英語

英語がいまだに差別化要因になるので勉強しよう

英語が必要とされる場面が急増している企業が増えてきた。

大手企業の電通やリクルートは海外企業の買収を進めている。

海外売上比率の高まりに伴って、本社から日本人の若手を送り込む機会が増えている。

特にリクルートは、外国人を一部の重要なポジションに登用するなど、社内における英語コミュニケーションの必要性はかなり高まってきているところである。

だが、英語が必要とされる機会の増加に対して、英語のできる人材が十分に育っていないという感想を個人的には持っている。

帰国子女はいまだに圧倒的な強さを誇る

まず、新卒でも転職においても、帰国子女のニーズがいまだに高いことを述べておく。

本記事において帰国子女とは、小学校、中学もしくは高校含め、5年以上英語圏に住んでいた人達を指すことにする。

英語でビジネスに関わる場面が多いが、英語ができる人材が不足しているのが事実である。

こうした経緯から、帰国子女の採用意欲が圧倒的に高く、ネイティブスピーカーを求めて人材の取り合いが勃発している。

また、日本企業は、日英ともにネイティブの人を採用したい場合、日本人であり日本文化を理解しているうえで、英語がネイティブレベルの人を求めている。

個人的には、日本人を採用しようとする時点で採用の門戸が大きく狭まっているので、日本語ができる外国人を登用したほうがよい。

だが、外国人を受け入れる土壌が残念ながらないため、採用できてもすぐに離職してしまったり、日本人が働きづらいとの理由でうまく活躍できなかったりする事例がある

帰国子女は能力に疑問符を付けられる人もいる

帰国子女は英語ができるだけで仕事ができないと発言する人もいる。

トラディショナルな会社に昔から在籍している日本人は、帰国子女のことを非常に万能な存在と勘違いしているが、決して、仕事がもともとできるわけではない。

有名大学を出ていても仕事があまりできない人がいるのと同様に、一定の比率で帰国子女にも仕事ができない人が混じっている

だが、その比率は、通常の同じ学歴の日本人よりも低いし、海外の多文化の中で育った経験から、環境適応能力は高い人が多い印象がある。

もったいない帰国子女の就職先

帰国子女でもっとももったいないと感じる就職先は、外資系投資銀行のオペレーションズの部門だ。

オペレーションズ自体も金融の専門職として優れた職業であるが、高いスペックを持て余している人たちを目にする。

事実、欧米の海外トップ大学を卒業して、外資系投資銀行の日本支社、東京支店のオペレーションズに就職した人の中には、仕事がつまらないということで、フロントへの転向を画策する人がちらほらいる。

能力が高くて英語ができるのであれば、帰国子女にはもっとハードに働く環境が合っているが、給与が比較的高く、ネームバリューもあることからオペレーションズに就職してしまう現状がある。

日系企業に就職したら翻訳機のように扱われている人がおり、かつ翻訳機は会社のなかで地位が高くないことから、離職してしまう帰国子女コミュニティの先輩たちを見ている。

さて、帰国子女の話になりやや脱線したが、これからは英語ができない人達に向けて詳しくメッセージを述べていきたい。

事業会社で英語ができることが強い

まず、事業会社で英語ができることはかなり付加価値になる。

いまだにグローバル進出している企業は、TOEICの点数で海外派遣を決めているが、基準が800点と、誰でも超えられるようなものになっており、真に英語力を図れるものになっていない。

とあるグローバルメーカーでは、海外派遣の基準がTOEICで600点となっており、かつその点数を超えられない海外駐在希望者がいるそうで、驚きを隠せなかったことがある。

