年収別アドバイス

年収400万円台でもがき、年収500万円をなかなか超えない人が検討すべき転職論

年収400万円から年収500万円の間に年収が収まる方は非常に多いのではないだろうか。

私の感覚値だが世の中の多くの人はこのレンジのなかで一定期間の社会人生活を過ごし、役職がついたり転職したりでようやく年収500万円の壁を突破し、殻を抜け出せる。

年収500万円を超えたあとは年収が比較的早く上がっていくこともあり、年収アップのスピードが変わってくるのが事実である。

さて、年収をあげて500万円どころか600万円をも射程圏内にとらえた転職論について語らせていただく。

なお、年収が300万円台の方は以下の記事を参考にしてもらいたい。

年収300万円台の人が考えるべき転職戦略-あなたはもっと稼げる年収300万円台だと首都圏、関西圏では生活がなかなか厳しいのではないだろうか。 仮に実家暮らしでも年収300万円台なら手取りが20...

現状を悔しく思ってほしい

年収400万円台にある人は、ポテンシャルを秘めている。

平均年収とほぼ変わらない位置にいる一方、今一つ年収を上げ切れていない。

転職エージェント
転職エージェント
もっと年収を上げられる、すぐに年収500万円は突破するのに・・

年収400万円台の人々を見る度に私はこのような悔しい思いをする。

もっと年収は上げられると思ってほしい。

特に20代、30代の人は大幅に年収を伸ばすことができると確信していただきたい。

もちろん社会人始めたてで、俺はすぐに年収500万円は超えるからという方もご覧になってほしい。

確かに年収を上げることを短期的な視野で捉えてしまうと良くない。

しかし、年収を上げることを長期的にも短期的にも考えておくとスキルアップという観点でも有効である。

年収500万円の壁

年収500万円の壁は求職者に大きくそりたっている。

なぜ年収500万円が壁になるかというと、わかりやすい区切りになるからである。

分かりやすい区切りは便利なので使われる数字である。

年収500万円のつぎは年収1,000万円が目安となってくるだろう。

年収400万円台の人に、年収500万円を提示するのは転職界では良く行われることである。

年収が上がった感じを出すことができるいい区切りの数字だからである。

一方、会社の給与設計として年収400万円で少しくすぶらせつづけ、何かのタイミングでようやく年収500万円にたどり着いたと思わせるように作られているところは多い。

こうした会社の事情に振り回されて生きている年収400万円台、もしくは年収500万円未満の方は苦労をしている。

年収500万円のそり立つ壁をどう攻略していくか考えていこう。

実は年収600万円も目指せる

年収500万円を超えようと必死になっている1人があなたかもしれない。

しかし、年収500万円を視野に入れた転職活動は止めたほうがいい。

では、転職するなら年収維持で転職をして、その後大幅にアップすることを期待したらよいのだろうか?いやそうではない。

年収400万円台の人であれば、年収600万円を狙ってほしい。

年収400万円台、から年収600万円はかなり大きなジャンプアップに見えるが、転職によって実現することは多々ある。

転職方法を実現するための方法について述べる前に、年収があがったら贅沢をしたいという人に対し先に釘をさしておこう。

生活水準を上げてはいけない

年収が400万円台から年収600万円になるとどうなるだろうか。

手取りでも100万円程が増えることになるので贅沢ができる。

1か月あたり10万円近く給料が増えることを考えると、かなり贅沢ができそうだろう。

しかし年収を上げたことで生活水準を上げてしまい、以前よりも苦しい状況になるという人がいる。

一流の人間を目指すのであれば支出をセーブして、次のステップアップに備えてほしい。

家賃等を今より2万上げて、食費を月3万増やし、いつもより買い物を2万円多くしたらすぐに年収アップ分が消えてしまう。

年収が上がったときに最初にすべきことは、年収を上げた後こそ次の年収アップの準備をすべきである。

年収アップの成功体験を一度できたら次は簡単である。

その成功体験を忘れないように年収をもっともらうにふさわしい行動と心構えをもっておくことを強くお勧めしたい。

年収が上がった時こそ節約!

