年代別アドバイス

20代のための転職おすすめサイトと活用方法

20代の方からの転職相談が最近よく来る。

転職サイトに登録して情報収集をするように伝えているが、転職サイトの選び方がわからない、また転職サイトをどのように活用したらよいのかということがあったので、転職サイトについて書かせていただいた。

20代のキャリアに転職サイトを使うべき理由

20代の方には転職のみならず、キャリア形成においても転職サイトが必要であるということは繰り返しお伝えさせていただいた。

20代のうちから転職サイトに登録すべき理由は、市場価値を把握して、自分のスキルが本当に価値があるものかを知ることができるからだ。

総合商社には、自分は年収相応の価値があると勘違いしている人がいるが、他のどの会社でも現在の年収では採用してくれない。

総合商社間で転職があればいいが、総合商社間の転職は実質ないに等しいので、総合商社マンは会社でしか評価されていないことに気付く。

転職を決めてからこのことを知っても遅い。そのため、早くから行動すべきであると常々唱えているのだ。

また、転職サイトを通して転職エージェントと出会ってほしい。

一生付き合う転職エージェントが必要なのであるが、まず20代の方には転職エージェントのあたりはずれについて知って欲しい。

人材業界に優秀な人が多くはないので、転職エージェントのなかでも優秀と言える人はほんの一握りだ。

よって、転職エージェントに早めに出会い、転職エージェントとの付き合い方を学んでほしい。

転職エージェントには新卒1年目の段階から会っておいて間違いなく損はない。

私は学生のころから転職エージェントに会い、就職の相談をしていた。

転職サイトは20代と40代で使い方が違う

転職サイトの使い方は、20代と40代では大きく異なってくる。

ハイクラスを目指されている方は、40代になったときにどのような姿を想像しているだろうか。

40代になったときに、転職サイトに登録して1からやっていくのはあまり賢いやり方ではない

ハイクラスでの40代の転職活動では、すでに昔から付き合いのあるエージェントに相談をする、もしくは、何もしていなくてもひっきりなしに転職しませんかという連絡が会社や携帯にやってくるものだ。

ビズリーチは、転職エージェントが公開している案件に対して応募することが可能なのだが、応募してくるのは40代以上ばかりだ。

つまり、若手はスカウトがたくさん届くが、40代になると転職サイト上では来なくなる。(40代へも前述のとおり転職の依頼は来るが、転職サイト上ではなくバイネームで来るので転職サイトを介さず直接連絡がくるのだ。)

30代は、20代と40代の使い方が混在している印象なのでどちらよりというわけではない。

自分から転職サイトを使いにいけ

20代では、転職サイトを自分から積極的に使いにいく必要がある

20代の方にはスカウトがひっきりなしにくる。それに対して、スカウトをチェックしてどのように見られているかをチェックしよう。

大体の年収帯と、来る企業のレベルをチェックするとよい。特にビズリーチだと、企業から直接連絡が来るので、どういった企業かチェックするとよい。

ベンチャーでは、社長が直接メッセージを送っているということもある。

実際、知り合いのベンチャー企業の社長は直接ビズリーチでメッセージを送り、幹部採用を行なっている。

さて、転職サイトの紹介に入っていく。

必須なビズリーチ

まず、20代の方はビズリーチに絶対登録してほしい。

ビズリーチのことを高年収の幹部の人しか使わないと勘違いしている人がいるが、それは違う。

優秀なヘッドハンターは30代中盤からはバイネームで付き合いがある候補者ばかりなので、すでに人間関係ができており、転職サイトで探す必要がない。

もちろん人材業界に飛び込みたての人や、金融業界に20年いて転職エージェントになったばかりの人は、30代中盤以上も転職サイトでアプローチすることはある。

しかし20代の候補者は、ベテランヘッドハンターでもつながりが薄いので、転職サイトを使うことが多い。

将来を見越して、若いうちから青田刈りという形で長期的に接触しようとするエージェントが多い。

そうした長期的な付き合いとなる転職エージェントを探すには、ビズリーチが最もおすすめである。

長期的な付き合いを志向した転職エージェントにビズリーチで会い、自分だけに案件を真っ先に紹介してくれる関係を作ろう。

企業が重要なポジションやクローズドなポジションを募集したときに、真っ先に応募できるようにするためには、真っ先に案件を紹介してくれる転職エージェントを確保しておく必要がある。

