転職サイト

未経験または経験の浅いIT/WEBエンジニアが転職する際はForkwell Scoutがオススメ

IT業界やWEB業界では、空前のエンジニア不足である。

かつては、参入障壁の高い職業と言われていたことがあったが、エンジニア業界の裾野が広がったことにより、多くの人が、技術力がそこまで高くない段階からエンジニア採用されるようになった。

入社後に努力してキャッチアップしてもらい、育成するという意識が各企業に根付いてきている。

今回は、エンジニアを対象に書かせてただく。

エンジニアは理系だけの職業ではない

エンジニアという言葉から理系の人材がする仕事だと思われる方が多いだろうが、エンジニアは文系でもなりやすい職業となっている。

エンジニアはコンピュータを扱うことができるだけでなく、コミュニケーション能力や文章力などのスキルも必要とされる。

つまり、理系以外の方でもコンピュータが好きであったり、興味を持っていたりすれば誰でもエンジニアを目指すことができる

現在、多くの企業がエンジニアの求人を出しており、エンジニアには、転職によってもっと自由に働けるチャンスがある。

今回は、エンジニアにとって利用しやすいようにデザインされた、エンジニアのためのスカウトサービスであるForkwell scoutを紹介したい。

すでにエンジニアの人はもちろん、勉強はしたことがあるが、エンジニアとしての実務経験がない人、浅い人でエンジニアになりたい人には、ぜひ知っておいてほしい。

エンジニアの需要は極めて高い

いま、我々の暮らしはITに囲まれている。

スマートフォンやWebサービスだけでなく、近い将来IoT(モノのインターネット)によって、あらゆるものがインターネットに接続され、私たちはプログラムに囲まれて生活するようになると言われている。

勉強中の人もいるだろうが、エンジニアは誰にでもすぐにできる仕事ではない。

プログラミングに関する知識、実際にコードを書いて開発する能力、さらには次々に現れる新しい技術を学び続ける熱意、適性といったものが求められる仕事だ。

そのため、いま日本の多くの企業ではエンジニアを大勢必要としているにも関わらず、エンジニアが足りないという深刻な事態に直面している。

逆の見方をすれば、エンジニアになりたい人にとって大きなチャンスの時期と言える。

本来であれば、即戦力として活躍できる経験者を企業は求めるはずだが、人手不足のため、経験の浅いプログラマーや未経験者にも門戸は開かれている。

経験が浅くても、入社してからエンジニアとして育成してくれる企業もある。

興味や情熱を維持することが大事

では、誰でもエンジニアになれるかというと、必ずしもそうではない。

現状ではスキルがあまりないとしても、プログラミングに強い興味を持ち、しかもその情熱を維持できるかどうかが、エンジニアとして活躍し続けていくことができるかどうかの分かれ目となってくる。

なぜなら、IT業界の進歩はめざましく、変化のスピードも非常に速いため、新しく学んだこと・覚えたことはみるみる古くなってしまうからだ。

次々と現れる新しい技術、短いサイクルでバージョンアップを続ける開発言語の進化についていけるかどうかは、プログラミングへの情熱を保ち続けることができるかどうかにかかっている。

「新しいものが好き」「最新の技術に触れていたい」「便利なものを自分の手で作りたい」という強い気持ちがあれば、技術は後から身につけることも可能だ。

まずは、プログラミングに対する情熱を持ち続けることができそうかどうか、が重要なのだ。

ある程度のスキルは必要

エンジニアの求人の中に「未経験OK」と書かれているものを見かけることもある。

完全な未経験者でも入社後の研修などでフォローしてもらえるの?と思うかもしれないが、実際は「完全にまっさらな状態」では、さすがに採用されるのは難しい。

学校でプログラミングに触れたことがある人、趣味でプログラムを書いたことがある人であれば、ある程度は基礎的な知識を持っているはずなので、実務未経験であってもポテンシャルを評価されて採用される可能性はある。

