転職活動全般

転職したいけど自信がないという人への処方箋

 

転職したいが、自信がなくてなかなか踏み切れない人がいるかもしれない。

自分では受け入れてくれるところがないのではないかという不安もあるだろう。

例え自信がなくとも、現在は転職市場がホットなので今のうちに挑んでいただきたい。

なぜ自信がなくなるのか

自信がなくなる理由に関しては様々ある。

大きいのが、今働いている会社で成果が出せていないことだ。

ほとんどの人には、活躍できる会社、もしくは自分のパフォーマンスを出すことができる仲間がいるはずである。

残念ながら社風が合わない、上司や同僚が合わないなどで成果が出せずに苦労する人がいる。そうした状況になると、結果が出ず、次第に自信をなくしていく。

さてここからが問題である。

一度でも転職成功をして、転職先で活躍または、結果を出している人は、会社を変えればまた活躍ができると確信している。

だが、一度も転職で成功したことがない人は、転職して活躍できるかが不明瞭である。

よって、転職しても成功しないのではという不安感のほうが強くなり転職に決心がつかず転職活動が不本意に終わってしまうことが少なくない。

転職に成功している人は自信を持っている人

転職活動で複数内定を取る人は、今すぐ転職をしようと思っていない人だ。

新卒のときも、複数内定を持っている人にはたくさんの内定が集まっていく現象がなかっただろうか。

中途でも同じで、1つでも内定を持っていると余裕ができる。ましてや、すぐに転職しないと言っているが内定を持っている人は、企業側からすると優秀に見えてしまう。

企業としても今の企業に不満を持ち、活躍していない人よりも、すでに結果を出して、活躍している人を採用したいと考えるのは当然だろう。

転職で複数内定をとり、転職成功を勝ち取る人というのは、今すぐ転職をしようとするというより、声がかかるのを待つイメージだ。

とはいえ、ボーっとしていて声がかかるわけではないので、転職サイトや転職エージェントに登録しつつ「いい案件あれば転職したいですね。今の会社でも十分なんですが」感が出ていると企業側からは興味を持たれる。

一方で今すぐ転職する気がないと、転職エージェントが動いてくれないこともあるので、いいオファーがあったら動く意思だけはぜひ伝えてほしいと思う。

一貫性が自信を生む

転職に必ずしも成功したと言えなくても、一貫性のあるキャリアは実績を積んでいると評価される。

仮に、今は一貫性があるキャリアになっていないとしても、何でもいいので一貫したキャリアを歩んでほしい。

営業であれば、その分野をしっかり極めていけば、今の時代であればどこでも採用されるようになる。

一貫性のあるキャリアを持った人を採用側は採りたいと考えているので、複数社に渡って同じ経験が積むことができればベストである。

失敗の数よりも成功の数が重要

失敗から学ぶことが多いというが、成功から学ぶことのほうが圧倒的に多い。

成功の場合、振り返る必要もなく、何か成功の要因となるものが身についているからだ。

失敗ばかりしている人は、いつしかチャンスを失い、ルート営業などに回される可能性もあるから注意しよう。

肩書が後から自信を生むこともある

自信のない人は役職を上げずに、「自分に自信がないから」と謙虚にしすぎてもよくない。

肩書が人を作ることもあり、前任のマネージャーが辞めた後に、しょうがなくマネージャーに昇進した人が、いつの間にかマネージャーの役割を果たすようになることもある。

昇進するチャンスががあるならば、自信がなくてもチャンスをつかむために立候補しよう。

マネージャーの役割を2年間想像するより、実際にマネージャーになって1か月経験したほうが圧倒的に成長する。

昇進の機会があればためらわずに掴み取り、失敗してもいいので、期待に応えられるように努力することをおすすめしたい。

継続し続けることの重要性

一貫性が大事だと述べたが、継続することが何より大事だ。

ビットコインをはじめ仮想通貨で儲けた人たちは、仮想通貨自体を買った人より、仮想通貨の取引所を開設した人や、仮想通貨の比較サイトを運営した人だった。

仮想通貨の価格変動に動じることなく儲けるエコシステムを形成した人たちの大勝利だった。

これらの人たちは、ビットコインの価格が上がる前から、いち早くビットコインを買い続け、ビットコインの未来にかけた人たちだ。

その間可能性を疑うことなく、ビットコインに関するビジネスを続けてきた。

続けることこそが、圧倒的な先行者優位を築くのである。

最後まで取り組んだ結果を評価してくれる

さて、継続性のついて述べたが、最後までやりきることも重要だ。

大抵の仕事はいい時があれば悪いときもある。

ビットコインをはじめ仮想通貨の取引所であったコインチェック社は、ネムの流出により会社としての信頼を失いマネックスに買収された。

今後、マネックスがコインチェックをどのようにコントロールしていくかはわからないものの、この緊急事態を最後まで支えてコインチェックを復帰させる役割を担うことができる人がいたら間違いなく今後評価される。

苦しい時にこそ、諦めずに粘り続けて最後までやり続けることこそが正義なのである。

転職のタイミングを逃さない

一方で、いいオファーの機会がめぐってくることも事実だ。

年収が大幅アップ、役職がアップ、裁量のある仕事がまわってくるなどの理由で、転職をしたくなったら迷わず飛び込むことも重要である。

仮想通貨業界に可能性を感じて、大手企業を飛び出した人は、大きな利益を得ることに成功したのだ。

転職は今しよう

転職をしたいと考えたらまずはリクルートエージェントだ。

同時にtypeも利用してほしい。

転職したい人は転職エージェントと話すことが重要なので、まずは状況を知ろう。

転職エージェントが自信をつけてくれることもあるので、転職エージェントを上手く活用してほしい。

ではまた。