転職エージェント

転職エージェントの登録、利用の費用はゼロ円!無料で使える素晴らしいキャリア相談相手になる

転職希望者
転職希望者
転職エージェントに登録する費用はいくらになるのでしょうか?
転職エージェント
転職エージェント
登録・利用に全く費用はかかりません。しかも、多くの特典があるんです。

転職エージェントを使うメリット

キャリアの棚卸が無料でできる

定期的にキャリアを振り返る機会を持つべきであると考えている。

キャリアをなぜ振り返るべきかというと、これまでしてきた仕事から反省点を抽出することと、自分の市場価値アップ、もしくはやりたいことへ向けて、やってきたことがつながってきたかどうかを振り返るために必要だからだ。

また、転職活動でも社内でのアピールでも、自分のやってきたことを端的に話せるようになるためにも振り返り棚卸作業は必要になる。

キャリアの棚卸というと大それたことのように聞こえるが、実際は、自分がやってきたことをそのまま話して、適宜ツッコミを受けながら整理してもらうのが棚卸作業である。

履歴書、職務経歴書など、最終的には文字に落とし込めるとよい。

転職希望者
転職希望者
キャリアの棚卸といっても、社会人1年目だと大したことしていないから…
転職エージェント
転職エージェント
経験年数はあまり関係ありません。むしろ、社会人1年目から振り返って作業する必要があります。

例えば、研修内容を振り返って成長できたかどうか確認したほうがよい。

もし研修自体が全く役に立たない内容で、今後も現場に配属されたときに成長できる業務ができないときは、キャリアの成長が見込めないため、会社を去るという意思決定になるかもしれない。

こうした判断をするためにも転職エージェントを使ってキャリアの棚卸をしてほしい。

最近の業界の状況を知る事ができる

最近の業界状況をタダで知る事ができるのが転職エージェントを使うメリットだ。

同じ会社での経験年数が長くなればなるほど、自社内での情報ばかりをインプットすることになり、会社の外の情報がなかなか入ってこなくなる。

そうした際に、自分で外に情報をとりにいこうとしても簡単に社外の友人や知人をつくるのは難しいし、ダイレクトに教えてくださいと他社にいってもスパイと思われるので情報はもらえない。

一方、転職エージェントは、タダで使えるうえに、他社の情報を知ることができ、自分が働いている業界の動きや市場の成長性について知る事ができる

転職エージェントはビジネスについては素人だが、市場を判断するうえでいい情報をもっているため市場の判断についてはなかなか正確だ。

そのため人材業を営んでいる人が株式投資やスタートアップ投資をすると成功する確率が高いように感じる。目利きが優れているからだ。

競合他社の人事情報を知る事ができるなかなかグレーなラインだが、転職エージェントは公になるよりも競合他社の人材流動を把握している。

もちろん正確には言ってくれることは少ないが、○○事業部の××部長職が1つあまっていると聞くと誰かが辞めたとすぐに察することができるだろう。

転職エージェントはそれぞれバラバラではあるが情報網があるため、市場には出回っておらず、また同じ社内の人ですら知らない情報をもっている。

クラスに1人は噂好きの学生がいなかっただろうか?

そうした人の噂は時として役に立つことがあるが、転職エージェントは噂レベルの情報も含めて熱心に集め、検証をして求職者に提供することで価値を出している

コンプライアンスの範囲があるので、会社から直接聞いた情報や言ってはいけないレベルはあるのだが、転職エージェントは世の中人事情報が集約されている存在なので競合のことを知るうえでも必ず会ってほしい。

そして転職エージェントから競合のポジションが空いていると聞いたら、チャンスとタイミングがあえば応募しよう。

所属企業の業界の立ち位置を知ることができる

継続的に同じ企業で働くとしても、自分が働く業界が周りからどのように見られているか気になるだろう。

転職エージェントは客観的な情報を仕入れているためあなたが働く企業がどのようなものかを把握している。

転職エージェントに聞いてみて、自分が働いている企業が評判が悪いと知ったら身の振りを考えたほうがよいだろう。

なぜならば評判の悪い企業には、人が集まってこないからである。

とあるブラック企業は、評判が悪すぎために社名まで変えて対策をしていた。

2chやVokersのサイトから過去の悪評をすべて消していてさすがだなと思った。当該企業はIT系の企業だったので確かにすぐれたテクノロジー理解だなと感心してしまった。

困ったときの助け舟になる

転職エージェントは困ったときの助け舟として有効だ。

万が一、アフリカ転勤や、東京都心育ちの人がゆかりもない人が四国転勤、会社で急に冷遇されるようになった、会社が倒産しかけたといった理由で会社を去らないといけないときがある。