プログラミングに全く触れたことがない、これまで一度も学んだことがない、という人がエンジニアの世界に入ると、おそらく周囲のエンジニアが会話の中で使っているプログラムに関する用語が分からない、といった状況に陥る。

完全な未経験者、超初心者の場合は、まずプログラミングに関する基本的な勉強をしておく必要がある。

技術書を1冊か2冊買って勉強してみたり、実際に簡単なコードを書いてみたりすることで、エンジニアという仕事に自分は適性があるのかどうかを見極めることもできる。

チャンスのあるプログラミング言語①Ruby on Rails

プログラミング学習をしていくと、「フレームワーク」という単語を聞くことになる。

プログラミング言語にはそれぞれ、開発をスムーズに行うための道具である、「フレームワーク」というものが存在する。

その中でも特に、日本でも大人気のRubyのフレームワークである、「Ruby on Rails」に注目が集まってきている。

Ruby on Railsのメリットを紹介していこう。

まず、初心者でも習得しやすいことが挙げられる。

Rubyという言語自体が書きやすく、プログラムの処理を覚えることに適している。

また、Ruby(Ruby on Rails)は日本語で使い方を解説している記事が比較的多く、メジャーな機能は調べながらすぐに作れる。

学習する前の段階で、自分がどこまでこのフレームワークに向いているかなんて、分からない。

しかし、難しい項目に差し掛かり、たとえ100万回詰まりそうになったとしても、ネットで探せば早い段階で解決ができる。

初心者でも、短期間で効率的に本格的なWEBアプリケーションなどが作成できるようになる、初心者でも学びやすいフレームワークだ。

次に、コードが素早く書けることが挙げられる。

Ruby on Railsは、特にこれからスピード感をもって開発することが必要になる、スタートアップの企業を中心に採用されることが多い。

その理由として、Rubyで書くよりも格段に少ないコード量で書くことができること、Ruby on RailsはRubyよりも細かく書き方にルールが決まっており、その書き方通りに書いていくことで簡単にアプリケーションが作れること、が挙げられる。

そのため、ここ最近でさらに急成長をしている企業が、Ruby on Railsを使っているということも少なくない。

さらに、応用が効くことも魅力だ。

開発にかかる時間が短いので、サービスの成長に柔軟に対応が可能だ。

特に経営判断の早いスタートアップでも、すぐに機能変更等に対応できる。

最後に、仕事を獲得しやすいことも挙げられる。

Ruby(Ruby on Rails)はスタートアップが盛んなアメリカのシリコンバレーで特に人気だが、日本でも案件が増えており、単価も上がってきている。

以前はそうでもなかったが、最近は業務システムなどのBtoBの案件もRuby on Railsで増えてきている。

チャンスのあるプログラミング言語②python

Pythonというプログラミング言語もオススメだ。

今話題の人工知能(AI)やWeb開発など広い分野で使われていて、「これさえあればなんでも作れてしまうのでは?」と思うぐらい、様々なことができるオールラウンドな言語だ。

以下、pythonのメリットを紹介していく。

まず、文法がシンプルで書きやすく読みやすい点が挙げられる。

pythonはコードの読みやすさを重視した言語だ。

文法がシンプルで必要最低限のものしか用意されていないので、読みやすく書きやすい言語なのだ。

一つのことを書くのに何通りも書き方は用意されていない。そのため、他人の書いたコードも比較的読みやすい。

他人が書いたコードが読めることは、開発現場においてとても大切なことだ。

この文法のシンプルさと可読性の高さから、プログラミング初心者にもわかりやすく、学びやすい言語だと言われている。

pythonのプログラミングがシンプルになる理由には「オフサイドルール(Off-side Rule)」というものがある。

これは、if文などのブロックを字下げ(インデント)で指定するというものだ。

これによって、誰が書いても同じコードになるため、pythonのプログラムは書きやすく読みやすいものになる。

さらに、専門分野での実績がある点が挙げられる。

pythonを学ぼうと思っている方の中には、近年注目を集めている「人工知能」、とりわけ「深層学習(Deep learning)」に興味を持っている方もいるだろう。

