転職エージェント

転職エージェントと会うときに注意すべきこと

転職エージェントを利用する人は多い。

だが、転職エージェントとコミュニケーションを取るなかで、転職エージェントにいいくるめられて本来すべき転職活動ができない人もいる。

そこで、転職エージェントを最大限活用するためにどのようなことを注意してコミュニケーションを取っていけばよいか説明していきたい。

転職エージェントはどういう存在か

転職エージェントはどういう存在か理解しているだろうか。

転職エージェントは、あなたが転職をする際に企業に応募するときの代理人、仲介人としての役割を果たす

転職エージェントはたくさんの紹介可能な求人を持っていて、そのなかであなたに合いそうなものを紹介していく。

転職エージェント目線でいくと、あなたでも受かりそうでかつ、あなたを気に入ってくれそうな会社を紹介するのだ。

つまり、気づいた人はいるだろうが、あなたが転職エージェントに希望をはっきりと伝えなければ、転職エージェントが転職させたい企業をすすめられることになる。

自分の意のままに転職をするために、希望をざっくりとでもいいので伝えることを優先しよう。

年収でもいいし、希望職種でも役職でもいいので希望をなにか言うだけで大きく変わってくる。そのことを覚えておいてほしい。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントがなぜ彼らが転職させたい企業を紹介するかというと、転職エージェントのビジネスモデルに原因がある。

転職エージェントにお金が入るのは、あなたが転職活動をして応募したときでもなく、内定を決定したときでもなく、転職して内定した会社に入社し、3か月もしくは6か月経ったときだ。

つまり、転職をするまではお金が入らない。

そこで、受かりやすく、入ってくれやすい企業に入れることで転職エージェントは儲けようとしているのだ。

お金のもらい方としては、転職した際の年収の約30%が転職先企業から転職エージェントに報酬として支払われる形が多い。

年収600万円で転職をしたのであれば、大体200万円が報酬として支払われるイメージだ。

転職エージェントに支払われる対価が結構大きいと思ったのではなかろうか。

製造業と異なり材料費、原価がないので、話して紹介するだけで報酬が入る。利益率が高いビジネスなのである。

転職エージェントの種類

転職エージェントとしてはどのような区分けがあるだろうか。

転職エージェントにも専門性がある。

大きく分けると、キャリア相談をする人、企業の人事部に営業をする人、もしくはそのどちらもする人に分かれる。

普段あなたが接するのはキャリア相談をするエージェントである。

キャリア相談をするエージェントのなかでも専門は分かれる。

例えば、業界ごとに専門性が分かれている。また、年収で区切っている分け方もある。

また、会社自体がコンサル業界特化、もしくはゲーム業界特化、ベンチャー業界特化という形に分かれている。

転職エージェントは何でも詳しいわけではなく、専門性があることを理解したうえで相談をしよう。

転職エージェントに会ったらすべきこと

転職エージェントに会ったときにすべきことは二つだ。

まずは自己紹介をして、自分の転職状況と転職してどういう会社にいきたいかを漠然でもいいので伝えることだ。

こうしてまずはあなたの状況が伝わる。

次に転職エージェントのことを聞こう

彼、彼女自身がどういうキャリアを歩んできて、転職エージェントとしてどういう分野を得意としているかを聞こう。

専門分野が分からないときは、直近5人で転職決定までいった人にどういう人がいるか聞いてみよう。

それを聞くだけで大体どういうところに強みがあるかがわかる。

あなたが自己紹介をすると同様に、転職エージェントにも自己紹介をさせる必要がある。

双方のことを理解し信頼関係が築けた状態で求人に応募していくことが望ましい。

人生に大きな影響を与える転職活動において、相手のことを信用できないのに応募していけはいけない。

こちらから転職エージェントをチェックせよ

さて、転職エージェントの得意分野が分かったらチェックしてほしい項目がほかにも2つある。

1つ目は手持ちの求人だ。

志望業界が決まった際に、網羅性のある求人確保をしているか確認しよう。

例えば、銀行に転職を考えていた際に、三菱UFJ銀行とみずほ銀行はあるのに三井住友銀行がなかったとしたら不自然に思わないだろうか。

事実としてこうした状況は起こっており、ただ求人を持っていないから紹介ができず、求職者が不利益を被ることがある。

よって、本当に網羅的に求人があるかを確認するために、志望業界があれば紹介できる企業を聞いてみよう。

本当に時期的に応募できないから求人がないという理由もあるが、営業開拓できていないから紹介できないというパターンもあるので覚えておこう。

2点目は、転職エージェント自身が信頼されているかを調べよう。

若手の転職エージェントだと社内で経験を積むまでいい求人が任されず、大量採用して受かりやすい企業ばかりしか担当させてもらえないことがある。

そうした転職エージェントに相談しても意味がないので、社内できちんと独り立ちできているかを調べよう。

チェックリストはこちら

チェックリストをあらためてここに書いておく

■転職エージェント自身のキャリア

■転職エージェントの強い業界

■転職エージェントが強い年収帯

■転職エージェントがもっている求人

■転職エージェントの転職支援実績

ここの項目だけ確認しておけばある程度は悪い転職エージェントを省くことができる。

こうしたチェックをさぼって盲目的に信用してはもったいない。

ほかにも転職エージェントのチェックリストを自分で作っていこう。

そのためにもできるだけ多くの転職エージェントに会おう。

転職エージェントの目利きができることが転職成功のための近道であることは言うまでもない。

転職エージェントの探し方

転職エージェントの探し方としては2パターンある。

まずは直接転職エージェントに応募することだ。

おすすめなのはリクルートエージェントだ。

リクルートエージェント自体が大きな会社で求人数、抱えるエージェント数がトップクラスなので競争が激しい。

競争が激しいということは一流のエージェントに会える確率が高いということだ。

リクルートエージェントは今すぐ転職を考えていない人でもぜひ会ってほしい。

リクルートという会社に興味を持っている人もいると思うので、そのDNAを知るためにリクルートエージェントを使うことがおすすめだ。

リクルートエージェントの登録はこちら

次に、JACリクルートメントもよい。

JACリクルートメントは、キャリア相談と企業営業をしているエージェントがいるため一人のエージェントが持っている情報が非常に多い。

JACリクルートメントの登録はこちら

こうした情報を持っているエージェントに出会うことは、転職を成功するうえで重要である。

2パターン目は、転職サイトを利用することだ。

転職サイトに登録することでエージェントに多く会うことができる。

ビズリーチは現在もっとも有名な転職サイトとなっている。

かつ優秀な転職エージェントが多く、転職エージェントを比較するために最も便利だ。

転職エージェント比較サイトを使うより、自分でビズリーチに登録して比較したほうがよっぽど有益である。

ビズリーチの登録はこちら

ぜひ今回紹介したものに登録して、転職を成功させてほしい。