第二新卒

第二新卒での転職は転職エージェントに自分から連絡しよう

昨今、第二新卒での転職をする人が増えている。私も、第二新卒に関する相談を受けることが非常に増えている。

その中で、転職エージェントとうまく付き合うことができずに、転職に苦労している人を目にする。

そもそも初めての転職に不安になっている方も多いと思うので、第二新卒での転職について、転職エージェントとの付き合い方も含めて書かせていただいた。

第二新卒層で転職を検討している方には、ぜひ読んでいただきたい。

おすすめの転職エージェントは見つけにくい

第二新卒で転職エージェントを探している人たちは、おすすめの転職エージェントを探そうとしているのではないだろうか。

「おすすめ 転職エージェント 第二新卒」と検索しても、出てくるのは、リクルートエージェントをはじめとする大手エージェントや、第二新卒特化と書いた転職エージェントではなかろうか。

第二新卒転職は情報があまり出回っていないことから、転職する側にとっては不利な市場となっている

転職という行為自体、周りで若いうちにする人が少なく、たいていの場合、一人で挑まなければならないため、孤独との戦いになる。

特に、第二新卒は転職未経験なので、不安が募るのも無理はない。

せっかく新卒で入った会社を何で辞めるの?と親に言われる人もいて、誰にもなかなか相談できずに苦労する。

こうした状況の中では、転職エージェントを探すという行為自体が難しいのだ。

転職エージェントは第二新卒を相手にしにくい

第二新卒においては、相手をしてくれる転職エージェントの数自体が少ない。

大手の転職エージェントでみても、第二新卒を担当する転職エージェントには、若手でエージェント経験が少ない人が割り当てられていることが多い。

第二新卒に経験の浅い転職エージェントが割り当てられている理由は大きく2点だ。

1点目は、第二新卒は専門職採用ではないので、スキルを見なくても、現在の所属企業と学歴でフィッティングさせることができ、配属は、転職先の企業に委ねることができるからだ。

2点目は、儲からないからだ。

年収に一定のパーセンテージをかけて儲かる転職エージェントのビジネスモデルにおいて、年収の低い第二新卒は避けられがちである。

また、年収だけでなく、幹部ポジションのほうが成功報酬のパーセンテージが高い。

第二新卒は成功報酬のパーセンテージが上がらないため、なかなか優秀なエージェントが担当したがらない

また、金融機関の幹部社員のなかには、第二新卒を扱っているエージェントは、エグゼクティブクラスに相手にされなかった質の低いエージェントだ、と言い放つ人もいる。

そのくらい、第二新卒の転職サポート市場は、あまり良いものではない。

自分からコンタクトをとることが大事

さて、第二新卒の転職サポート市場があまりよくはないことがわかっただろう。

転職がしやすい現代においては、人材会社側からアプローチがくるのだが、第二新卒の転職においては、自らコンタクトをとってほしい

第二新卒の人を見ると、受け身の人が多く、主体的にキャリアを切り開こうとする人は少ない。

転職エージェントを探して自分からコンタクトをとるだけでも、その主体的な姿勢を転職エージェントが評価してくれることもある。

企業を探すにしても、自分のなかで面白そうな企業を探してほしい。ビズリーチやWantedlyに登録するだけで面白い企業はいくつも見つかる。

当然、方向性もわからず、ネガティブな理由で転職するのが多いにしても、やりたくないこと、いやなことを明確にしたうえで、なんとなくこういうことがしたいという方向性が定まれば、企業選びもしやすくなる。

やりたいことはなくても、やりたくないことは挙げることができるだろうから、努力してほしい。

転職エージェントが喜ぶのは情報を与えること

第二新卒層において、転職エージェントとうまく関係が構築できていない人は、転職エージェントに情報を与えず、転職エージェント側に会うメリットを感じさせられていない人だ。

