年収別アドバイス

年収500万円台からの年収アップ戦略

現在年収を500万円もらえるのは、学歴や数年の経験によって通常の人たちよりはアドバンテージがある人たちである。

では年収500万円から更に年収アップを試みて、600万円、700万円、そして年収1,000万円を目指していくためにはどのようにしたらいいのかを考えていきたい。

なお、年収400万円台の方は下記の記事をご覧いただきたい。

年収400万円台でもがき、年収500万円をなかなか超えない人が検討すべき転職論年収400万円から年収500万円の間に年収が収まる方は非常に多いのではないだろうか。 私の感覚値だが世の中の多くの人はこのレンジの...

年収500万円からステップアップの難しさを理解する

年収500万円台から年収を上げていくことは容易ではない。

年収500万円だと仮定すると1人あたりに会社がかけているコストは各種社会保障をいれると750万円程度だ。

これが年収600万円を超えてくると約1,000万円程度になり、1人雇うのに年間の1,000万円と考えると経営者にとっては大きなコストとなる。

特に社員1万人未満の会社だと1人雇うことのインパクトが大きいのでできるだけ年収を下げておきたいというのが本音である。

年収を確実に上げていくことの難しさを痛感していることだろう。

今回は、年収500万円台の壁をなかなか突破できない、もしくは、さらなるステップアップを目指すうえでできるだけ短期間で年収500万円台の期間を短くしていくかについて説明していく。

年収500万円期間が長い方へ

年収500万円台の期間が長い人は気を付けたほうがよい。

年収500万円を超えたあたりから人間の幸福度はそれなりに上昇していき離職率も下がってくる。

だから、年収アップに対してあまり積極的でない人達は、経営者からするとその程度の金額で満足してくれる層として認識されるので都合よく扱われる典型的な存在となる。

年収500万円台の人と年収300万円の人を比べると基礎スキルが圧倒的に違う。

年収500万円を超えている人はビジネスマナー、管理職等がしてほしい面倒な雑務を含めなんでもできるのが特徴だ。

広く薄くで特定の飛び抜けたスキルが身についていない。

昨今のインターネット企業のWEBエンジニアは営業能力は皆無でも特定のコンピュータ言語に長けており、年収1500万円を超える人も珍しくない。

年収500万円の人は広く薄く何でもできるがために機会損失をしてしまっている現状がある。

年収500万円台が長く続くと会社にとって都合の良い状況が続いてしまうので、年収を上げる努力を一刻も早くする必要がある。

残業代で年収を上げるという発想をやめる

残業代込みで年収500万円台、年俸制で年収500万円台という様々なパターンがあるだろう。

残業代でもっと年収をあげて給料を稼いでやろうという発想は辞めたほうがいい。

年収1,000万円の人と比較して大きな違いは短時間で高い生産性を出そうという気持ちが違うという点だ。

年収をあと少し稼ぎたいと感じているとせこく考えているかもしれないが、そうした考えを持っているうちは年収は少しずつしか上がらないし、昇進して会社の経営を担っていくような人材にはならない。

残業代で稼ぐという発想から脱却して、その年収に見合った働き方とその年収に見合った価値の出し方について再考したほうがいい。

年収1,000万円をもらっている人は自分とは根本的に何かが違うはずだ。

もし自分の会社に年収1,000万円をもらっている人がいて、ただ長くいるからその年収をもらっているとしたら遅かれ早かれその会社は厳しい状態になるだろう。

また、会社がなくなったときにそのような在籍年数だけ評価されている人は、どこにも拾ってもらえなくなり、ただの無職となってしまうだろう。

そしてスキルもないのに在籍年数だけ長いと下手にプライドだけ高くなってしまい、周りから孤立した存在になってしまうので気を付けておこう。

40代になってからこうした事実に気付いても修正するのは難しい。

年収アップのためにはマネジメント経験が必要不可欠

年収をあげていくためにはプレイヤーからマネジャーになる必要がある。

一般的にどの会社でも年収500万円の人は部下を持っていない。

ここからステップアップして、部下を持つようになると一気に年収が200,300万円上がっていく。

もし、部下をもっても年収が大きく上がるような賃金体系になっていない場合は、部下のマネジメントよりも自分のプレイヤーとしての結果が引き続き大きく求められているということである。

