年収別アドバイス

年収300万円台の人が考えるべき転職戦略-あなたはもっと稼げる

年収300万円台だと首都圏、関西圏では生活がなかなか厳しいのではないだろうか。

仮に実家暮らしでも年収300万円台なら手取りが200万円台なので一瞬でお金がなくなり貯金ができない現状だろう。

しかし、年収300万円台の人こそ年収を上げるチャンスがあるので、自分がどうすれば年収を上げることができるかを検討してほしい。

ぜひご覧いただけると幸いだ。

年収300万円台という現状を考える

年収が現在300万円台、つまり年収400万円未満になっているのはなぜか考えたことはあるだろうか。

 まだ20代だから会社に残っていたらこれから年収が上がっていくはず

転職に失敗して30代だけどくすぶっている

このように、理由は色々あるはずだ。

年収300万円台の人の多くは、定年退職した世代を除くと年収500万円以上を稼いだことがない人達だろう。

 年収300万円台と年収500万円台の人たちで大きく能力が変わるわけではなく、ただ稼ぐためのコツを知らないだけである。

よって、まず認識してほしいのは年収を100万円や200万円程度あげることは簡単だということだ。

今、年収が300万円になっているのは一時的で、努力さえしたら年収は上がると考えておこう。

今は年収300万円だけど、10年会社に残って、あと200万円、年収があがるのを待とう

こうした考え方は持たない方が良い。

時代は変化し、大手企業ですら年収が上がらない状況が続いているため、ただ待つという戦略はとれなくなったからだ。

右肩上がりの時代を過ごした50代以上の人の言うことを聞いても全く参考にならないため今の時代に即した年収の上げ方を考えていきたい。

 平均年収との比較は無駄

日本の平均年収は400万円台であるとよく言われる。

しかし、結局平均を極端に上げている人や、週1回だけ仕事をしている人がデータに入っているため、平均でデータを比較しても意味がない。

年収300万円台というのは決して高くはないが、平均と大きく乖離しているわけではないと安心する人もいるだろう。

しかし、年収はその人の市場価値を表すので、もっと貪欲に年収アップできる場合はチャレンジしていいと個人的に考える。

年収はちょっとしたことで大きく変わるのである。

年収を上げる戦略を考える

年収を上げる戦略を考えるが、同じ会社にいても現在年収が300万円台であると大幅にアップすることは難しい。

よって、転職をして会社を変えることをお勧めしたい。

そもそも新卒で500万円以上払っている会社も多々あるなかで新卒年収よりも低い企業の給料で働いていることがもったいない。

20代、もしくは30代であれば巻き返すことは可能だという事を覚えておこう。

株を買ったことがある人は少ないかもしれないが、自分を株に見立て、どうすれば値上げするかを考えていこう。

基本的には転職するという戦略をとっていき、転職に際して年収をあげるためにはどうしたらよいかを考えたうえで日々の業務に打ち込むとよい。

それでは次の章から具体的な年収の上げ方について考えていく。

業界を変えるか会社を変えるか

業界を変えるか会社を変えるかという考えが大原則だ。

業界についてはコンサルティングや金融といった業界は何となく年収が高そうだろう。

そうした業界にいる地点で最低の年収は保証されるので業界を変えることに躊躇がない場合は業界を変えることで年収アップを実現していただきたいと思う。

年収が低い業界だと飲食、介護、2次請けのメーカー、斜陽産業、不動産、老舗のIT業界といったところがあるだろう。

斜陽産業にいては年収が伸びづらいので、早く業界を変えてほしい。

業界1位の企業でも斜陽産業であったら高い年収をもらうことがほぼ不可能だ。

そのため業界ごと変える転職活動はよい。

人材業界やコンサルティング業界は未経験者も採用しているので転職活動の際に一度は検討してほしい。

次に会社を変える話だが、不動産でも大手デベロッパーと個人のマンション販売、賃貸斡旋業者では大きく給料が異なるだろう。

企業をステップアップしてより大きいビジネスをしているところに会社を移っていくのが正しい戦略だ。

ただし、マンション販売を行っており、成果報酬型の給与体系になっている不動産会社は年収が激しく高くなり、若くして数千万円稼ぐことも可能だ。

インターネット上で有名になった日本エスリードという不動産会社があるが、あそこで成功している人は確かに、お金をたくさん稼ぐことができた。

インターネット上への露出は間違った印象があったものの、トップの営業マンは営業スキルやマインドが優れているので成果報酬型の会社に転職するのも悪くないことを理解しよう。

転職する際は業界を変えるか会社を変えるかが大事!

 副業は甘くない

昨今では副業をして稼ごうという流れがあるが、副業は非常に難しい。

副業が最初からできていれば会社員を辞めている人が多いだろう。

10万円を稼ぐことができたら100万円稼ぐのは難しくないが1円も稼いでいない人が1万円稼ぐことは非常に難しいのだ。

副業ができることは自分で事業ができるレベルにある人といっても過言ではなく、副業で稼ごうという気持ちはよくない。

 本業の仕事の年収をどうやって上げるかを考えてほしい。

ただし、副業はリスクヘッジになるため、投資と同じでポートフォリオ戦略という観点においては良い稼ぎ方だ。

本業にある程度の余裕がでてきてこそ副業に熱をいれるべきだと個人的には考える。

副業で100万円稼ぐようになるのと転職で年収を100万円上げることは後者のほうが簡単だ。

また、300万円台の年収なら100万円年収が上がっても大きく課税されないというのが特徴であり、求職者に有利な年収レンジになっている。

副業を考えるのは、本業に余裕が出てきてから。

キャリアアップを優先する

キャリアアップを第一に考えて、それ以外の稼ぎ方は念頭に置きつつ、平日は仕事に打ち込んでほしい。

何も仕事のことを日中夜考えろといっているのではなく9:00-18:00は仕事に集中しろということだ。

当たり前のことを言っているかもしれないが、仕事中に携帯をいじったり、ネットサーフィンをしたりで時間を無駄にして自分でキャリアアップのための成長の機会を潰してしまっている人を見かける。