これらはロボットが人間のように物事を考える脳を作るものだ。

深層学習(機械学習の応用的なもの)を知る前に、基礎知識となる機械学習についても知っておきたい。

pythonは機械学習や深層学習の分野で多くの支持を得ている。

なぜPythonが支持されているかというと、シンプルなコードで読みやすい、初心者向きで習得しやすい、計算・統計処理で使用できるライブラリが豊富、などの理由が挙げられる。

気づけば、この分野でよく使われる言語にもなり、人工知能を学習したい、もしくは人工知能関連の職業に就きたいなら、Pythonは習得必須と言っても過言ではない。

また、人工知能や深層学習以外にも、Webアプリなどの開発にも用いられている。

実用的なライブラリで開発を簡単に高速化できることも特長の一つだ。

ライブラリを一言で説明すると、役に立つプログラムをまとめたものである。

pythonには、機械学習などで使う機能をまとめたたくさんのライブラリがある。

pythonの機械学習のライブラリでおすすめとして、「TensorFlow(テンソルフロー)」が挙げられる。

TensorFlowは、ニューラルネットワークやディープラーニングの分野で活用されている。

最後に、WebフレームワークでWebサービスを簡単に高速でリリースできることが挙げられる。

Webフレームワークを一言で説明すると、Webアプリケーションを作るために必要な機能の詰め合わせのことだ。

pythonは人気言語のため、便利なWebフレームワークが開発されている。

pythonでオススメのフレームワークは、Django、Flask、Bottleの3つである。

プログラミングは独学で習得できる?

よく「プログラミングは独学でも習得できる」と言われるが、一人で学び始めた結果、途中で挫折してしまう人が非常に多いのが実情だ。

一人で学習していると、ほんのちょっとしたエラーでも原因が特定できず、解決するのに膨大な時間と労力を費やしてしまうことも決して珍しくない。

また、市販の技術書は、発刊された時期によって、扱っている開発言語や開発環境のバージョンが最新のものではない場合があり、書かれている通りにやっても問題が解決されない、といったこともしばしば起こる。

そこで、オススメの学習ツールを紹介したい。

オススメの学習ツール①Progate

Progateは、無料で始められる、初心者向けで、オンラインでプログラミングの学習ができるサイトだ。

「初心者」でもわかりやすく、挫折せずに学べること、本物のスキルが身につき「創れる」ようになること、プログラミングで夢を叶えたい人が、本当に夢を叶えられること、が念頭に置かれている。

