転職活動全般

転職希望業界から見る、20代におすすめの転職エージェント


転職エージェントには、色々な種類がある。とりあえず大手に登録すれば良いのではなく、なんとなく行きたい業界の案件が多い転職エージェントに登録すればいいわけでもない。転職エージェントに登録している皆さんは、自信を持って自分の力を最大限引き出してくれる転職エージェントを選べているだろうか。

また、もし転職を考えているのに転職エージェントについてきちんと調べたことがない方がいたら、それはまずい。転職エージェントを使いこなして、転職活動をより有意義なものにしてほしい。

そもそも転職エージェントとは

20代の皆さんは、転職サイトに登録している人は多くいるだろうが、転職エージェントを利用した経験のある人は少ないかもしれない。そこでまずは、転職サイトと転職エージェントの違いについて説明していく。

転職サイトとは、企業がサイト上に掲載した転職案件と、転職希望者を結びつける転職支援サービスだ。登録したサイト上で転職案件を探し、自分に合う案件を自分自身で探して応募し、書類選考から面接までの転職活動を行う必要がある。

一方転職エージェントとは、主に転職サイトが運営するサービスの一つで、非公開求人を中心に、キャリア相談や面接対策を通して転職支援をするサービスだ。

転職サイトは、登録して好きな時に案件を探して応募できるという気軽さがある。一方、転職エージェントは非公開案件が多くあり、それまでの経験を踏まえてどんな業種・職種が向いているか、目指す将来像を実現するのにはどのような業種・職種を経験していなければならないのかなどのキャリア設計から、応募書類の書き方や面接練習など、選考過程の支援まで手厚い支援をしてくれる。

20代の転職エージェント活用法

20代の皆さんは、転職エージェントに期待できる役割をきちんと把握し、それにあった転職エージェントを適切に選べているだろうか。

転職エージェントに期待できる役割は、大きく分けて2つある。

1つはキャリア相談、もう1つは転職案件の紹介と選考のサポートである。

1つ目のキャリア相談に関してだが、自分のそれまでのキャリアについて整理をし、1人では発見できなかった自分の強みを見つめ直す機会になる。その相談を踏まえて、転職先として当初志望していた業界以外にも適性がある業界を見つけることができたり、経歴的に転職可能だと思っていなかった業界にも転職できる業界を見つけたりする可能性を高めることができる。キャリア相談は、転職サイトに掲出されている案件を探しているだけでは得られないことである。

2点目に、転職エージェントを使用する最大の目的である、転職案件の紹介である。転職先の業界を絞ったのなら、志望先の業界に最も詳しいエージェントに頼むのが良い。例えばコンサルティング業界に転職をしたいと決めたのなら、コンサルティング業界の転職案件を多く扱っているエージェントを見つけなければならない。業界内部の情報、業界特有の転職情報、書類選考や面接の情報をどれだけ有しているかが転職成功の鍵になる。非公開の案件が多いため転職サイトにはない案件が多い。また、紹介前後のサポートの手厚さは転職サイトにはないものである。

転職エージェント選びが重要な理由

キャリアの幅を広げる相談をしたいのに、ある業界に特化したエージェントを利用していた場合、そのエージェントはあなたの目的の助けにはならないだろう。例えばコンサル専門転職エージェントのところに相談に行ったら、コンサルティングファームしか紹介してもらえない。

逆に転職を志望する業界をすでに決めているのにも関わらず、その業界に十分詳しくないエージェントに相談していたら、よりその業界に詳しいエージェントを利用している他の同じレベルの候補者に比べて不利になるだろう。

そのため、自分の転職活動の中の段階にあったエージェントを使うことが非常に重要である。

まだまだキャリアが浅い段階では、まだ自分の能力、それが活きる業界を把握しきれていない場合が多い。そのため20代の転職エージェント選びでは、1つ目のキャリア相談のステップを特に重視して欲しい。

転職未経験者が直面する不安

20代の転職経験者は少ないだろう。初めての転職では大きな不安が伴うものだ。

転職すること自体への不安

そもそも転職をすること自体に不安を抱いている人も多いかもしれない。
しかし、1つの会社に長く勤めるのが美徳とされていたのはもう昔の話である。
自分のやりたいことが別に見つかったのなら、別のことをやればいいし、自分に合わない環境に留まり続けて苦しむ必要はない。

選考に対する不安

転職を決意したとしても、選考に通過できるかどうかが不安になるのは当然のことだ。
たしかに100%転職がうまくいく保証はないが、入念な準備ができればその不安は少しは和らぐのではないか。職務経歴書の書き方から面接、給与交渉の場での振る舞い方まで、多くの転職者を支援してきた転職エージェントにサポートを頼むのがいいだろう。

新たな環境に対する不安

新たな環境に馴染めるかどうか、新たな仕事で自分の経験が活きるかどうか、新たな仕事で期待したスキルを身に付けることができるかなど、新たな環境に対する不安は考え出したらキリがない。
それを見極めるためには、オンラインの情報ではなくオフラインで情報収集をすること、特に社員に会うことが最も大事だ。しかし、こればかりはある程度選考が進まないと実現しない。なるべく選択肢を広く持った上で入社先を比較検討するには、入社しても良いと思える複数の会社で選考を通過しなければならない。そのためにも、選考のサポートが手厚いエージェントを選ぶのが良いだろう。