自分の年収は何に対して支払われているかを意識してほしい。

年収を上げるためには、WEBエンジニアのような特定職を除くとマネジメントの経験を積む必要がある。

つまり、部下を持ち、育成に力を注がないといけない。

部下の悩みを聞いたり、部下に自分の仕事を任せてフィードバックをしたりするという経験を積まないといけない。

特定専門職以外はこの道が待っているし、公認会計士のような士業でも部下を育てプロジェクトをマネジメントするといったマネジメント力が問われてくるのだ。

要するにマネジメントと年収アップが切り離すことができないということである。

良いマネジャーはマネージャーになる前に人材育成を行っている

さて、多くのマネージャーは昇進直後から早く次のステップにいけないので頑張ろうとするだろう。

もちろんいきなり部下をもったところで上手くいくわけがない。

しかし、成功しているマネージャーの多くは自分に職務上の責任がなくても後輩に対してうまく指導できている人が多い。

マネージャーになるのは早くても3年目以降なので、2年目から入ってきた後輩や中途社員に対して聞かれたら正しく指導をしてあげている。

自分からおせっかいを焼きに行く先輩はただの暇人だろうが、後輩からよく質問される先輩は優秀かつ人物としても優れている場合が多いだろう。

後輩から相談されるということは相談しやすい雰囲気が出ているということなので、マネージャーになってからも問題が起きにくく、効率よく仕事が進んでいく。

マネージャーになってから相談しやすい雰囲気を醸成しようとしてもなかなか上手くいかないものである。

マネージャーになるべき人は、昇進前、もっというと自分が新人時代から上司像を考え続けている。

もし、一度でも優秀な上司がいたらその上司たちを真似しようと務めているのである。

転職で年収を上げるか昇進するか悩むとき

年収の上げ方は年収を上げるか、昇進するのを待つかで悩むであろう。

転職する場合は、同じポジションというよりマネジメントポジションといった一個上の役職で転職するべきである。

僅かな年収差につられて転職してしまうともったいない。

転職後に昇進の目処が立っていたらよいが転職した会社で役職をあげるのは難しい。

もし、業界でトップクラスの会社から、部署やポジションを求めて業界でセカンドクラスの会社に転職する場合は、役職を1つあげて転職しよう。

ただし、私の考えだと管理職に転職するには今の会社に残って昇進し、部下をもつ経験をしてから他社へ年収アップしたほうがいい。

マネージャーからシニアマネージャーへの転職で年収を上げることは容易だが、非マネージャーからマネージャーになる転職は難しい点が多いからだ。

転職して簡単に年収が上がればいいのだが、このようなケースもあるので、私が転職相談を受けるときは転職後のことも考えて残って昇進できる時間がどれくらいかも尋ねている。

年収500万円台で満足してはいけない

年収500万円台で満足しているといつまで経ってもさらなる年収アップが見込めない。

年収500万円ある人のほとんどは年収1,000万円に到達する術を持ち合わせているはずであり、また能力的には問題ないはずだ。

僅かな違いによって年収が倍近く開いているわけである。

ちょっとしたアドバイスがあれば、年収も上がっていく。

貪欲にキャリアアップを目指していこう。

年功序列が崩れてきた今は、実力で評価してもらえる会社も多く、年収1,000万円に到達することも容易である。

むしろ容易であると考えておくことで最短時間で目標の年収に達成できるはずだ。

年収1000万円になると裁量も増えて仕事が楽しくなってくるので、やりがいの意味でも年収をあげることを意識してもらえるとよいだろう。

年収500万円を超えている人は転職エージェントとの付き合いがある

年収500万円を超えてくるあたりの人は定期的に転職エージェントに相談している。

もっと詳しく言うと、年収500万台から数年のうちに年収1000万円に達した人を見ていると、転職エージェントに定期的に相談し年収アップの戦略を一緒に考えている。

必ずしも転職するだけではなくキャリア戦略全般を相談しているのである。

年収を上げるための方法を考え続けている人たちだけが年収が上がって大台に達するのだ。

何も考えていなくても年収1000万円を超えている人はたまたま入った会社がよかっただけで他社では活躍できなくなることも多いと認識しておこう。

年収500万円台から付き合う転職エージェントが変わってくる

年収500万円を超えている人は年収500万円未満のときと付き合う転職エージェントが変わってくることを覚えておこう。

年収500万円以上を面談する際のKPIとしている会社もある。

要はハイクラス層、もしくは将来ハイクラスになりうる層=年収500万円と定義しているのだ。

年収300万円の人を500万円にするより、500万円の人を1000万円にするほうが簡単だととらえている転職エージェントも少なくない。

転職エージェントも年収500万円台の人を育成していくことに関心があり、特に35歳未満であれば可能性を見出してくれるので積極的に会ってもらいたい。

転職エージェントと定期的に会うことを忘れない

転職エージェントと定期的に会う癖をつけておこう。転職しなくても必ず役に立つ。

ビジネスの話が転職エージェント経由で繋げてもらうことで生まれることもある。

転職エージェントだが、まずはリクルートエージェントに会おう。

リクルートエージェントは最初に会っておいて間違いない。

リクルートエージェントへの登録はこちら

続いて、JACリクルートメントだ。年収が高い人に強い。特に年収500万円を超えているあたりから扱いが変わってくる。ぜひ行ってみてほしい。

転職サイトだが、いますぐ利用でき、かつ全員に登録していただきたいのがビズリーチだ。

ビズリーチは年収アップし、やりがいのある仕事が多い。登録して損することは絶対ない。無料である。
ビズリーチへの登録はこちら

加えて、リクナビNEXTも利用しよう。

ではまた。