企業に入社をしたら給与をそこそこ出してもらえる。

よってベンチャー企業を見極める際は資金調達をしているかどうかが1つの見極めになる。

もしくはオーナー企業で資金調達をせず、お金が社内に余っている会社を探せばよい。

こうした企業は利益率の高い事業をしているかどうかで分かる。

人件費がかかるビジネスは成長に限界がある場合が多いので考えものである。

一生同じベンチャーで働くことは想定しなくてもよい

ベンチャー企業で働く上で思っておいて欲しいのは、一生同じ会社で働かなくていいということだ。

ベンチャー企業であればベンチャーからベンチャーへの転職が容易だ。

これは受け入れる側のベンチャー企業が中途比率が圧倒的に高いため、同様の経験をしてきた人を欲しがるからである。

大企業で殆どが新卒からいるという企業にいる人にとっては中途が多い会社が馴染めないのはわかるが、ベンチャーは急成長を志向しているた中途社員が多いのだ。

転職を検討したときに、資金調達情報は重要

転職を検討した際に考えるべきことは資金調達の情報だ。

資金調達が行われていると、上場を目指す場合が多いので会社として急成長せざるを得ないのだが、外部の目が入るので、従業員のことをもっとケアしたほうがいいという意見が外部株主からでてくる。

既にベンチャーを大きくしたことがある投資家が入っている場合は、もう少し賃金を上げていい人材を採用すべきという意見が出ることが少なくない。

経営者は賃金を上げるのはコストが増えるのでできるだけしたくないのだ。

ただし、資金調達ができるからといってすごいベンチャーだと思わないようにしよう。

今の市場では資金調達は容易だ。パワーポイントを作るだけで簡単に金を集めることができる。

会社のビジョンに共感できるかは重要

ベンチャー企業の転職では、ビジョンへの共感は重要な要素だ。

ビジョンに共感できないなら転職は辞めたほうがいい。

それほど会社のビジョンは重要だ。

何を目指し、どういう思いでその事業をやっているのかということは考えるべきである。

会社のビジョンは、直接面接した際に経営者から聞こう。

大企業にはいつでも行ける

最近は、ベンチャーから大企業の流れも増えており、大企業へはいつでも転職できる。

もちろんすべての企業に行けるわけではないが、ベンチャー出身者を積極的に採用している。

大企業からベンチャーに行く場合も現在は簡単であるし、その逆も簡単である。

簡単の大前提として、何か特定のスキルがあることだ。

ネット広告運用の知識は抜群であったりセンサー営業の実績があったりと、会社の力ではなく個人の力があることが重要だ。

ルート営業ばかりやっていて何十年も取引がある会社の担当をしていても全く成長しない。

新規開拓や、今までよりも受注額を3倍にしたなど、変化のある経験をしたことが重要だ。

ベンチャー企業ではそのような変化しかないのでスキルが身につくのだ。

ベンチャー転職は多くの企業に会おう

ベンチャー企業は相性が重要だ。どの企業がいいかよくわからない。

よって、ベンチャー企業を見つけるためにできるだけ多くの企業を紹介してもらい会ってみてほしい。

まずは、リクルートエージェントへ行き、自分のカウンセリングと方向性を見極めてもらおう。

その後、キャリアカバーに登録しベンチャー企業からのオファーを待とう。

キャリアカバーはベンチャー企業の人事から直接連絡がくる素晴らしいサイトだ。

多くの人に登録してほしい。

ではまた。