悪いことは言わないので、ぜひビズリーチは先に登録しておこう。

ビズリーチの登録はこちら

f:id:kiyyo:20180727203510j:plain

案件豊富なキャリアカーバー

キャリアカーバーは、人材業界最大手のリクルートが運営する転職サイトである。

リクルートは、ミドルからハイクラスまですべて対応する人材会社である。

リクルートエグゼクティブ等がハイクラスを対応する転職エージェント会社であったが、昨今の転職サイトブームに乗っかり、転職サイトも開設した。

キャリアカーバーもビズリーチ同様に、優秀なエージェントを抱えている。リクルートグループ、またリクルート出身の優秀なエージェントがよく使っている。

コンサルや投資銀行ではなく、事業会社、特に大手への転職を考えている場合はキャリアカーバーがよい。

キャリアカーバーで様々な大手案件を探してみるとよい。そして、案件を持っている転職エージェントに相談しよう。

キャリアカーバーの登録はこちら

初心者におすすめリクナビネクスト

リクナビNEXTは、初心者で年収500万円以下の方は登録して損はない。

リクナビNEXTはとにかく案件数が多い。精査が大変だが、情報収集の段階の方にとっては様々な案件を俯瞰できるのでおすすめしている。

リクナビNEXTは、メールを一斉送信している業者も多く、あまり自分のことを見ていないと感じたらそれは読み飛ばしていい。

だが、きちんと経歴を見て送ってきている場合は、本当に会いたいということなのでぜひ返事をしてみるとよい。

会うのはちょっとという方は、メールもしくは電話でいいので会話を続けよう。案件の情報と自分のキャリアの方向性について確認するとよい。

すでに年収500万円以上ある方は、ビズリーチかキャリアカーバーにしよう。

ただし、無名の中小企業(ベンチャーではなく創業30年以上の老舗企業)の幹部ポジションはリクナビNEXTでも落ちているのでぜひ利用してほしい。

リクナビネクストの登録はこちら

若手優秀層向け案件のあるAMBI

総合商社の丸紅やコンサルティングファームのローランドベルガーの案件までとりそろえているのが、AMBIである。

AMBIはエン・ジャパンという大手人材会社が運営している。デザイン面、そして20代特化という点において非常に優れたサイトである。

このサイトは20代特化のサイトで、かつ大手やコンサルといった企業に転職するのに最適なサイトである。

ただし、案件数は多くないので、登録して案件を見て、興味があるものを探してほしい。

AMBIの登録はこちら

新興勢力Liigaの評判は

AMBIと同様に20代特化、特にコンサルや投資銀行、PEファンドの転職に強いのが、Liigaである。

Liigaは、外資就活ドットコムを運営するハウテレビジョンが外資就活を使っていたユーザー向けに始めたサービスである。

そのため、若く優秀なユーザーが多い。PEファンドやコンサル、またCVCへの転職実績のあるサイトである。

若手でエッジのあるキャリアを目指している方はぜひ登録してほしい。

Liigaの登録はこちら

IT業界、特にエンジニア向けのForkwell scout

Forkwell scoutは、IT業界、そのなかでもエンジニア向けのサービスである。

エンジニアで成功したい方、また年収を上げたい方はぜひ登録しよう。プログラミングが少しできるくらいの人にもオファーがくる。

プログラミング教室で学んだ経験がある方は、登録して自分の市場価値を確認してほしい。

そこそこ経験のあるエンジニアの方には高年収のオファーがどんどんくる。エンジニアには年収があまり上がっていない方が多いのでこうしたサービスはよい。

IT業界の方はぜひForkwell scoutを利用しよう。

Forkwell Scoutの登録はこちら

転職サイトに登録する際の注意点

転職サイトに登録する際はできるだけ情報を開示してほしい。また、簡潔にキャリアサマリーを書いてほしい

どの転職サイトも見られたくない企業をNG指定できるし、また自分が働いている企業の人事からは見られない設定にしている。

よって安心して登録してほしい。できるだけ情報を開示しておくとスカウトの受診率が圧倒的にあがる。

送信通数に制限のある転職サイトもあるので確実に情報が分かる人を優先していくのだ。

この点を理解しておくと、情報を開示するメリットしかないことがわかるだろう。

転職サイトを活用して成功する転職を

今回紹介した転職サイトを利用して20代の方はキャリアアップを目指してほしい。

特にビズリーチは優れたサイトである。

ビズリーチ以外にもForkwell scoutのような業界特化型サイトがあるのでどんどん利用していこう。