 自分のための時間でかつ、給料ももらえる最高の時間だと割り切り精一杯仕事へ打ち込もう。

仕事へ打ち込んでいる姿を上司が評価してくれ、どんどん面白いチャンス、そしてスキルがあがり市場価値をあげてくれる機会を提供してくれる。

1日8時間一生懸命働いたらそれだけで疲れるだろう。

余った時間は自分の趣味や何か稼げそうなネタを探せばよいのである。

また、転職活動の情報収集に仕事後の30分を費やしてもいい。

いずれにしてもその日の仕事を精一杯やることでキャリアアップにつながっていくことを覚えておくとよいだろう。

もしくは週1,2回は完全な休みがあるのでその日は仕事と自分を切り離してほしい。

難しいことはわかるが、出世している人ほど割り切りがうまくなっている。

仕事に集中することもキャリアアップの一環!

英語は大きな武器になる

年収300万円台の人はTOEIC900点を獲得するだけで年収は大きく上がる。

多少極端な言い方をしているが、コンサルティング会社のアクセンチュアやリクルート、また楽天といった会社にいけば今よりも年収が100万円は簡単に上がる。

具体的に給与テーブルが決まっており、リクルートは転職に成功したら年収500万円は確保されたようなものである。

どの企業も仮に学歴が低くて年収が高くなかったとしてもすぐに年収を大幅にアップすることができるのが転職であり、その転職のための武器が英語である。

TOEICで年収があがるわけないとバカにする人がいるが英語の点数を獲得してみたら視界がひらけることは保証しておく。

日本はまだまだ英語が評価される国なのだ。(他の国では英語はできて当たり前になっているが。)

TOEICの点数をあげるにはスタディサプリ ENGLISHがおすすめだ。

すぐに対策が始められスマホをはじめ簡単に使えるような設計になっているので私も愛用している。英語学習のためにはよい。

スタディサプリEnglishの登録はこちらから

年収UPの具体的な方法

年収をあげるには転職といったが、年収をあげるためには、自分を売り込むことから始めないといけない。

自分を高い給料で雇ってくださいという自己アピールが必要だ。1つには英語の点数を今述べたが分かりやすい指標だ。

他にも仕事の成果を紙にきちんとまとめて口頭で話せるようにしておこう。

特に転職では、なぜ今よりも高い年収でうちの会社が採用しないといけないのか納得感をもってもらわないと採用につながりにくことを覚えておいていただきたい。

年収100万UPはすぐ実現可能

先ほど年収500万円程度の企業を紹介したが、リクルートやアクセンチュアに転職するだけですぐに年収が上がる。

学歴レンジも、大東亜帝国、日東駒専、産近甲龍といったクラスから簡単に転職ができて年収が100万円あがることも容易である。

年収は簡単に上がるということを頭でわかればあとは行動に移すだけである。

コンサルやリクルートは難しいと思いがちだがどこの会社も人が足りていないため、入ってから頑張ってくれる人であれば採用は簡単にいく。

年収100万円がただ転職するだけで実現されると思うと転職したくならないだろうか?

また転職活動は費用もかからないし、実質リスクはゼロだ。

ただでひけるくじで100万円が当たるかもと思うとやらない手はないだろう。

年収を上げるための相談相手

年収をあげるためには転職エージェントにまず相談しよう。

転職エージェントはあなたの年収をあげるためのサポートをするプロである。

年収をこれほど簡単にあげてくれるなら早く相談しておけばよかったという人を毎年見る。

今の環境で苦しむよりも、何とかして転職をすることで年収が300万円台から大幅アップすると思うと最高だろう。

転職エージェント会社に登録して、まずは相談してみよう。 

そして自分の年収でどこまでの額までアップできるか聞いてみてほしい。

転職エージェント活用が年収アップの秘訣

転職エージェントへはただ漫然と相談するのではなく年収を上げたいという明確な意思を伝えよう。

今の会社が嫌で辞めたいとしても年収を上げたいという意思があるならそれを伝えよう。

年収を上げたいので少し受からないかもしれないところも受けさせてください

年収を上げたいので私を推薦してください

このようにお願いしたら、レベルの高い企業も推薦してくれて、受けさせてくれる。

受かったらラッキーだろう。

今は転職がしやすい時期で年収も上がりやすいタイミングなので、今のうちに転職をしてみることをおススメしたい。

転職エージェントに自分の特徴やこれまでの経歴を売り込んでおこう。

転職エージェントは代理人となるがあなたのことを気に入らないと他の人よりも特別扱いしてくれないので売り込みが大事だ。

年収UPにおススメの転職エージェント

さて、年収300万円台の人が年収をあげるには間違いなくリクルートエージェントがよい。

高年収しか扱わない転職エージェントが多い中、リクルートエージェントは年収300万円のときから見届け確実にステップアップさせ、年収1,000万円を数回の転職で実現させている数少ないエージェントだ。

年収が低いレンジから相談できるのでリクルートエージェントはおすすめだ。

リクルートエージェントへの登録はこちら

次に20代であればマイナビエージェントも活用してほしい。また先ほど述べた英語のスタディサプリ ENGLISHも使おう。

加えて、転職サイトも有効なので、ビズリーチリクナビNEXT

を利用しよう。ビズリーチはハイクラスとなっているが年収が低い人向けで年収アップできる案件が多数あるのでおすすめだ。ビズリーチへの登録はこちら

ではまた。