紙の本よりも直感的で、動画よりも学びやすい、「スライド学習」を採用しており、自分のペースで学習できること、復習しやすいことが強みだ。

実際にプロダクトを創りながら学ぶので、使えるスキルが身につく。ブラウザ上で、コードを書いて結果も確認できるので、準備いらずで、すぐにプログラミングが実践できる。

分かりやすく、もっと学びたくなるレッスンを提供してくれるのは魅力的だ。

全15コース、 68レッスンの中から、あなたに合ったレッスンがきっと見つかることも特長だ。

オススメの学習ツール②ドットインストール

ドットインストールは、3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイトだ。

Python 3入門 、HTML入門 、iPhoneアプリ開発入門 など、359 レッスンを 5,369 本の 3分動画 にて提供している。

HTMLやCSSによるホームページ、PHPやRubyによる本格的なウェブサービス、iPhoneアプリやAndroidアプリの作り方などを幅広く学ぶこともできる。

プログラミング初心者だけではなく、現役エンジニアの方も使う。

それに合わせて最新のプログラミング言語や技術などもしっかり更新されていく。

もちろんすでにあるレッスンも、定期的にわかりやすいように更新されていくので、これも魅力だ。

また、他の動画学習サービスにありがちな、ただ動画を見ているだけではなく、実際に自分のPC上でサンプルプログラムを作っていくので、学んだことが身につきやすい。

オススメの学習ツール③テックアカデミー

テックアカデミーは、オンラインで学べるプログラミングスクールだ。

テックアカデミーの教育コースはオンラインブートキャンプと呼ばれ、学習は基本オンライン上で行われる。

このサービスの最大の売りは、現役のエンジニアに質問しながら学習が進められるという点にある。

テキストチャットでの質問、メンタリングを利用しながらカリキュラムを進めていく。

カリキュラムは、オンラインにあるオリジナル教材を見ながらプログラミングについて学び、実際に課題アプリ・サービスを制作する、という内容が用意されている。

企業への教育も行っており、200社(フジテレビ、DMM、コロプラ、食べログなども含む)8000名という教育実績をもっている。

オススメの学習ツール④テックキャンプ

テックキャンプは、最新のテクノロジーを使いこなせる人材の輩出を目指すテクノロジー人材育成スクールだ。

月額12,800円から最先端のテクノロジーを最高の学習環境で学ぶことが出来る。

教室でもオンラインでも自分のペースで最新のテクノロジーが全て学べる。

最も効率的な学習環境と手厚いサポートで、全ての方が確実に成果を出せる。

1万人の卒業生、受講満足度は98%となっている。

卒業生は、未経験でテックキャンプを受講後、様々な業界で活躍している。

転職サイトの活用が大事

実務経験はないものの、プログラミングを習ったり、自分でプログラムを書いたりした経験がある人は、アプローチの仕方次第ではエンジニアとしてのキャリアをスタートできる可能性は十分にある

ただし、実務経験がないだけに開発現場について持っている情報がほとんどなく、どういった企業が自分のスキルを必要としてくれるのか、見当もつかないのではないだろうか。

そこで、エンジニアとして実務未経験の人には、転職支援サービスを活用して転職活動をスタートすることをおすすめする。

そこで、今回紹介したいのが、Forkwell scoutだ。

エンジニアに特化したForkwell Scoutの基本情報

Forkwell Scoutは、エンジニアに特化した転職スカウトサービスである。

CMなどの広告活動をほとんど行っていないため、知名度は低いが、運営会社自体はIT業界での実績を持っている企業だ。

スカウトサービスとは、経歴・スキルを匿名で公開することで、興味を持った求人企業からセミナーや求人情報を案内する「オファー」が届くサービスのことである。

オファーの文面や、オファーされた求人の業種や職種を通じて、企業はエンジニアがどんな仕事で活躍できると期待しているのか、また、エンジニアのどんな経験やスキルが評価されているのか、といった自分の市場価値や強みに気づく機会にもなる。

サイバーエージェントやDeNAをはじめとした、今どきの技術を使うWeb系企業や自社サービスを開発する企業など、Forkwell Scoutの関連サービスでエンジニアのための求人サイトForkwell Jobs に求人を掲載中の企業から、スカウトを受け取ることができる。

設立は2014年と新しいサービスであることもあり、求人数は600程度と少ない。大手転職エージェントと差があるが、求人の質は非常に高い。

中小のITベンチャー企業はあまり登録していないが、ソフトバンク株式会社や株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社サイバーエージェントなどの大企業の求人が多い。

その中でも、株式会社ヌーラボや株式会社エイチームなどの自社開発系ベンチャー企業の求人が人気だ。

下請けではなく、自分で開発をしていきたいという創作意欲が強いエンジニアにとっては、好条件の求人とマッチングできる確率が高いだろう。

エリアは、主に東京の求人だが、全国の求人に対応している。

以下、Forkwell Scoutの特長を挙げていく。

一斉送信されたスカウトはひとつもない

せっかく転職エージェントに登録しても、自分の希望や適性と関連性の薄い求人ばかり紹介されるようでは、登録したメリットを実感しにくいだろう。

一般的な転職サービスに付帯しているスカウトサービスは、企業側からの一括送信がメインである。本当に自分に興味を持っているのか怪しいスパムのようなメールがたくさん届く。

