転職エージェント

上手く転職エージェントを利用して第二新卒からキャリアアップする方法

転職活動は誰もが不安に思うものである。

数回転職をこなしている人なら慣れてくるとも言われるが、社会経験が浅い人や、一度も転職をしたことがない人にはかなりの不安が付きまとう。

特に、社会経験が浅い人の中でも「第二新卒」と言われる人たちは、まだ胸を張って記載できるような職歴もなく、転職するにはどうすればいいのか、そもそも転職すべきなのかに迷うことだろう。

今回は、そんな第二新卒の転職に関する疑問に答えるべく、第二新卒の転職事情や、転職の際に使用すべきサービスとして、「転職エージェント」を紹介する。

「こんな職歴だけど転職して大丈夫?」といった疑問や「転職エージェントを利用するにしても、どのエージェントを選べばいいの?」といった疑問を解消できるはずである。

第二新卒の転職事情

まず、新卒や既卒、第二新卒といった混同されやすい各用語について整理してみよう。

新卒は、学部生、院生のまま何のブランクもなく就職した経歴を指す

そのため、当たり前ながら職歴はない。ただ、年齢が一般的に若い人材が多いので、その点で重宝されやすい。

それに対し、第二新卒は新卒で就職してから3年以内に就職先企業から離れ、他の企業に転職する人のことを言う。

つまり第二新卒は少ないながらも就業経験のある人材を指すのだ。

それに対し、既卒には就業経験はない。既卒は学校を卒業後、就職をせず、しばらくのブランクが空いた状態を指す。

つまり、何の就業経験もないため、企業からするとやや採用に不安のある状態となるのだ。

ここまでをまとめると、第二新卒のメリットとしては少ないながらも就業経験があるため、新卒よりはすぐに即戦力としてみなされやすい

また、企業によっては第二新卒を新卒と同等とみなすところもあるため、フレッシュな人材として受け入れてもらいやすい。

三年を超えて働いてしまうと、第二新卒の枠を超えてしまい、スキルや経歴などから決まったポストにしか転職できないことも多々あるため、今の職業に不安がある場合は、第二新卒の内に転職するのも良い。

転職エージェントを利用して充実したサービスを受けよう

では、実際に第二新卒が転職エージェントに登録することで使用できるサービスにはどんなものがあるのだろうか。

代表的なサービスをまとめると、以下のようになる。

● 自己分析とキャリアプラン作り

● 履歴書などの書類添削

● 面接対策

順に説明していこう。

自己分析とキャリアプラン作りは最も重要

実は、受けられるサービスの中で最も第二新卒の転職の成否のカギを握るのが「自己分析とキャリアプラン作り」である。

転職を考える前にしっかりと自己分析を行っていないと、面接の際にも志望動機を聞かれたら行き詰ってしまう。

また、しっかりと自分の将来を見通したプラン設計と、その計画に見合うような業界分析ないしは企業分析を行わなければ、入社後にも苦労することが多い。

そのため、自分の力だけで自己分析を行うのではなく、周囲の意見を聞いて、客観的に自己分析ができているかが重要となる。

新卒の際にはキャリアセンターだったり、周囲の友人だったり、先輩だったりに相談できたかもしれないが、社会人になると周囲にそこまで自分の自己分析を手伝ってくれる人はそこまで多くはないのではないか。

そんな中、転職エージェントに自己分析の補助を頼めば、プロの知見から的確な自己分析法を教えてくれる上、自分に合った企業まで探してくれる。

書類作成もなおざりにしない

次に、第二新卒の転職で意外と苦労するのが「履歴書などの書類作成」である。

ある程度キャリアを積んでいる社会人であれば、職歴や資格、業務上での得意分野など、記載できることが増えてくる。

一方、第二新卒の場合はそこまで長く社会人経験を積んでいないため、履歴書に書く内容が乏しく、スカスカな履歴書になってしまうことが多い。

また、企業によっては履歴書以外に志望動機書の提出を求めてくる企業が多い

新卒であれば、単純な志望動機を書けばいいし、ある程度就業年数を積んでからの転職であれば、キャリアアップや自身のスキルと転職先企業との適合性などを書けばいい。

しかしながら、第二新卒の場合はどちらの理由もやや書きにくいため、志望動機を練り上げるのに非常に骨が折れる。

このような悩みも、転職エージェントを使用すればどのような志望動機書や履歴書を作成すればいいのか熟知しているため、企業に受けのいい書類の作成を手伝ってくれるはずだ。

