年代別アドバイス

40代が転職する際に絶対見てほしい、おすすめの転職エージェントと選び方

40代は転職に慎重になるべきである。

簡単に転職を繰り返すことができなことと会社において一定の重要ポジションに就くことが予想されるので、吟味を重ねすぎてもいいくらいだ。

ただ、一発逆転が狙える最後の年代が40代である。

昨今は定年の期間が延びたが、中途採用の年齢の上限が延びたわけではない。

転職エージェント
転職エージェント
40代で転職を検討している人には必須の内容であるので必ず読んだうえで転職を考えてほしい

40代の転職市場

転職希望者
転職希望者
40代で転職する人はいるのでしょうか・・・
転職エージェント
転職エージェント
40代の転職市場は思っているよりも活気がある

なぜならば団塊の世代の退職で、少し若い人を役員クラスに抜擢する等、人材の手薄な状況が続いたため、経験がある40代の人を採用したいというニーズはある

企業側のニーズとしては、これまでの経験を還元して、事業の促進および若手を育成してほしいというニーズがある。

40代の転職市場において、育成マネジメントは必須のスキルだ。

職人仕事でない限り、20,30代を育成できない人は求められにくいのが現状だ。

各企業が頭を悩ませているのは20代の離職だ。

あなたの会社でも新卒がすぐに辞めてしまってはいないだろうか?

新卒は20年前とは異なり、会社での下積みを嫌がって裁量や成長を強く求める志向になってきた。

そのため彼らのニーズに応えられる育成ができる40代は強く求められるようになった。

また、40代といえど、上に50代60代がいるため、中間管理職として、また将来の幹部候補として上に気に入られる人間性が必要になってくる。

もし仕事ができなくても人に好かれるというスキルがあれば会社で生き残れるし、転職の際は大きく評価される。

もし人から愛されるタイプでないと思っているならば仕事での実績をこれでもかというくらいにレジュメに書いておこう。

ただし、レジュメに書いたことを面接にいうのではなく、これだけの実績はあるがゼロからがんばるつもりで会社に貢献したいと言ってほしい。

40代でひたむきな人をまず見ることはほとんどない。40代はひたむきなだけで評価される。ある種20代と似た人間性の評価がでてくる。

40代は手を動かす仕事が減り、コミュニケーションが多い仕事が増える。

そのため、ゴリゴリ仕事をすすめる能力と同様に、物腰柔らかく接することができるかを見られる。会社で老害と若手から言われている人を見たことがないだろうか?

