転職/就職

英語をフル活用した転職活動について

日本において、英語ができることはまだまだアドバンテージとなっています。東南アジアや中国の取引先と話すと英語ができることは当たり前で、できない人がむしろ目立ちます。というより、グローバル企業では採用されないのが状況です。英語を活用して転職活動を成功できるように今回はアドバイスさせていただきます。

英語ができると転職先と年収があがる

英語ができるだけでその人の市場価値は大きく変わってきます。現在は人材業をしていますが、外資系企業で働いていたときは外資系企業内での転職が通常だったので、基本的に語学の話題がでることはありませんでした。

しかし、日系企業から外資系企業、日系企業から日系企業の転職をサポートするようになってから英語でこれほどまでに年収がかわるのかと驚くことがたまにあります。

日系企業では英語ができる人、厳密には英語を使って海外のサプライヤー、ベンダー、顧客と折衝をする必要があります。値段を安くするのにも交渉力が必要です。

仕事上で利益をどれだけだせたかが成果の指標になります。平気で高い値段をふっかけてくるインド人に対して根気よく、ギリギリまで安い値段で取引をもちこむための英語交渉力が必要になってきます。

交渉力は最低限の英語力を身につけよ

交渉するためには英語で流暢に素早く話すことはもちろんですが、折れないことも大事です。こちらがお客さんの場合のビジネスにおいてさえ、たらいまわしにされたり、仕事にコミットしていなかったり、相手側が時間通りに会社に来ていなかったりなどが平気で起こります。

そのような場合に大事なのは論理的かつすばやく話すと同時に、折れないメンタリティを持つことです。何度も交渉の場に立ち、執拗なまでにメールや電話をしてコミュニケーションをとることをこころがけるとよいでしょう。

英語は最低限でよいというのは間違い

さて、最低限の英語を身につけよと前の章で書きましたが、相手になめられないためには英語力を極限まで高めておいたほうがいいです。

日本語が話せる外国人と話す機会があるのではないだろうか。その際に、ほぼネイティブレベルで流暢に話せる外国人と、たどたどしい日本語を話す外国人だったらどちらにいい印象をもつでしょうか。

恐らくネイティブレベルで話せたら、この人は頭がよさそうだからなめて話してはいけないなと身構えるはずです。もちろん言語の話せるレベルで相手の足元をみるのは本質的ではないですが、無意識レベルで相手のレベルを言語で評価してしまうことはあるでしょう。

英語を話す際は流暢かつスピード感をもって話せるようにしましょう。スピード感というのは早口で話すということではなく、相手の話に素早く返せるということです。あまりに考える時間が長ければ、頭の回転が遅いという印象を相手に与えかねません。

相手に対して英語でも反射神経的に返事を返せるようになると素晴らしい会議になるはずです。

英語がどれくらいあれば転職できるのか

さて、英語を活かした転職に関してのお話をします。

どのくらいの英語力があれば、相手にこの人は英語ができるという印象を与えられるかという基準を決めるのは難しいですが、TOEFL iBTで100点以上あると勉強をきちんとしているなという印象を私はもちます。(IELTSの話はあまりでないかもしれない…。)

ただし、TOEFL iBTを受けるような層はMBAや海外の修士、博士に進学する際にGMATやGREの本格的なスコアを取る前にTOEFL iBTのスコアを取得しているくらいでしょう。

よって、日本で英語力の有無の指標となるのはTOEICだ。だいたい、この人は英語ができるなというのはTOEIC 950点です

TOEICでは高得点がとれても話せないという話を聞きますが、TOEIC950点あればほとんどの人がビジネスの交渉で必要な最低限の英語力を持っているので、実際の交渉の場で全然話せないよということにはなりません。

なお、900点超えるくらいからきちんと話せるようになっている印象ですが、少しでも不安があれば950点はあるといいでしょう。特に、学歴にハンディキャップがある人はTOEICで高得点をとっていることが学歴をひっくりかえす重要なアドバンテージになります。

学歴と英語の関係

基本的に学歴と英語力は比例します。なぜなら、受験英語の延長でビジネス用の英語学習をすすめている日本国内の人たちは受験英語の偏差値がそのまま社会で使う英語力とイコールになりやすいからです。

f:id:ezoramen:20180208083152j:plain

よって、学歴が高い人は英語ができる思われがちなのは、採用の現場でも言えます。

しかし、学歴はないが英語ができる人の場合、企業の採用担当者は、昔は勉強しなかったけど、今は勉強をきちんとしていて頭も実はいいのではと思うものなのです。

本質的ではないですが、たかがTOEICができるだけでこのような良い印象を採用側に与えることができるのです。

外資系ですでに働いている人からすると、しょうもないことを言っているなと思われそうですが、現状ではまだこのようなレベルなのが日本なのです。

よって、いち早く英語を勉強することが年収アップと転職成功のカギになってくるのです

また、アルバイトレベルでみても、英語の文献を調べてまとめる作業などはまだまだ付加価値がある作業とみなされます。よって、読み書きができるレベルですら価値があることを覚えておきましょう。

転職サイトに登録すると英語ができる人材がいかに市場価値が高いかということを知ることができます。

英語だけできる人は当然ながらNG

さすがにこの話をする必要はないかもしれませんが、英語だけできる人はNGです。

通訳に関しても、通訳する内容のビジネスに精通していなければならないので、通訳は一見英語力のみが求められるように見えても、実際は総合的な教養を問われる厳しい職業だということを覚えておきましょう。

英語プラスαというより、英語がない状態でも十分に勝負できる人材になっておいてほしいと思います。英語がない状態は、あなたがアメリカで働くことを想定するとよいでしょう。アメリカではみな英語ができます。その状況であなたが出せる価値とはなんでしょうか。

日本では、あなたが英語以外に仕事で出せる付加価値に英語力がプラスされてあなたの市場価値が決まるのだという認識でいるといいと思います。

英語を生かした転職がしたい場合

英語を生かした転職がしたい、具体的には、英語を使える外資系に行きたい、また、日系のグローバルポジションをつかみたい、海外で働きたいという場合はビズリーチをぜひご利用ください。

ビズリーチは直接採用担当官からメッセージがくることや、外国人ヘッドハンターから連絡がくることもあり、とてもすぐれたサービスです。

まず困ったらビズリーチに登録しましょう。

また英語というキーワードでいくとJACリクルートメントもはずせません。どのくらいの英語力が必要かの相談もできるので早い段階であっておくとよいでしょう。

ビズリーチで英語の点数をきちんと登録すると、その点数に対してきたオファーがあなたの価値ということになりますので、市場価値を把握するうえでも登録をおすすめしています。

英語力をあげるために

ビジネス系で英語力をあげたいなら、ライザップイングリッシュTOKKUN ENGLISHの2つが非常におすすめです。ビジネス英語に高い指導力があります。外資系志望ならTOKKUN ENGLISHは特におすすめです。

また、スタディサプリ ENGLISHは今日からはじめられるサービスですので早めに登録しておきましょう。

英語力を高める準備とどれくらいの英語力があれば転職がうまくいくのか、そして年収がどの程度までいきそうかを転職サイトのビズリーチを使いうまく理解しましょう。英語力のアップと転職の成功の2つがうまくいくことを心から祈っております。一緒にがんばっていきましょう。