職種別アドバイス

公認会計士の転職について考える

公認会計士の方で、監査法人に就職するも、監査法人でパートナーを目指すことはおろかマネージャーを目指すことにさえもあまりモチベーションが湧かない方がいる。

そこで今回は、会計士が監査法人以外のキャリアを考えるにあたって、どのような選択肢があり、どのような方法を選んでいけばよいか解説したい。

監査法人のキャリアの限界

監査法人でパートナーを目指している方には、年功序列型の社会、同じことを繰り返していきそうな仕事、また、問われる監査法人の意義といったところで悩んでいる方も多いかもしれない。

公認会計士という資格は非常に難しい資格であるが、同じ4大資格の比較でも、弁護士事務所の方が若手の給与が高いため、労働時間と資格の難関さの割に給料が少ないと思っている方もいるかもしれない。

監査法人ではマネージャー、更にはインチャージ、シニアスタッフになる前に転職を図り新しいキャリアを歩んでいく方も増えてきた。

監査の業務が大好きで今のファームで昇進を目指していくやり方もありではあるが、同時に他の選択肢も考えておいたほうがよい

FASがいい選択肢

FASはFinancial Advisory Serviceの略であることは知っているだろう。

各監査法人系のFASがあり、デロイトFAS、PwCFAS、KPMGFASといったものが代表的だろう。先輩たちも転職しているため、事情はよくご存知かもしれない。

FASは会計士とそうでない人にとっては意味合いが違う

FASは会計士でない人にとっては、投資銀行出身者が労働時間的に少し楽をするため、もしくは高い職位を得るためにやってくる場所である。

最近では、未経験の若手を採用することもあり、M&Aといった、若者には一見華やかに見える業務をしたくてFASに転職してくる人が多い。

だが、これはその後のキャリアの選択肢はあまりなく、いいものではない。

一方、会計士にとってはご存知の通り、FASは事業会社への足掛かりになるなど、多様な選択肢を与えてくれるものとなっている。FASを経て、事業会社の管理部長やベンチャーCFOといったキャリアパスがある。

会計士は、監査対応や会計に関する知識がある状態で、金融やビジネスコンサルティングの仕事の実務を経験しているので幅が広がる。

こうした経験を経て、幅が広くて資格のある会計士に成長すれば、需要がある。

IPO担当者ならベンチャー企業も

監査法人のなかでもマイノリティの部分になるが、IPOの業務に従事している人がいる。

従来の大企業の監査業務でない仕事で活躍している人もいるが、人材流出も激しい部署だろう。

IPOの部門は、最近ではフィーを上げてなんとかビジネスを回そうとしているが、退職が多すぎて今後の監査法人のIPOの仕事がうまく回っていくか心配だ。

IPO担当の会計士なら、ベンチャーとの交流も多くベンチャーの目利きもできるので、転職先としてベンチャーのCFOやベンチャーの管理部長といった職種もありえる。

インチャージを経験していない若手会計士でも、若いベンチャーのCFOとして参画するケースも多い。

CFOという仕事は、類似の仕事がコンサルでも投資銀行でも体験できないため、業務自体は未経験でみなキャッチアップしている。そのため、伸びしろさえあれば、若手会計士でもCFOを任せられることもある。

もちろん、IPOのための監査法人対応メインの管理部門に行く手もある。監査法人でIPOの担当をしている同僚はベンチャーに詳しいので、いいベンチャーがあるか聞いてみよう。

直でコンサルティング業界の転職もメジャー

さて、会計士で監査法人からボストンコンサルティンググループやアクセンチュアの戦略部門に転職する方もいる。

コンサルティングにおいては、財務会計の知識があることはかなり有利に働くので、キャッチアップすべきことも多いが転職して活躍できている。

未経験が多いコンサルティング業界のなかでも、会計士出身は比較的生き残る。

ただし、決算時期のみならず、常に忙しくなる場合もあるため、コンサルに安易に転職しないでほしいところだ。FASのほうが会計士にとっては働きやすいキャリアと言える。

コンサルティング業界は、最近は戦略系でもITプロジェクトで稼いできている。

SEやITコンサルといったバックグラウンドを持っている人達がいるところが稼ぎ頭になっているため、必ずしも従来の戦略コンサルティングがビジネス的にいいわけではないということを覚えておこう。