耳の痛いことを言うことと老害は大きく異なる。

成長のために役立つことを言う人は感謝されるが、役に立たないエゴを言っている人は嫌われるので注意しよう。

年収アップか安定か

転職希望者
転職希望者
40代からの転職で年収を上げることは可能でしょうか・・・
転職エージェント
転職エージェント
十分可能だよ

40代では同期と差がついているだろう。

同期で一番出世していたら転職をまず考えない。

転職を考えるということは、何かしらの理由で出世が遅れた、またそこそこ出世したが会社に不満がある人ではないだろうか。

もしくは、家庭の都合でどうしても仕事場所を変えなくなった、生活スタイルを変えなくなったという止むをえない事情がある。

この際に考えていただきたいのは、65歳の定年にむけて、40代はまだまだ年収をあげる時間にするのか、それとも安定をこれから求めて20年間働くのかを意識してほしい。

40代で年収をあげることは十分に可能なのだ

誰でも思いつくかもしれないが外資系企業への転職は良い選択肢だ。

クビになるリスクはもちろんあるのだが、転職を検討するに値する。

40代を採用する外資系企業は、日本に進出してきたばかりの企業を狙うとよい。

最近だと中国系の企業が進出してきており、メーカーの人を営業、技術者問わず採用している。年収が40代にして2倍になる人がいる。

こうした転職をした人は、今まで自分の実力が過小に評価され続け高い年収をもらう機会を逸してきたことを後悔するのである。

今から転職して年収を上げることも可能なので外資系企業への転職を検討してほしい。

JACリクルートメントが特におすすめなので利用していただきたい。

安定を取る場合の転職

転職希望者
転職希望者
家庭もあるので、安定したい・・・
転職エージェント
転職エージェント
大手に転職することを検討しましょう

SHARPや東芝の事例を見て不安に感じるかもしれない。

しかし、大手はいつの間にか手当も含め、国民にばれないように元通りになるところが多く、山一證券のような事例に陥らない限り、安定している

できるだけ大手の企業に転職することをすすめたい。

IT企業は今後も成長しているという点で安定しているので、検討にいれてほしい。

特にハードウェアの販売系の企業であれば40代の方も転職して活躍しているので、転職をして損はない。

安定の定義というのは難しいのだが、残り20年間きちんと働くことができる場所があるかを調べて、できれば社長と話そう。

社長のビジョンを聞いて、共感できる点があれば検討対象にいれよう。

40代になると50代になり、上の役職の人と話す機会も増えるが、上の人の価値観とあわないと精神的につらくなるので共感できるかは40代になっても重要視してほしい。

ローンの返済

転職希望者
転職希望者
ローンの返済はどうしたらいいのだろう・・・
転職エージェント
転職エージェント
借り換え、返済の体力を検討したうえで転職をしよう

転職に失敗して、その後、良い職が結局見つけられずローンの返済に行き詰まり、家を手放す人も少なくない。

ローンの借り換えのサービスも出ているので利用してほしい。

ローン返済は40代になっては避けられない事象であることから、転職エージェントにも相談して、総合的に良い転職は何か聞こう。

転職エージェントは50代の担当者だと良い。

人生の先輩として相談できる人がいると家庭のことも含めて総合的に相談できる。

40代になって増えるうつ

転職希望者
転職希望者
うつになったりしないでしょうか・・・
転職エージェント
転職エージェント
少なからずいるのは事実。ただ、工夫次第でリスクは減らせる

40代の転職後のうつは適応ができないパターンがほとんどだ。

年齢があがるごとに新しい環境に適応するというのは意外と難しい。

適応するために様々なことをしないといけないのだが、これまでの常識と異なる点が増えすぎてキャパシティを超えてしまう。

例えば、リモートワークや、定時出社という概念がなくなる、チャットでのコミュニケーションといった新しい働き方が40代のあなたに負担をかける。

新しい環境になれる努力をしろといっても難しい。

新しいツールについては慣れるのが難しいことは会社もわからないので、世代が下でも質問をする勇気をもってほしい。

チャットツールではslackやチャットワークといった、IT企業で使われているものが大手企業でも導入する流れができていて、私も驚く場面がある。

新しい働き方改革のためのツールは見逃すことはできないので、慣れるためにできるだけ触れよう。

こうしたストレスを減らすことで転職後にうつのリスクを減らすことができる。

自分は大丈夫だと思っていても、心に負担がかかり、いつうつになってもおかしくないことを覚えておこう。

転職は最後の気持ちで

転職エージェント
転職エージェント
転職はこれで最後にする、という気持ちで転職活動をしてほしい

50代になるとさすがに、よっぽどのことがない限り、中途採用をしてこないので、長期的な雇用を見据えた転職は40代で最後にし、キャリア構築のラストスパートとして、棚卸をしていこう。