Forkwell Scoutでは、利用者の70%がスカウトを受け取るという高いスカウト率を誇っているが、この数字にスパムやDM的なスカウトは含まれていない

また、Forkwell Scoutでは、企業が登録者のプロフィールにしっかりと目を通すことを義務付けている。

一般的なスカウトサービスにありがちな、条件に合った登録者にスカウトメッセージを一斉送信するといったやり方は、採用していない

よって、「希望している仕事内容や条件と関係のない企業からスカウトが届いた」といったことが起こりにくい。

Forkwell Scoutを通じて届くスカウトメッセージは、企業が登録エンジニアの経験やスキルレベルをしっかりと吟味した結果、「当社に必要な人材だ」「ぜひ一度話してみたい」と感じた相手に送られている。

つまり、1件1件のスカウトに対する期待度がかなり高いのだ。

また、現在の勤務先が、Forkwell Scoutに求人情報を登録していた場合、社内に自分がスカウトサービスを利用していることがバレてしまう。

Forkwell Scoutは、こっそりスカウトサービスを利用するために、「ブロック機能」を搭載している。

現在の勤務先はブロックしておき、こっそり転職活動を行うことが可能なのだ。

自分に興味のある企業がわかる

一般的な総合型転職エージェントでは、エンジニアの職種は「IT・Web関係」などとひとくくりにされていることも珍しくない。

Forkwell Scoutは、エンジニアにとって使いやすく理想的な転職サービスを目指して開発されている。

エンジニアに特化した転職サービスなだけあって、どこよりもプロフィールのスキル入力欄が充実している。

そのため、転職を希望するエンジニアは、小さなアピールポイントであったとしても、自分のスキルを伝え忘れることは無いだろう。

ニッチなスキルには需要があるので、「私でもこんな良い企業に?」と驚くような穴場の好条件求人ゲットできる可能性もある。

また、エンジニアに特化したサービスなので、企業がどのような人材やスキルレベルを必要としているのか、Forkwell Scoutの担当者が採用担当者から丁寧に聞き取り、十分に理解した上で、求人を掲載している。

「面接でプロジェクトの詳細を聞いてみたら、求人に掲載されている内容と違っていた」「入社後、仕事内容についてミスマッチが生じた」といったことが起きないよう、エンジニアの職種や開発スタイルを細かく分類し、エンジニアの希望を高い精度でスカウトに反映できるよう配慮されている。

企業と会うときの温度感を選べる

スカウトサービスを利用していてありがちなこととして、「企業からスカウトが届いたが、知らない企業なので、正式に応募したいとまでは思っていない」といった、企業側と登録者側の間で温度差が生じてしまうケースが挙げられる。

こうした問題を解消するため、Forkwell Scoutでは、スカウトへの対応に関して「温度感」を選択できるようになっている。「必ず面接を受けなくてはいけない!」などの制限が無い。

まずは担当者と一緒に食事をしながら話してみたい、というレベルでもOK。

オフィスへ遊びに行って雰囲気を見てみたい、といった希望を出すことも可能だ。

あるいは、現地での面接だけでなく、ビデオチャットによる面談を希望することもできる。

こうしたユニークな試みによって、企業とエンジニアが良い出会いを実現できる機会を増やしている

関連サービスが充実

Forkwellには、Forkwell Scout以外にも、Forkwell JobsForkwell Agentなどのエンジニアに特化した転職サービスがある。

Forkwell Scoutに登録すると、これらの関連サービスも利用することができるので、さまざまな角度から転職を進めていくことができる。

あまり時間を使いたくない、内定確率が高い求人を希望するという時はForkwell Scoutを利用して、いろいろな企業に応募してみたい、アクティブに転職活動を進めて行きたいという時はForkwell Jobsを利用する、というように上手に使い分けていけばよい