英語ができる人は、日系企業では総合商社やTOYOTAなどの超グローバルメーカーなどに集まっている。

特に総合商社は内定者のTOEIC平均が900点に近づくなど、最低限の英語力がある人がそろっている

厳密には、ビジネス英語を身につけるだけの最低限の素養がある人たちがそろっているということだ。

TOEIC500点台では残念ながら日本人が強いと言われる基礎的な文法すら身についていないため、基礎から叩き込む必要があり、ビジネス英語となると時間がかかる。

f:id:tille:20180718152607j:plain

英語は後天的に伸びる

英語は後天的に伸びるものであると言われている。

ネイティブのようになるのは難しいが、ビジネスで台頭に渡り合えるだけの英語力は後天的に、かつ誰でも身につくものと言われている。

勉強量と正しい勉強のやり方さえ満たせばうまくいくはずである。

元Google日本法人会長の村上氏をはじめ、社会人数年経ってから英語の勉強を始めて、ビジネスで活用できるだけの十分な英語力を身に付けている人も少なくない。

特に、外資系企業のエグゼクティブでずっと日本育ちの人は、英語が全くできなくても外資系に採用され、入社してから猛烈に勉強したというエピソードを聞く。

現在は英語が一定基準ないと外資系企業には採用されないので、その点については気を付けてほしいと思う。

外資系企業出身者との英語力の差が顕著

外資系企業にいると強制的に英語が身につく

戦略系のファームや、外資系投資銀行のIBD等ではグローバル案件が一定比率であるため、数プロジェクトやったら必ず英語を使用する案件、もしくは、上司が外国人ということがある。

アクセンチュア等は少ないが、戦略系のファームはマネージャークラスより上に外国人が入ってくることも珍しくない。

インド人が入ってきたときは、チーム内でも、ベンダーにしても非常に苦労するので、英語力のみならず色々な面で力がつくことは間違いない。

インドで育った人やインドに留学していたという人は、メンタリティが他の日本人とは違う印象を強く持っている。

英語ができるかできないかで天と地ほどの違いが出てくる

英語ができるかできないか、ただそれだけで今後の年収や機会に大きな差が出てくる。特に機会の面での差は大きくつく。

売上が海外シフトしていく企業は、優秀な人を海外に送りこむため、良い仕事をするには英語が必須となってくる。

たまに50代でTOEICが300点だが出世したと自慢してくる人もいるが、それは時代が違うことを覚えておこう。

これからの時代は言うまでもなく英語ができ、その他の能力も高くないと出世できなくなる。

英語がただできるだけで成長の機会を多くつかみ取ることができるので、今英語ができず困っていると感じる人は早急に勉強しよう。

コンサルにしてもメーカーにしても英語ができる人はプロジェクトで重宝される。

海外駐在が嫌な人もいるだろうが、海外駐在を経ていない人が海外売上の高い企業で出世していくことはできないだろう。

会社で生き残るためには、英語力が必須の時代なのだ。

英語の点数を伸ばしていくことが今後の成長の鍵

英語の点数が伸びたからといって成長するわけではないが、英語ができることで機会が広がるので、成長できるチャンスを掴み取ることができる。

最後に成長するかどうかは自分次第ではあるが、人数の多い会社では機会を掴み取ることさえ難しい。

面白い仕事、自分のやりたい仕事をするためには、選択肢を増やすべきであり、そのためには英語が必須のスキルであるということを理解しておいてほしい

ビジネス英語を身につけることが肝要

ビジネス英語を身につけるためには、ある程度の時間を投資して勉強しよう。まずは勉強の方法や習慣を身につけるのがよい。

そのためプログリットのような短期間で英語を勉強するサービスを利用してほしい。

マッキンゼー流の英語指導ノウハウがあるのでおすすめしている。

また、TOEICが壊滅レベルの人はスタディサプリ ENGLISHを使おう。

スマホから簡単に勉強ができる。すでに英語がある程度できる人は、プログリットのようなサービスを使おう。説明会だけでもいいので足を運んでほしい。勉強になることが多い。

また英語を使う機会が欲しいのなら転職をしてほしい。ビズリーチにはグローバル企業が日系外資問わず多くあるので、登録するだけでどれくらいの能力が必要なのかわかる。

継続的に努力を続けてほしい。