転職エージェント

外資系企業の幹部人事と話して気づいた転職エージェントの選び方

外資系企業の幹部人事と話して気づいた転職エージェントの選び方

先日、採用関連で、とある外資系企業人事の採用責任者と話す機会があった。

その中で、転職エージェントに対する考え方や、求職者から見て役に立つ転職エージェントの選び方のヒントがあったので、考えをまとめさせていただく。

外資系企業への転職を考えているが、転職エージェント選びに困っている方に、ぜひご利用いただきたい。

転職エージェントは採用側も選定に困る

採用が厳しいのは外資系の有名企業でも変わらない。

Google等、ダイレクトリクルーティングや、リファラル採用に力を入れている企業を除くと、転職エージェントは盛んに利用されている。

人事側も、転職エージェントの見極めが非常に難しい。転職エージェント選びが難しい理由について簡単に説明させていただく。

転職エージェントに信頼がおけない

人事は、大手転職エージェントから少人数、もしくは個人でやっている転職エージェントにまで、採用の依頼をかける。

大手の人材紹介会社には多くの求職者がやってくるので、量的な意味で大手は安心である。

だが、大手の人材紹介会社は、営業担当とキャリアカウンセリングがわかれている

リクルートエージェントやパーソルキャリアでは、RAとCAといった役割にわかれている。

営業担当がしっかりしていても、キャリアカウンセリングをしている担当者がろくでもないと、良い求職者がやってこない。

別の記事で紹介したが、通常はキャリアカウンセリングを担当しない営業担当に面談をしてもらうと、求人の細部まで知ることができるので、大手に伺った際には、RAにも会いたいです、とお願いするとよいだろう。

個人エージェントや少人数の人材紹介会社は、量が圧倒的に足りなく、紹介してくれる母数が少ないので、良いか悪いかを判断するのが難しいのだ。

このように、良い転職エージェントが見つからないため、紹介料を上げて優先的に紹介をしてもらう作戦をとっている。

外資系のコンサルティングファームでもこのような作戦をとっているので、信頼のおける転職エージェントを探すのは、採用のプロである人事でも難しいことがわかる。

転職エージェントを見定める時のコツ

さて、人事側から見て、優秀な転職エージェントを見るときのコツが2つある。

1点目は、「プール」が良いかどうかだ。

人材業をやっているとそれなりに付き合いのある候補者がいるので、人材プールがある。

企業から依頼がきたときに、その人材プールの中から良い人をすぐに提示できるかがカギになる。

では、求職者がこのプールをどう見たらよいかというと、受けたい企業があるときに、その受けたい企業の社員を紹介してもらうことで判断できる

すぐに人事でない社員を紹介してくれるとしたら、その転職エージェントは良いネットワークを持っている可能性が高い。

なお、紹介しない場合は、ネットワークがないか、あなたがその企業に受かりそうにないので紹介するに値しないと思われているので気を付けておこう。

若い人に多いが、なぜか自信満々で、良い案件を紹介してくれるだろう、みたいな人がいるが、良い人材でないと良い案件は紹介されないことを覚えておこう。

2点目は、紹介の際に、候補者の能力と経験を説明してくれる人だ。

紹介をする際に、ぽいっと面接の日時だけ設定する転職エージェントもいる。

大量採用の企業では仕方がないが、少数精鋭、もしくは採用の基準が高い企業だと、事前に候補者がどういう人かというのを知りたがる。

マッキンゼーでもコスト削減の経験がメインの人だと、新規事業担当者としては採用されにくいだろう。

こうしたその人の経験や人柄まで一言添えて、転職紹介してくれる転職エージェントは評価される。

f:id:shikanokuninoouji:20180819122733j:plain

転職エージェントも人事を選んでいる

同様に、転職エージェントも付き合う人事を選んでいる。

よほど有名な企業であればどんな人事でも紹介してくれるが、あまり有名でない企業で、社長でなく人事担当者が転職エージェントの相手をしている場合は、転職エージェントは人事が優秀かどうかを判断している

社長が優秀なのは大前提なので、採用業務や紹介した人のフォローを行う人事がどれだけ考えて仕事をしているかはよくチェックしている。

どの仕事もそうであるが、仕事する相手を見極めている。

もし、見極めずに来るもの拒まずのスタンスだと、割を食ってしまうのは求職者自身なのだ。

よって、転職エージェントと接するときは、良い人事の見抜き方や企業との付き合い方のスタンスを聞いてみてほしい

そうしたスタンスの中から、人材紹介業に対してどれくらい思い入れを持ってやっているかがわかる。

転職エージェントの選び方

転職エージェントを適切に選んでいくのは難しい。

もし知り合いの人事がいたら、どの会社と付き合っているか聞いてみよう。そこで人材紹介会社の評判がわかる。

ある業界では評判が良いエージェントも、別の業界では評判が芳しくないこともある。その逆もある。

自分が行きたい業界の人事に聞いて評判を集めてほしい。

転職エージェントに関しては、多くの人に会う、というのが鉄則であるが、それでも人事から入ってくる情報がある。

転職を考えていない時期に自分が働いている会社に、どの人材紹介会社を使っているか聞くとよいだろう。

転職する気がないときだと警戒されずに教えてくれるので、早めに人事に聞いておこう。自社の人事なら聞きやすいはずだ。

転職エージェントとの出会い方

転職エージェントと会うには、まずビズリーチをおすすめしている。

ビズリーチは転職エージェントが多く利用しているからである。

そして人事から評価されている転職エージェントも多いので、数人まず会ってほしい。

外資系の事業会社ではJACリクルートメント、コンサル転職なら

アクシスコンサルティングといったところが強いので、ぜひ利用してほしい。