キャリア形成において年収は重要

キャリア形成において年収はあまり触れられないことが多い。

これは経営者側が年収を上げることに強欲な労働者が増えると困るが故に、やりがいや成長といったところでごまかしているからである。

福利厚生に関しても一括導入することで全員の給料を上げるより安く済むので、満足度を上げることができるなら給料アップより福利厚生にしようと考えるのだ。

そうした経営者側の都合にとらわれず、自分が年収をとりにいきたいという覚悟をもってほしい。

キャリア形成において自分の価値を示してくれるものは年収に他ならない。

もちろん面接を繰り返していけばその人の人となりや実力が見えてくるが、最初のフィルターである書類の段階では、実力は給料でしか見れない。

 この人は年収600万円だから有能だろう

この人は年収が400万円だから実力がそんなにないのだろう

こうした考えは安易と思うかもしれないが、こうした判断が現場で行われているのは事実なのである。

よって、自分の価値を正しく伝えるためにも年収をもっと上げたいという気持ちをもってほしい。

日本は、年収が全くここ数十年で平均水準が上がっていないため、その他の指標の上り率を考慮しても労働者が損をしている。

とはいえ経営者になれと言っても難しい話なので、個々人が年収を上げていこうという意識を持つとよい。

AIのことを考えよう

年収400万円台の人が最も今後危ないと言われている。

なぜならば年収500万円未満の仕事はAIに代替されると言われているからだ。

銀行の窓口や、簡単な編集業務、簡単な営業周りといった年収500万円未満の人がやっている業務がAIに代替されてしまっては年収500万円未満、特に400万円台の人は危ない。

