転職エージェント

転職エージェントを利用するメリット、デメリットについて転職エージェント目線から徹底解説

転職エージェントは転職活動をする際に何となく登録して、何となく利用している方も少なくないはずだ。

今回は転職エージェントを使うメリットとデメリットについて、転職エージェント目線から本音で解説させていただく。

転職を成功するためには転職エージェントの存在は力強いが、デメリットも含めて理解できればよりよい転職をできるのでぜひご覧いただきたい。

こんな人におすすめ

転職エージェントのメリット・デメリットが知りたい

転職エージェントをなぜ人々は使うのか

それでは転職エージェントをなぜ使うか考えてみよう。

 なんとなくどこに相談したらいいか分からない・・・

とりあえずみんな相談しているから・・・

このような理由で転職エージェントに駆け込んでいる人もいるだろう。

もちろんそれでよいのだが、一度、転職エージェントのメリットとデメリットについてまとめておきたい。

特に転職エージェントのデメリットは何があるか一度理解してほしい。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを使うメリットはめんどくさいことを全部代わりにやってくれることだ。

転職活動をする人はほとんどが在職中から活動をする。そのため、平日の朝から晩までを仕事でブロックされているのに転職活動に主軸を置くことは厳しい。

書類作成、応募、連絡、年収交渉、面接対策とやることがたくさんある。

当然ながらすべて自分の意思を持って行わないといけないが、専門家である転職エージェントの知恵を借りたほうが効率的に転職活動をすすめることができる。

時間を節約し効率的に転職活動ができるという大きなメリットがある。

また転職エージェントは人材のことなら何でも知っているので通常では知りえない情報を持っている。

マル秘情報を転職エージェントでゲットできるため転職エージェントに会って話す価値が十分にある。

逆に真新しい情報が会うたびにゲットできない場合、その転職エージェントはあなたにとって価値がない可能性が高い。

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職活動の効率が上がる
  • 他では聞けない情報を聞くことができる

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを活用するデメリットは、エージェント機能を全うしてくれない場合、それに気づけないことだ。

年収やポジション交渉をする際に、企業と転職エージェントの情報をあなたが見ることはできない。

情報の非対称性が生まれてしまい、企業に対してもっと交渉ができるにも関わらず転職エージェントが交渉を妥協してあなたの要望を伝えないことすらある。

大手の転職エージェントには残念ながらやる気のない転職エージェントがおり、年収やポジションアップの交渉を全くしないので彼らは絶対に避けないといけない。

通常転職エージェントは求職者の年収アップに成功したら手数料も多くもらえるため求職者と転職エージェントは利害が一致するのだが、そもそも自分の利害すら求めない転職エージェントがいるのだ。

転職エージェントを利用するデメリット

  • 不親切なエージェントに当たっても、それに気づくことができない

どのタイミングで転職エージェントを使うべきか

転職活動をはじめてどのタイミングで転職エージェントに相談をするかは悩まれるだろう。タイミング的には最初、中盤、最後のそれぞれ3回では使ってほしい

最初と書いたのは情報収集の効率性を考えたときに、転職エージェントから情報を吸い出したほうが転職市場と転職活動の概要を知る事ができるからよい。

続いて、転職活動をはじめてしばらく経って、受ける企業が絞られてくるタイミングにおいても各企業の具体的な評判を聞くためにも転職エージェントに意見を求めたほうがよい。

別の転職エージェントにすすめられた求人のセカンドオピニオンとしても活用できる

そして、最後に終盤で転職先が決まるタイミングでも意見を聞いてみよう。

転職エージェントからネガティブな情報が入ってくるかもしれないが気にせず、入社前に同じ事実を聞くのと、入社後に聞くのでは心の持ちようがかわってくるので、入社前にも転職エージェントに(新規に)、会ってみて情報を引き出し続けよう。

転職エージェントを見極める方法

転職エージェントを見極める方法は非常に難しい。なぜなら、会ってみて自分に合うかを判断することがほとんどだからだ。

よって、事前に会う前に確認する術はない。この点に関しては合コンや、マッチングアプリで会う予定の男女をいくらスペックで査定しようが会ってみてでとわからないのと同じだ。

会ってみて、何回か情報を交換したうえでこの人は信頼できるとおもったらかかりつけの転職エージェントという扱いにしていいだろう。

転職エージェントを見極めるには、多くの転職エージェントに会って、自分なりの判断軸をもつしかないので積極的な活動をしてほしい。

転職エージェントを利用するメリットを最大限引き出すためのワンポイントアドバイス

転職エージェントを利用するうえで、持っている情報を最大限に引っ張る努力をしよう。

どうしたらよいだろうか。

答えは簡単で自分が持っている情報を積極的に提供することだ。会社の機密ではない情報や市場の情報を提供して、人材業の人が興味を持つ情報を与えよう。

例えば、エンジニアのなかでもこの技術はこれから先確実に需要があるよ~と伝えれば転職エージェントはその領域の人材の開拓にいくのでビジネスチャンスのネタを提供できたことになる。

貴重な情報を与えることができたならば、あなたに対しても転職エージェントがもっている情報のなかでも他の人には伝えていない良い情報が入ってくるはずである。

情報は目には見えなく流動的なものであるが確実に価値があるものなので、等価交換することを意識しつつ、転職エージェントから情報を引き出そう。

転職エージェントをぜひ活用してほしい

転職エージェントのメリット、デメリットについて書かせていただいた。

転職をする際に転職エージェント経由で応募するかは置いておいて、まずは転職エージェントには会ってほしい。

新卒とは違い、転職エージェントが影響をおよぼす市場であるので少なくとも数人は会っておいてよい。

まずは、リクルートエージェントだ。多くの人のファーストチョイスになっているのでリクルートエージェントは使おう。

リクルートエージェントへの登録はこちら

転職エージェントは他にもいるが、年収を高くとりたい場合はJACリクルートメントを狙おう。

転職サイトも併せて利用しよう。リクナビNEXTビズリーチの二つは外せない。

それではまた。