年収別アドバイス

27歳の人が年収500万円越えるために考えるべきキャリア戦略

年収をアップさせていきたいと考えている、27歳で年収が500万に満たない人は多いだろう。

なぜ27歳と書いたかというと、20代中盤のボーナス期間が終わり、30歳に突入する微妙な年齢だからだ。

この年齢での行動がどのような将来になるかを決めるといっても過言ではない。

年収500万円以下の人が将来の年収1000万円を目指していくうえで何をすべきかをまとめた。ぜひ読んでほしい。

27歳になるまでに何をしてきたか

27歳にもなると、大したスキルが身についていないと不安になっている人もいるのではないだろうか。

社会人を3~5年やっているなかで、部署や支店の異動などを通して社内ではやっていける人脈がついたが、他社で通用するスキルが身についていないと感じるかもしれない。

27歳という年齢は、スキルを身に付け転職市場で評価される人とそうでない人ですでに大きな差がついている頃だ

まだ20代はポテンシャル、まだ修行のときなどといっていると後で痛い目に会うことになる。

もし一生同じ会社に勤める覚悟ができていたら、会社の方針に従って生きていくのもよい

トヨタなど超大企業に勤めていたら、定年まで働くことができる可能性のほうが高いだろう。

トヨタのような大企業よりベンチャーでスキルを身につけたほうがリスクがないと言われてもあまり説得力がない。

運よくファーストキャリアでいい企業には入れたら、今の会社で出世を目指していくことも重要なキャリアの選択である。

ただし、同じ会社でずっと働くことを想定した場合は、出世をしていくために努力をしたほうがいい。

大企業の役員と話すことがあるが、若いころ漫然と生きている人は少数で、同期より早く出世するために努力している人が多い。

27歳の段階で同期のなかでも会社から目をかけられている人は、仕事以外でも自己研鑽に励んでいる人が多いはずだ。

30歳になったら修正がなかなか効かない

30歳になると修正が効かなくなる年齢になる。

具体的には、異業種での転職のハードルが一気に上がるのだ。

未経験の若手を受け入れるコンサルティング業界でも、30歳を超えてくると、転職後のパフォーマンスの関係で、前職で成果を挙げている人でない限り採用されなくなる。

また、仮に転職できても、30歳を超えてから自分より5歳ほど下の人の部下になると、精神的に耐えられなくなり辞めてしまう人がいる。

年齢を気にしないといっても、やはり多くの人が無視することはできないのである。

27歳でこのまま昇進を目指すか別のキャリアを考えるかを考えよ

転職をするなら早めに動いたほうがよい。

仮に会社で昇進して偉くなることを考えている場合も、会社の将来に少しでも不安があるならば、転職という選択肢を考えておいたほうがよい

東芝、シャープ、富士通といった一昔前は日本の強さを象徴する企業も、いまや事業売却、外国資本、人員配置、人員削減と大きな波にのまれている。

JALですら一時経営不振になり、あらゆる手当が打ち切られるなど苦しい時期があった。

よって、今後も安定な会社はほとんどない

強いて挙げるとするならば、個人的な見立てでは、トヨタのような会社自体に競争力があるグローバルカンパニーやJRといった鉄道だろう。

NTTも強力な企業でちょっとのことで倒産することはまずないだろうが、NTTドコモの料金値下げによる影響もあり、今後安泰とは言いづらくなってきた。

それでもNTTのほうがそこらへんのベンチャーよりはるかに生存確率が高いことは言うまでもない。

年収が社会人になってからどれくらい年収が上がってきたか

さて、社会人になって年収がどれくらい上がっただろうか。

社会人1年目から2年目になるころにベースの給料が上がるが、それ以後も順調に上がっているかを振り返ってほしい。

年収が全然上がらず、大企業といわれているのに30歳の時点で年収が500万円や600万円くらいであったら、今後の将来の給料が心配になってくる。

そしてその上昇幅が昔とほとんど変わらない、もしくは昔よりも上昇幅が小さくなっている場合は要注意だ

年収が上がらないことは自分が評価されていないことに等しいので、ずっと会社に残る意味はないし、将来年収がまわりの友人くらべて低いということになりかねないので注意してほしい。

