転職エージェント

転職エージェントの求人の質について現役エージェントが裏事情を語る

現役転職エージェントは果たしてどのような基準で求人を各人に紹介しているのだろうか?転職エージェントの多くはノルマを抱え、とにかく紹介して、あなたに企業を受けてもらい転職フィーをゲット!そうした考えで転職エージェント業をしているとんでもない輩がいるかもしれない。

 

転職エージェント
転職エージェント
こうした人たちに騙されないように、転職エージェントの求人の質と、どういう論理で求人を紹介しているかを詳しく紹介する。

ぜひ、参考にしたうえで、転職エージェントに会ってほしい。

転職エージェントが紹介する求人の当たりは1割

転職エージェントが紹介する求人で自分にぴんとくる当たり求人は1割程度だ。

10%しか当たりがないというと驚くかもしれないが、少しでも良い求人に出会えるようにアドバイスさせていただく。

転職エージェント
転職エージェント
私は、独立して転職エージェントをしており、かつ人材紹介がうまくいかなくてもコンサルティング業で十分に売上があるのでノルマというものが存在しない。

達成目標がある転職エージェントは、紹介する求人の当たりはずれがあるので、注意点が
多々あるので、気を付けてほしいことを書いてみた。

転職エージェント
転職エージェント
私自身も、独立後も、別の企業に就職することを考えていたので転職エージェントには会ってきたのでこれまでの求職者としての経験も踏まえてアドバイスする。

求人の当たりの定義は難しいが、あなたが望む条件を満たしており、受けてみたいと感じるものを当たりと定義させていただいた。

転職エージェントがなぜその求人を紹介するのか聞く

転職エージェントには、以下のように聞いてみよう。

 

転職希望者
転職希望者
「なぜその求人を紹介したのですか?」

転職エージェントになぜなぜ?の質問を繰り返すことは実は重要なのである。

別の機会に紹介をしているが、転職エージェントは転職希望者であるあなたと会うのと同時に、企業にどういう人材が欲しいか聞く仕事がある。

リクルートエージェントをはじめとする大手はこの役割が分かれているのだが、企業への営業も転職希望者との面談もどちらもする会社もある。

会社それぞれであるが、転職エージェントが求人を転職希望者に紹介するときは、転職希望者の論理と企業(転職先候補)の論理があるはずだ。

こうした論理の利害が一致していないといけない。

論理が本当に一致しているか、詳しく聞いてみよう。少しでも自分の中に疑問が残れば繰り返し質問を繰り返そう。

転職エージェントの仕事というのは求職者と面談するのが仕事であるので長時間話すことに慣れている。長時間話しても転職が成功したらそれでいいのだ。1か月あたり1人でも転職に成功したら問題ないのだ。

転職に成功するために時間をかけてくれない転職エージェントはよほど売れっ子でない限り見限ってほしい。

転職エージェントは考えがあって、求人紹介をしているはずなので、なぜ?なぜ?を繰り返して、その理由が自分の思いと一致したら紹介された企業を受けていいだろう。

転職エージェントは職業紹介のプロなので、ある程度は紹介してきた求人のことは信頼してもよい。

年収が不自然に高い場合も要注意

年収が不自然に高いケースが存在する。どういうパターンだろうか。

例として、人が一斉に辞めて、猫の手も借りたいくらい忙しいので少しくらい給与を払って採用しちゃえ!という思想だ。

アシスタント
アシスタント
ちょっと待って。

一斉にヒトが辞めてしまった…ということは会社で何か問題が起きている可能性が高い。

あなたの年齢からして少し役職が高いポジションを提示された場合も前任者は?前任者は?と聞いてみてほしい。

前任者がいたのに何かの理由で辞めており、その理由が会社のコンプライアンスの問題かもしれない。

会社のコンプライアンスに問題があることは珍しくない。

社内不倫、幹部社員の痴漢、部長が窃盗、個人情報流出と会社は社員のリスクを抱えている。

時として社長が最も危険なリスクであることもある。

年収が少し高すぎたら、怪しんでみて、質問を繰り返そう。

あなたの疑問に答えてくれない転職エージェントなど無価値なのだから。

とりあえず受けてみたら求人はNo

転職エージェントの口癖で「とりあえず受けてみましょう」を聞いたことがないだろうか。

転職エージェント
転職エージェント
ちょっと待ってほしい。

とりあえず受けてみようで、行く気もあまりないのに受けてみては損するだけなので絶対にやめてほしい。

中途採用は働きながら面接に行かないといけないので、活動する側にとっては大変なのだ。

転職エージェントは受けることの大変さをわかっていない人も少なくなく、軽く受けてみたら?という人には注意しよう。

軽い気持ちで転職エージェントに相談するのはいいが、軽い気持ちで企業を受けるのは体力も精神力も消耗するので気を付けるのだ。

とりあえず受けてみたら?系の求人は、巷に求人が出回りすぎている可能性が高く大量採用である。

大量採用は有名な人気企業の時はよいがブラック企業の大量採用期間に転職したら後で苦労することになるのはあなたである。

大量採用を経験したことがない人事がたくさんの中途採用の人を受け入れたらどういう問題が生じるか大体想像がつくだろう。

大量採用の時期に入社すると大量退職が起きてしまい、せっかくの転職を無駄にしかねない

求人の質が不安ならば別の転職エージェントを回る

求人の質が不安なときは、複数の転職エージェントを迷ってみてほしい。

どちらにせよ転職エージェントは複数社利用することをおすすめしているのだが、今回、別の転職エージェントを回ろうといっているのは求人の質チェックのためだ。

本当にいい求人か見極めるためにセカンドオピニオンとして、

転職希望者
転職希望者
この求人をネットでみたんですが、どうなんですか?

