年代別アドバイス

30代で転職させるために使うべき転職エージェントと失敗しない方法

30代になると転職の意味合いが変わってくる。

転職自体は経験者採用で同じ業界にしか基本的に転職しなくなる。また、キャリアアップをするための転職が基本だ。

もちろんネガティブな理由からの転職にしてもキャリアアップをするための転職が当たり前なので、何か良いチャンスをゲットするために各々が活動していく。

転職エージェント
転職エージェント
今回は30代で転職を成功させるために、転職エージェントと、失敗しないためのおススメ方法について書かせていただいた。

[:contents]

30代での転職パターンを考える

30代での転職を考える際に、まず最初に質問することは転職した経験があるかどうかであ
る。

転職経験があるかどうかは30代転職においては重要である

その前に30代に関して、企業側と候補者側、そして転職エージェントの3つの目線から簡単に論じさせてほしい。

企業側から見た30代

企業側から見て、30代の転職者を採用することは、ある意味リスクだ。

なぜかというと、年収がそこそこ高い人を採用するからだ。

そして、何より懸念するのは会社にフィットするかどうかである。

実績十分で面接がうまくできた35歳の名門大学の出身者でも名もないベンチャーの面接を通らないことがよくある。

営業が強い会社で営業手動で会社の方針をにぎってきた若き営業部長がエンジニア中心のベンチャーで活躍できるかというとそうではない。

会社にはそれぞれの方針があり、会社の方針とそぐわない場合は、どれだけ成績を上げてきた人でも嫌われてしまう。イケイケの人にはイケイケの会社がぴったりなのだ。

社風やカルチャーにある程度柔軟に対応してくれる20代と異なり、30代における転職は、カルチャーフィットの目線で企業が厳しくチェックしてくる。

30代は、中間管理職であるため、上の方針にも従う必要があるため、40代や20代とは異なって会社の文化になじんでくれるかを経営者は気にして採用する。

転職する際も本当に自分に合うかを見極めてほしいところだ。

候補者側から見た30代

転職エージェント
転職エージェント
あなたが30代の場合、自分のことをどのように捉えているだろうか?

あえて問わせていただきたい。

仕事の経験も積んで、部下のマネジメントもできて、油がのっているので、どこでも転職をできると勘違いしていないだろうか。

この勘違いこそが転職を成功から遠ざけてしまう要因なのだ。

30代の転職の場合、実は自分の評価と市場価値が一致しないことが多い。

過大評価というやつだ。

20代は過小評価で30代では過大評価ということになり、なかなか面白い。

仕事ができると思っている人ほど気を付けてほしい。

なぜ、勘違いをしてしまうかについては後述するので最後まで読んでほしい。

転職エージェントから見た30代

転職エージェントから見た30代の転職は責任が重い

家族を背負っており、注文も多く、過大評価をしているためうまく適性な評価を認識させ、企業を受けさせるうえでカルチャーフィットを見極めるなど項目が多く、意外と求職者を適切に扱うことが難しい年齢だ。

