企業形態別アドバイス

30代に突入したコンサルタントのキャリアについて考える

多くの人がコンサルタントとして30代を迎える時代となった。

新卒から働き、マネージャーを迎える人もいれば、日系事業会社で働き、会社の将来や個人の成長を憂いてコンサルに転職したばかりのアナリストもいるだろう。

コンサルティング業界はある程度大きくなってきた市場なので、キャリアパスも40代以降それなりにでてきた。

そこでコンサルティング業界に突入した30代のキャリアについて考えていこう。

会社に残りパートナーを目指すのがファーストチョイス

コンサルティングファームも昔に比べて高齢化が進み、アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティングをはじめ、コンサルティング業界では高齢となる50代のパートナーも珍しくなくなった。

結果、下からのポジションが詰まるので、他ファームに活路を求めたり、引退するのをじっと待ったりする人もでてきただろう。

会社に残り、パートナーを目指すのはごく自然なことである。

しかし、ファームごとにパートナーになれる難易度は違うし、また、パートナーになってからが勝負となるファームも多い。

事業会社への転職や、起業が少ないコンサルティングファームは外に出ていけなくなるということを考えておいたほうがいい。

そのため、中で生き残ることが重要になってくるので、中で残って昇進を目指さざるを得ない状況になってくる。

コンサルティングファームで今、残っているシニマネやプリンシパルの人数を見て、どれくらいがパートナーになれそうかを考えておくとよいだろう。

今後自分が生き残れる可能性がなんとなくわかってくるだろう。

大きなファームになると、パートナーすらろくに把握していない人も多いので、社内データベースを見てチェックしておくとよい。

外との接点を持て

さて、30代になったら外との接点を持っておいたほうがいい。

転職したての人には難しいかもしれないが、コンサルタントのネクストキャリアという選択肢をコンサル以外で持っておくことは重要だ。

40代以降になってくると、大学の教授に就任しゼミや研究室を持ったり、事業会社の顧問的な役割を担うようになったり、転職して部長職としてやっていったりするようになる年齢だ。

銀行や大手メーカーと違って、子会社出向という選択肢がない人は、自分で道を探さないといけない。

コンサルティングファームが拡大した昨今では、不景気になったらすぐにコンサルティングプロジェクトがなくなることは容易に想像がつくだろう。

リーマンショックを経験した30代中盤以上の方なら特によくわかることだろう。

不景気になると投資銀行ほどではないが同業転職すら難しくなってくる。よってコンサルティング業界以外の選択肢をみておくべきだ。

ここらへんは新卒からいる人はパートナーの送別会で事例を見てきただろうから知っているだろうが、ここ2,3年で入った人はあまり事情に詳しくないかもしれない。

f:id:kiyyo:20181031162052j:plain

外とのコネクションはクライアント以外と持て

クライアントへの転職もあるかもしれないが、クライアントへの転職はコンサルティング業界に限らず、広告業界も含めあまり社内から歓迎されるわけではない。

クライアントとの関係を築くことも大事だが、仕事以外でも接点を持とう

浅いアドバイスになるかもしれないが、本を執筆したり、ほとんど給料にならないが客員講師をしたり、イベントに積極的に行っていると、いつかチャンスがくる。

本や講演をして露出度を上げていくと、いつの日か、名も知らぬ中小企業から顧問になってくれといわれることがある。

コンサルティング業界の知名度が上がった昨今においては、大手銀行の退職した人よりもコンサルタント出身の人をベンチャーや中小企業の顧問や社外取締役として迎え入れることがある。

顧問や社外取締役はある程度の責任は伴うが、ハードワークではないのでコスパはよい。ただし、顧問や社外取締役においても顧客紹介や人材採用でのツテがあるかどうかで変わってくるのでどちらにせよ人脈が大事だ。

浅いアドバイスだが、人脈を持つというのは本当に重要だ

また、大学にもぐりこむのも重要だ。

教授で高度な専門科目を教えるところにはもぐりこむ余地はないが、商学部や経済学部、理系でも経営工学系を専攻している学科は教授のポジションとしてコンサル出身者が入ってくることがある。

早稲田大学商学部教授の内田和成氏は元BCG代表であるが、代表クラスでなくても大学で教えることはできる。

正規の教授ポジションは遠いが、コンサル出身者の授業を学生が求めていることを教授も気づき始めているので売り込みにいくとよい。

本を書いたときのイベントや経営学に関する講演をする機会があると接点ができるので、その接点を活用して大学に引き込んでもらうのがよい。

コンサルタントを続けていて外から声がかからないなら考えたほうがいい

こうした外との接点が普通に働いているとないよという声がある。

だが、本を書いている人や大学で指導しているパートナーの元にいると、君もしてみない?と声がかかってくるのだ。

わがままなものだが、大学で教授をしていると、授業が面倒くさくなって部下を授業にアサインするパートナーもいる。

こうしたツテのあるパートナーはチャンスだ。最近は副業をして、本を書いているコンサルタントも少なくない。

出版社と話をしているとよくコンサル本の企画があがっているので、コンサルしながら執筆というのもある。

またブランドもあるが、NewsPicksのようなサイトで意見を発信していくという作戦もある。組織に属している一兵卒でありながらインフルエンサーとなっている人も多くいる。

コンサルのハードワークを続けられるのはごく一部

総合商社でも定年間際まで飲み会を含めたハードワークをして、定年後にぽっくり死ぬというパターンも珍しくない。

総合商社は退職後すぐに死ぬから、企業年金がそれほどいらなくて給与が高くできるといった冗談めいたものまで聞こえてくる。

コンサルのハードワークを続けていけるのはごく一部だ。40代になってくるとガタが来る人のほうが多いのではないだろうか。

現在の労働時間のまま突入していくと将来厳しいことになるだろう。投資銀行業界でも、MD以上でも猛烈に働いたり、飲み会をしたりで非常に忙しい。

コンサル業界で仕事を続けていけるのは一部だということを思っておいたうえで次のキャリアを考えてほしい。

30代以降のキャリアを考えるために

30代以降になると、エグゼクティブ系のエージェントから声がかかる人もちらほらでてくる。

コーンフェリーやスペンサーといったところから声がかかってくると転職もしやすいだろう。

またすでにある人脈のなかから転職ができるとよいので、信頼できそうなつてをもってそこから転職しよう。

それでもない場合はエグゼクティブ系の転職エージェントと会おう。

ビズリーチにも50代以上でプロフェッショナルファーム出身のエージェントがいるので探してみてコンタクトをとってみよう。

それなりの会社にいたら、スカウトはたくさんくる。

また、幹部採用をしている転機といった転職サービスもあるので利用してみよう。