転職活動全般

転職で複数企業から内定を獲得する人の特徴

転職活動をすると全く内定が出ない人から複数企業内定が出る人までいる。

売り手市場の状況においても、内定が出ない人がいるなど差がついている。

内定を複数獲得する人とそうでない人の違いについて説明する。

内定を複数とるメリット

まず複数内定とることのメリットからご説明したい。

どうせ入社するのは1社なので複数内定を取ることは意味がないのではという話がある。

新卒入社の場合、複数内定をとることはあまり意味がない。

一方、中途は給与交渉のステージが存在する。

第二新卒のように給与テーブルがかちっと決められている会社もあるが、ベンチャーをはじめ給与テーブルがない、もしくはその人に応じて給与を出すという制度を作っている会社がある。

その際に他の会社から内定を獲得しているという事実があれば採用担当者はその候補者
のことが良く見えてしまう。

なぜか内定をとっている人は良く見えてしまう現象は新卒でも起きる。

確実に受かる企業をもっておけ

新卒の就活でも本番の第一志望の面接の前にすでに、1社でも内定をとっていると心の持ちようがかわってくる。

転職でも第一志望の企業はあるはずである。

自分の心に余裕をもたせるためにも内定は持っておくようにしよう。

内定を複数獲得するためには応募数を増やす

当たり前のことだが、企業に応募を多くしていることは、内定を複数獲得することに繋がる

だが、社会人で仕事をしながら転職活動をすると時間がないからと受ける企業を絞って面接の対策も十分にできないまま転職活動失敗で終わってしまう。

転職活動は運の要素もあるので手駒を増やしておこう。

仕事が忙しくてという言いわけを絶対にしない

転職する気があるのに仕事が忙しいから転職活動ができないと言っている人は、一生転職
ができない。

この手の人は、仕事ができないタイプが多く、優先順位をつけることができない。

転職をする気があるのであれば転職活動に重きをおくべきであり、今の仕事は何としてでも片付けて時間を作るべきである。

「今の仕事がすごく大事な時期で」という言い訳をする人もいるが、こう言っている人
は大抵の場合一年中同じことを言っている。

コンサルティング会社のプロジェクトでどうしても短期間忙しいことがあるが、一年中忙しい人はいないはずである。

転職活動に時間を割き今よりもよいキャリア、良い年収を絶対に掴み取るという強い
意志がないと転職は成功しない。

内定が出るタイミングをそろえる

中途における転職活動の難しさは内定獲得のタイミングにあるといっても過言ではない。

中途採用は新卒と異なり、内定承諾の期間が短い。

内定承諾の期間が短いということは、内定が出るタイミングをそろえないといけない。

この調整は難しいため基本的に転職エージェントに任せる必要がある。

他の記事で述べたが、転職活動の際は信頼できる転職エージェントに一元化して様々な企業に応募したほうがよい。

転職エージェントはあなたの転職が成功するように、内定が出るタイミングを企業と交渉して揃えてくれる。

こうした日程調整ができない転職エージェントは実力がないのでお願いしないほうが賢明
である。

年収交渉ができる内定獲得タイミングでいこう

外資系企業を中心にカウンターオファーという概念がある。

アシスタント
アシスタント
カウンターオファーは、競合企業が内定を出した際に、その候補者を獲得するために最初に提示したオファー額よりもさらにお金を積むことよ。

外資系企業では、数百万円がこの交渉で動くことも珍しくない。

年収交渉をするのは転職エージェントでなくあなたがメインになってくるが、複数内定
を取っている人はこうした交渉力と交渉のタイミングを設計している。

内定を盾に、交渉して、年収を各社からつりあげるのが外資系企業では一般的になってい
る。

ただし、外資系でもコンサルや投資銀行のようにベースサラリーがある程度役職に応じて機械的に決まっている場合はなかなか交渉しにくい。

事業会社で新規事業などをする、よくテーブルがわからないところを狙うとよい。

複数内定を獲得し、内定を断った企業に次の転職で入社することを覚えておこう

転職活動で複数内定を獲得しても入社するのは一社である。

そのため多くの会社は内定を辞退することになるが、その際に断った企業には真摯な態度で臨もう。

特に外資系に言えることだが、一度断った会社をまた受けて内定を獲得して入社することもよくある。

流動性の高い外資系企業において一度断った候補者に再度内定のオファーを出すのは珍
しいことではない。

逆に、一度辞退されたからこそ優秀な人材とみなしてアプローチすることもあるのだ。

次の転職活動も念頭において、内定辞退を行おう。

複数内定は、転職エージェントの腕にかかる

複数内定をとるためには、転職エージェントが大事なことは述べた。

そのために、信頼できる転職エージェントを1人でいいから見つける必要がある。

転職サイトを利用して、信頼できるエージェントを見つけよう。

リクルートエージェントに一度もいったことない人は必ず行くべきである。

リクルートエージェントは、様々な転職情報をもっているため転職するための情報を集めて、複数内定に向けて努力してほしい。

コンサル業界などは、複数内定することが本当によくある。

コンサル転職などはアクシスコンサルティングに相談しよう。

ではまた。