企業形態別アドバイス

外資系企業に転職してキャリアを積む方法

外資系企業に一度は憧れたことはないだろうか。

それでも、外資系企業は実力主義で、英語もできないのでなかなか転職できるところではないだろう、と思い最初から諦めてはいないだろうか。

学歴がそれほど高くなくても、また英語がそれほどできなくても外資系企業で挑戦する方法があるのでぜひ参考にしてほしい。

外資系企業とはどういった世界か

外資系企業とはどういう世界かという質問を受ける。

外資系企業は日本オフィスである限り、本質的には日本企業の日本オフィスとたいして差はない。

ほとんどの外資系企業は、日本オフィスは日本人の割合のほうが高いので、異国にいるという感覚になることはない。

ただし、外国人は日本語ができるわけではないので、社内の主言語として英語が使われることは当然ある。

外資系企業というのは、言語的な部分をのぞくと、日本企業と大きな大差があるわけではない。

あるとすると、昇進の際に、横一列での出世ではなく早い段階から昇進に差がつくことである。

こうしたことはベンチャー企業に近い部分がある。年下が部下になることもありえる。

クビは多くはない

外資系企業と聞くとクビにすぐなると勘違いしている人がいるが、クビになることはリーマンショックのような緊急事態のとき以外は起こることはあまりない。

外資系企業といえど、すぐクビにしては評判に響くので、よほどのことがない限りクビにはならない。

では、なぜ外資系企業は辞める人が多いのだろうか。

外資系企業は転職が当たり前のカルチャーであることが一つあげられる。

転職してキャリアアップしていくので、数社経験していても全くネガティブにならず、一貫したキャリアを積んでいたら採用に全く響かない

では外資系転職だと複数の会社で経験を積んでいるといいかというと、そうでもなく、一貫して同じ企業で経験を積んでいて順調に出世しているほうがやや採用に有利のように思える。

特に、有名な外資系企業に長く在籍していると評価が高い。

また、辞める人が多い理由として、出世が遅れた人が辞めて他社に活路を求めることも挙げられる。

ただ単に待っているだけでは出世ができないので、自分から動くことで他社で昇進の機会をつかもうとする。

特に、マネージャークラスのポジションは限られているので、マネージャーとしてのポジションをつかみとるために自社では無理だと判断したら他社にポジションを求めるのだ。

日本の企業は競合に転職すること自体がありえないことがあるので、自社で昇進を待つしかないのであるが、外資系は競合に転職したらダメという暗黙のルールはまったくない。

外資系投資銀行は狭き門

外資系投資銀行は非常に狭き門だ。

様々な業務があるが、どの部門も未経験者が採用されることはほとんどなく、日系から外資に転職するという点においてもハードルが高い。

外資系投資銀行に転職する人が多くない理由は、ディスカウントと呼ばれる経歴を差し引いて入社する制度があるからだ。

例えば、日系証券で5年積んだ人も、外資系だと転職した時点で2年目扱いとされることもある。

日系証券の経験5年は外資系だと1年くらいですよーと冷酷に言われることもあるのだ。

外資系投資銀行は狭き門であるので、外資系を目指すとしたらそれ以外の業界で考えたほうがよい。

野村證券のように、外資系への転職が多い証券もあるので、自分の会社の先輩でどういった事例があるか確認してみよう。

外資コンサルは学歴の門戸は広い

外資コンサルは高学歴しかいないと考えているかもしれない。

実際は、マッキンゼーのような本当に一部の高学歴しかいないという会社はあるが、アクセンチュアやデロイトといった企業は学歴が幅広い。

これらの企業には、日東駒専とよばれる、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学出身の人もみかける。