面接対策(起業との想定質問、模擬面接など)も忘れずに

オーソドックスなサービスだが、転職活動の中で重要となるのがやはり「面接対策」である。

当たり前だが、どんなにいい履歴書や志望動機書を書いても、面接で適切な応答ができなければ転職を成功させるのは難しい

ただ、適切な回答と一口に言っても、新卒の面接とは異なって即戦力で働けるかを試す質問内容や、前職での経験など、今まで深く突っ込まれたことのないような内容を聞かれることが多い。

また、応答だけでなく、コミュニケーション能力や人柄、社風へのフィット度などを重視する企業も増えている

そのため、インターネットでの情報だけでなく、実際に面接練習を対人で行って、どんなキャラで自分はいけばいいのか、どんなトーンで話したらいいのかなどを練習する必要がある。

この練習に付き合ってくれるのが転職エージェントである。もちろん、練習だけでなく、きちんとフィードバックもしてくれるので、転職エージェントを使用しているか、使用していないかで面接の通過率は大きく変わる。

転職エージェントの選び方

ここまでで転職エージェントを使用することの利点は理解できたはずである。

では、実際にどのように自分に合った転職エージェントを見つけたらいいのだろうか。

プロセスごとに紹介していく。

一つと言わず、複数のエージェントに登録する

面倒くさいと思われるかもしれないが、実は重要なのが複数の転職エージェントサービスに登録することだ。

その理由としては、「転職エージェント一人だけでその会社を信頼するのは危険」だからだ。

恐らく多くの転職希望者が、最初に登録したエージェントを気に入った場合、そのサービスだけで転職活動を完遂しようと考えるのではないか。

しかし、どんなにその転職エージェントと自分の相性が良くても、サービスの運営元自体の力が弱ければ、いい案件はめぐって来ないし、いいサービスを受けられないことが多い。

そのため、まずは複数の転職エージェントに登録し、比較を行ってみるのが賢明である。使用するサービスが決まったら、そのサービスの中でお気に入りの転職エージェントを探していこう。

自分を丁寧に扱ってくれる転職エージェントを探す

使用するサービスが絞られてきたら、次はいい転職エージェントを探すことが重要になる。

「いい転職エージェント」は人によって異なるとは思うが、それでもどの転職者にとってもありがたいのが「自分を丁寧に扱ってくれる転職エージェント」である。

サービスを使ってみてすぐにわかることだと思うが、転職エージェントは性格はもちろん、営業のスタイルから力量、頭の回転、スケジュール管理能力まで人によって異なる。

また、顧客である自分と性格的に合うのかどうかも重要となる。

転職エージェントがいくら優秀であっても、自分と考え方が異なってはストレスがたまる一方なのは想像に難くない。

そのため、理想は複数人の転職エージェントを比較し、自分に性格的に合って、かつ仕事面でも優秀な転職エージェントを見つけ出すことである。

そして、優秀なエージェントは総じて「顧客を大切に」している。

転職エージェントの報酬体系としては、転職者の年収の30%が入る方式となっているため、高経歴、高収入の顧客が優先される傾向にある。

それでも、優秀な転職エージェントは顧客によって多少の優先度はつけるとはいえ、顧客をないがしろにするようなことをしない。

一見、骨が折れる作業ではあるが、急がば回れということで、ここで自分をぞんざいに扱わずに、丁寧な対応をしてくれるいい転職エージェントを見つけておけば、後々やることとなる面接対策や、自分を企業に売り込む際に一気に楽になる。

転職エージェントサービス比較

では、どの転職エージェントサービスに登録すればいいのだろうか。

基本的には各社の特徴に合わせて登録するのがいい。最低でも3社ほどに登録すれば、転職のチャンスは一気に広がる。

自身の経歴に自信がない第二新卒向けのサービス

新卒で入社した会社を短期間で辞めてしまった人、学生時代の経歴・学歴、そして自身が備える資格やスキルに自信がない人は、面接対策や履歴書添削といった、細かいサポートが充実しているサービスを選ぶべきだ