転職させるうえで、様々相談に乗るのは転職エージェントとしては当然なのだが、文句ばっかり言う方も多く、ああ、正直めんどくさいなと思うことがあるのは事実である。

転職の際なぜ、30代には勘違いが生まれてしまうのか

市場の評価の原理と会社の評価の原理の差分、および会社の仕組みの2点から、勘違いの要因を説明していく。

30代の転職における勘違いに関して深く考察していくので心して読んでほしい。

市場評価の原理と会社評価の原理の違い

市場評価は、マネジメントと特定のスキルの2点から評価を受ける。20代と異なり、学歴や今後の伸びしろは給与の評価に入らない。

この点に関して異論を持つ人は少ないだろう。

では会社内の評価の原理を考えてみよう。

仮に新卒から入社した会社であれば10年程度はその会社にいることになる。

よって会社の勝手を知っており、複数部署も経験し、仕事がやりやすい状態が整っている。

仕事がやりやすい状態が整っていることは重要であり、無駄な折衝や、忖度がなく、思い通りにできる環境が整っている。

給料もローテーションするだけであがっており、つまりいること自体が評価されている。

日本企業ではこのような事態になっており、薄く広くスキルが身についている。

転職活動になると、特定のスキルを求めるが、何かのスキルをずっと磨いてきたわけでは
ない人にとっては苦しい状況になる

12年の社会人経験があるも、営業3年、経理3年、人事3年、海外勤務3年となると、どのスキルを評価して採用したらよいかわからなくなり転職が難しくなる。

逆に人事だけ12年やっていた人は、人事を探している企業が、この人は人事のプロだということで即採用になる。

外資系企業においては、こうした専門職を極める傾向にあり、特殊スキルだけが評価され給与が高くなっている。

会社内で高く給与をもらっていてもなぜ、その給与が高いのかを改めて問い直してみてほしい。

会社の仕組みの違い

メーカーの場合を例にしてみる。

メーカーにおいて難しい仕事の1つに、需要予測の仕事がある。来期はいくらくらいものが売れそうかと予測する仕事だ。

この仕事はどの部門がする仕事か分かるだろうか?簡単な質問かもしれない。さてあなたが頭の中に浮かんだ答えは、大抵の場合正解だ。

どういうことだろうか。需要予測の仕事はメーカーでも会社によって所属している部署が違う。

財務経理部門が行う場合もあれば、調達部門が行う場合もあれば、営業部門が行う場合もある。

経営企画やマーケティング部門が行う場合もありバラバラだ。

仮に財務経理で需要予測をしていたら、財務経理の知識が前提となって需要予測ができる。

一方、マーケティング部門における需要予測ならば市場トレンドをみて、消費者よりの予測になってきており需要予測の質が変わってくる。

どの部門が行うかは予測のうえで大きなウエイトを占める。

最も大事なことは、需要予測をするのが複数部門社内にあったとしても会社がどの部門の予測を重要視しているかだ。

需要予測における花形部門は会社によって違う。あまり重宝されない部門で需要予測をしていてもあなたの仕事が日の目を見ることはない。

同じ仕事でもどの部門に紐づいているかが異なることがあるので会社の仕組みを把握しよう。

営業一つとっても、営業内で戦略を考える会社もあれば経営企画が考えた営業戦略を実行するだけのところもある。それによって給与の額も変わってくる。

転職エージェントの探し方

転職エージェントを探す場合、あなたのことを十分に理解した人でないと人材紹介を頼んではいけない。

なぜなら表面的な条件だけでキャリアを決められないのが30代だからだ。

家族がいる場合、親の介護がある場合、将来のやりたいことを考えてもう少し給料が欲しい場合、住宅を購入したため拠点が固定される場合、と様々な事情がある。

キャリアの希望は当然カウンセリングの中で伝えるが住宅、家族、貯蓄といったパーソナルな情報は信頼できる転職エージェントでないとなかなか伝えられないはずだ。

転職をする際は、複数回会ってお互いのことを理解したうえで決断してほしい

何もしがらみがなく、どんな仕事でもどこでもどんな企業でも条件さえ合えば転職していいという場合は、転職エージェントのもっている案件に注力してよい。

そうでない場合は、転職を検討するときに様々な事象を一緒に検討してくれる転職エージェントが必要ということだ。

転職経験がある人と転職経験がない人

ようやく最初の話に入る。

転職経験がある人は、転職エージェント目線でいくと転職経験がある30代、できれば転職経験が1回の求職者は扱いやすい

企業にも売り込みやすいし、転職後も活躍できる絵が描ける。転職して違う環境に溶け込んで頑張ってきたという事実がわかるからだ。

転職をせずに同じ企業で15年頑張った人が良いという企業もあるが、新卒だから溶け込めただけで、転職したら活躍できるスキルとカルチャーフィット力をもっているか怪しいので、転職未経験者には慎重になる。

20代は転職未経験の方が企業側は好むが、30代になると転職経験者を好むという逆転現象が起きる

また、転職を経験したことがある人ならわかるが転職は時間も非常にかかるうえに、精神
的にも疲労する。

30代になってはじめて転職活動をする場合、そうした準備と精神力だけでもまいってしまうため覚悟が必要だ。

転職エージェントも一緒に伴走するために様々なサポートをさしのべるのだ。

転職経験がある場合は、転職後の成果をアピール

既に転職経験がある人は、転職後にどれだけ成果がでたかをアピールしてほしい。

転職後は、人脈がない中で実力だけで仕事の成果を出す必要があるため、仕事で成果が出たことが十分に伝わればうちの会社でも活躍してもらえると人事に認識してもらえる。

転職しても活躍できる、再現性のある能力をアピールできることは30代転職における肝

20代までのやる気や伸びしろだけではない部分のアピールにいそしんでほしいところだ。

役職アップと給料アップを望む

30代転職の場合、年齢にもよるが、上の管理職があいていることがあり、経験が多少足りなくても、うまく役職と年収アップで転職することが可能だ。

30代転職は機会を常にうかがっておくことが重要

20代転職では期間やタイミングによって大きく条件が変わることはないが、30代になってからの転職だと、異なってくることを改めて認識してほしい。

年収も600万円から800万円、800万円から1,100万円、1100万円から1,500万円と大幅なアップもおきるのが30代の転職だ。

つまり30代の転職は、大きな可能性を秘めている。

30代の転職失敗事例を収集する

30代は転職の失敗も多い。20代は転職を失敗したら次で頑張ろうとすぐに転職するが、30代で難しいのは転職に失敗したこと自体に打ちひしがれて行動ができなくなってふさぎ込んでしまう人がいる。

何事にもリスクはつきもので30代の転職は失敗があることを自覚しておこう。そして、どういった転職失敗事例があるかを認識しておこう。

仮に転職に失敗しても、失敗した人がそこからどうやって再起したのかを知っていれば、
巻き返すことができる。

何事も、事前に予測しておいて、いざ自分がその事態になったときに冷静に対応してほしい。

30代におすすめの転職エージェント

30代におすすめしたい転職エージェントは複数ある。

まずは、リクルートエージェントを利用したことない人がいたら必ず行こう。

リクルートエージェントの上手な活用方法は、40代の転職事情を知る事だ。

将来のキャリアアップをするために逆算思考が重要と言われていることはいうまでもない。

実際40代になったときに、どういった転職があるのか、また転職している40代は実際どういう人なのかを聞いて情報収集しよう

ロールモデルがあればその人に近づくにはいまどういったキャリアを歩めばよいか質問しよう。

次に30代転職には、転機をおすすめしたい。

ある一定上の役職に強く、課長クラスのポジションも多数ある。30代になってから使うのに良い転職エージェントだ。

また言うまでもないがビズリーチは絶対登録しておこう。30代の転職決定者が多いのがビズリーチの特徴だ。

転職エージェント
転職エージェント
他にも転職エージェントは多数あるので、ぜひ利用してほしい。

それでは。