偏差値的に、これらの大学より下の大学出身者でも採用されている。

中途で学歴によらずコンサルに入社できている人は、現在の仕事で成果をだしていることと、また会話をしているなかで頭のよい返しができることが特徴であげられる。

つまり社会人になってから努力している人が圧倒的に多い。

コンサルは未経験者の採用がかなり増えているので、学歴に自信がない人も今の仕事がどんなものであってもいいので、経験を積んで小さい実績をだしておくとよいだろう。

外資系メーカーのセールスはチャンス

外資系のなかでも最も入りやすいのは外資系メーカーのセールスのポジションだ。

BtoB、BtoCを問わずセールス経験があれば入社しやすくなっている。

セールスの経験さえあれば転職できる確率が高い。

特にメーカーは、大卒であれば学歴不問で売ったことの経験だけが問われる。

それほどトップセールスではなくても、組織の一員として売上貢献ができそうかが問われてくる。

外資系でもセールスはチャンスなので、機会さえつかめたら内定の獲得は上がる。

外資系の事業会社を探してみよう

ほかにも事業会社があるが、事業会社は転職のチャンスである。

メーカーも事業会社に含まれるが、近年は、IT系の事業会社を含め、インターネットサービスを運営している企業が多くある。

最近は中国系企業も進出してきており、中国系企業のなかで、日本法人の拡大のための担当者を設置しているのでチャンスを勝ち取ろう。

中国系企業の日本法人の幹部はエリートを採用するが、幹部以外のポジションは比較的門戸が広い。

中国系企業は相対的に人気が落ちるので、給料を積んで色々な人を採ろうとしている。中国系企業の事業会社も興味があればご覧いただきたい。

英語ができると世界が変わってくる

英語ができることで大きく世界が変わってくる。

外資系企業では、残念なことに英語だけができるだけで出世している人がいる。

英語ができることでコミュニケーションが捗るので、仕事の機会をつかみやすい。

本社の偉い人が日本にきたときや、テレフォンカンファレンスのときに発言ができるので、じゃあお前やってみろと言われてチャンスが回ってきやすい。

また、自分の成果を報告する際に、英語でうまくプレゼンテーションができることが大きなアピールになる。

外資系金融ならプルデンシャルが選択肢に

外資金融というプロフィールの人にプルデンシャル生命の人が多い。

プルデンシャルというと少しネタにしている人もいるが、プルデンシャルで活躍している人は間違いなく営業が一流の人だ。

個人営業の担当で成果をだしている人は、顧客になってもらうだけでなく顧客を紹介してもらうことで営業先を開拓している。

プルデンシャルに行って成功しそうな人は、部活やサークルの人脈が豊富で、周りに安定した所得が一定以上ある人が数百人単位でいて、人に気兼ねなくお願いができる人だ。

このような人たちはプルデンシャルの初速をつけるのにアドバンテージがある。

しかし、人脈はいつか途切れるので、独自での開拓方法を考えないといけない。

プルデンシャルの営業マンは、相手の誕生日お祝いをはじめ、細かい気づかいが超一流だ。常に一流ホテルの従業員の作法が身についている。

プルデンシャルで活躍している人と会ってみるとよい。例えばエグゼクティブライフプランナーという階級の人と話してみよう。

外資系企業でのキャリアの積み方

外資系企業でのキャリアの積み方だが、外資系に突入したら仕事で成果を出すことに特に注力しよう。

日系から転職する場合は、ワークライフバランスを重視する人よりも仕事で成果を出したい人が行くべきである。

外資系は働きやすいという人がよくいるが、仕事の型ができ成果が出せる人にとって働きやすいことは間違いない。

しかし、一方で、成果の出ない人には働きにくいことも間違いない。

そのため、自分で働けるように努力が一定期間必要なのでがんばってほしい。

外資系から日系の転職も増えている

外資系から日系企業へ転職する人も増えた。

外資系企業で経験を積んだ人を採用する流れが日系企業にできてきた。例えば、資生堂などが外資系企業出身者の採用が増えている。

外資系企業の出身者を採用して、ノウハウを吸収しようとしているのだ。

こうした変化によって、定年まで働けなかった外資系企業の人たちの保険としてなっているのが日系企業となっている

また、外部登用した人を幹部にすえる企業もでてきているので、スキルがない人はますます厳しくなる。

どの会社にいたとしてもスキルを身に着けるように努力したほうがいい。

日系企業から外資系に行く場合の注意点

日系企業から外資系企業に行くときに注意してほしいのは、短期間でスキルを身に着けることを求められるので、日系企業のときとは違うマインドセットが必要なことだ。

教えてもらうのを待つのをやめて自分から質問しに行こう。

外資系企業にいく際には、メンタリティをどう持つかがスキル以上に重要であるのだ。

外資系企業への具体的な転職方法

外資系企業に転職するためには、まず転職サイトを使おう。

ビズリーチは外資系企業が多く利用しているし、外資系に転職した人の利用実績が多い。

ビズリーチは創業社長の南社長が外資系企業出身ということもあり、外資系の人が使いやすい。

ビズリーチの登録はこちら

また、外資系企業の案件をもっているJACリクルートメントはおすすめだ。

JACリクルートメントで、英語を使う仕事や外資系の仕事がしたいと相談しよう。

JACリクルートメントの登録はこちら

また外資コンサルへの転職ならアクシスコンサルティングがおすすめだ。

ビズリーチとともに利用しよう。

アクシスコンサルティングの登録はこちら