2つほどピックアップしてみた。

いい就職.com

いい就職.comは第二新卒・既卒に特化したエージェントサービスだ。求人数が豊富で、職種や業種を幅広く取り揃えているため、現時点で特定の職種や業種を絞っていない人におすすめである。

また、サービスの特徴として、求人の中から離職率が高い企業を排除する仕組みがあるため、応募してからその企業がブラックだった、というような事態が起こりにくいのも大きな特徴となっている。

いい就職.comの登録はこちらから

第二新卒ナビ

求人数ではなく、サポートの手厚さで選ぶのであれば、第二新卒ナビがお勧めだ。

まず、転職に関する相談を担当のエージェント以外にも、カウンセラーが行ってくれるという特徴がある。

更に、時間が勿体ない場合は電話上でのカウンセリングも可能なため、転職希望者の都合で相談を受けてくれる。

加えて、転職が成功するまで模擬面接対策は回数が無制限な点も嬉しい。

また、所属する転職エージェントが第二新卒で、かつ転職経験のある人が多いため、相談しやすい点も人気となっている。

経歴・学歴が並程度の第二新卒向けのサービス

マイナビジョブ20’S

転職サービスで知られるマイナビの中でも、第二新卒転職に特化したサービスである。

新卒や、ある程度経験を積んだ社会人はサービス対象に含まれておらず、第二新卒特化型であるため、他の転職者と比較されることがなく、優先的にサービスを受けられる

また、マイナビグループ全体の強みを活かし、過去の転職者のデータなどを基に、面接の対処方法や企業の情報も豊富に取り揃えている。

マイナビジョブズ20’sの登録はこちらから

アイデムスマートエージェント

第二新卒の中でも、大企業よりも中小企業で自由度の高い仕事をしたいと思っている人向けなのがこのサービスである。

アイデムは中小企業に強みを持っており、その信頼性と知名度から他社が持っていない優良中小の未公開求人も取り揃えている

転職市場で見つかりにくい、穴場企業を探しているのであれば、登録を推奨する。

アイデムスマートエージェントの登録はこちらから

第二新卒エージェントネオ

第二新卒向けの転職エージェントの中でも、20代の人により焦点を絞っているのがこのサービスである。

対象を絞っている分、顧客の全体数が少ないため、より細かいサービスを転職希望者に提供できるということで人気上昇中だ。

例えば、第二新卒エージェントネオに登録すると漏れなく各転職希望者に転職エージェントが付く。

そのため、転職に関する知識が皆無な人に特に有効なサービスといえる。

リクルートエージェント

転職だけでなく、より幅広いサービスを受けられるのがこのサービスである。

具体的には、転職活動に関わる全てのプロセスを助けてくれる

まず、本当に転職すべきなのかのカウンセリングから始まり、転職のための自己分析や、業界分析、面接練習を経て、内定が獲得できた場合には退職代行まで行ってくれる。

そのため、転職に迷っている、退職届を出すことに躊躇している人はリクルートエージェントで一気通貫のサービスを受けて欲しい。

リクルートエージェントの登録はこちらから

経歴・学歴に自信を持っている第二新卒向けのサービス

ビズリーチ

現状、新卒に関するサービスは提供していないビズリーチであるが、第二新卒に関してはサービス対象となっている。

このサービスの特徴は、こちらが応募をしなくとも、企業側から接触があり、ヘッドハンティングをされることだ。

そのため、第二新卒の中でもある程度自分の資格やスキルに自信があり、企業に対して訴求力があるのであれば、転職活動を検討していなくとも登録しておいて損はないサービスである。

ビズリーチの登録はこちらから

自分に合った転職エージェントを利用しよう

いかがだったろうか。第二新卒の転職は新卒とも、長い社会経験を持っている社会人の転職と比べても特殊な事例なため、やや転職プロセスが異なる。

自分で調べるのではなく、時間の節約と労力の節約、非公開求人の確保など含め、転職エージェントサービスに登録するのが賢明だろう。

上で紹介した転職エージェントサービスの中から、自分に合ったものを見つけ出し、いい転職エージェントに出会っていただきたい。