TOEIC

【スマホ1台でTOEICハイスコア!?】「スタディサプリENGLISH」を実際に使ってみた

昨今、新卒の就職活動や転職活動、企業に勤める社会人の方の社内試験などで、TOEIC(リーディング&リスニング)のスコア提出を求められる機会が増えています。

特に、日系グローバル企業や外資系企業への転職活動、それ以外の企業でも会社内での昇進要件においてはTOEICスコアでの足切りが存在するほどです。

また、TOEICスコアの足切りが特に無いケースであっても、就職活動や海外駐在への希望をするにあたってTOEICで高得点を取っておくと良いアピール材料になるので、チャンスが広がることが多いでしょう。

 

しかし、「受験以来英語の勉強なんかしていないから忘れてしまった」「推薦で学校に入ったので英語をしっかりと勉強した経験が無い」という人も多いはずです。私もそのうちの一人でした。

今回は、私も実際に登録して利用している、そのような英語初心者の方々でも勉強を始めやすい「スタディサプリ ENGLISH」について紹介させていただきたいと思います。

 

いつでもどこでも、分単位でこまめに学習できるアプリ形式

スタディサプリENGLISHの最大の特徴は、オンラインで学習できるという点にあります。例えば、外出中では電車の移動中に気軽にスマートフォンなどのアプリで勉強し、家にいる時は大画面のPCでじっくり勉強することもできます。

そして、学習タスクがそれぞれこまめに分かれているので、分単位で勉強に取り組むことができます。細切れの時間でも英語力を伸ばすことができるので、忙しい方にもおすすめです。

しかも、その日の勉強時間を分単位で自動記録してくれるので、別に勉強日記をつける必要もありません。

 

ペンもノートも必要とせず、通学・通勤時間の間でも勉強できるのが魅力的ですね。なかなか時間が捻出できない忙しい社会の方でも、とっつきやすいと思います。

私も平日は毎日往復2時間かけて電車に乗っているのですが、主にその間と寝る前にこのアプリで学習しています。隙間時間を効率良く使うのはとても大事ですね。

 

シンプルかつ、種類豊富な7つの学習チャプター

「スタディサプリENGLISH TOEIC® L&R TEST対策コース」には、大きく分けて7つの学習チャプターがあります。

・パーフェクト講義
・実践問題集
・実践問題集NEXT
・TEPPAN英単語
・パーフェクト講義-英文法編
・基礎英文法
・1分クイズ

・パーフェクト講義

このチャプターでは、TOEICの7つの問題形式のPart1〜Part7それぞれの対策に沿った問題、講義動画、ディクテーションやシャドーイング、単語・本文チェックなどによる復習などで学習を進めていきます。

1つのレッスンで数問の問題を解き、それに対する数分間の解説動画を見てから、ディクテーションとシャドーイング、単語・本文チェックなどの復習などを行うという流れです。1つのレッスンを1周するのに15分ほどで取り組めますので、短い時間単位の学習でも区切りをうまくつけることができます。

全てのレッスンを合計すると150くらいになるので、全部を1周すると35〜40時間くらいはかかるイメージです。

また、「そもそもTOEICを受けたことがないからPart1からPart7が何なのかもよくわからないし、何を意識して勉強すればいいのかわからない。」という人でも安心です。TOEICの試験形式そのものの説明動画や、それぞれのPart別の概要や学習法についての講義動画もありますので、それを見れば初めて勉強する人でも難なく取り組めることができます。

 

パーフェクト講義では、TOEICの形式に合わせたリスニング力・リーディング力の基礎・土台を固めていくことができます。特にリスニングのレッスンでは毎回必ずディクテーションとシャドーイングを行うので、受験でリスニングの勉強をしたことがない方でも、講義の復習を繰り返していくうちに1つ1つの単語がしっかり聞こえるようになっていきます。

私は受験で英語の試験はあったものの、TOEICの勉強を始めるまではリスニングの試験を受けたことも勉強したことも一度もありませんでした。ですが、ようやく最近この講義を通じて少しずつ耳が慣れ、聞き取れるようになってきたところです。

同じように、リーディングやライティングの勉強は昔していたけれどリスニングはちょっと…という方も多いと思いますが、ディクテーションとシャドーイングを何度も繰り返すことで聞き取れるようになる時が必ず来るはずです。この2つは、本当に効果があると感じることが多いです。

 

 

・実践問題集

実践問題集は、前述したパーフェクト講義の次に進むチャプターです。本番のTOEIC形式と同じように、Part1〜Part7の合計200問1セットの問題集となっており、それがVol.1〜Vol.10の10個が入っています。

200問と言っても、1つのレッスンでは3〜5問(Part5は10問)のみを取り扱うため、短い時間で区切りをつけて勉強を進めることが可能です。

問題を解いたあとは、パーフェクト講義と同じように、ディクテーションとシャドーイング、単語・本文チェックなどの復習を行うという流れです。レッスンによっては、解説講義動画が付いているものもあります。

パーフェクト講義で固めた基礎・土台を元に、次々と本番形式の問題を解いていくことで、応用力や問題を解くスピードを向上させることができます。

 

・実践問題集NEXT

こちらは、前述した実践問題集の続きです。実践問題集NEXTにもVol.1〜Vol.10までの10個の本番形式の200題があるので、実践問題集を全て解き終えたあとも実践問題集NEXTを通じて演習を重ねることができます。