27歳の時点で転職を経験した方もいるだろう。

その方は、転職を振り返って、年収が着実に上がっているかまたスキルが前職よりも身についているかを考えてほしい。

こうした成長は、1回目に使った転職エージェントに聞いてみるとよい。

自分は1回目の転職より給与やポジション的な意味で選択肢が広がったか聞いてみよう。

当然年齢を重ねると職種を変えるのが難しいので、職種の範囲は狭まっていくものの、同じ職種内ではチャンスが広がっているはずなのでそういった点を確認していくとよいだろう。

年収500万円を27歳でもらっている人はどういう人か

年収500万円を27歳の時点で超えていて、かつ年収が着実に伸びている人は今後にも希望が持てる。

さらなるアップを目指して外にいくという選択肢を考えてよいだろう。

年収500万円を27歳時点で超えている人は、新卒で入った会社がいい企業だった、もしくは、金融業界などそもそも年収が高い業界だったなどの何かしらの条件を満たしている。

ほかには、メルカリなど伸びるベンチャーに入り、全体の賃金が伸びるのに乗じて、自分の年収が上がっていったパターンがある。

こうしたベンチャーの勝ち馬を見つけることができれば、今後転職市場で評価されるので、ベンチャーというチャレンジを見ておいてもよいだろう。

転職から始まる道はどのようなものがあるか

転職によって開拓される道は、大企業出身であれば、オンリーワンのキャリアになりやすい。

日本の大手企業からベンチャーに行くと、社内からそのキャリアだけで注目される。

また大企業間の転職でも、2社の大企業の知見を得ることができれば、あまりキャラ被りしなくなる。

こうした特徴を生かしつつ着実に仕事ができるようになっていけば、転職という経験を生かしてキャリアの幅を広げることができるのでおススメである。

年収1000万円の道

年収1000万円を目指している人も多いだろう。

年収1000万円を達成する方法は、年収が高い会社に行くか年収が高い業界に行くかのどちらかだ。

金融業界やコンサルティング業界は、あまり業界上位の企業でなくても年収1000万円を30代のうちに超えていく。

また、年収の高い企業にいる人は、野心も強く、起業して成功している人も周りに出てくるので、そうした刺激を受ける意味でも、年収が高い企業に行くことは意義があることのように思える。

今のまま働いていても役員クラスにならないと年収1000万円を超えないようでは、確率を考えると年収が高い会社に移ったほうがよい。

年収がそこまで高くなくても安定した雇用を優先した場合は、今の会社に残ってよいだろう。

倒産しない限り、法律で労働者は守られているので簡単にクビになるわけではない。

副業以外でまずは年収を上げることを考えていく

副業で収入を増やそうという目論見があるが、本業に直結する副業や、転職に役立つ副業でない限りあまりおすすめしない。

副業に時間を割かれ、本業も中途半端になると、結果として全部中途半端な人間になる。

本業で年収がどう上げるかを真っ先に考えたほうがいい。

副業に集中するのは副業が本業年収の半分くらい稼げるようになってから考えていくとよい。

キャリアの選択肢を相談する

さて、27歳でキャリアに困っている人は、自分にどういう選択肢があって、どういう選択肢は無理なのかをそもそも知らないことが多い。

今からでも○○になれる、○○にいけると勘違いしている人も多い。

もちろん何事も始めるのに遅すぎるということはないが。

始めて成功している人はスポットライトを浴びるものの、遅く始めたために失敗している例がもっとあることを覚えておこう。

自分の選択肢を知るためにも、転職エージェントを利用してほしい。

年収を上げていくために使うべき転職エージェント

年収を上げるために使うべき転職エージェントはいくつかある。

まずリクルートエージェントは大手なのでぜひとも利用してほしい。

リクルートエージェントは年収アップの事例がたくさん社内にストックされているので、自分のキャリアで年収を上げるにはどうしたらよいか聞いてみよう。

また、27歳で転職1回目の人にとっても優しくアドバイスしてくれるベテランエージェントがいるので相談してみるとよい。

ほかにも、転職サイトのビズリーチはぜひ登録してほしい。

ビズリーチ、非常におすすめしたい転職サイトである。

ビズリーチリクルートエージェントの2つは積極的に利用していこう。

リクルートエージェントの登録はこちらビズリーチの登録はこちら

また、未経験で転職して年収を上げたい方におすすめしたコンサルティング業界への転職を考えている人には、コンサルティング業界の案件を多く持っているアクシスコンサルティングをおすすめしたい。

ビズリーチと併用していくとよい。

アクシスコンサルティングの登録はこちら