f:id:kiyyo:20181116161100j:plain

事業会社は総合商社が年収アップをはかれる

事業会社への転職を考えている人もいるだろう。三菱商事や三井物産などは大手監査法人出身者の30代を受け入れている。

会計士の知識レベルを持っている人は商社にはほとんどいないため、転職して活躍できる余地があり、かつ年収も上がる。

事業会社かつ日系で、年収を維持もしくはアップできるのは総合商社くらいである。

総合商社は、近年、事業が多様化し会計の対応が追い付いていないところもあり、会計士が商社に転職して果たす役割も大きい。

また、海外の事業の担当もすることになるため、仕事の幅が広がっていくのでおすすめである。

新しい業界に挑戦する会計士も増えてきた

さて、会計士のチャレンジとして最近面白いのは、仮想通貨業界だ。

仮想通貨業界はルールがあってないようなものなので、投資銀行業界や監査法人出身者が転職していく人も徐々にではあるが出てきた。

会計士は既存の枠組みのなかで働くことが多いが、仮想通貨業界などの新しい産業は、ルール整備を自分たちでしていくなど、創造する楽しみを体験できる。

インターネット業界でも、開発したものを資産計上するなどの動きがあったが、会計士として新しいものを創ることに興味がある人は新しい業界にチャレンジしていくとよい。

今後、仮想通貨以外にもブロックチェーンなどの業界は、実態のあるモノがあるわけではないので、そうした価値をどう定量的に落としていくかを考えるために会計士は必要となっていくことであるだろう。

成長産業にいたら、ベンチャーであっても高い年収を貰うことができる。

特に会計士は、ポジション的にそれなりに高いところで転職できるので、資格がない人の転職とは大きく事情が変わってくる。

投資銀行は激務に耐えることができればよい

多くはないが、投資銀行に転職する人もいる。外資系投資銀行に中途組の会計士が年間数人ほどいる。

非常に狭き門で長時間労働、エクセルといった基礎的なスキル、モデリング能力など様々なスキル、能力、精神力が要求される。

アグレッシブなカルチャーがあり、大人しめの監査法人業界とは違うので、カルチャーギャップに苦しまないかはある程度調べておこう。

PEファンドなどのキャリアや、より高い年収を求めるなら止めないが、あまり今のご時世に投資銀行に行くことはおすすめしていない。

年収のアップサイドも、投資銀行部門でよほど出世しないと億単位の年収にはならない。

監査役の仕事が空いている

さて、最近多いのがベンチャーの常勤監査役の求人だ。非常勤監査役の求人もあるが、ベンチャー系のことに対応できる監査役の仕事がない。

監査役になると、あらゆる企業から監査役のお誘いがあり、労働時間を考えるとおいしい仕事である。

そういった引く手あまたの会計士になるためには、一度ベンチャーで管理系の仕事を経験しておくとよい。

監査役の需要は今後も伸びると予想されているので、監査法人という業界から飛び出すことを検討してほしい。

今後をマネージャー、インチャージになってからという思考ではなく

会計士の方は慎重な方が多く、それ自体は立派なことであるが、マネージャーになってからの今後をインチャージやシニアになってから考えようとしてしまいチャンスを逃すことがある。

もちろん現在の仕事があるが、決算業務が終わった後からすぐ動くなどしたほうがいい

ずるずるいっているといつまでも新たな仕事が降ってきて、ずるずる昇進していくことになるので、本当にやりたいことが他にある、もしくは他のキャリアを考えているならすぐに動いたほうがいい。

会計士をしながらプログラミングをするなど新たな取り組みをする人もいる。

転職するうえで利用すべきサービス

転職するうえで利用してほしいサービスは会計士ならビズリーチである。

会計士を探している転職エージェントも多く、監査法人以外のキャリアを多数提示してくれる。

他の監査法人も含め、他業界への転職、監査以外の業務に従事したい場合、エージェントとしてマイナビ会計士がある。

転職の相談に一度も行ったことがない人はマイナビ会計士を利用しよう。

ビズリーチとあわせて利用してほしい。

ビズリーチの登録はこちらマイナビ会計士の登録はこちら