こうした際は、お金を払ってでもなんとかしたい状況だが、転職エージェントは無料で助け舟を出してくれる

特に継続的に半年に一回程度会っていた転職エージェントであればますます助けてもらえる確率があるだろう。

急いで転職したい事情も組んでくれてすぐに面接を組むように、転職先候補の企業に圧力をかけることもできるので助け船として有効だ。

多くの人はいざ、自分の会社が困る事になるとは考えていなかったが、東京電力や東芝、山一證券の社員も、自分の会社がまさかあんなことになるとは全く考えていなかったので一寸先は闇である。

困ったときの保険として有効な作戦の1つが転職エージェントであることを覚えておこう。

磨くべきスキルを教えてくれる

転職エージェントはあなたのキャリアアップを真剣に考えてくれる。

今後、このスキルはダメで、あのスキルは市場価値が高いということを理解しているのでどうしたら、もっと市場価値が高くなって給料がもらえるかを伝えよう。

磨くべきスキルというのはわかているようでわかっていないのが実情だろう。

英語力を磨くべきなのに簿記の勉強ばかりしていたら、国際部門の営業では活躍できない。

無料で、伸ばすべき能力のアドバイスをもらえるのはありがたい。

磨くべきスキルを1つ変えるだけで障害年収が簡単に1億円はかわってくることを覚えておいてほしい。

時には、大きな決断を迫ってくるかもしれないが、転職の際に役立つ、磨くべきスキルを教えてくれるので素直に聞いてみるとよいだろう。

良き社外のメンターになるかもしれない

社内のメンターはいる方も多いのではないだろうか。

最近はメンター制度が多くの会社で導入され、直属の上司以外に、会社の先輩が、キャリア形成の相談に乗ってもらえる仕組みを会社が用意している。

一方で、転職や社外の話は社内の先輩に相談しづらいのは当然だろう。

そこで、社外の人にキャリア、特に会社外の機会について相談したいが相手が見つからないだろう。

そこで役立つのが無料で相談できる転職エージェントだ。

社会人の先輩として、有用なアドバイスを多々ゲットできるだろう。

転職以外のことも相談し、求職者と転職エージェントを超える関係を築いてお互いに有用な情報を交換しあっている人達をみる。

そこまで関係が構築できたら素晴らしいことである。

副業のチャンスを教えてもらえる

さて、最近は副業ブームだ。

・給与が上がらない会社を辞める勇気はないが、お金は欲しい
・給与のポートフォリオを分散させたい

上記のように考えて副業をしたいと考えている人は少なくない。

ただ、実際に副業で稼いでいる人は少ない。

参入障壁が低いビジネスでも自分で儲けることをしたことがない人には、副業は高いハードルだ。

転職エージェントは、副業をしてもらえる人材がいないかという相談を多々受けており、ボランティアで紹介することもある。

おいしい副業バイトがあることも珍しくないので、転職エージェントに副業できるものはないか相談してみよう。

私のように転職エージェントをしながらこうした執筆活動をしている人も多く見かける。

転職エージェントに副業について質問してみて、自分に合う副業はないか聞いてみよう。

意外と自分が気付かないところで市場価値がそこそこ高い副業をできる能力が自分にはあるのだと気づく人もいる。

話しにくいお金の相談ができる

転職エージェントは無料のファイナンシャルプランナー的な役割もある。

給与の上げ下げ、今後の年金や退職金の積み立て方、年収をベースにしたキャリア構築を相談できる。

転職エージェントは、あなたの給料を知っているため、現在の状況をベースにした相談ができる。

通常友人にも自分の現年収や年収の構成を言うのははばかられるのが当然なので、こうした際に転職エージェントを活用するとよいだろう。

また、年収アップの交渉を転職エージェントにしてもらうため、年収を含めお金の話は普段から転職エージェントとしておくことをおすすめしたい。

転職エージェントの費用は無料なので一度会ってほしい

色々と転職エージェントのメリットを書いたが基本的に転職エージェントは無料で利用できるので、損することは全くない。

多面的な角度から、自分のキャリアを評論してくれ、今は見えていないキャリアの延長戦を提示してくれる素晴らしい存在だ。

せっかくなので、無駄に残業するよりは転職エージェントから仕事の内容含めてインプットをしよう。

別の角度から成長することができるのでおすすめである。

おすすめの転職エージェント、転職サイト

さて、転職エージェントだが、リクルートエージェントが素晴らしいので利用してほしい。

リクルートエージェントは無料で利用でき、かつ情報力が非常に多いため様々な情報が集約されており効率的にノウハウをゲットできるという点において利用すべき転職エージェントとしてあげさせていただいている。

また、海外勤務やグローバルな仕事、高年収の場合はJACリクルートメントをぜひ利用してほしい。

時間がない方には、ビズリーチの利用をおすすめしたい。自宅にいながら様々な転職エージェントと会うことができ、電話面談にも対応してもらえる。

今日は以上だ。