もし、今の地点でキャリアを振り返って何かやりとげたなというものがなくても定年まで時間は十分にある。

何事をはじめるにしても、今からはじめて遅くない。

ただし、チャンスは確実に減っていくので、自分が何か成し遂げるうえで活躍するフィールドになる会社探しは最後のつもりで転職活動をしていこう。

転職活動に成功して残りの20年間を楽しく働くことができれば、人生がさらに好転していくことは間違いない。

40代の候補者を見ると情報収集を適当にする人がいるので、今の情報が溢れた時代において情報収集に手を抜くことだけは絶対にやめよう。

プライドを捨ててでも良い職を探すという気持ちが大切になる。

転職が自信になる40代

転職エージェント
転職エージェント
転職できたこと自体が40代でもやれることの証明になる

40代の転職というのは門戸が狭いので、20代のころのように誰でも未経験で入れる職種が減ってくる。

仮に年収が少しダウンでも、職できたこと自体があなたのステータスになる。

自信をもって今後働いていい。

転職ができるのも今のうちだということを認識しておこう。

また不景気になって門戸がいつ狭くなるかわからないので、転職をしたいと少しでも感じたらいますぐに行動しておこう。

転職を今すぐしろと言っているのではなく、情報収集をするなどの転職活動をはじめて、いつでも会社を去れるような体制にしてほしいと伝えたい。

50代以降に生き残るための40代の転職戦略

50代以降は、管理職として生きるか、平社員として子会社に行くか、様々なルートができる。

いずれにせよ、生き残ることが大事だ

窓際族になり、仕事がないのが一番辛い。

自分を必要としてくれる部署にいて、仕事をこなすためには、40代における転職活動では、謙虚さをもちつづけ最も自信のもてるものを周りにアピールしよう。

職業人生を振り返ってみると必ずアピールできるものは存在するはずだ。

現在はパソコンがあるのが当たり前だが、40代のあなたが社会人になりたてのころはパソコンがそもそもなかった、もしくはWindows95搭載のパソコンが部署に1台あったくらいだろう。

こうした時代から、パソコンが一人一台になり、使いこなせるような状況に適応してきたのではないか。

転職エージェント
転職エージェント
人間やる気になれば何でも適応できる

50代以降も生き残るために40代での転職戦略は変化に対応できるための心構えをもつことが何よりも重要であろう。

転職を成功させてきた40代の秘訣

転職を成功してきた40代の先人たちはいくらでもいる。

彼らが成功した理由は、常に勉強して年齢が下の人からも学ぶ姿勢を持ち、チャンスがあれば動くという決断ができたからである。

また情報収集に余念がなく、選択肢をたくさん持っていたからである。

リスクがある転職をする人も、失敗してもこちらの選択肢があるからと保険を必ずかけている。無鉄砲な転職をしているわけではない。

リスクに対しての保険があるからこそ、転職を成功させることができたということを覚えてほしい。

一発逆転最後のチャンスが40代

40代は仮に今までうまくいかなかったとしても一発逆転の可能性がある。

これまで社内で恵まれなかった電気メーカーの技術者が外資系に転じて、高収入のエグゼクティブポジションになることだってあるのだ。

一発逆転がないと思って、今に妥協してしまうことが一番の恐怖だ。

いつかうまくいくはずだ、だからチャンスをつかみ取ろうとする貪欲な精神をもっておこう。

英語ができるだけで逆転のチャンスがある40代

最近の若者は英語ができる。

TOEICを課せられている影響もあるが、若いカフェ店員ですら、英会話をして外国人の対応している。

40代だと英語ができないのが当たり前なので、できるだけで目立つのである。

40代の転職ではTOEICの点数がどれくらいかも指標になる。

特に製造業においては海外とのやりとりができるかが重要だ。時には海外出張もある。

少しでも英語の点数を上げたい方は、ライザップイングリッシュ等を利用してほしい。

またTOEICに特化して点数を今日からあげることができるスタディサプリ ENGLISHというのもおすすめしているので利用してほしい。

今からはじめられるものはすぐにやろう。若い時よりも腰が重くなっていたら、順応力が落ちている証拠だ。

転職をどうしても成功させたいあなたに教えたい転職エージェントと転職サイト

ここまで40代の転職を話してきた。

転職エージェント
転職エージェント
ここからは、40代の転職を成功させるために必須の、転職エージェントと転職サイトを紹介しよう

転職エージェントはリクルートエージェントははずせない。

また年収をあげるためにはJACリクルートメントを使おう。

加えて、幹部ポジションを考えているなら転機というサービスもおすすめだ。

転職サイトも登録しておこう。

ビズリーチは良い案件が大量にある。

こんなにも良い案件があるのかとびっくりするはずだ。

転職エージェント
転職エージェント
登録するだけは簡単なのでいますぐ動こう。

ではまた。