結果的に会社に残ることへの不安

転職エージェントに色々と相談したが、良い転職案件が見つからなかったり、選考を通過しなかった場合には結果的に会社に残ることになる場合もある。

しかし、多くの転職エージェントは厳格な守秘義務があるため、転職活動を現在所属している会社にバレないように行うことは十分可能である。

おすすめの転職エージェントの選び方

転職エージェントの役割を踏まえた、転職の神がおすすめするエージェントの選び方は、

1.あらゆる業界に強みを持つエージェントに登録する
2.転職希望先業界専門、あるいはその業界に強みを持つエージェントに登録する

という方法である。
まず、あらゆる業界に強みを持つエージェントとキャリア相談をし、ある程度転職希望先の業界を絞れてきたら、志望先の業界に強みを持つエージェントに案件を紹介してもらい、転職までのより深いサポートをしてもらうのが良いだろう。

転職エージェントに会った時に注意すべきこと

転職エージェントの主な売上は、

候補者が転職に成功した人数×単価

である。

つまり、転職に成功する人数に応じて自分の業績が決まる。そのため、あまり良質でないエージェントの場合、候補者の希望を無視して無理に転職させようさせようとすることもあるので注意してほしい。例えば、年俸1000万円の人を転職させると、エージェントには約30%にあたる300万円ほどの高額な報酬が支払われることもあり、エージェント側も必死だ。ノルマが迫っている月末や期末は少し注意が必要かもしれない。
エージェントが少しでもそのような態度を見せてきた場合には、迷わず別のエージェントに切り替えよう。
また、転職エージェントを通して企業とやり取りをする場合、メールや電話の対応が遅い傾向にあるエージェントだと転職活動全体が遅くなってしまう。その間にもし他の候補者が内定してしまった場合にはそれまでの努力が水の泡になってしまう。そのため、本格的に選考が始まる前に、エージェントの対応の速度はしっかり確認しておこう。

次の章からは、いくつかの幅広い業界に強いエージェント、転職先として人気のコンサル、金融、広告、ベンチャーを得意とするエージェントを紹介させていただく。

幅広い業界に強みを持つエージェント

リクルートエージェント

何と言ってもまず求人数が多く、扱っている業界、職種、企業の幅全てが業界最多と言える。そのためエージェント側にも幅広い業界、職種の転職の知識を期待できる。
一方でエージェントによっては業界への知識が浅く、案件紹介のサポートに関しては満足できない場合もあるので、そうなったら迷わずより志望先の業界に詳しい別のエージェントに相談するようにしよう。

doda

DODAも、幅広い業界の案件を扱っているため、キャリア相談の相手としては適していると言える。また、他の大手エージェントのマイナビエージェントと比較するとよりハイクラス向けになっているのも高評価だ。
ただこちらも同じく、業界の深い知識を期待するのではなくキャリアの幅を広げるために利用すると良いだろう。もし業界の知見の深さに不安を抱いたら迷わずより志望先の業界に詳しい別のエージェントに相談するようにしよう。

コンサルに強いエージェント

ムービン

戦略コンサルに転職したいのであれば、ムービンは最もクオリティが高いエージェントと言えるだろう。

在籍しているエージェント数も少なく少数精鋭のため、それぞれのエージェントに質の高い案件の紹介と質の高いサポートを期待できる。コンサル出身のエージェントも多く、業界への知識、案件の豊富さは群を抜いている。

コンコード

コンサル転職、ポストコンサル転職で豊富な実績を持っているのがコンコードだ。

コンコードでは、戦略コンサルをはじめとした上位コンサルファームへの転職案件数が豊富なことはもちろん、選考のサポートが充実している。過去の転職者の選考書類や面接内容を閲覧することができ、それを元にした面接練習を行うこともできる。そのため、通過難易度が高いと言われるコンサル選考突破の助けになるだろう。

アクシスコンサルティング

戦略コンサルにこだわらずコンサルの中で幅広く見る場合にはアクシスコンサルティングがおすすめだ。

一人一人へのサポートが手厚く、職務経歴書の細かいサポートや面接対応の手厚さだけでなく、転職後を含めた中長期のキャリア支援を担当してくれる。

また、フリーランスとして独立する講座も開催するなど新しい取り組みも積極的に行なっている。
コンサル転職を少しでも考えている場合は必ず登録していただきたい。

金融に強いエージェント

コトラ

まずおすすめするのは、金融業界の案件を主に扱っているコトラがエージェントのほぼ全員が大手金融機関や外資系金融出身というだけあり、業界の知見や案件の数ともに豊富だ。

広告業界に強いエージェント

マスメディアン

広告業界に強いエージェントというのは数少ないが、マスメディアンはおすすめだ。

マーケティング・コミュニケーションのシンクタンクである「宣伝会議」が運営しており、マスコミや広告代理店とのコネクションが非常に強い。また、企業ごとに担当者がおり、企業との面接前から企業に対するより深い理解をすることができる。

ベンチャー・IT業界に強いエージェント

GEEKLY

IT業界の転職案件を専門に扱っている転職エージェントもまた数少ないが、GEEKLYは自信を持っておすすめできる。

メガベンチャー、ベンチャーのエンジニア職から経営企画職まで、数多くの求人を扱っている。

IT業界の知識が深いエージェントは少ないので、興味のある人はぜひ登録してみよう。

おわりに

ここまで転職エージェントについて紹介してきたが、あわせてビズリーチも利用してほしい。

そもそも転職の案件にはどのようなものがあるのかを確認して、興味のある案件を見つけてから転職エージェントと話すとより具体的な案件を引き出すことができるだろう。

また、エージェント側からスカウトがくる場合もある。自分に気づかなかった特性、経歴を見つける機会にもなるかもしれない。

ビズリーチは、転職先に迷ったらまず登録してくださいと伝えているサイトである。

登録して間違いないサイトなので利用してほしい。

ビズリーチの登録はこちら