・TEPPAN英単語

このチャプターでは、TOEIC頻出である合計1500語の英単語を学習します。

1つのレッスンで10個ずつ英単語を覚えていきます。10個の英単語が表示され、それの和訳の意味を4択もしくは選択肢無しで答えるという形式です。問題のランダム表示も選択できます。

 

600点目標、730点目標、860点目標、990点目標、というように130点ずつの間隔で単語のレベル分けがされています。1〜2週間に100語覚えるくらいのペースで、短期的に同じ単語を何回も何回も繰り返して覚えていくのがいいと思います。

TEPPAN英単語は、1つのレッスンが10個の英単語のみで構成されているので、このアプリ内でも最も短時間で勉強に取り組むことができます。1〜2分の隙間時間でも、キリ良く学習ができるのが魅力的ですね。

 

単語力をおろそかにしたままパーフェクト講義で文法力を磨いたり、問題演習を通じて形式に慣れても、そもそも語彙が分からなければ文章を理解することはできません。

全体の文法が分からなくてもキーワードとなる単語の意味を知っていたり、全文は聞き取れなかったけれど一部の単語を聞き取れただけで正解にたどり着けるような場合もあるので、そういう意味でも単語をたくさん覚えて語彙力を上げることは大切です。

・パーフェクト講義-英文法編

この講義は、英語力に自信がない人向け(TOEIC600点未満くらいの方が目安だと思います)のチャプターです。そのような方は、1番目に述べたパーフェクト講義の前に、このチャプターから英語学習を始めることになります。(私もスタディサプリではここから学習を始めました。)

TOEIC形式でいうと、Part5のような文法問題のレッスンが約50個あります。動詞の時制などの基本的な文法事項から始まり、高校で習う英文法の総復習といったような内容になっています。

 

確認テストという演習形式のレッスンを除いて、毎回のレッスンに必ず解説講義動画が入っています。英語力にあまり自信がない人、TOEICを受験したことがない人などは、このチャプターから学習を始めるのがいいと思います。

通常のパーフェクト講義では最低限の文法知識などは叩き込まれている前提でレッスンが進んでいきますので、英語が苦手な方がパーフェクト講義にステップアップするための欠かせない講義内容となっています。

私は中学や高校の初め頃までは、リスニングを除けば英語が得意な方でしたが、それから長い間しっかりとした勉強はしてこなかったので、このチャプターは学習期間のブランクを埋めるのにちょうど良い講義だったと感じました。

・基礎英文法

2019年7月16日に新しく、基礎英文法というチャプターがリリースされました。このチャプターでは、高校レベルの英文法よりも優しい、中学レベル程度の英文法を学習していきます。

英語が大の苦手である方や英語をほとんど勉強したことがない方、あるいは、現役高校生で就職活動のためにTOEICのスコアが必要な方などには、このチャプターから学習を始めることもできます。

レッスンの形式はパーフェクト講義-英文法編とほぼ同じで、約30個のレッスンがあります。

 

例えば、同じbe動詞を学習する際でも、おおよそ高校レベルの英文法から復習する「パーフェクト講義-英文法編」では、動詞の時制という概念から学習が始まります(is、was、have beenなどの違いなど)。

しかし、この基礎英文法というチャプターではbe動詞そのものの概念や主語動詞の順序など、基礎中の基礎から学ぶことができます。

 

高校英文法についていくのも厳しいと感じている人は、このチャプターから学習することで、英語の学習の第一段階のステップを踏むことができます。英語初学者の方でも、この講義をマスターしたら、パーフェクト講義-英文法編へとステップアップすることができると思います。

・1分クイズ

2019年2月27日より、1分クイズというチャプターがリリースされました。こちらはTOEIC対策というより、日常やビジネスでよく使う言葉の英訳を、4択のクイズ形式で1問ずつ答えるというものです。

いつもの勉強に少し飽きてきたときに、ちょっとした気分転換でこのようなクイズに答えるのも面白いですね。

 

よくある日常会話で使う語彙を増やすことができるので、実際に英語を使って仕事をしたり外国の方とコミュニケーションを取るときに、役に立つことがあると思います。

 

ベーシックプランとパーソナルコーチプランの違い、料金について

前述で紹介させていただいたものは、ベーシックプランという通常プランのもので、料金は月額2980円(税抜)の定額制となっています。

しかし、6ヶ月パックや12ヶ月パックなどに申し込み一括払いで料金を支払うと、いくらか割安になるのでお得です。6ヶ月パックだと月あたり2780円(一括払いで16680円)、12ヶ月パックだと月あたり2480円(一括払いで29760円)となります。

 

また、ベーシックプランとは別に、パーソナルコーチプランという専属コーチ付きのプランもあります。

パーソナルコーチプランでは、チャットを通して専属コーチに徹底指導・個別アドバイスをしてもらうことができます。1人での英語学習では挫折してしまうかもしれないと不安な方は、このコースを検討してみるのもいいと思います。

パーソナルコーチプランの料金は、3ヶ月プログラムで月あたり22666円(一括払いで68000円)、6ヶ月プログラムで月あたり16333円(一括払いで98000円)となります。

 

まとめ

今回は「スタディサプリ ENGLISH」について紹介させていただきました。スマートフォン1台のみで、TOEIC対策ができてしまうというのは本当に便利です。毎日コツコツ学習を進めていけば、確実に点数が伸びていくと思います。

 

また、コースを申し込む前でもリクルートIDを登録すれば、7日間の無料体験から始めることができます。TOEICの点数を上げたい方は、まずは無料体験からでも是非スタディサプリ ENGLISHを始めてみてはいかがでしょうか。