と質問しよう。

質問した結果、よい求人だとわかったら迷うことなく受けていいだろう。

そうでない場合は、受けることを気を付けてほしい。

転職エージェント
転職エージェント
本当にいい転職エージェントと知り合いになっておくと、こうしたセカンドオピニオン的な利用ができるのでぜひ利用してほしい。

紹介された求人の断り方

転職希望者
転職希望者
紹介された求人が微妙だな….

こういうことはよくある。

断るのが苦手な人もいるようだが、中途半端な対応をしていると勝手に応募されてしまうので気を付けてほしい。

自分の断固たる意志が弱くてどうしても断れないときは、その転職エージェントと連絡を絶とう。

もちろん応募しているのに連絡をいきなりとらなくなるのはダメだが一回会った程度なら、「またこのパターンか…」となるので問題ない。

しかし、転職エージェントとはマメに連絡をとっておくとメリットが大きいので、できれば積極的に連絡を定期的にとっておくと、いざ困ったときに転職のサポートをしてもらえる。

大原則は、リクルートエージェント

まずはリクルートエージェントを推している。

大手で、求人数が多く、転職エージェントの質が比較的高いからだ。

当たりはずれがある部分は割り切ってまずはリクルートエージェントの担当者に会ってほしい。

仮にリクルートエージェントの担当者と相性が悪いと感じたらほかの転職エージェントのところにいけば問題ない。

もしくは、リクルートエージェントの他の転職エージェントと会いたいといえば紹介してもらえるので活用しよう。

リクルートエージェントの良さは、面接時のケアである。様々な、サポートをパターンごとに用意しており転職初心者が情報を直接手に入れるうえでは最高の会社である。

求人紹介においては個人エージェントがフィットする人もいるが、面接対策を含めトータルのパッケージの良さはリクルートエージェントであることは間違いない。

他にもマイナビエージェントJACリクルートメントの2つはおすすめしているので積極的に利用してほしい。

大手エージェントに会ったら、個人エージェントに会っていく

大手の転職エージェントに会った後は、個人エージェントに会っていこう。

リクルートエージェントで転職の流れをつかんだら、個人エージェント~中小エージェントを探そう。

転職エージェントを探す方法がわからない方がほとんどだろう。

そうした場合は、リクナビNEXTに登録しよう。加えてビズリーチ

もおすすめである。

この2つに登録すると転職エージェントを探すのには困らない。

ビズリーチは高年収とうたっているものの、実際決定している人の年収はあまり高くない。

この辺は詳しく書けないが、年収はあまり気にしないでほしい。

転職トレンドは転職エージェント

転職にはトレンドが存在する。株価も地価も指標があるだろう。

リーマンショック以降ほとんどの指標を伸びを見せ続けていることはみなが知っている通りだろう。

転職エージェントはトレンドに何より敏感だ。

なぜならば経営者や採用責任者と会っているため、企業が採用をしぼるかどうかの情報が有価証券報告書に出るよりも早く知ることができる。

つまり転職エージェントをしていると企業の内部情報をいち早く知る事ができるため市場を最も知る存在ともなる。

転職エージェントに相談することは非常におすすめ。ぜひ採用トレンドの変化を含めた「景気」のトレンドの質問をしてほしい

また転職エージェントは未上場企業も顧客にしているため有価証券報告書で見ることのできない企業の情報まで彼ら経由で知る事ができるのだ。

求人の質を担保するのは、あくまで
企業と転職エージェント間のコミュニケーション力

求人の質を担保するうえで重要になってくるのは、あなたがどう質問するかどうかの前に
転職エージェントが営業で企業から案件を獲得する際に優秀な営業パーソンであるか
問われる。

営業で信頼を獲得できなかった場合は、残念ながらコミュニケーション不足ということになり、求人の質が下がり、転職相談にきたあなたが損をすることになることを覚えておこう。

転職エージェント
転職エージェント
営業下手な転職エージェントだと判断したら、さっさと別の転職エージェントに会った方がよいので意思決定はスピード感を持ってほしい。

高い質の求人に出会いたい方へ

質の高い求人に、出会いたい方は、リクルートエージェントに行くことをまずしよう。

リクルートエージェントは質の高い求人があるかもしれないし、仮になかったとしても求人
を見極めるため基準値を作るうえで大変有効だ。

リクルートエージェントは良くも悪くも普遍的で、普通のサービスともいえるのでリクルートエージェントで満足できない方はJACリクルートメントを利用しよう。

JACリクルートメントを利用した後に、他の転職サービスを利用したほうがいい。

JACリクルートメントは、年収アップ、英語を使う仕事、海外といった個別のニーズにしっかりと対応してくれる。

どうしても転職活動の時間がとれないときは、転職サイトの利用をおすすめする。

リクナビNEXTと、ビズリーチの2つを登録してみよう。きっと良い機会が訪れるはずだ。

転職エージェント
転職エージェント
転職エージェントを活用し、高い質の求人に出会うことで素晴らしい転職機会、キャリアアップになれば幸いだ。一転職エージェントとして祈っている。

ではまた。