利用の流れ

Forkwell Scoutのサービスの利用の仕方を説明していく。

まずは、Forkwell scoutのwebページから、プロフィールを登録する(完全無料)を選択する。

そして、SNSアカウントもしくはメールアドレスでユーザー登録を行う。

GitHub、Twitter、Facebookのアカウントでユーザー登録を行うことができる。

それぞれ要求されている情報を打ち込めば、1分ほどで簡単に登録が完了する。

そのままプロフィールの入力を行う。

この入力は充実させてほしい。

求人に応募した際、企業にあなたの経験や希望を詳しく伝えることができる。

また、スカウト利用企業に匿名公開することで、あなたのスキルや経験にマッチしたスカウトを受け取ることができる。

なお、スカウト受信設定を有効にしない限り、スカウトが届くことはない

経験技術、勤務経験、現在の状況、希望条件(やりたい・目指したいこと、勤務地、携わりたい技術)、基本情報、と順に記入・選択していく。

最後に、「企業からのスカウトを受け取る」を選択する。

あとは、企業からのスカウトを待つだけだ。

次に、スカウトを受け取る。

スカウトを受け取ったら、マッチした条件や求人の内容を確認してほしい。

スカウトを受け取ったら、こちらの熱意に応じて、対応を決めよう。

・面接を受ける

・オフィスを見たい

・ビデオチャットで話したい

・一緒に御飯でも食べたい

など、選択肢がいくつかある。

熱意が強いならば面接を受けに行ってもよし、それほど熱意が強くないならば、ビデオチャットで話だけしてみるなどが可能だ。

スカウトに興味がなければ、マッチしなかった点をフィードバックすることで、受け取るスカウトの精度を上げることができる

「必ず面接を受けなくてはいけない」などの制限が無いのでやりやすい。

Forkwell Scoutでは、スカウトを受け取ってその後の行動を選択するところまでがサービスの内容だ。

面接から内定までの企業とのやり取りは、自分自身で行うことになる。

自分で直接やり取りをすることができるので、自分のペースで転職活動を進めて行くことができる。

エージェントとのやり取りで無駄に時間を使うこともない。

職業別に見る求人の特徴

Forkwell Scoutには以下の職種求人がある。

・Webアプリケーションエンジニア

・バックエンドエンジニア

・iOS アプリエンジニア

・Android アプリエンジニア

・フロントエンドエンジニア

・インフラ・ネットワークエンジニア

・プロジェクトマネージャー

・Cross Platformスマホアプリエンジニア

・データサイエンティスト

・アーキテクト、ITコンサルタント

ただし、スカウトサービスなので、可能性を広げるためにも職種の希望はあまり絞り込まない方が良い。

企業側が登録されたプロフィール情報を見てスカウトするので、もしかしたら自分の想定している職種ではない企業求人からスカウトが来るかもしれない。

スキル別に見る求人の特徴

エンジニアに特化したスカウト型転職サービスなので、プロフィールに登録し、企業側にアピールすることができるスキルの数は非常に多い。

選択式で選べるスキルだけでも51種類もある。

ニッチなスキルも多いので、総合型のスカウト型転職サイトよりも好条件で転職することができるかもしれない。

Forkwell Scoutと併用して利用できるサービスとして、Forkwell Jobsがある。

こちらはスカウト型のサービスではなく、一般的な転職・求人サイトだが、同じ運営会社が運営しているため、持っている求人案件はForkwell Scoutと大差ない。

Forkwell Jobsにはスキル別に求人が検索できるサービスがあるので、一度こちらで目ぼしい求人はあるか確認してみるとよい。

業種別に見る求人の特徴

Forkwell Scoutは、IT・Web業界に特化したスカウト型転職サイトだ。

業界もIT・Web系がほとんどで、別業界における求人はほとんどない。

そのため、メーカーや医療系で社内SEとして働きたいという人は、Forkwell Scoutを利用しても希望の求人が来ることはないと言っていいだろう。

こだわり別に見る求人の特徴

求人を探す際、スカウトを受けた企業の求人情報を確認する際には、エンジニア側の様々なこだわりから検索ができるように整備されている。