年収200万円クラスだと、ロボットの維持費よりも安くつくということで逆にクビをきられにくい。

中途半端に年収が高い年収400万円台の人たちは気を付けるとよいだろう。

ハングリー精神を持って転職活動に励むべき

転職活動を見ていて、年収500万円未満の人に共通していえるのはハングリー精神がないということだ。

ハングリー精神のなさこそが、給料をあげることを阻害する要素であるので、ハングリー精神を身につけよう。

ハングリー精神が身につくことは簡単ではないが、年収の高い人達とできるだけ一緒にいよう。

年収1億円クラスの人と一緒にいると気づくのが普段はかなり質素で、無駄をとにかく省いて効率よく何事もしようとしている。

仕事の成果にも貪欲で短期間で最大限の成果を出そうと務めている。

ハングリー精神を養うことこそが長期的に見て成功する秘訣である。

年収1,000万円を超えてくるとハングリー精神だけではやっていけないが、年収500万円未満の人が年収1000万円を目指す際にはハングリー精神を持つことが重要だ。

今転職しなくても年収400万円台の人は転職活動をしておくべき

今すぐに転職意欲はないよという人が殆どだろう。

しかし、このように考えながら働く人は多いのではないだろうか。

 仕事を辞めたい・・・

もっと給料が欲しい・・・

ではそうした人たちには何をしてほしいかというと、転職活動をしてほしい。

転職活動といってもがんがん面接を受けて、転職の内定をゲットしろというわけではない。

転職活動をして、今の自分ならいくらもらえるか、年収600万円に足りない場合は何の能力が足りないかを常に転職エージェントと相談しておくとよい。

足りない能力を逆算して補完していくことで確実に年収を上げることができる。

また転職マーケットに敏感になっておくことで、今は転職がしやすいタイミングなのか、また今は止めておいたほうがいいタイミングなのかが分かる。

現在働いている会社が倒産してしまったときにすぐに転職できるような体制を持っておくことも大事だ。

常に転職活動をしておいて転職エージェントと話すことは、脱出用パラシュートを常に点検しておき、いざというときに飛び立てる準備をしている状態なのだ。

年収600万円を実現する方法

具体的に年収600万円を達成するためには、転職でITやコンサルティング業界がおススメだ。

コンサルティング業界は転職が成功した地点で年収600万円もしくはそれに近い額をゲットできる。

転職が難しいと思っていたり、長時間労働であったりという偏見があるかもしれない。

しかし、少なくとも2018年は転職がかなりしやすい時期であり、転職に成功している人は学歴も職歴も問われずに転職できている人が大量にいる。

また大量採用して長時間労働を軽減することで離職率を下げようとしている。

さて、ここで気づくのが離職率が下げ止まったら、採用が止まるということだ。

その前に転職しておくべきだということは賢明なあなたならわかるだろう。

コンサルティング業界に限らず、IT,不動産、メーカーでも同様の動きなので今のうちに年収が高い業界上位の企業に転職しよう。

最初から無理だろうと思って業界の超有名企業への転職を諦めている人がいるが今の時代は全くそんなことない。

無名の中小企業から超大手企業に転職ができるようになっている時代なのである。

時代の変化に敏感になっていたらこうした情報が入ってくるのである。

転職活動があなたの人生を変える

転職活動をして、年収が上がると人生が変わってくる。

年収が上がると役割も増えて、より大きな仕事ができる。

裁量を与えられて自分で考える仕事が増えると、仕事が楽しくなるのである。

当記事を読んでいただいている多くの方は今の仕事が楽しいとは感じていないだろう。嫌ではなくても普通くらいの感覚かもしれない。

しかし、転職活動で年収をあげて大きな役職につくことで、楽しい世界が開けてきて、自分の人生を変えるほど仕事への価値観が変わることがある。

年収アップはあくまで1つの指標であるが、わかりやすい指標であるので年収アップを目指していくと恐ろしく仕事が楽しくなることを事前にお伝えしておく。

異業界転職は最後のチャンス

新しい仕事に飛び込みたいという人も多いだろう。

その場合は、年収ダウンでも受け入れないと転職ができないと転職エージェントから言われているかもしれない。

しかし現在の空前の人手不足の時代においては未経験採用でも年収が維持、もしくはアップで転職できる。

転職したい業界に給料の伸びしろがあるかどうかを確認したうえで転職しよう。

異業界、未経験転職も盛んに行われているのが現状なのである。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントについては複数人会ってみて、とにかく年収を上げたいですと伝えてみよう。

転職エージェントも人手不足が功を奏してか楽な仕事になっているのは事実で、給与が横ばいであれば右から左に流すだけで成り立っている職業である。

だが、年収アップを実現させている転職エージェントは企業と交渉をして、候補者の良いところを伝え、候補者にも対策を施してくれるので、年収アップを実現させている転職エージェントを活用しよう。

見分け方は簡単で、自分は年収を上げることができますか?と聞いて回って、できますよと言ってくれた人を頼ろう。

80%の人に年収は上げるのは無理と言われたとしても、年収上がりますよといわれた残りの20%のなかにあなたが頼るべき真の転職エージェントがいるのである。

良い転職エージェントは

  • 転職先の企業に年収を交渉してくれる
  • 候補者であるあなたの良い点を教えてくれる
  • 転職の選考対策をしてくれる

おススメの転職エージェント

おすすめの転職エージェントだが、まずはリクルートエージェントに登録しよう。

リクルートエージェントにいけば、年収アップを経験している人のデータが多数あるので信用できる。間違いない会社である。

リクルートエージェントへの登録はこちら

リクルートエージェントが肌に合わなかった場合は、JACリクルートメントか、20代ならマイナビエージェントを利用しよう。

加えて、大手でない個人エージェントに会いたいならば、ビズリーチへの登録をおすすめしたい。

ビズリーチに登録することで個人の優秀なエージェントと会える。

実は大幅な年収アップをする場合は、個人エージェントの活用もカギになってくる。

個人のつてで大手ではまわりきれてないレアな求人をもっているのである。

よってビズリーチで個人エージェントとも会おう。

ビズリーチへの登録はこちら

また、未経験でもいいのでコンサルに行きたい方はアクシスコンサルティングをお勧めしている。

SEからコンサル、事業会社からコンサルといった転職を実現させている。

ではまた。