もちろん非常に優秀な方であれば、今後の関係性も考えて転職エージェントが丁寧に対応してくれることもあるだろう。

しかし、まだ今後の可能性もわからなさそうな場合、転職エージェントはあまり丁寧に接してくれることはないかもしれない。

転職エージェント側もビジネスであり、かつ人材が見つけやすい昨今においては、敏腕転職エージェントが面倒を見られる数は限られている。

なので、あまり優秀ではない人は、優秀な敏腕エージェントのサポートを受けにくい現状がある。

そこで、少しでも転職エージェントにあなたと会うメリットを感じてもらうために、自分が働いている会社の情報を可能な範囲で教えよう

機密情報は漏らしてはいけないが、部署移動があって、退職者が出ているだとか、なんとなく経営陣がうまくいってなさそうといった定性的な情報を伝えることはできる。

転職エージェントにとっても、転職希望者が増えそうな企業の部署を知ることは重要であるため、特に転職に関わる情報であれば知りたがる。

転職エージェントが喜ぶ情報を伝えられる人には、特別な求人を見せてくれることもある。

f:id:shikanokuninoouji:20180909121706j:plain

転職エージェントを使いこなせ

転職エージェントは、あなたに合っていそうな求人で、かつ受かりやすいものを紹介してくる。

その求人の典型例が、リクルートキャリアとアクセンチュアだ。

これらの企業は、転職して成功している人も多く、採用人数も多く、給料もそこそこ良い。ということで、転職エージェントがおすすめする。

だが、これではエージェントを使った意味がないと思うだろう。

そこで、転職エージェントが独自に持っている求人を紹介してもらうと良い。

優秀なエージェントには、極秘に持っていたり、あまり普通の候補者に紹介しなかったりするレア求人がある

転職エージェントに、ほかのエージェントは持っていない求人を紹介していただけませんかと伝えると、場合によっては紹介してくれる。

企業側に紹介するにあたっても、微妙な人は紹介できないので、あなた自身の評価が高くないかぎり紹介できない。

転職エージェントとの面談で、気を抜いてはいけない。

遅刻やメールのレスが遅いといったことは避けたほうがよい

仕事で遅れることも当然あるが、そのなかでも調整できる能力が必要だ。

19時から会えるか微妙なときは、余裕をもって20時開始にするなどの対処をしたほうがよい。

次回の転職も、この人に任せたいかを考えよう

転職エージェントと会っていると、フラストレーションがたまる候補者もいる。

早く転職を決めてもらって、次はもう使わないようにしようと決めておいて、転職エージェントに転職のサポートを頼む人もいる。

せっかく転職をサポートしてもらうのなら、長期にわたってキャリア相談ができる人が良いので、できる限り信頼関係を築くとよいだろう。

嫌だと思ったら、転職活動の途中でも、ほかのエージェントに変えたほうがいい。転職活動は人生を左右することなので、あなたが我慢する必要はない。

第二新卒専門の転職エージェントは必ずしも良いわけではない

最初のほうでも述べたが、第二新卒に特化したエージェントは多くはない。ビジネス市場の小ささから、あまり多くの人は参入していない。

それでも、第二新卒特化のエージェントは存在する。

第二新卒特化型のエージェントは、なかなか学歴が高くない、キャリアにブランクがある、といった、転職市場でなかなか評価されづらい人が利用するとよい

第二新卒特化型のエージェントは、持っている情報量は多いので、転職マーケットを知るうえでも訪問だけでもするとよい。

だが、すでに高学歴、有名企業勤務であれば、年代に限定していない転職エージェントを使ったほうが、今後のことも含めるとよいのではなかろうか。

転職エージェントは幅広く会おう

転職エージェントは一生の付き合いになるかもしれないので、若いうちから幅広くあたっておくとよい。

幅広くとは、人材紹介会社の規模も幅広く、そして、転職エージェントの年齢も幅広く、業界も様々見ている場合は、各業界に強いエージェントとそれぞれ会っていくとよいということだ。

転職エージェントのポートフォリオがしっかりしている人は、転職に失敗する確率は低くなるし、良い求人に巡り合う確率も上がる

こうした若いうちからの準備は、将来の転職成功において必ず鍵になる。

また、転職をしない場合でも、自社にヘッドハンティングで優秀な人材を迎えたいときに、良い転職エージェントと付き合っていると、優秀な人材を紹介してもらえる。

こうした関係を築くには、一朝一夕では無理であるので、若いうちからの付き合いをしておけと言っているのである。

転職サイトで連絡がきた人はチャンス

第二新卒層は、求人や企業探しを転職サイトでやるのが1つの手段であると伝えた。

その中で、興味を持ちましたと連絡がくることがある。こうした連絡に返事をしてみるとよい。

少しでも興味を持ってくれた場合は、自分のどこに興味を持ってくれたか、今後どういう採用をしていくかを、実際に面談に行って聞いてみるとよい。

企業に面談にいかなくても、転職サイトに登録するだけでも十分な情報を得ることができる。

おすすめの転職サイト

さて、おすすめの転職サイトだが、第二新卒層にはビズリーチをお勧めしている。若くても年収が高い求人や、裁量権の高い求人がいくつもあるからだ。

企業からの直接連絡や、転職エージェントからの求人付き紹介メールがくる。

また第二新卒の採用を強化している企業の情報を、転職エージェントからメールの受信だけでゲットすることができるので、非常にお得だ。

ぜひビズリーチに登録しよう。

また、エンジニアであれば、Forkwell scoutは良い企業から年収アップのオファーがいくつもくる。

エンジニアはForkwell scoutにも登録しよう。

ビズリーチに登録して、情報収集から始めよう。

ビズリーチの登録はこちらForkwell Scoutの登録はこちら