・リモート勤務可

・言語未経験可

・SIer在籍者歓迎

・アジャイル開発

・コードレビュー文化

・業務委託契約可

・B2Cのサービスを運営

・B2Bのサービスを運営

・自社サービスを開発

・椅子が定価6万円以上

・女性エンジニアが在籍

・東京以外の求人

・Global & Diversity

・CTOがいる

・Forkwellが取材・執筆

・下限年収500万円以上

・上限年収1000万円以上

など、あなたのこだわりにあった求人を見つけることが可能だ。

地域別に見る求人の特徴

Forkwell Scoutの対応地域は全国となっているが、9割は東京にある企業求人だ。

中には東京とその他都道府県に支社を持つ求人もあるが、数は少ない。

Forkwell Scoutには、リモート勤務可の求人が非常に多く揃っている。

これ以上に案件が揃っているスカウト型転職サイト、転職エージェントは他に見当たらない。

週5日のフルリモートの求人の他に、週1、週2のリモート勤務もある。

副業可、業務委託契約可の求人といった、こだわりから求人を探すことも可能だ。

子育てをしながら働きたいエンジニアや、自分の時間を作りたいエンジニアにとって、働きやすい環境の案件が揃っている。

こんな方にはForkwell Scoutがオススメ

上述のように、選考という堅い場ではなく、まずはカジュアルに企業と接点を持ちたい、という希望を持つエンジニアの方は、ぜひForkwell Scoutを活用してみてほしい。

また、そこまで近々で転職を考えていない方、確実に転職活動を成功させたい方にはForkwell Scoutを使った転職がぴったりだ。

できたばかりの転職エージェントなので、利用者一人ひとりへのサポートも丁寧なはずだ。

登録には時間がかからないので、スカウトサービスの使い勝手を一度確かめてみてほしい。

Forkwell Scoutと併用すると効果的な転職サービス

現在、多くの転職活動者は複数の転職サービスを活用しながら転職活動を行っている。

上手な組み合わせで、効果を最大限高めていけるように、検討してほしい。

「応募書類の作成や面接についてレクチャーして欲しい!」という方は、Forkwell scoutレバテックキャリアを併用してほしい。

レバテックキャリアは、Forkwell Scoutと同様にIT・Web業界に特化した転職サービスだ。

Forkwell Scoutがスカウト型転職サービスであるのに対し、レバテックキャリアはいわゆる転職エージェントだ。

登録後、担当コーディネーターと面談し、カウンセリングを行う。

その後、応募書類のブラッシュアップや面接の指導を経て、いよいよ求人案件への応募へと進む。

応募書類の作成が得意でない人や、面接でどのように伝えたらよいのか迷ってしまうという人は、レバテックキャリアのカウンセリングを通じて自分の強みを知ってほしい。

自分一人では気づけなかったアピールポイントを把握することができ、より効果的に自分を売り込むことができるようになるだろう。

「首都圏の求人を集中的に紹介して欲しい」という方は、Forkwell scoutGEEKLY
を併用してほしい。

GEEKLYもForkwell Scoutと同様、IT・Web系に強い転職サービスだ。

Forkwell Scoutがスカウト型転職サービスであるのに対し、GEEKLY

も前述のレバテックキャリア同様、いわゆる転職エージェントにあたる。

過去にGEEKLYの紹介を通じて転職に成功した人の事例を蓄積することにより、企業がどのような人材を求めているのか登録者がイメージしやすくする、といったユニークな試みをしている。

エンジニアに特化しているので、専任コンサルタントの知識には定評がある。

GEEKLY

の拠点は東京にあり、紹介される求人も東京・神奈川・千葉・埼玉といった首都圏エリアが勤務地のものがメインとなっている。

Forkwell Scoutも同様に首都圏、特に東京の求人がメインとなっているので、首都圏の求人を集中的に紹介して欲しいエンジニアにとって、Forkwell scoutGEEKLY
の併用は強力な組み合わせ
となるはずだ。

Forkwell scoutの登録はこちらから

https://jobs.forkwell.com/about/scout